将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:手取川

11110307 10月24日のニューオータニでの「秋の吟醸酒を味わう会」へ参加しました。私ははじめての参加でした。
 私が試飲したのは54蔵元で、65銘柄くらいです。いろいろなことを思いました。
 まず最初に報告することは、蔵元で美人がいたのは、次の3つです。

 石川県吉田酒蔵「手取川」
 岡山県    「酒一筋」
 福岡県高橋商店「繁舛」

「手取川」はポニーテールの美人でしたが、あんまり喋ってくれない。そんなに「手取川」という酒自身に詳しくないのかなと思いました。ちなみに手取川とは、上杉謙信が織田軍を撃破した合戦のあったところです。
「酒一筋」の女性はなんだかまさしく「夏子の酒」の主人公のような感じで(夏子のように髪を短くカットはしていなかったが)、酒造りに関する情熱が伝わってくる感じでした。次回も彼女の姿が見えたなら、私はまさしく「酒一筋」の熱烈なファンになってしまうでしょう。
「繁舛」の美人は瞳の麗しい色白の美人でした。私は何度か彼女のついでくれる純米大吟醸を飲みましたが、彼女に見つめられると、言葉を発することができませんでした。
 多分酒は銘柄によってきめ細かく味が違うものなのでしょうが、私はほとんど、蔵元ごとの違いをはっきりさせようというくらいしか判りませんでした。そして、不思議と過去飲んだ酒をまた舌は覚えているもので、まずは「ああ、これだよな、この味だよ」などと確認して歩いていました。たとえば、典型的に舌が思い出した酒といえば、以下です。

 兵庫県北岡本店「やたがらす特別大吟醸」「やたがらす大吟醸」
 香川県西岡金陵「金陵大吟醸」
 秋田県秋田清酒斎藤泰幸「刈穂大吟醸」
 秋田県天寿酒造「天寿大吟醸『鳥海の雫』」
 栃木県島崎酒造「東力士大吟醸雫」
 栃木県天鷹酒造「天鷹吟翔」
 広島県賀茂泉酒造「大吟醸寿」

というところでしょうか。
「やたがらす」は私が大学を出て印刷工をやっていたころ、オフセツトの機械が動く中そのそばで飲んでいた酒ですが、今口に含んでみてそのころがありありと思い浮んできました。一緒に飲みながら働いていた熊さんのこととか、「こんないい目に会えるなら、一生印刷工をやってようかな」なんて思ったことを思いだしました。ちなみにやたがらすとは、八咫烏で神武東征に出てくる烏ですね。「金陵」はなぜかやはり飲み口にクセがあります。なんというか金(かね)を含んでしまっているような感じがして、どうにも私は気になってしまうのですね。
「天寿」はよく飲んだ酒ですが、ここまでよく企業努力しているなといつも思います。どうにも「旨いんだけど、やっぱり甘いんだよな」と思わせたところが、次第に変わってきています。
 私が飲んでみて安心して、「これは旨いな」と思ったのは次の蔵元銘柄です。

 秋田県日の丸酒造「純米大吟醸紅まんさく」
 秋田県出羽桜酒造「春雷」
 茨城県石岡酒造「大吟醸筑波紫の峰山田錦」

 私にとって、「まんさくの花」と「出羽桜」はいつも飲んでいる酒なのですが、それがやはり安心して「旨いな」という思いがしました。ただ、今回は石岡酒造の「筑波」に感心していました。私は茨城生まれで、筑波山に決起した水戸天狗党が好きですから、どうしても思いが偏るわけですが、それにしても「旨いな」と思いました。この蔵元は「白鹿」のメーカであり、戦前から灘の「白鹿」と名称の裁判闘争を続けていましたが、それに勝利し、今では灘の「白鹿」は1年ごとに、名前を登録しなければならないというようなことを、「筑波」をついでくれた社長さんが言っておりました(私が無理に聞いたのだ
けど)。
 その他、「これならまあいいな」と思う蔵元銘柄はいくつもありました。ちょっとあげたらきりがないというところです。

 私はこの会は初めてのことで、来ている方々がかなりな業界の通の方と見受けられる方が多いようで、とても私には足元にも及ばないという感じを受けるのですが、私自身はあのような仕事には向いていないだろうなというところです。酒そのものの味を味わおうにも、私は段々酔ってきて判らなくなるからです。だから、なるべく他の要素ででも覚えておこうという気になるのです。
 ただし、来ている方でも、例えば、「野暮なこと言っているな」と思われる人がいるものです。蔵元の方に、「どこの酒が旨いんだ」と聞いている50、60代の方を何人か見聞しました。一体彼等がどう答えればいいのかね。そしてさらに、それへ答えている馬鹿な蔵元の社員もいて、聞く客の姿勢にも答える姿勢にも、答えた内容にも呆れてしまっていました。どの酒が旨いのかを知りたいから、自分で飲んでみて確認しているんじゃないのかね。 蔵元の方々でも冴えている人もいますが、どうにも単なるサラリーマンとい
う方もいて、それには閉口してしまいます。なんで日本酒に誇りをもち、そして自分の会社の製品に自信を持たないのでしょうか。
 最後に私がもらった土産は、

  福岡県目野酒造「国の寿純米大吟醸」

でした。これはよく米を磨いているな、冷やして飲むと旨いなという酒です。できたら1升瓶で手に入れたいところです。
 次回はもっと慣れてくるでしょうから、もう少し細かくいろいろなことが判ってくるでしょう。
 それから、どうしてか知合いと会いました。少し遅れてきて、派手に動いて酒を飲んでいる人がいて、たしか「全共闘白書」の関係かなにかで会ったようなと思っていまして、ちょうどあるところで隣になったところ、話かけましたら、

  あ、埼大の……、詩吟の方じゃないですか。

と言われ、

  猪(全共闘白書の会をいう)(註1)の若山です。いや猪とい
  うより、ブントの若山(註2)です。……やっぱり、詩吟やって
  いると日本酒も好きなんですか。

  (註1)プロジェクト猪
  (註2)電脳ブント

ということで、また元気にあちこち酒を飲みに出かけていました。実に楽しいことです。
 そのあとは、赤坂山王下「遊庵」にて飲みました。ひさしぶりでしたが、やはり飲むにはいい蕎麦屋さんです。ちょうど、この会の2日前に東京テレビで、この店が紹介されており(中村玉緒が夫勝新の贔屓の店ということで、紹介していた)、それがなんだか私には残念なところでしたが(なんだか、勝新の席というのが決っていて、さらに勝新の息子までそこで威張っているらしい)、店にとってはいいことなのかな(そんないいことじゃないよ、そのうちきっと勝新の息子とは出会って喧嘩になるような気がしている)。
 でもなんとか赤坂でもっと飲める店を確保しておきたいなという思いでした。

c90ca151.jpg

 もうこの3月は何度も我孫子の自宅へ行っています。引越は終わりましたが、たくさんのゴミ・資源のあとかたずけです。そしてそのあとは掃除をしなければなりません。
 このところ、午前4時59分の京浜東北線に乗っています。そうすると日暮里駅から乗って、柏で千代田線に乗り換えて、6時少し前に北柏駅につけるのです。
 だから、この写真のように、まだ通る柳田公園は暗いのです。ちょうど4時50分くらいの時間です。
 それから我孫子の自宅について、木曜日はゴミの収集日ですから、それを大量に運びます。ほぼ25日に袋に入れていたものです。これが実に大量です。時間がかかりますが、仕方ありません。
 ほぼやり終えて、9時40分くらいに帰ります。今度は、29日にまた家族みんなで来まして、掃除します。
 帰りは王子駅に午前11時少し前に到着します。すぐにある方にケータイします。電車の中では出られないのです。お花見の約束とパソコン購入の相談です。
08032719 帰りに、朝出かけたところで同じく柳田公園を撮ります。この時間だと公園の時計が綺麗に映りますね。

 でもとにかく、たくさんのゴミかたずけで、身体が汚れてしまっている思いで、お風呂に入り、すべて下着も服も着替えまして、それから必死に仕事になります。なにしろ3月末までにやり遂げないとならないのです。
 でもとにかく、やり終えまして、ケータイメールしたりして、妻も帰宅して、ようやく夜の食事の時間です。私は昨日手に入れました「手取川」を飲み始めます。このお酒は、いつも上杉謙信を思い浮かべながら飲んでいます。
 さて、きょうは、義母お送りましたら、郵便局で書留を出して、速達も出して、午後3時頃はまた自転車で買い物に行きまして、明日は我孫子の家の大掃除です。それから、多くの方にご挨拶に参ります。

52c11619.jpg

 私は昨日は午前2時20分に目が覚めました。それでいつもの通り、メルマガの第397号のページを作成します。それで、4時になったら出かけようと思っていましたが、このブログのサイドバーに貼ってあります「駅探:乗り換え案内 時刻表 路線検索サービス」で検索してみると、我孫子までいくのには、王子駅から4時59分に行くしか電車がありません(千代田線では、それから12分前のに乗っても、同じことになります。
 それで、4時35分に出まして、朝食を王子の駅前の吉野屋で取りました。実にひさしぶりだったなあ。「あっ、ビール!」と言いたいところですが、きょうは引越です。
 それでここの画像は、そのあと王子駅前の東武ストアの前の広場にある樹木の飾りです。ただし、ちゃんと撮れていません。歩道を渡りながら、「あっ、これじゃ駄目だ」と思いましたが、戻って撮り直している時間が不安です。王子駅で乗り遅れると大変なことになります。
 それで、北柏駅から、自宅へ着きますと、ちょうど午前6時を少し過ぎたくらいです。
 そこで、まずゴミを収集場に出します。これがもう莫大な数です。いくら出しても、出しても終わりません。
 そして、梱包の済んでいないものを、ダンボールに入れます(でもほとんどやってあるので、ただダンボールをガムテープ・クラフトテープでとめるだけです。
 テレビを付けっぱなしにしています(もういくつもの時計が止っていて、私の腕時計と、テレビしか時間が判らないのです)。
 それで8時15分に、マンションの下にサカイ引越センターが大きな2台のトラックをとめました。1台は、引越用で、もう1台は、私の家の不要な家具等々を捨てるためです。
 かくして8時30分から、作業が開始されました。私は、私の必要な本は梱包していたのですが、それをダンボールに入れてくれということで、その作業をやります。ベランダも忘れずやりました(でもまだいくつものゴミが残っています)。
 いろいろな家具を取り去ると、そのあとはとても汚れています。でも掃除をしている時間はありません。かくして、10時20分に終わりまして、会計をすませて、彼らは出かけまして、私も「私のほうが少し早いかもしれないですね」なんて言いまして、10時40分に自宅を出ます。
 もちろん、我孫子の往復の電車で、2冊の本を読みました。
 かくして王子駅に着いて、私は足袋を買いまして、家に急ぎます。
 家に到着すると、もうサカイ引越センターは到着しています。私の王子の家だけでなく、長女おはぎの部屋に持っていくものもいくつかあります。
 もうこの家は、大きな家具はベツド一つだけです(もう一つは捨てました)。長女の部屋には、一つのタンスが大きいものです(あと蒲団もあがましたが)。でも時間がかかりますが、みなダンボールになっているので、楽です。
 その途中で、私のクライアントの社長の奥さまがお菓子を持ってきてくれました。かくして午後1時30分には終わります。
 それから、私は王子税務署へ行きまして、義母の税額の納付と、王子郵便局へ行きまして、ある方の申告書を簡易書留で出します。
 そのあと食事して、義母の薬を取りに行ったのですが、3時40分で、4時まで昼休みでした。
 だからその間、私は自転車で、王子駅前の「藤や酒店」でお酒を買います。私の好きな「手取川」の「大吟醸山廃仕込」です。
 4時10分に義母の薬を買いまして、それで家に帰りまして、お風呂に入りました。
 午後5時5分に義母を迎えまして、私は午後6時半頃に長女おはぎの部屋に行きますが、ポコ汰の機嫌がよくないのです。まだ風邪が完全に直っていないのでしょう。
 実は、本日火曜日が、我孫子の資源と雑芥ゴミの出す日なので、きょうも朝早く行くつもりだったのですが、本日は、妻が自分の会社の物件の賃貸マンションのゴミを整理する日なので、朝は私が義母を送らないとならないのです。
 そうすると来週25日は、資源は出せますが、雑芥は4月にならないと出せません。もう3月31日には、引越完了としたかったのですが、困りました。でも4月の第一週くらいは仕方ないかなあ。
 私は20日には、兄と弟と母の実家の従兄の病気見舞に行くのですが、その朝我孫子の自宅の掃除とゴミ出しをします。
 それで25日に資源を出して、あとは雑芥だけが残ります。まあ、これまたたくさんあるのよ。あとはテレビも見られるディスプレイと、もう1台のディスプレイを手で運びます。

 思えば、このマンションは1992年の3月から住んでいたのです。丸16年もいたのですね。私は引越してばかりいた人生でしたが、ここが一番長く住んだところです。長女と次女にも、一番思い出のある家だったでしょう。
 でもこれからも25日に我孫子の兄の家に行きますように、たびたび行くようになります。でも、もうこのマンションには行くことはないでしょう。

↑このページのトップヘ