将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:手紙

13062205 nelu(かわふくG) さんが次のように書いていました。

お久しぶりです。 投稿者:nelu(かわふくG)  投稿日:2013年 6月22日(土)02時15分24秒  力量というか、読書量からすると私は周さんの十分の一以下かもしれませんが

 前には、たしかに290〜300冊を読んでいました。30年くらい続きました。でも今は2年前から100冊に落ちています。もう『「書き言葉」と「話し言葉」』ということで、今は書き言葉のほうに関心が移りました。
 ただ2008年には608通の手紙を書いたものですが、今はこれも少なくなりました。
 今はケータイメールをけっこう出していますよ。
 手紙は誰でも出せるのに、返事も書かない人が多いから、ケータイメールはいいです。書きそうもない人にはそもそもアドレスも知らないわけで、このことはいいです。

13022317 この林家正蔵の文章を今日の日経新聞の夕刊で読んで、おおいに肯きました。
  http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKDZO52076230T20C13A2EL1P00
   ケータイ電話 林家正蔵
 ケータイ電話が故障した。いざ使えなくなると大変に不便であることを痛感する。仕事のやり取りなら現場にいるスタッフにケータイを貸してもらえるが、プライベートのメー13022509ルや連絡はとても困る。自分のメールアドレスすらうろ覚えで、どこにドットやアンダーバーが入るやら思い出せないのが情けない。

 まあ私はすべて単語登録しているので、「自分のメールアドレスすらうろ覚え」というのは同じでも、みな登録した単語から出てきます。
 ただ、この林家正蔵さんが言われることは充分に納得します。
 この文章の中で、「落語家の先輩でもケータイを持たない方が結構いる」というのは、私の三年下の後輩でもいます。でもその彼に手紙を書きましたが、返事の手紙もメールも来ません。
 私はけっこう手紙も書いていますが、ほとんど(95%)返事の手紙もおろか、葉書もメールもありません。割と女性は返事をくれます。ケータイメールはできるのかと思うのですが、それもないですね。
 たぶん、私の孫たちは大丈夫でしょうから、この子たちの時代に期待します。

13011811 私はけっこう手紙を書きます。それ以上にメールも書きます。もちろん何年も前からケータイメールも随分書きます。
 ただし、これへの返信はないですね。昨年の「2012年07月22日昨日の「日の丸土建」での私のA4チラシ」を出した7月20日のあと、私はこのときの出席者の何人もに手紙を書きました。でも誰も手紙もこないだけではなく、メールもありません。ケータイメールすら一切ないのです。
 いえ、私は手紙の返事がほしいとは思っていません。でもメールはなくても、ケータイメールはあると思っていました。でも皆無なのですね。いや懸命にノートに住所を書いてもらっている人がいまして、私もそこに住所と名前と、私の将門WebのURLとアドレスを書いておきました。でもあんなことしても何もならないのですね。あれで一体何にするのでしょうか。私は不思儀でなりません。
 中に、「俺は今も携帯電話は持っていない」という人がいましたが、その彼にも私は手紙を書きましたが、一切手紙もメールもありません。直接会って話もしたいとも思わないようです。
 なんだか寂しいです。仕方ないですね。

12110105 このポメラを買い換えたりするのかなあ。今いくらなんだろう。あとで見てみます。

2012/11/01 07:31このポメラが少し故障しました。いやこのポメラがいろいろとあちこち故障だらけなのです。これは、2年くらい前に(だと思うのですが)ポコ汰やポニョがこれをへんなふうに開けたり閉じたりしていたので、こうなりました。でも別にあの子たちはいいんです。あの子たちは手から落としたりもしたしなあ。
 しかし、困ったな。このポメラで「純と愛」も書いているからです。テレビを見ながら書けるのはこの機器なのです。
 ノートより軽くて使いやすいのですね。
2012/11/01 16:52さて今日はある方に手紙を書こうと思ったのですが、まだ書いていません。長い内容になると思うのですね。

 もう手紙は昨日の午後7時にポストへ入れました。昨日の朝7時20分頃近くのセブンイレブンのそばで会った方にです。彼女は通勤だったのでしょう。

12082703 藤田典さんの「ダダさんの掲示板」では、昨日は以下をUPしてくれていました。

周さんは 投稿者:管理人  投稿日:2012年 8月27日(月)07時30分38秒
  自分の見てきた夢についても、細かく書き留めて来たのですから、いつかは、お孫さんたちと、楽しい夢の具体的な中身についても、あれやこれやと、お話しできる日々が必ずやってくるのではないでしょうか!子供たちが、将来について、夢を持って語れる世の中であって欲しいと思います。

夢の話しだけにとどまらず、じいじは(ばあばも)、子供たちにとって、常に語り部のような存在であることが大切なのだ。そう感じました。

 そうだなあ。私もいっぱい努力します。孫たちが文字が読めるようになったら、ケータイメールが今以上に楽しいですね(もう出していますが)。手紙も楽しいです(もちろん、ずっと出してきましたが)。
 それで今日は、またいっぱい話してきます。昨日この家の和室の改装(というほどのことではないですが)のことをお話します。孫たちも関心を持つことだろうと思うのですね。もちろん、私の話ではなく、実際に変化した部屋を見ると、実に興味を持てるだろうと思うのですね。
12082704「あ、じいじから写真が来ている」と自分のケータイメールを見てくれる(もっと先のことでしょうが)のがとても楽しみです。それに孫たちが興味を持つお話をいくつも、実に楽しく話しますよ。

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                          2007年8月16日
                         周の住所
                               萩原周二
                         周のURL
                          周のブログURL
                         周のアドレス
                         周のスカイプ名
                         周の電話 周のFAX

 前略
 8月4日も11日もお見舞いに行ったのですが、起きなかったね。でも手を握ると、握り返してくれたから、気がついていたのかな。
12072805 7月29日と8月4日と11日のお見舞いのあと、我孫子駅前の「メヌエット」というケーキ屋さんに行きまして、ケーキを買って王子に持って帰りました。ケーキといってもババロアとかカスタードというものです。前のよう単に甘くないから、王子のお義母さんに最初食べてもらいましたが、あまりお気に召さなかったようでした。
 11日には、これまた新しくできた我孫子北口の「福一」という和菓子屋さんのお菓子も買いました。これも、王子の家に持って帰ったら、おはぎにもその彼のミツ君にも喜ばれました。
 こうして、我孫子の北口は美味しいお菓子屋さんができたわけで、おそらく新しい名所になると思いますよ。
 でも思い出せば、我孫子は、ずっと北口なんてなかったわけですから、ずいぶんこれで変わりましたね。驚いてしまうことです。
 14日の午後2時に、マサシから、お母さんが亡くなったことを電話もらいました。ちょうど、おはぎがポコ汰を連れておばちゃんのお見舞いに行くと言っていたところでした。だからきょう、うちのママとおはぎはポコ汰連れて行きますよ。
 それから、きのうは、ブルータスが彼のナオキ君と行きましたね。ひさしぶりにおばあちゃんに会いに行くのに、大変に残念だけど、もう仕方ないよね。
 13日には、ブルータスが結婚して住んでいる君津市へママと、ミツ君・おはぎ・ポコ汰とで行ってきました。私の家族がこれで全部で7人になったのです。
 まだ0歳のポコ汰なのですが、ブルータスに抱かれて絵本を読んでもらっていると、何故かおとなしくてよくブルータスの絵本を読む声を聞いて、絵をじっと見ています。もともと、「いい絵本を選んでくれたんだあなあ」と感心して見ていました。
 きっとブルータスにも、元気で可愛い子どもが生まれます。もうそのときのことを考えると、そのときが早く来てほしいとばかり思っています。これからまたその子とブルータスのことを見守っていてください。
 あちらへ、行って、久二おじいちゃんにはもう会ったかなあ。たぶん、そちらでも勝手な久二父でしょうが、なんとかつき合ってあげてね。そして、いつまでもおはぎブルータスのことを見ていてください。
 お疲れさまでした。さようなら。 早々

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                          2007年6月12日
                         周の住所
                               萩原周二
                         周のURL
                          周のブログURL
                         周のアドレス
                         周のスカイプ名
                         周の電話 周のFAX

 前略
 またもひさしぶりの手紙になります。
 もうきょうなんか、けっこう暑いです。おはぎは同じマンションですが、あそこのほうが涼しいです。ここの部屋はどうしても暑いです。もう古い部屋で、そのままだから。しかたないよねえ。夏だもの。
12072703 うちの家族は、鹿児島にも住んだわけですが、はやり名古屋のほうが暑かったですね。ただ、このことは住んでみないと判らないでしょうね。今はもっと暑いんだろうなあ。言われることだけど、年々暑くなる年を感じています。このままいくとどうなっちゃうのかな。
 思い出せば、私が一夏過ごしたした府中刑務所も暑かったです。狭い独房なので、ただただ暑いだけでした。ただ中にいると、まったく外の世界のことが判らないので、ときどき面会に来られるかたの話はどうしても私には判らないことが多々あったものでした。
 ただ、私は保釈になってから、こうした拘置所なりに面会に行くときには、そうしたことを判った上でお話しするようにしていましたからね。私が中にいるときは全然無理解な人とは会っても、一応わざわざ面会に来てくれたからという感謝の気持は失わないようにしましたが、独房に長期勾留されているということがまったく判っていないとしか思えないという人もときどきいたものでした。まあ、でもこれは仕方ないことです。
 でも、こうして自分の母親にひさしぶりに手紙を書くようになって、昔を思い出しているのですが、いろんなことを振り返るようになりました。
 私は秋田というところは2カ所住み、名古屋は3カ所だが、鹿児島は1カ所だとばかり思っていましたが、私は原良町に下宿もしていたんだねえ。だから鹿児島は2カ所に住んだことになるんだ。
 浦和は2カ所だとばかり思っていたら、あそこは3つのところに住んでいるんだ。
 我孫子も勝手に3カ所だとばかり思い込んでいたけれど、我孫子の実家にも住んでいたのだから、4カ所なんだねえ。
 私がまったく記憶ないのが、東京の巣鴨に住んでいたということだけなんだけど、あそこはどこにいたのかなあ。私の孫のポコ汰が巣鴨で生まれたから、あのとき、何度も、「自分の住んでいたのはどこらへんだったのかなあ?」という気持でいっぱいでした。できたら、いつかそこ場所を知って歩いて見たいものです。たぶん、何かを思い出すんじゃないかなあ。 早々

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                          2007年6月1日
                         周の住所
                               萩原周二
                         周のURL
                          周のブログURL
                         周のアドレス
                         周のスカイプ名
                         周の電話 周のFAX

 前略
 ちょっとしばらく手紙を書いていませんでした。どこに郵送したらいいのか判らなかったんです。きょうは、おはぎと孫のポコ汰が、あちらの実家へ行っています。あちらのお母さんにおはぎは可愛がられているんですよ。それはね、このあいだ結婚したブルータスも同じなんです。
12072606 ああいうふうに、相手のお家の家族に可愛がられているというのは、みなおばあちゃんと王子のおばあちゃんが育ててくれたおかげだと思っています。
 思い出せば、横浜で私は大学に入って大学1年の終わりの頃、我孫子に引っ越したものでした。でも私はいいのですが、マサシは横浜の鶴見まで通ったのだから大変だったね。あのときは高校2年の最後の頃だ。だから高校3年は大変だったろうなあ。
 私も我孫子というところは、中学高校の友だちもいるわけではないから、それほど親しい感じがする街とは言えませんでした。私はまた北浦和にアパートを借りて住みだしたしね。でもあの北浦和のアパートは1カ月も住まないうちに、東大闘争で逮捕されることになってしまったね。私が逮捕されて取調を受けていた東調布署というところは、一体東京のどこなのかさっぱり判りませんでした。「東調布」というから、調布市のそばなのかなあ、なんて思っていましたが、のちに、こののちというのは今から10数年前に、私が役員をしている会社が大田区にあって、そのときに税務調査があったときに、その税務署の職員に聞いたものでした。東調布署というのは、大田区の田園調布にあるんだね。驚いて、その日は、夕方わざわざこの東調布署を見に行ったものでした。
 外から、あのときの留置場の位置を確認しましたよ。でもよくあそこまで、みんな差入れに来たりしてくれたものでした。ばあもよく来てくれていました。まだ面会はできなかったけれどね。起訴されて接見禁止が解けたときに、友人が来てくれて、そして府中刑務所に移管になったときに、ばあは来てくれていましたね。あのときに、ばあは「こんな秋田犬を飼いだしたよ」と言ってくれました。私はシロのことがとても心配になって、そのことを聞いたら、「シロはこなくなっちゃったよ」と聞きまして、「ああ、またうちまた秋田犬を飼うのか」という思いで、でもシロのことばかりが気になりました。でもそのまたあとの面会で、シロがまたやってくるようになって、子犬の秋田犬に喧嘩のやり方を教えているなんて話を聞いたものです。
 あのシロという野良犬は、実に面白い頭のいい犬だったねえ。もうたくさんの思い出を残してくれた野良犬でした。 早々

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                         2007年5月24日
                         周の住所
                               萩原周二
                         周のURL
                          周のブログURL
                         周のアドレス
                         周のスカイプ名
                         周の電話 周のFAX

 前略
 きょうに午前中にまっちゃんから電話があり、28日に病院を移転すると聞きました。でもそこで簡単な手術して、また戻るんですね。
12072310 前の手紙の続きだけど、鹿児島のつぎが横浜だったね。
 実はね、私は鹿児島というところは少しも好きではなかったのだけど、鶴丸高校へ行ってからは実に面白い毎日だったから、けっこう鹿児島というところが気にいってきていたのでした。でもまた転校になりました。
 この横浜という街も面食らいましたね。まず私は皆が平気で話す言葉が標準語でなくて驚いたものです。なんだか、「…じゃん」という音(おん)ばかりが耳について嫌なものでした。でも入った学校には行きたくなかったのだけど、選んでくれた先生が鶴丸高校の卒業生だということで、あの先生と話して覚悟を決めました。
 この高校の2、3年のときのクラスの同窓会をすべて私がやっているのですが、今でも、その場で多くの人が私を鹿児島の出身だと思っているようで、もうこれにはげんなりします。あの人たちは思考法が実に堅くて保守的なんだよなあ。でも今になって、横浜の街を歩くと、なんだか懐かしくてなりません。
 我孫子の家の隣の娘さんの家族が中華街のあるビルの上のほうの部屋で、みんなで学校をやっているのだけど、そこへ行ったら懐かしい思いばかりでしたが、なかでも長男は実に私たち家族が懐かしいようです。おはぎ、ブルータスにニューヨークに来てくれって言っていました。彼は今航空会社で働いているのだけど、その前にはコマーシャルのモデルをやっていて、実にいい綺麗な男だと思うのですが、彼はアメリカ人のモデルというのは193センチ以上ないとだめだから(自分は3センチばかり足りないんだって)、その道はあきらめて、さらには母や父や他の二人の兄弟もアメリカがいいと思っているようだが、僕はやがて日本で生きようと思っています、なんて言っていました。彼は見た目はアメリカの白人だけど、心根は日本の我孫子人のようですね。私は我孫子も好きじゃないけれど、彼の前では、その私の本音が言えませんでした。彼には、我孫子というのは、うちの二人の娘やみーねえ、それに隣の怖い親父(の久二じじ)やばあちゃんの思い出だけで面白く懐かしいところのようです。
 でも彼は、おはぎとブルータスにニューヨークに来てほしい、ニューヨークは思われているほど、怖い街ではないです、と懸命に言っていましたね。私はおはぎとブルータスが子どもを連れてニューヨークを彼の案内で歩いてほしいな。そんな時がきっといつかくることでしょう。 早々

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                         2007年5月20日
                         周の住所
                               萩原周二
                         周のURL
                          周のブログURL
                         周のアドレス
                         周のスカイプ名
                         周の電話 周のFAX

 前略
 きょうは柏の病院にいるのかなあ? あとでまっちゃんに電話して聞いてみます。
12072303 私は今、おはぎとブルータスにも手紙を書いていますよ。やっぱり、こうして父親から手紙をもらうということも、いいことだと思うんだね。
 我が家族は鹿児島にも住みました。思えば、家族としてはちょうど3年半ほどいたんだね。名古屋にいた期間と同じ長さですね。ただし、名古屋は3カ所に住んだから、東千石町だけに住んだのは、長い期間だったね。そして私だけは、そのあとも鶴丸高校で下宿していたから、私だけは小学校・中学校・高校と過ごしたのです。小学校と高校はわずかの期間だけど、中学が一つの学校だけというのは、私だけでしたね。兄のカンジは、秋田・札幌・名古屋の3つの中学だったし、マサシは、鹿児島・横浜の二つの中学でした。
 だから私には、かなりな思い出がたくさんあるのが鹿児島です。おそらく今でも天文館へいけば、いくらでも同級生に会えると思うんだね。
 私が26歳のときに、鹿児島を歩いて、本当に驚くくらい天文館で昔の甲東中学の同級生と再会したものです。
 ある飲み屋に入って、そこのママに、「ここにAさんという方がいませんか?」と言って、その苗字ばかりでなく、名前もあげたら、「えっ、Nは私の息子です。さっき、ここの来たのが息子です」といいまして、すぐに彼を呼んできたものです。数分前に、この店の業務用の大きな氷を運んできていたのが、彼でした。お母さんはすぐに、本人を呼んできてくれたから、彼が、「あっ、萩原じゃないか」と言って、「今も下駄はいているのか」と懐かしい表情になりました。もう風貌が変わっていたので、数分前には判断できなかったのです。
 そのお母さんは、すぐにばあちゃんのことを思い出してくれたよ。「お母さんはお元気ですか。あなたのお母さんのことはよく覚えています」といくつものことを思い出してくれました。
 もうそのあと、何人もの友だちに会えたものでした。中学2年3年と同じクラスだった黒岩君がラーメン屋になっていたのは驚きました。でもこの「黒岩ラーメン」が今では、大きなチェーン店になっているんだよ。
 いや、実は鹿児島で私たち家族がお会いした人たちは、みなその息子さんなんかが、店を継いでまた元気に活躍していますよ。もう懐かしい思いばかりがしてきます。やっぱり私たちがおつき合いした方たちは、鹿児島市で、すべてで頑張っている方たちでしたね。 早々

12072211 これを書いていて、まだ日経の最終面で書きたいこともあるのですが、まずはこれでUPします。

2012/07/23 06:07今手紙を書いていて、A4で2枚目を書いていたときに、ファイルをちゃんと保存できなくてファイルを消してしまいました。もうしょうがないですね。もう自分が嫌になります。
 先日(7月21日)の日の丸土建の同窓会で沖縄に住むNさんご夫妻が参加されなかったのですが、それは彼が身体を悪くしているということで、彼がB4用紙に書いた手紙を見ました、読みました。
 それでこのご夫婦あての手紙を書いていたのですが、ファイル保存に失敗しました。
 またあとで必死に書きます。
 私はだめだなあ、とつくづくあきれて嫌になっています。でも嫌にならないで、また書きます。同じものは書けないのですが、また気合いを入れて書いて行きます。12072301
120723022012/07/23 06:23「黒書院の六兵衛」で、最初に

 六兵衛探しは困難を極めた。

で始まり、最後の行に

 ついに発見したのは、火点(ひとも)しごろである。

とあります。私は「ああ、よかった」と思いましたが、でもまた明日を読まないと、訳が分かりません。
2012/07/23 06:31一面の「春秋」で

 暑いからエアコンを使い、エアコンの吐く熱でまた暑くなる悪循環でもあるのだ

と書いてあるのが、実によく分かります。この通りなのですが、止められないのです。
 温度は28度にすべきだということなのですが、そしてそれを守ろうとしている私なのですが、どうしても暑いから24度にして、しばらくすると28度に戻すようにしています。
 今は28度です。

 そうなのです。もう一人の友人にも手紙を書かないとなりません。

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                         2007年5月16日
                         周の住所
                               萩原周二
                         周のURL
                          周のブログURL
                         周のアドレス
                         周のスカイプ名
                         周の電話 周のFAX

 前略
 たった今、まっちゃんと電話でお話しました。今度簡単な手術をするということですね。

12072210 もう5月も半ばです。きょうなんかずいぶん暑くなってきました。今いる王子の家で、ある部屋の冷房器械の調子が悪いので、明日見にきてもらいます。ちょうどおはぎのところも同じように調子の悪い機器のある部屋があるから、一緒に見てもらいます。こんなときに、こうしてすぐそばに住んでいることはいいなあ、と思いますね。
 こうして暑い夏になってくると、「暑い」ということで、名古屋を思い出します。あそこには3年半ほどいたんだね。そして南区若草町・千種区今池・北区大曽根と住んだね。夏は3年過ごしたんだ。その次に住んだ鹿児島よりも、この名古屋のほうがずっと暑かった思い出があります。鹿児島は陽射しは強烈だけれど、名古屋ほど蒸し暑くはなかったものでした。
 インターネット上で、今池にいたときに通った内山小学校の4年生の同級生を見つけて、メールしたのだけれど、彼には私のことが名前だけでは思い出せないようでした。私は日本中をあちこち歩いたわけだけど、同級生のことはどこでも覚えているんだけどね。
 名古屋といえば、小学校5年のときに出会った伊勢湾台風の思い出が強烈です。あれほど怖ろしい台風は他には知りませんね。今でも、あのときの台風の怖ろしい音はよく覚えています。
 普通なら、私たちの住んでいた家の壊れ方だとテレビにでも放映されるんでしょうが、あのときは、どこの家もそうでしたね。翌日は、実にいい天気だったのをよく覚えています。あのとき以来、我が家では台風が来るというときは、かなりな防衛策をしたものでした。でも実際に台風がきても、それほどの被害もなくて、いつも拍子抜けの気持になっていたものでした。
 私がこの名古屋の出身の人がいるところで、このときの「伊勢湾台風の歌」を唄っても、誰も知らないのですね。何でわすれちゃうのかなあ。担任の島先生が、「いつまでも、この台風のことを忘れないようにしましょう」と言って教えてくれたものです。あの先生は旅行好きの人でした。いつも、日本中を旅行したときの思い出を私たち生徒に話してくれていました。
 このときは六郷小学校でしたね。名古屋の最初は桜小学校でした。もうみなたくさんのことを覚えています。 早々

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                         2007年5月11日
                         周の住所
                               萩原周二
                         周のURL
                          周のブログURL
                         周のアドレス
                         周のスカイプ名
                         周の電話 周のFAX

 前略
 手紙を1日に出してからもう1週間が過ぎてしまいました。なんやかやと忙しいものなんですね。12072104

 ブルータスがお嫁に行きまして、我孫子の台田の家を引き払わないとなりません。けっこう大変な作業です。当初は、あの大きなピアノをブルータスが持っていくということだったのですが、やはりそれは止めにしました。そうすると、あのピアノを廃棄しないとならないのです。廃棄するのも大変な作業です。
 あの台田のマンションに、私たち家族4人が引越することになって、あのピアノを王子の家から持ってきました。おはぎもブルータスも、あのピアノをよく弾いていましたよ。
 おはぎは、やがて音楽よりも美術が得意だということで、そちらに精進しましたが、おはぎはピアノが大好きでした。だから、小学校でオーボエをやって、先生になってからは三線をやっていますが、その基本にはピアノをやったことにあるのだと思っています。
 ブルータスはね、実はピアノにしろ何にしろ、音譜を見るのではなく、指で覚えちゃうのですよ。だからよく、我孫子の家で、テレビのアニメなんかの放送の曲をピアノで弾いていることがあって、私が「あの曲は何の曲だ。あの曲はテレビ番組で流れているだけで、音譜がないだろう?」というと、ママが、「あの子はね、音を指で覚えちゃうのよ。それで弾いているの」と言ってくれたものです。この能力は私には、全然備わっていないものです。
 思えば、この能力は私ではなく、マサシにはあるものですね。よく子どものときからハーモニカを吹いていたことを思い出します。それがああして尺八を自在に演奏できるようになったんだろうね。
 でも子どものときから、私にはない能力といか、私には想像もできない能力ですから、マサシが羨ましかったものでした。
 思えば、私たち3人兄弟はかなり違った性格と能力なのでしょうが、いつもマサシにはたくさんのことをやってきてもらっていました。親父の葬式のときも法事のときも、いつもマサシがすべてを仕切っていたね。私はいつもマサシの下で小回りよく動き回ろうと思っていただけです。
 でもいつも長男である兄貴のことは必ずあらゆることを支えているつもりですよ。これはマサシも私も同じです。
 思えば、こんな兄弟でよかったな。 早々

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                         2007年5月1日
                         周の住所
                               萩原周二
                         周のURL
                          周のブログURL
                         周のアドレス
                         周のスカイプ名
                         周の電話 周のFAX

 前略
 今ブルータスの結婚式をビデオに撮ったものを見ていました。撮ってくれたのはミツ君です。DVDというもので、撮ってくれたので、今ママと見ていました。全部で2時間くらいあります。ブルータスの結婚式はとてもいい式だったよ。もう親として実に感激感動していました。
12072004 ブルータスは、本当にいい娘になって、そしていい教師になりました。もう私は嬉しいばかりです。これは、うちの二人の娘を育ててくれたたくさんの人がいたからだと思っています。
 そんな人たちが皆、ブルータスの結婚式の映像に中に映っていました。いないのは、我孫子ばあちゃんと、王子のおばあちゃんです。それにもちろん、久二じいも、八郎じいもいません。これは見ていて、いつも少しさびしくなるところです。
 でもこうして、私も二人の娘をお嫁に出すことができて嬉しいです。そして二人とも実にいい彼で、そして実にいいお父さんとお母さん、そしていいご兄弟がいてくれるのです。
 今は、娘たちの友だちを見ていると、結婚するのが、みなけっこう遅くなる人が多いようです。私の二人の娘は早いほうだよ。娘二人の友だちは私も昔から、よく知っているから、いつも「あ、あの娘は結婚はまだなのかしら?」って思っています。
 このブルータスの結婚式の映像には、おはぎのポコ汰も映っていて、ポコ汰が映像に映ると、ただただ私は嬉しくなっています。孫ってこんなに可愛いものなんだね。
 だから、ブルータスにも早く子どもができてほしいし、おはぎにも、早く、ポコ汰の弟か妹が欲しいです。
 二人にもっと子どもが出来たのなら、もう私はそれらの孫を一同に集めて、いろいろなことがしたいです。思えば、ばあちゃんには、孫が5人だったね。みな女の子ばかりだった。でもばあちゃんも、我孫子じじもただひたすらこの5人の孫を可愛がってくれたことを私はいつも見ていました。
 私もあんなことを、そのままやっていきたいのです。二人の娘に子どもがもっとできれば、もうとても嬉しいとても愉しいことになります。もちろん、みーねえや、しほちゃん、かなちゃんの子どもと遊ぶわけだから、この子たちの時代は、はとこ同士につきあいも活発になるのです。そしていつも中心に私がいるつもりです。   早々

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                         2007年4月25日
                         周の住所
                               萩原周二
                         周のURL
                          周のブログURL
                         周のアドレス
                         周のスカイプ名
                      周の電話 周のFAX

 前略
 ちょっと手紙を出すのを3日空けてしまいました。
 一昨日は嬉しいことがありました。くにちゃんの子どものポコ汰(ばばのひ孫だよ)がちょっとした病気で入院していて、でもきのう元気に退院したのです。もうとっても元気で、そばにいるだけで嬉しいです。
12071815 でもおはぎがいうのには、23日夜私が帰ったあと、パパは来ていたのですが、そこに看護婦さんが来て、その人がポコ汰に打つわけではないのですが、注射器を持っていたそうです。それで、最初はその注射器を見て、驚いた顔をしていましたが、あの痛い注射をされると思ったのか、「ワアッー」と大声で泣き出したようです。可哀想だね。
 その前にも、大きな注射を打たれたときは、大泣きしたと聞いていたので、そのときには、「よし、今度はそんな注射は、じじが代わりに受けるから」と思って、そう口に出しそうでしたが、おはぎやパパに笑われるので、黙っていました。

 この手紙に我が家族に関係した犬の思い出で、名古屋若草町にいたときに出会ったクロのことと、我孫子のシロのことを書きました。ずっと飼っていたケンのことも書きました。まだまだたくさんの犬のことを思い出します。ケンの奥さんだったヒデ(秀峰姫という実に綺麗な秋田犬だったね)のことは、もう忘れようがありません。実にきかない犬でしたが、ケンに惚れていたんだろうね。ケンとヒデの子どもは、何頭育てたでしょうか。たしか名古屋大曽根で5頭の子犬が生まれ、鹿児島では5頭と7頭が生まれたんじゃなかったかな。
 でももう子犬たちが少し大きくなってからは、ヒデお母さんのところへ寄っていくと、怒って寄せつけないところがあったね。ヒデとしては、針金のように尖っている子犬たちに、乳房を噛まれるのが嫌だったのだろうね。でもその代わり子犬たちは、大勢で父親のケンに襲いかかっていました。ケンは耳噛まれても尻尾噛まれても我慢していましたが、そのうち逃げ出します。子犬たちが、お父さんの背中から転げ落ちるところをよく覚えています。
 でもそれで遠くへ逃げ出したケンを、また子犬たちがみんなで追いかけていたのをよく思い出します。それでまた同じことが起きます。そのうちケンはまた耳を噛られ、尻尾を振り回されます。思えば、実に優しい父親だったんだね。 うちの二人の娘は、犬も何も飼ったことがないから、本当は飼ってあげたかったなあと思っています。早々

郵便番号
 住所(この日から医院の住所のページ)
   萩原たか子 様
                         2007年4月22日
                         周の住所
                               萩原周二
                            周のURL
                          周のブログURL
                         周のアドレス
                         周のスカイプ名
                         周の電話 周のFAX
 前略
 きょう会いに行きました。でもばあちゃんは目を開けてくれませんでした。でも義姉のまっちゃんの話だと、私のことは判っていると聞きましたよ。
 マサシにも会いました。今も相変わらず彼は真面目ですね。兄として、いつも私が存在していることが羞しい思いになります。
12071710 私の二人の娘、おはぎとブルータスもいつもおばあちゃんのことを心配しています。おばあちゃんが私の手をしっかり握っていてくれたよ、ということを今度も伝えました。
 きょうは、私たちがいなくなったあと、シホちゃんとカナちゃんとミチヨさんが来てくれましたね。みんな大好きなばあちゃんの孫と嫁です。私もみな大好きですよ。
 一昨日書いたことですが、きょうは、やはりまた突如思い出しました。名古屋の南区若草町にいたときに、我が家に、何故かクロという野良犬がきたよね。あのノラ公は一体何だったのかなあ?
 もちろん私は可愛がりました。そして近所の悪ガキたちも、みな可愛がりましたよ。でもあのクロは何故、我が家にきたんだっけ。
 クロも雄犬だから、うちのケン(剣光号という雄の立派な秋田犬)に恋したわけじゃないよね。でも、ケンに惚れていたのは間違いないなあ。「親分!」という感じだったのだろうね。
 いつも、このクロのことも思い出すのだけれど、私は何もいいませんでした。いつもいつも犬の記憶は、思い出すだけで、ただただ悲しくなってしまうだけなのです。
 実はあの頃、私は小学3年生のときだけど(もう4年生になったら転校しました)、私の友だちと何回か、あのクロと遠く遊びに行ったことがあるんだよ。天白川を遠く歩きました。そのときのある時に、クロは天白川に、突如落ちて、そしてそこはものすごく深い恐ろしげに流れが渦巻いているところでしたが、クロは最初はもがいていましたが、すぐに悠々と泳いでいたものでした。たぶん、最初は焦って、実際に焦ったが、私たち小さい少年が大声をあげているので、もう面倒なので、悠々と泳いだものでしょう。そんなクロが実に格好よかったものです。
 私の生涯で、たくさんいた秋田犬は、どれも懐かしい思い出に溢れていますが、それでもこの名古屋南区若草町で会ったクロと、我孫子で会ったシロのことが、私には一番大きな犬の思い出になっています。早々

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                         2007年4月19日
                                            周の住所                                                                                      萩原周二
                                             周のURL
                                             周のブログURL
                                            周のアドレス
                                            周のスカイプ名
                                          周の電話 周のFAX
 前略
 今度4月23日にお見舞いに行きます。当日は、我孫子の台田のライオンズマンションの部屋のゴミの収集日に合わせた時間にいきます。もうあの部屋は誰もいないので、ゴミが資源の収集日に出せないのです。
 我孫子市は真面目な市だから、前日に出したりできないから、当日朝早く行ってやらないとなりません。
12071613 きのう19日の手紙では、「ブルータスは結婚して、彼の家の2階に今住んでいますが、その家に近くにアパートを借りて、5月から二人で住みます」と書きましたが、今月25日からということです。だから我孫子のあの部屋からいくつも持っていくものがあります。そしてそれが終わったら、あの部屋をすべてかたずけないとなりません。

 思い出すと、あの部屋に住みだしたのは、1992年で、おはぎが6年生、ブルータスが5年生でした。あの部屋が日当たりが良くて、広いので、二人が大変に喜んでくれたのを、よく覚えています。そして我孫子じじがよく来てくれて、部屋のかたずけ整理をよくやってくれました。
 じじは、フロントにいる管理人さんと親しくなって、あの管理人さんは、じじのことを、「すごい人だ」なんて言っていたのをよく覚えています。

 もうあんなに小さかった二人も、白山中学校へ行って、二人とも生徒会をやって、二人とも三年生のときには、副会長をやったのでした。あんなに小さいときには引っ込みばかりのおとなしいブルータスが、お姉ちゃんの応援演説をしたり、自分でもやりだしたときには、もうとても驚いたものでした。
 ブルータスは、保育園よりも小学校のほうがすっと面白かったそうです。でもさらに中学校はもっと面白かった。そして高校はもっと面白くて、そして大学こそはもっと最高だったようです。
 そしてまた就職して教員になったら、それがまた面白くてやりがいがあってもう実に面白く充実しているようです。
 そんなことを聞いていると(いや親の前ではあんまり話してはくれないのですが)、本当にこの娘をもって私こそが一番幸せなんだなあ、と思っているところです。早々

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                         2007年4月18日
                郵便番号  周の住所
                          萩原周二                          12071604                 
           周のURL
          周のブログURL
          周のアドレス
          周のスカイプ名
      周の電話 周のFAX
 前略
 きのうもきょうもお見舞いにいけませんでした。
 王子のMのお母さんも、きょうの毎週水曜日はデイサービスがお休みで、一日家にいます。この同じマンションの4階におはぎ夫婦が住んでいるから、きょうは昼の12時少し前におはぎが、息子のポコ汰を連れて来てくれました。ポコ汰は今年1月3日生まれです。とっても可愛いですよ。この子は、ばあちゃんの3人目のひ孫です。みーねえのところが二人。そして次が、ポコ汰です。
 次は、マサシのシホちゃんか、私の娘のブルータスか、それともおはぎの二番目の子どもが早いか判りませんが、ばあちゃんの4人目にひ孫が生まれますよ。全部で何人になるのかなあ。おはぎは、子どもが4人ほしいと言っています。そしてたぶんブルータスにも4人の子どもができます。
 だから、ばあちゃんにはたくさんのひ孫ができるんだよ。
 ブルータスは結婚して、彼の家の2階に今住んでいますが、その家に近くにアパートを借りて、5月から二人で住みます。それが1階と2階が一緒にある部屋なんだって。私なんかのときには、考えもできなかったアパートだね。それで彼のご両親の家のすぐそばだそうですから、これは良かったなあ、と思っています。
 この部屋に住みだした頃、私もブルータスの新居に行ってきます。
 それと今は、ブルータスには、たくさんの手紙を出しています。そうすると、おはぎが「何で私には手紙がこないんだ」というので、おはぎにも手紙を出しています。ただし、切手は貼らないで、おはぎの部屋番号のポストに入れるだけです。
 昔、私が東大闘争で府中刑務所に勾留されていたときに、ばあちゃんは、よく手紙をくれたね。でも、私はほとんど返事を書かなかった。いや、その前の高校1年のときにも、鶴丸高校で下宿していた私にたくさん手紙をくれていたね。でもそのときも返事を書いていませんでした。今そのことをものすごく反省しています。だから今はこうして手紙を書いています。遅い反省ですね。 早々

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                         2007年4月15日
                郵便番号  私の住所
                                       萩原周二                            12071405                      周のURL
           周のブログURL
          周のアドレス
          周のスカイプ名
      周の電話 周のFAX
 前略
 きのう、ブルータスに会えたね。ブルータスの彼にも、その彼のお母さんにも会えたんだよ。それできょうは、おはぎとその彼と一緒に来ました。
 おはぎの子どものポコ汰は、まだちっちゃいので、ばあばに預けてあります。
 きのうは、ばあちゃんの手を握る力が強くて嬉しかったよ。それでそばにいるときにいろんなお話をしました。
 秋田には3年半くらいいたのかなあ? それから札幌には2年半くらいいたよね。札幌の幼稚園には、私は7カ月居て、卒園だった。
 そのあと、名古屋には3年半、ただし3カ所住んだ。南区、千種区、北区だった。そのあとの鹿児島には、3年半くらいいましたね。
 それから、横浜にもちょうど3年半くらいだったかな。
 そうすると、ばあちゃんは、我孫子に住んでいるのが一番長いんだね。
 東京の巣鴨に住んでいたのは、どうくらいだったのかなあ? 私は小さかったから全然覚えていないよ。ただ、たしか6年くらい前に、浅草のほおずき市に行ったら、何故だか、「あ、ここには小さいときに来たことがある」って、なんだか光景が甦ってきたのよ。久二じいと、昭和24年くらいのとき、私を浅草のほおずき市に連れて行ってくれたことがあったのじゃないかなあ。

 それから、まだばあちゃんが子どもの頃、茨城の佐貫に住んでいたのではなく、いっぱい千葉県を引越したのでしょう。どこにどのくらい住んで、そう引越したのかは、私にはまったく知りません。元気になったら、そんなことも教えてください。
 私にもポコ汰という初孫ができたから、とても可愛いです。この孫を、ばあちゃんが、私の二人の娘やみーねえやマサシの二人の娘を可愛がってくれていたように、絶対に可愛がります。ばあやじいがあれだけ可愛がってくれたから、みんな実にいい娘になりました。
 だから、それを私もただただ真似していきます。 早々              

郵便番号
 住所
   萩原たか子 様
                         2007年4月14日
                郵便番号  私の住所
                               12071303萩原周二                                                      周のURL
               周のブログURL
              周のアドレス
              周のスカイプ名
           周の電話 周のFAX
 前略
 まっちゃんから、おばあちゃんが具合が悪くなって、つくしの病院に入院したと連絡がありました。みな心配しています。だから、私がこうして来ました。

 私の次女のブルータスは、3月25日結婚式を挙げたばかりです。そして今は、彼の実家の君津市に住んでいます。職場も、お隣の街の木更津市で、すぐ近いところです。今年は、4年生を担任しているそうです。
 ブルータスは、彼も、そのお父さんもお母さんもとても優しい方です。私も妻のママも大変に安心しています。

 また長女のおはぎは、私もママ も今いる王子のM・R さんと一緒の部屋のあるマンションの違う階に住んでいます。だから、私もママ も、おはぎにも、孫のポコ汰にもよく逢いますよ。
 ポコ汰は、まだ生まれたのが1月3日ですから、まだ100日経っていませんが、もう体重は7キロを超しています。抱くともう随分重いのですが、もう私じじとしては可愛いばかりでです。

 こうして、おはぎもブルータスも結婚して、着々と新しい家族を大事に育んでいます。
 こうしたことは、いつも我孫子のおじいちゃんとおばあちゃんが、二人を優しく育ててくれたおかげだと、心より感謝しております。

 きっとおはぎもブルータスも、この病院にお見舞いにきます。お喋りしてあげてくださいね。                       早々

12061510 私の友人の「童話とマンガの部屋」の「ネット赤ちょうちん」に、「いつもお二人を思い出します」という書き込みをしました。
 私はここのネットはすべて読んでいますし、そして日々更新されていますこの掲示板も読んでいます。それに手紙を書くこともあります。また手紙を書かなくちゃなと思っています。
 昨日飛鳥山博物館の「ドナルド・キーン展」で、彼の所蔵する谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫、司馬遼太郎、安部公房からの手紙を拝見したのですが、そしてそこでの解説を読みましたが、自分の情けなさにがっくりくるばかりです。
 でもどうしても好きになれなかった川端康成ですが、これを読んで、何かが私もつかめた思いがしました。思えば、川端康成の作品も思い出して、ここに少し書いてみたいと考えました。

 ここの写真は、昨日の谷中墓地で撮りましたものです。

12060410 なんとかインターネット上にも手書きができないものかなあ。

2012/06/07 17:57少し前に手紙を近くのポストへ入れてきました。今は明日着くのですね。ケータイメールがいくら便利だと言っても、こうして手紙を書くのはいいですね。
 今は私は手紙は、自分の署名だけは手書きにしています。これは当たり前のことですが、こんなことは誰も教えてくれなかったものです。私は手紙は過去のものもすべて残していますが(ただし、廃棄したものもいくつかあります。年度によってなのです)、過去の手紙を読むと、自分の署名までパソコンで書いていて、とてもみっともないことしきりです。
 これがメールが「正式文書」にならないことなのだろうな。しかし、メール上には手書きはできないから、これをどう変えていくかだろうな。インターネット上にも手書きできるようなスキャナみたいなものが必要なんだろうな。
 私は実に字が汚いですから、かえって自分の手書きの署名を書くのは、いいですね。
 日本では、署名ではなく、記名でも、それに押印すれば(だだし、個人は実印、法人も実印)いいのですから、これがやれるような(インターネット上に載せられる)ものがあればいいのだ。欧米ではどうしているのかなあ。昔インターネットでずいぶん見ましたが、パソコン文書でも手書きの署名を見ました。汚い字でもFAXでも署名なら、正式になるのだ。だからいつまでもFAXが生きてしまうのですね。 
 私はFAXではなく、スキャナをもっと安くしたようなインターネット入力機が日本にほしいと思うのですね。私はFAXは好きになれないですが、よく使うようにしていこうかなあ。
2012/06/07 18:29上に書いたことは大事なことです。今後どうしていこうかなあ。どうやって実現できるのかは、私ではなく、もっと大きなところで決めてほしいな。

 インターネット上に、印鑑(実印)で押印できればいいのだ。なんとかならないかな。私のような汚い字より(それでも本当はいいわけだが)、印鑑がいいよね。

12060201 とにかく、これでUPしていきます。

2012/06/02 06:30今日はものすごく早く目覚めてしまいました。もう一度眠るべきでしたね。1時55分に起きてしまいました(もっとも眠ったのは前日の21時45分です)。
 日経新聞で「黒書院の六兵衛」を読みました。うん、なんとなく勝海舟が好きになってきました。あ、これは水戸天狗党の私にはよくないことなのかなあ。そんなことはないですね。
2012/06/02 07:01もう7時を過ぎました。
2012/06/02 07:30東京都の6月の広報を見ました。最終面(8面)の「はかせのはなし」がいいです。「はかせの”島”談義」という内容で、尖閣諸島のことを書いています。昔のアラスカ購入のことですが、『「巨大な保冷庫を買った」と国民から総スカンされたそうですが』とあります。あとでできたらインターネットで見てそこからコピーしてみます。
2012/06/02 07:58さて「梅ちゃん先生」です。
2012/06/02 11:58今日は朝2時5分前に起きていましたから、さきほど少し前に眠ってしまいました。
 やはりいつものものを片づけます。
2012/06/02 12:18今1Fにいくつものゴミを出してきました。
2012/06/02 12:50また「梅ちゃん先生」を見ています。私の孫のポコ汰、ポニョ、ポポに会いたくなりました。そしてじゅにには、まだじいじの声はわからないでしょうが、また手紙を書きましょう。
 手紙を書くのはけっこう時間がかかるのですが、私の大事な孫ですから、その孫に手紙を書きましょう。じゅにはまだ手紙は読めないですが(いや、ポコ汰、ポニョ、ポポも同じですが)、あとで大きくなってから読んでくれるでしょう。

 どうしてもテレビの前ではテレビですね。

12051716 こうして手紙を書くといいです。いつもちゃんと書くようにしています。

2012/05/17 19:32少し前に手紙を出してきました。この頃手紙を書くのが時間がかかるようになりました。しょうがないなあ。毎回まずはA4普通紙で印刷して、校正して、それからプリント用の綺麗な和紙の用紙にプリントします。
 これはもう終わりましたが、もちろんまた明日書きます。明日も考えているのは女性です。私のケータイメールアドレスとGメールアドレスが替わったので、それで手紙を書いているのです。だからもっと何人にも書いて行きます。

 でもそれで、私が忘れてしまっていることもあるのですね。手紙にいくつものシールを貼ることです。

 私は以下にも書きました。

 http://shomon.livedoor.biz/archives/52009908.html
  私のメールもケータイメールもアドレスを替えました

12050203 私は確か10年くらい前にも私のメールアドレスに、連日理解不能なメールが入ってきていました。1日に4度くらい、その1度につき4回ほどのメールがあります。そしてすべて、海外のプロシキサーバーを使っています。あまりにひどいので、私はなれない英文で文章を書き、そのうちのスウェーデンのサーバーに、こんなに迷惑をしている、止めさしてほしいというメールを送りました。
 でも何の返事もありません。それでここのサイドバーにもある

 http://www.iphiroba.jp/index.php
    IPひろば

ともう一つに、「迷惑メールアドレス」と登録し始めました。
 それでも、そのプロシキサーバーを替えて、実に2年11カ月を越えて、「もう丸3年になるな」という頃、突如終わりました。たぶんもう使えるサーバーがなくなったのでしょう。

 でも今度は、私のケータイメールになのです。何度か電話もかかって来ました。でも2度ばかりその相手の会社に電話してみましたが、海外の言葉を使うだけで(英語ではありません)、どうにもならないのです。ひどいケータイメールは登録するだけで、すぐに200通を超えました。もうこれ以上は登録できません。
 それで私はケータイメールアドレスを替えました。そしてGメールアドレスも替えました。それで、ひどいメール攻勢は終わった(というかもう届かない)のですが、今度は私が困りました。必要なメールも一切来ないわけです。
 それで今困り果てているのです。どうか、私に直接電話をくれるか、手紙をください。私から、返事いたします。

12040713 この日は、東京テレビの番組で私の古い友人を思い出しました。

2012/04/14 17:46いや私自身がしっかりしていかないといけないのですね。もうしっかりいくつものことを考えていくようにします。
 今日は20時からのテレビ東京の「出没!アド街ック天国」が赤羽岩淵をやります。ここは、私の義母が丸4年介護サービスで通っていたところです。
 かつ私の友人のK子さんが今も住んでいるところで、私はときどき手紙を出して、ケータイではときどき交換メールをしています。彼女の家は前は老舗の魚屋で(もう彼女だけだから、もう魚屋はやめています)、私とは私が赤坂の広告代理店の広告制作会社のチーフプロジューサーをやっているときに、すぐ隣のドア一つ隔てた会社にいたのです。彼女は当時英語を使って、多くの子どもたちをアメリカにつれて行くことをやっていました。彼女は英語はペラペラに話せる人なのです(米国に住んでいたこともあったのです)。
 彼女は圧倒的美女ということだけでなく、私の孫ポコ汰が、彼女と話しているときに、つい涙を流してしまい、彼女も泣いてしまって、私もそばにいて困ったこともあるのです。私といいお友だちなんだということが分かったかなあ。・・・ポコ汰はもうそれはよく分かってくれていると思います。
 でも思えば、私が会社勤めで彼女に会ってから、もう32年がたっているんだ。
 今はお手紙を書いて、ケータイメールを交換しています。私のずっとおつきあいが続いている古い友人です。でも彼女は圧倒的美女で、私より背も高いから、私は並んで歩いたりしません。
 また手紙を書きましょう。
2012/04/14 18:22今日この東京テレビの番組で彼女の家も写るかなあ。
 思い出せば、私の義母の介護サービスでその義母が行く介護サービスの園が彼女の家のすぐそばで、私も行ったときに彼女の家にも寄ったことがあります。
 だんだん、思い出せば、彼女が魚屋で現役の頃、雑誌「男の隠れ家」で取材したことがあります。もちろん私はそばにいるだけで、取材や撮影はそのプロがやっていました。あれはもう15年か20年くらい昔かなあ。

 あの時からも、もうそんな時間が経っているのですね。

12033002 とにかくやりきらなくちゃあいけないですね。

2012/03/30 06:05こうしてリビングに来ますと、今日やるべきことが浮かんできます。
 とにかく昨日は、この「周のブログ」の2012年3月分がかなり量が多すぎたということが分かったものです。それ以上同じファイルにはかきこめないのですから。
 昨日はひさしぶりに手紙を書きました。今日もまた書きます。それに今年は誰に手紙を書いたのか整理しておこうと思いました。このままだとみな分からなくなってしまいます。
 私は手紙はみなパソコンで書いていますが、これだとその記録もすべて残ります(残せます)ので、とてもいいです。ただ、残っていても、それがちゃんと整理されていないと、もう分からなくなってしまいます。
2012/03/30 07:35今ゴミを出してきました。やはりここは(東京)は楽ですね。我孫子では、ゴミ、資源、雑介に分けるのが大変でした。大変と言っても、実によくやったものです。資源といいましても、その区分けが細かくて大変だったのです。
 その点、ここは実に楽です。実にここのマンションの管理人ご夫婦がよくやってくれるのです。
2012/03/30 07:56あ、前々から思っていたことを今日は忘れずにやりましょう。大学時代の友人がフランス(ルクセンブルクだったかなあ?)に行ったのですが(そちらにお嫁に行きました)、彼女に手紙を出したいのですが、その住所も分かりません。メールアドレスでもいいのです。それを私の友人夫婦に聞かないとならないのです。分かったら、早速メールします。
2012/03/30 08:03今「カーネーション」を見ています。やはりどうしても涙になってしまいそうです。夏木まりさんはいいですね。もう大好です。どうしても涙になるのです。
 また私は涙です。涙があふれてしまいます。
2012/03/30 08:15なんだか、いつでも私は涙ばかりですね。

 いや友人はルクセンブルクだったなあ。ルクセンブルグって何語使っているんだ?ドイツ語かあな。

12032401 こうしてポメラに書いているときも、私のブログにはまたどうでもいいコメントも入ってきます。どうかご自分の主張は、ご自分のブログなりでやってほしいですね。ただただ迷惑です。

2012/03/24 07:40こうしてこれで書いているといいですね。前から手紙を書かなくちゃと思っていた人に今日手紙を書きます。どうも、私はだめだなあ、と思っています。
2012/03/24 08:00いつも「カーネーション」を楽しみに見ています。
 またこの回を見るのが楽しみです。夏木まりは実にいいです。それに今日は江波杏子が出てくるんだろうな。
2012/03/24 08:24これでUPしようかな、という気持になっています。

「カーネーション」を見て、私はまた涙になっています。

12030308 リビングではいつもテレビを見てしまいます。

2012/03/04 06:28テレビを見ようとリビングに来ましたが、どの局だか分からないのでしたが、すぐに分かりました。この番組の名前は、「早く起きた朝は」だっけかなあ? この三人の女優は皆好きです。
 なんか、テレビのCMを見ていて(おじちゃん、おばあちゃんが孫に会って抱きしめるCM)、私も孫に会いたくなりました。
 でもこの番組は面白いなあ。ただずっと気になるのが、いつも視聴者からの葉書を読むのですが、そのときにいつも思いますが、今はメールじゃないのかなあ。いや私は今も手紙は書きますが、あとはみなメールです。葉書は、年に数通というところです。手紙は一年に600通を超える数を出したことがありますが(ただしこれは私的な手紙だけです)、そのときは葉書は10通くらいです(あ、年賀状は別です)。これは葉書はパソコンでプリントするのが大変だからです(年賀状はソフトの関係で楽だけれど)。
2012/03/04 07:18いつも日曜日の朝はこの番組(6時30分からの3つの番組)を見ています。いつも面白いです。面白いだけではなく、実に私にはためになる思いです。

 手紙は今でもいつも書いて出していますが、葉書は実に大変です。どなたかが葉書を楽にプリントできるソフトを教えてもらえないかなあ。
 手紙はいつも出すのですが、いつも記念切手で出しているので、今では昔の切手でも出しています。

12021901 昨日手紙を書いていました。でも重さを量ると、わずかに郵送料が80切手ではなく、90円になります。ところが私のところには、80円切手はありますが、90円切手も10円切手もありません。郵便局に行こうにも、昨日は土曜日で、今日は日曜日です。
 それで困ったのですが、妻が昔の切手を出してきてくれました。それでここの画像のように、90円にすることができました。昨日の夜出すこともできたのですが、今日じゅにとブルータスのところへ行くときに、柳田公園の郵便ポストに入れます。

12013109  今は上野です。
  今日はものすごく暖かいです。この行きはこのIS01である方への手紙を書いていこうかなあ。いや、ここで書きまして、あとでそれをパソコンで清書するのです。やらないとなあ、と思っています。
  この京葉線の中ではけっこうケータイメール他を書いています。ケータイメールはその場で出してしまいますが、あとでまたメールや手紙に清書して出すことも多いです。
  ただしメールは相手が読まないとダメですし、手紙は少し時間がかかります(ほぼ一日か二日ですが)。
  それと手紙はプリントして、切手を貼り、ポストに入れるという手間がかかります。
  でもまた手紙をかかなくちゃあなと思っています。

11090506  いつも「おひさま」を見るときに、この「周のポメラ」を書いているのに、忘れていました。

2011/09/06 08:08ずっと私のブログに、諸葛亮孔明「出師表」のことを書いていまして、「おひさま」を見にくるのが忘れました。
 それとじゅににもブルータスにも手紙を書かないといけまいな。それに昨日も京葉線で「周のIS01ブログ」を書きながらも思ったものなのですが、ある女性たち二人に手紙を書くことです。
 でもなかなか時間が見つからないのだなあ。思えばIS01では打てるわけですが、プリントはできないよね。

 手紙を書かないといけないなあ。

11083008 今年8月の私の睡眠時間です。今は一週間に4、5回孫のじゅにのところへ行っています。この頃手紙を書いていないので、反省します。
 ただ今では、どうしても手紙というのは、少々かったるいのですね。ケータイメールのほうがいいように思えます。けっこう量も書けますよ。私は書いています。
 もちろん、ブルータス以外の人にも書いています。

             睡眠時間      仮眠

110831 22:15〜02:50
110830 22:55〜05:35
110829 21:20〜05:20 16:00〜17:05
110828 22:00〜01:50
110827 22:00〜06:00
110826 22:00〜02:00
110825 22:20〜04:50
110824 22:50〜02:30
110823 22:10〜04:00
110822 22:20〜06:10
110821 22:20〜05:30
110820 21:50〜05:50
110819 21:45〜05:50
110818 22:10〜04:50
110817 22:40〜05:15
110816 22:40〜03:55
110815 22:20〜05:00
110814 22:20〜03:45
110813 22:00〜05:55
110812 22:50〜04:20
110811 22:50〜05:55
110810 00:30〜06:40
110809 23:10〜05:50
110808 22:30〜04:05
110807 22:30〜05:45
110806 22:35〜05:55
110805 22:10〜05:35
110804 22:15〜00:35
110803 21:20〜03:35
110802  22:45〜04:25
110801  21:20〜05:15

5837b60c.jpg  昨日はじゅにとブルータスに会うことばかりを考えて電車に乗りました。
  いつもこうして、IS01で書いています。これではケータイメールも書きますから、昨日も行きの京葉線でも二通出したものです。その返信ももらったものです。
  今はケータイメールは昔の手紙になるので、やっぱりいいですね。私は今も手紙を書きますが、やはりこうしてケータイメールもいものですね。

11081701   Thursday, July 08, 2004 11:46 AM
Re: またメール掲載のお願いです。

 せっかくネタがあるのに使わないのはもったいないですからね。どうぞつかってください。しかし同じ読者からがあまり続くとまずいんじゃないですか。
 私にはホームページにするようなネタがないんです。友人が沖縄旅行の写真をくれたのでいたずら書きのようなレタッチをして沖縄うそ日記というホームページを3P程つくってやったら怒られました。

 あのカエサルはやっぱりショックでしたか。私でもそうだからカエサルびいきの様な人が読んだらそうでしょうね。どのあたりでもうイヤダになったのか興味ぶかいところです。しかし読み終わってからなんか心に引っ掛かるカエサル像ですね。歴史物にこんな超近代的な心理描写をいれてほしくないけど。古代ローマでもはげはマイナスイメージだったのでしょうか。文化によって違うからそうでもないということもありえますよね。この作者のフランスの将軍の話はとてもおもしろかったんですけどね。下品な言動だけれど魅力的な人物像でした。

 ワープロもない時代に年間二百通とはやっぱりただ者ではないというところですね。封を切っていないのを発見するくだりは失礼ながら笑ってしみました。お二人の心情が両方さっせられます。こんなに長いメールをいただいてお疲れにならないかと心配するほどでしたが、年間二百通の強者にはタッチタイピングと電子メールがあれば朝飯前ですね。怒濤の様なご教示で、一年先まで宿題を出された小学生か、今週中に読まねばならない参考文献が机の上に一メートルを超えてしまった大学生の気分です。
 なにしろ並より怠惰な人間ですから。まあ大目に見て進歩が遅くても見捨てないでください。うちは回線のつごうでadslにつなごうとすると、自分でパソコンを持って一階へ降りそこでモデムの電源を入れてつなぐという世にも珍しい非常時接続です。ゆっくりネットサーフィンできるのも週一回ぐらいです。無線を取り入れれば解決できるんですけどそれもいつになることやら。MM

   Saturday, July 17, 2004 3:58 PM
遅い返事とくだらない内容ですが

あのカエサルはやっぱりショックでしたか。

 結局、あのガリア人の若い王をあれほど残虐に描くのは、実はカエサルをこそ貶していることになるのだと私は思います。いや誰もがそのように判ってほしいのだろうなと推測しました。
 カエサルの「ガリア戦記」はラテン語の教科書ともいえるほど格調の高いもののようです。その「ガリア戦記」をのものを、わざわざあのように読めるのだというのでしょうね。
 私は以下の中で

  松本健一「近代アジア精神史の試み」

 西南戦争のときの熊本城に籠城した官軍の中に、英語か仏語訳での「ガリア戦記」を読んでいる軍人がいたのではないかという推測をしています。私は谷干城自身か彼の部下の中に、この「ガリア戦記」の記述から、あの城を燃やしたのではないかと、高校2年のときの修学旅行で思っていたものでした。西欧の将軍たちが必ず読んでいる教科書のような「ガリア戦記」を、あの維新の志士たちも読んだのではないかと思っているのです。

どのあたりでもうイヤダになったのか興味ぶかいところです。

 はっきりいいまして、すべてが嫌になりますよ。だから、もう「読みたくない」と何度も本を閉じたものでした。

ワープロもない時代に年間二百通とはやっぱりただ者ではないというところですね。封を切っていないのを発見するくだりは失礼ながら笑ってしみました。

 彼女を私は大学2年の、1968年の4月に埼玉大学のキャンバスで見かけました。この大学のキャンバスには、八重桜がたくさん咲いているのです。ちょうど4月といいますと、その前月が王子野戦病院闘争があり、そして三里塚闘争がありました。
 ちょうど私は、当時バス代値上阻止闘争をやっており、同時に政治闘争もやっていました。バス闘争で長期間闘うために、観光バスをチャーターして、通学の学生を運びました。まったくの敵は、日本共産党でした。この観光バスでエンプラ闘争でも、みんなを乗せて日比谷公園に行ったものでした。仲良くなったバス会社の運転手は、バスから降りて、集会に向かい、機動隊と激突するだろう私を心配して、「気をつけてね」と声を掛けてくれたものです。
 またこの観光バスを使って、三里塚闘争にもいきました。思えば、こうして観光バスで闘争の現場に行くというのは、私たちが真っ先のことではなかったかな。
 このバス闘争をやった部隊が、埼玉大学の理工学部の自治会を日共から奪還していました。だから、王子闘争のときには、その「埼大理工学部」という大きな真っ赤な旗を私もよく持って走り回ったものでした。
 その彼女は、実家が王子にありまして、高校3年生だった彼女も、近所の人を誘って、野戦病院闘争に出かけたりしていたようです。それで彼女は、この「埼大理工学部」の旗を見て、「あの大学にこそ行きたい」と思ったようです。彼女は、横浜市立大学理学部と、早大理工学部に受かっていたのですが、この旗のために、埼大理工学部の化学科に入学してきたのです。
 彼女を初めてみたときに、私はもう恋をしました。彼女は、紺のタイトのミニスカートに水玉模様のシャツを来て、本を抱えていました。色の白い実に脚の綺麗な少女でした。 でも、この子が、私の所属する「歴史研究会」というサークルに入会してきたのです。そのときに私は彼女の名前と学部学科を知ったものでした。彼女はこのサークルの「日本史ゼミ」に属しました。私は「東洋史ゼミ」でした。私は彼女が読んでいる本を横目で見て、初めて、「大江健三郎」とか「小松左京」とかを知ったものでした。私は作家といいますと、幸田露伴とか徳富蘆花とか尾崎紅葉しか知りませんでした。
 この年は1968年で、もう激しい政治の季節でした。思えば、私が彼女と初めて二人きりになったのは、この年の10・21の防衛庁闘争のときでした。彼女も私も機動隊に捕まってリンチされたものです。彼女が頭を殴られ胸を触られ背中を殴られたのを、私は目にしています。私はそのとき大きく投げ飛ばされ、宙を飛んでいました。さらに、顔を蹴られまして、血だらけになったものでした。
 そしてそのあと、東大闘争や日大闘争への参加の中で、翌年69年1月の東大血戦で、私は安田講堂に籠もることになりました。
 1969年1月17日の夜10時半頃、安田講堂を抜けて、構内の電話ボックスに走りました。構内は日本共産党がレポ隊を徘徊させていまして、下手をすると彼らに捕まりリンチされます。東大の外は、もう機動隊の世界です。その中、なんとか必死に彼女の自宅に電話しました。
 明日機動隊が導入され、間違いなく逮捕される、そうすると最低6カ月は勾留されるから、もう当分出てこれないことをいい、そしてでも元気に闘うことをいいました。そして彼女のことが好きなことを伝えました。彼女は、声が出ませんでした。
 そして翌日からの長い闘いになりました。そして19日逮捕されて、私は東調布署に勾留されました。そしてたしか4日目に、彼女だと判る差入れをもらいました。彼女はもう一人の同じサークルの娘の名前と苗字を変えた偽名にしていましたが、その偽名と、そして年齢に(18)と書いてあったその字で、彼女とすぐ判断できたものです。彼女はあと2カ月後の19歳になる直前でした。このときの(18)の8の字が今でもありありと目の前に浮かびます。
 そして私は起訴され、移管ということで、府中刑務所に行きました。そこで3月の最初のころ、ちょうど19歳直前の彼女と面会できたものです。
 そしてそしてとにかく、勾留が続きます。そして私はここから彼女に手紙を出すことができました。3月のときからです。彼女からも返事がきました。でもとにかく私は、ひたすら手紙を書きました。1週間に3回、1回につき2通手紙が出せます。もちろん、家族他にも出しますから、6通は出せませんが、とにかく1週間に5通は彼女あてに出しました。でも便せんの枚数は3枚と制限がありました。しかもあまり小さい字で書いてはいけません。そして必ず、看守の検閲があります。ただし、私の手紙はばかばかしいから、ちゃんと検閲しなかったろうなと推測します。
 かくして、勾留が続き、かつその間に裁判もありまして、さらに私たちは出廷拒否を続け、ハンガーストライキをやったりしていましたが、その年の8月21日保釈になりました。
 私はすぐに埼玉大学のバリケードへいきましたが、埼玉県警の弾圧の中(大勢の仲間が逮捕起訴され、そして指名手配中でした)、バリケードがガランとしていました。彼女ともひさしぶりに再会しましたが、とにかくもう冬の時代でした。でも私はまた、9・5の全国全共闘の結成式等々(赤軍派が初めて登場して、ブンド関東派(の戦旗派)を散々に蹴散らしたときです。これを北方謙三がよくよく勘違いして覚えているのです)には参加していました。
 そして9月18日、私の御茶ノ水大の友人に会おうと、東京教育大学(この大学はお茶大の隣でした)の闘争に出かけましたが、会えないまま、その夜北浦和での、東大闘争の被告団会議のときに、埼大のバリケードに早稲田の山本派が襲ってきた(山本派とは革マル派のこと、でも事実は革マル派を装った中核派による襲撃事件でした)というので、革マル嫌いな私は、すぐさま駆けつけまして、そして翌朝、拉致された埼大の仲間を救いに行くと、いうことで、芝浦工大へ出かけまして、そこで起きたのが、埼大中核派の滝沢紀昭さんの、事故でした。この事件が、学生運動での初めての内ゲバによる、殺人事件ということでした。もう、埼玉県警、佐藤栄作、警視庁、そしてマスコミ、そして新左翼セクトすべてが、私たちを糾弾するキャンペーンを張り出しました。
 もう大変な事態でした。彼女にこのことを伝えたのは、王子の飛鳥山公園だったのでしたが、彼女はすぐに泣き出しました。襲ったと言われる私たちも亡くなった滝沢さんも、みな同じ埼大の活動家群だったのです。
 そしてそれから、またいくつものことがあって、私はこの事件で12月10日に逮捕されました。
 この間も私は彼女に手紙を出し続けました。もう府中刑務所のような便せん3枚なんていう制限のない娑婆の世界です。私は便せん30枚を超えたのが2通、20枚を超えたのは数知れずというくらい、手紙を出し続けました。
 こんだけだせば、それはもう全部読んでいられないよね。だって、内容も、実にどうでもいい話が延々書いてあるんです。たとえば、ある手紙では、井原西鶴「日本永代蔵」の話が延々続いています。それがまた「続き」になっているんですよ。そして、この間、私は彼女の家族とも知り合いになりました。弟さんとは真っ先に会いましたし、お母さんとも会いました。お母さんは、埼玉県警が来まして、非常に失礼な態度だったらしく(私はあとで、この埼玉県警の担当は誰だったと、県警に怒ったのですが、それを教えてくれなかった)、そういう話をしました。お祖母ちゃんは、歌舞伎が大好きで、私は高校時代河竹黙阿弥をすべて読んでいましたから、そういう話で、話が合いました。下の妹もすぐ懐いてくれた。問題はお父さんと、一番下の小学校6年の妹です。
 でもそのうち、お父さんとはインパール作戦の話ができまして、なんだか、私のことを気にしてくれます。もう下の妹は脅しました。

  もうKちゃんなんか、火炎瓶で燃しちゃうよ

 そんな流れの中で、また70年の4月に私はまた保釈で出てきまして、今度は彼女の家で、私はよく夕食を作っていました。彼女の家は古い老舗の店で、働いている人も何人もいまして、食事の用意が大変なのですが、私はよく大量の天麩羅やとんかつを揚ていました。
 そうした中でも、私はいつもどんどん手紙を書いていました。
 こんな中で、彼女一人が私を拒絶しているわけにもいかないじゃないですか。とうとう最後に彼女は、私の彼女になりました。そししてだんだん、手紙の数は減ってきました。
 でもその後、私が彼女から離れて沖縄で働いていたときなんか、また私は毎日手紙を書きました。そのときはもう彼女も毎日手紙をくれたものです。

 ごめんなさい。なんだかはしょってしまい、かつなんだかおおざっぱですが、とにかく「手紙」ということで、急いで書いてみました。

うちは回線のつごうでadsl につなごうとすると、自分でパソコンを持って一階へ降りそこでモデムの電源を入れてつなぐという世にも珍しい非常時接続です。

 早く無線LANにされるといいですね。期待していますよ。
(第207号 2004.08.02)

11061607 昨日手紙を書きました。プリントして封筒に切手を貼ってポストに入れてどうやら落ち着きました。

2011/06/16 17:36先ほど手紙を出してきました。A4の用紙に2枚書きました。

2011/06/17 07:56昨日はじゅにのところへ行かなかったので、いくつものことができると考えていたのですが、無理でした。ただ友人にA4の手紙2枚が書けて、ポストへ入れることができました。
2011/06/17 07:59また「おひさま」が始まります。とても見ていて、結局涙を流してしまいます。
 どうしても涙がでます。どうしても涙になります。ときどき私はその涙の顔に恥ずかしくなり、部屋に逃げ帰ります。誰も見ていないのですが。悲しいです。
 この京子ちゃんのことがとても悲しいです。でもまた嬉しいです。今日もじゅにの顔をいっぱい見つめます。

 今日はじゅにに会います。当然、じゅにとブルータスにも手紙書きます。それともう一通書きましょう。

11052515 今日はじゅににいっぱい話しかけます。

2011/05/26 08:00今日はじゅに面会に行きます。その前にブルータスにも会えます。ナオキ君にも会えます。私はじゅにに絵はがきを書き、ブルータスには手紙を書いて行きます。
「おひさま」を見始めました。あの好きになれないおっさんは、でも少し好きになりました。
 この「おひさま」を見ていると私は涙が出てたまりません。たまらない思いばかりです。

 ブルータスにも話しかけます。

11021006 私の昔からの友人のユミ子さんが、童話とマンガの部屋 の掲示板の ネット赤ちょうちんで、次のことを書いてくれました。

小雪の中のガス工事 投稿者:Nora  投稿日:2011年 2月 9日(水)18時44分59秒  

   周さんへ
桜色の便せんで温かいお手紙をありがとう。
久しぶりに周さんらしい濃やかさにふれて一日幸せ気分でした。
鎌倉の光則寺にはもう少し暖かくなったら横浜の友人を誘ってぜひ訪ねてみようと思っています。
掲示板やブログへのアドバイスをありがとうございます。もう少しほかの人も見やすいようになんとかした方が良いと思うのですが、これは相棒次第なので広がる可能性をアピールして重い腰をあげてもらわなくてはね。
わたしは保育園でのお話キャラバンと畑仕事のお蔭でずいぶん体がしっかりしてきました。ちょっとままでは何十年もの疲れが噴きだしてよろよろだったんですよ。そして、畑仕事をする時、陽射しよけに集散からもらったピンクの手ぬぐいがとても役に立っているのです。ちょっと派手でおしゃれな手ぬぐいをサンバイザーの上からかぶると、かっこいいんですよ。そして、この手ぬぐいを被るたび周さんのことを思い出し、(周さんはプレゼントの達人だなあ)と感心しているのです。

  ありがとう。いつも手紙にはいろいろな和紙の用紙を使っているので、今回はたまたまあれになりました。次はまた違う和紙ですよ。
 鎌倉の光則寺は、手紙にも書いたように、高徳院(やはり仏さまはいいお顔していますよ。それに与謝野晶子の碑がいいです)と長谷寺を見てくださいね。春になれば紫陽花が綺麗です。そしてすぐに下の由比ガ浜が見られて、ウィンドサーフィン(ボードセーリング)が綺麗ですよ。
 でも私には、小さな光則寺が好きなのです。
 そうですね、私は妻を誘って行きたいのですが、まだ言い出しかねています。
 その他鎌倉はいいです。私は頼朝が嫌いなので、鶴が丘八幡宮は寄らないのですが、実朝の殺された銀杏の樹は、いつも気になります。私は源氏って、『源氏物語』含めて嫌いですが(あ、平家も壇ノ浦で滅んだ平家は好きになれない、私は平将門だけです)、実朝は好きなのです。いつも実朝の百人一首の歌を、電子手帖から音で耳線で聞いています。いや、鎌倉の海を見ていても、いつも実朝を思いだしています。本当に彼は宋に行きたかったのですね。でも船は何故か海に浮かばないのです(私は北条義時が悪さしたと思っている)。
 手紙でも書いたけれど、ぜひブログをやってください。今までのようにあなたが掲示板に書いたのをブログでも書けばいいのですよ。スパムの書込なんか、一切入れなければいいのよ。
 私のブログも実にスパムがいっぱい来ますよ。最初は実に丸3年間ひどい書込がものすごい数でした。それが特定されないように、すべて海外のサイトのプロシキサーバーを使っていました。私はそのすべてをシャットアウトして(一日に3、4回、そして一回につき4、5のスパム書込です)来ました。そのサイトは、旧ソ連邦の各共和国、南米、アフリカの各国(もっと全世界ですが)、いくつにも渡りましたね。
 今はときどきひどい攻撃的な書込がありますが、素人らしく、自分のIPアドレスをさらしていますから、イザとなれば相手を特定できます。日本共産党名を語ったりして、脅してきますよ。あれじゃ、日共も迷惑だよな(こちらは相手を特定できるのですから)。 でもひさしぶりにあなたとKAMOさんに手紙が書けて嬉しかったです。
 できたら、ツイッターでも会話したいものです。簡単だから、やろうよ。

 ここをご覧の方に。
 このユミ子さんは、素敵な童話作家です。ご亭主のKAMOさんは漫画家です。それとユミ子さんは、細身の美女です。でも酒癖の悪い私に負けずにちゃんと論を展開される方です。
 お二人の作品は、以下で紹介しています。

 http://shomon.livedoor.biz/archives/51889162.html
     蒲原ユミ子『健太となかまたち』

 http://shomon.livedoor.biz/archives/51889167.html
     白六郎『あゆみの明日もの語り うたごえ天国』

 いや、他にも作品はあります。ぜひホームページ「童話とマンガの部屋」を見てください。

11020802 真っ先に、このポメラに書きますが、でもそのあとはないですね。

2011/02/08 06:51もうきょうは私のブログに7つのUPをしてあります。

 でもこの日は、友人に手紙を書いて出したのです。A4で三枚書きました。たぶん、きょうには着いているでしょう。メールだと書けない内容もありますから、手紙もいいものです。

11012704  it's a floatingworld! blog のヤギ君が、ご自分のブログで次のように言っています。

ついツイット
最近ブログのアップ数が激減
ちょっとしたことはtwitterでぼやいてしまうので
適当にガス抜き出来てしまい
ブログにするモチベーションを欠いてしまう

 うーん、私もツイッターはいわば適当にやっていますが、でもそれでブログを書くことがおろそかになることはないですね。というか、もともと全然違う指向のものだと思うのですね。
 私は自分のホームページも、メルマガも止めました。どうしてもブログだけで行こうと思ったのです。でもおかげでUPは増えているかな。
 でも私はもともと毎日圧倒的に飲んできたのです。飲み過ぎだと、そんな自分が悔しいから、よりブログに書くようになります。
 御茶ノ水に事務所があったときは、家が我孫子で、実に通勤も各クライアント訪問ももう非常に忙しかったものです。ゴールデン街や三番街や谷中等々で延々飲んでいると、それだけでまたホームページの各ページにも、より書いて行ったものでした。でも今は、ブログに書けばいいので、楽なのです。
 それにブログも、ツイッターも、ケータイでもできるし、今はIS01で電車の中、バスの中(今義母の病院へ見舞いに行くのですが、それでバスに10分くらい乗るのです)で、打っていますよ。
 孫のところへもなるべく毎日行きます。それに私は手紙を書いています。和紙に打っているのです。昨日もある美女に手紙を書いて、「今度鎌倉へ行こうよ!」なんて、お誘いしました。あ、また今日も手紙を書かなくちゃな。
 とにかく、ツイッターもやってくれているのは、あなただけなのです。いや思えば、あなたに誘われてやったのでしたね。
 そのうちにフェイスブックも面白そうなら、やっていくつもりです。

110107032011/01/07 11:56今年2回目のニチイさんの介護の日です。もうけっこう義母は訳が分からなくなっているから大変です。
 いつも思うのです。私も今後は、老後はどうなるのかなあ。それとこのときに「週刊アスキー」の今週号を読みなおしています。
2011/01/07 12:30ガラパゴスで日経を読んでいると、少々読むことに夢中になってしまいます。
 しかしまだまだ私はガラパゴスをよく使い切れていないな。
2011/01/07 12:36でもここまでで、私はまたブログに書きます。いや、きょうは何人かに手紙を書かなくちゃあな。

10123003 12月28日の12:10に届いていた破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/12/28 【No.2050】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

今年もあと4日。今年は 有給を多めに取って 23日から主婦業もどきしています。何をするにももたもたして手際の悪さがありますが・・・、それなりに暮らしています。

たのしみは 年末掃除の 合間見て ショウガ紅茶で のんびりする時

 なんだか年末と言ってもゆっくりできません。クリスマスから年賀状と忙しいことです。

たのしみは きのう投函 したハガキ 相手の方に 届くを待つ時

 今は、もう翌日にはついていますね。その日のうちにつくこともあります。思えば、メールはすぐですし、ケータイメールはその場でつくのですから、郵便も当たり前ですね。私も手紙をよく出しますが、ことしは35通しか出していないですね。

たのしみは 冬の日差しの 柔らかさ 頬に感じて 物を干す時

 今の日差しはなんだかありがたいです。嬉しい思いです。

10112206 でも前にもできていたかもしれないな。ただきょうは次女ブルータスと孫のじゅにのところへ行きますから、その途中でこれで書くつもりなのです。でもIS01で撮影もするのだけど、それが問題ですね。
 もう手紙は書いて持っています。あ、さてどうしようかな。あ、お菓子を持っていこう。私の妻のときは、東十条の黒松を持って行きました。私はどうしようかなあ。あ、決めました。
 IS01で自在にできるようになったら、これはいいですね。

10091816 朝ゴミの整理をします。いやゴミ・資源にはいくつもやることがあるものです。

2010/09/26 07:39今ゴミを出しに1Fに行きました(ここは1Fにゴミ・資源等々の部屋があります)。もうあの暑さは感じられないですね。むしろ寒く感じるくらいです。ただ天気はいいですね。気持ちがいいです。
2010/09/26 13:02もうこの時間になりました。早いなあ。私の埼大の同窓生から先ほどメールがありました。懐かしいですね。でも返事を書こう。あれだけ長いメールを書くのなら、ブログをやられたほうがいいよ。彼は私よりも一歳年上だから、ブログをやるように返信をしましょう。でも私のメールアドレスがよく分かったなあ。
 でももう昼をすぎたのだなあ。また孫に会いたい思いです。そしてそのときの感じを次女ブルータスに手紙を書きましょう。
2010/09/26 13:16妻が買物に行っています。

 私にメールをくれたのは、私のブログの新しいメールフォームからでした。こうして新しくして良かったです。

10080109 暑いですね。もう仕方ないかな。

2010/08/04 08:21やはり「ゲゲゲの女房」を見ると、もういくつものことが思い出されてきまる。ああ、手紙を書こう。
2010/08/04 09:52いつもこの時間はリビングに来るようにしています。いやあ、昨日から家にいるときはズボンは止めたのですが、この格好だともう止められないですね。思えば靴下なんて、外出のときだけにすべきだなあ。
 今年はこのように暑いですが、長女おはぎの家のポポのことも心配ですし、元気なポコ汰と元気なポニョのことも心配です。お腹の中に新しい赤ちゃんのいるブルータスのことも心配です。

 ブルータスに会いたいです。ブルータスは会うと私にいろいろ意見します。会わなくてもケータイメールで言ってきます。でも実に喜んでいる私なのです。

10070309 蜘蛛業に、このUPがありました。ここで会話している(対談している)のは、蜘蛛業の主宰者の目森一喜さんと、私です。
 私は最初、「東」と「北」というので、なんだかすごい名前の略かなあと想像したのですが、いえ、なんのことはない、彼の住んでいる台東区と私の住む北区を付けただけなのです。
 それで私が読んで、またどうでもいいことを言います。

北 親父が団扇を差し入れしてくれようとしたんだが、刑務所でも団扇はあるというので、差し入れできなかった。それで親父が刑務所長に抗議の面会をしたんだが、これは我孫子商店街の団扇で、刑務所のとは違うだなんて、親父に主張されて、刑務所長、迷惑だったろうと思う。懐かしい思い出だよ。

 これは1969年の7月のことです。私の親父が府中刑務所で面会室で怒っていました。刑務所側が、団扇を差し入れさせないというので、抗議の面会をして、団扇の差し入れを認めさせたというのです。ついでに小さなタオルケットも差し入れたといいます。
 私は、「団扇なんか、もう入っているよ。だからいいよ」というと、親父は非常に怒って、「お前も刑務所側と同じことを言う。俺は『これは我孫子商店街の広告が入っているから、刑務所のとは違う団扇なんだ。本人が懐かしがるだろうから、差し入れろ』と言って認めさせた」というのですね。
 しかし、タオルケットは入ってきましたが、団扇はまったく入りませんでした。今思うけれど、あの我孫子商店街の団扇はどうなったのかなあ。刑務所側がこっそり処分したのだろうな。入っている当人も文句を言わないという確信があったのでしょうね。
 思えば、私の父は昭和維新にシンパシーを感じていた大正2年生まれの男でしたから、もうこういうことは断乎考えを曲げませんでした。実は家族会等々では、いつも党派には文句を言っていたでしょうね。私の親父は、マルクス主義とか共産主義なんて少しも認めないのです。ああ、私も同じだった。

北 うん、携帯電話でメールが出来ない人がいるんだ。彼の子供は、父親に大声で威圧的に話されるよりも、メールのやりとりをしたいんだが、父親は携帯電話は電話だから話すものだとしか考えていない。結局、その人は、子供とコミュニケーションをとるせっかくの機会をふいにしてしまったんだ。取り返しのつかない事だよ。彼は変化に乗れなかったんだ。何故乗れなかったのかと言えば、電話で話すという型があるだけで、メールのやりとりという変化を作れなかったからだ。

 これは、たしか私の高校時代の友人と彼の息子夫妻とあったときのことです。彼は息子がうるさく言うから携帯電話を持ったが、息子が少しも電話してこないと私の前で息子に文句を言っているのです。でも私は息子の気持ちが理解できました。実は彼は私にも携帯電話してきて、私が「今仕事に急いでいるんだ。5分後には電車に乗るから、ケータイメールしてきて」と言ったのです。彼への年賀状で、私のケータイメールアドレスは教えてありました。そして彼は私の年賀状はすぐに参照できる自宅にいました。
 でもでも私の携帯電話にメールはきません。そこで気がつきました。「ああ、そうか彼は手紙が書けないようにメールもダメなんだ。悪いことをしたな」。でもでも、そのときから彼からは、携帯電話も電話も年賀状も来ません。
 話し言葉と書き言葉ということを、いつも私は考えます。スカイプなら世界中で無料の電話が何時間でもできるわけですが、私はとにかく早く要件をすませたいのです。スカイプで話すのは、どうでもいいことを延々と話すようにしています。普通にはメールですべて要件をすますようにしています。いや私は手紙もたくさん書いていますよ。
 手紙は上に書いた府中刑務所のときも、実にたくさん書きましたが、今も実に手紙は書いていますよ。昔の手書きよりも、今のほうが数十倍書いていますね。

10070202 この日は、妻と私でブルータスのお見舞いに行こうとしたら、急遽長女の家族5人も行くことになりました。ポポの顔みせです。

2010/07/04 11:27今はブルータスの家にいます。ミツ君とナオキ君とポコ汰とポニョはみんなで近くの公園に行きました。噴水の大きな公園のようです。
2010/07/04 11:49もうすぐ昼です。なんだかお腹が空きました。
 今妻が掃除機をかけています。いつも私はその掃除機の先にいるようです。だからいつも移動しています。
2010/07/04 12:08もう私は役立つ人なのかなあ。
2010/07/04 15:33きょうはポコ汰もポニョもお昼寝しないでずっとブルータスのそばから離れません。ポポは本来は主役なのにずっと主役ではありません。主役はポニョかなあ。

 ブルータスは私の優しい娘です。これで私の萩原家族が全部で9人集まりました。今年の11月にはそれが10人になります。ナオキ君のお義父さん、お義母さん、突然のことでごめんなさいね。きょう手紙を出します。

10062302 書き終えた手紙もあります。このあとポストに入れに行きます。

2010/06/26 07:36昨日長女の家に行きましたら、ポポは泣いているし、ポコ汰はかなりおとなしくしています。気持ち悪くて吐いたようです。
 ただポニョだけは元気いっぱいです。
 私がすぐにポポを抱きました。私が抱きますと、なんだか眠ってくれます。私も「少しはじいじも役だっているかな」と思わせてくれました。
 でもポコ汰はお熱があるようです。もうただただ心配です。
 私が「ポコ汰と一緒に眠ってあげようか?」と言ったのですが、「それじゃ、となりでゴーゴーといびきかいて寝るだけ」と言われ、まったくその通りになりますから、困りました。
 でもきょうもポコ汰に会いたいな。昨日ポニョからもらったボタンをこのすぐそばに置いています。
 このボタンを私の上着のどこかへつけたいな。自分でどうやってつけようかな。
2010/06/26 08:01いつもみています「ゲゲゲの女房」です。口かビー玉を吐き出してよかったですね。私もポポがいつも心配です。
2010/06/26 08:17今長女の家に電話しました。
 でもでも今またポコ汰が直接電話してきました。最初はもう驚きました。もう電話できるのですね。これはポコ汰がもう電話できるんだという驚きと、昨日はお熱があったのにという驚きです。
2010/06/26 12:49また「ゲゲゲの女房」を見ています。もう嬉しいです。また私は涙を浮かべています。3人の孫たちも、次女に生まれる新しい孫も大切にしたいです。

 ポコ汰がお熱があったのですが、でもまだ喉が赤く腫れているようです。少し心配です

64a3cb73.JPG

 きょうも手紙を書いています。でも同じ女性にだなあ。

2010/06/16 07:42昨日手紙を書き出しましたが、まだすべて書き終わりませんでした。A4用紙で3枚書くことになるなあ。 
 手紙を書くことはいいです。メールもいいし、ツイッターもいいのですが、やっぱり手紙がいいですね。私は特別の和紙を使って、封目にはあるシールを使っています。もちろん切手もすべて違う記念切手です。
2010/06/16 07:56また「ゲゲゲの女房」です。これがいつも一番気になります。最後調布の何らかの景色が見られるのも実に楽しみなのです。
 さてもう始まるのですね。
2010/06/16 08:02この「悪魔くん」も今から本にできないのかなあ?
 そうすれば、今でも読めるのですが。

 さてきょうもポコ汰とポニョと会えるのが楽しみです。

続きを読む

3960a621.JPG

  わが家のおかあさん2010.06.08鈴ひとみさんから以下のコメントがありました。

1. Posted by 鈴 ひとみ   2010年06月08日 11:16
ご無沙汰しております
お元気ですか
一昨日 へびみちの浅野に行ってきました
姉のゆかりと 娘ののぞみと一緒に
周ちゃん 行きつけのお店は 何でも とても美味しかったです
またお会いしたいですね(^−^)

  ありがとうございます。この頃はひとみさんにもゆかりさんにも手紙も書かなくて申し訳ありません。実は娘のブルータスにも書いていないのよ。なんだか、ますます心にも時間にも余裕がなくなっている感じです。
 でも6月4日には、江ノ電の極楽寺の成就院(あじさい寺)へ行ってきました。そのあと鶴ケ岡八幡宮の折れた銀杏の樹を見てきました。あの樹を見て、はやり涙が少しこぼれました。そして小町通りで少し飲んで、いつも行くお店でお土産を買ってきました。
 鎌倉は何度行きましても、いいですね。毎回いろんな思いを抱きながら、鎌倉へ向かい、鎌倉を歩いています。
 いや本当は、妻と行こうと思っていたのでしたが、妻も忙しいのですね。私もなんだか、ますます余裕がなくなる思いがしています。
「浅野」にもこのところ行っていないのよ。なかなか機会を作れないのですね。

↑このページのトップヘ