将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:所沢航空公園駅

07040609

 先月3月26日に、私は午後5時少しすぎに池袋駅から西武線に乗り、所沢で乗り換えて所沢航空公園駅にちょうど6時頃着きました。お通夜は午後6時30分からと聞いてありました。
 葬儀場は「所沢市斎場」です。私はこの駅ももちろん、降りたことがありますから、すぐにタクシー乗り場に並びます。でもここで驚きました。タクシー乗り場は長蛇の列が出来ています。みな喪服を着ています。「あ、そんなに葬儀が多いのかな?」と最初は思いましたが、並んでいる人たちの会話で、みなすべてCさんのお通夜に出席する方のようです。
 そして、実に若い方が多いのです。みな中学の教員であったCさんに先生として教わった生徒さんたちなのでしょう。
 そして葬儀場に着きましても、もう受付も長蛇の列です。そしてご焼香するのにも、長く並ばないとなりません。そして、そもそも私は、何故Cさんがまだ若くして亡くなってしまったのか皆目判りません。
 それであちこちに耳をそばだてていました。これだけ来てくれる方が多いと、A本人とも、お母さんにもBさんとも挨拶するのは無理かもしれません。

 それでみなさんの話と、そしてお清めの席で、少し伺った話では、Cさんは中学の教師として、卒業生を送ったあと、自分の教室で生徒たちとお話ししていたそうです。
 だがそのときに、C先生は、「少し気持が悪い」と言ったあと、急に倒れたそうです。そしてそのあと、もう戻らぬ人になってしまいました。急性心筋梗塞とか聞きました(ええと違うかもしれません)。
 これは実に驚くべき事態です。その場にいた生徒さんたちの驚きはいかばかりだったろうと思います。
 彼女は、まだ53歳でした。
 彼女は体育の先生ですから、私はお会いした73年の頃は、「体格がいいから、いい体育の先生になれるなあ」なんて思っていたものでした。
 姉のBさんと二人と最初に、埼大むつめ祭でも「暴力酒場ひだり」でお会いしたときには、その二人の姉妹の仲のよさに感心しました。二人で見せてくれたクイズの面白さには、私はただただ感心していたものでした。
 そして、こんな可愛い二人の妹のいることに、私はただただ羨ましい思いになったものでした。

 私もAも、東大闘争で逮捕起訴され、その後同じ年の芝浦工大殺人事件でまた逮捕起訴されました。だから、私たちの親は、双方ともに会ってお話をしています。私の父親も、実に稀有な存在だったらしく(だって、靖国神社を大切に思っていて、新左翼の救待なんか、相手にしないもの)、それは面白かったのではないでしょうか。私の父はテレビもよく出ましたからね。
 だからそのときから、私の父も母も、あちらの親のことを心配し、あちらも、私の親を「お元気かなあ?」ときずかっていてくれたはずです。

 今、Cさんを突如亡くされたお母さんの悲しみを思います。今の私には、どうすることもできません。ただただ、Cさんの笑顔を思いだし、そして友人であるAと、その奥さま、妹さん、お母さんとお会いしたときには、できるだけの笑顔で接したいと考えています。
 私には、それしかできることはないのです。

 なお、Cさんの死については、あまりに私は情報不足です。どこでも詳しく知ることができませんでした。教えてくださいれば、そして私の書いた内容で間違いがあれば訂正いたします。

 Cさんの霊に合掌します。

続きを読む

3ff3207e.jpg

 先月3月22日私は友人のAから、彼の妹のCさんが亡くなったことの連絡がありました。そしてお通夜が26日だといいます。Aは、私と同じ歳で58歳です。彼には妹が二人いました。2番目の妹さんが急に亡くなったのです。
 でも詳しく携帯電話で話している時間はありません。私のほうは、25日に次女ブルータスの結婚式でその用意で忙しいところでした。
 でも、そのブルータスの結婚式も無事終わりまして、翌日26日に私は所沢の所沢市斎場へ急ぎます。駅は西武線の所沢航空公園駅です。私はこの首都圏で、降りていない駅というのはありませんから、午後6時の会場に到着するように、池袋駅から西武線に乗ります。

 でもこのCさんのことを述べる前に、彼女の兄であるAとの思い出をここに書いていきます。そうしないと、訳が判らないことになってしまいます。
 そしてまた、ここにCさんのことを述べていきます。

 この続きの「その2」へ

続きを読む

↑このページのトップヘ