933358bd.jpg

 ナミちゃんのブログこのUPには、まだ続きがあるのです。

先週に引き続いて学校に行きました。
九月・十月・十一月は勤務が月に平均三回です。

 ナミちゃんは、私と同じ大学の同じ学部です。最初は東京の千代田区で小学校の先生もやっていました。今年の4月から、こうしてまた小学校に月に何回か行っています。
 でも読んでいて、その情景が目に浮かび、もういつも単純な私は涙を浮かべています。

筋肉の力が弱くて体の小さなDちゃんと一年生のA君と一年生のS君と一緒にいきました。
Dちゃんは車イスでいきました。。一年生のA君もS君も優しくてDちゃんの事を心配してくれます。A君もS君も言葉が出ませんが顔の表情で体全体で気持ちを表してくれます。考えてみたらお散歩の中で言葉を発していたのは私だけですが四人で沢山の会話をしながら歩いたように感じます。精一杯・体いっぱい・お散歩も精一杯です。
美しい秋の陽を浴び美味しい空気をおなかいっぱい吸い込んで・・・・
ヤッホォ〜〜〜〜ヤッホォ〜と〜みんなのパワーが響いていました。

08112812 私の次女ブルータスも、大学を卒業した最初の年に、文京区の小学校で障害のある子をずっとみていました。その次の年は、ブルータスの仲のいい大学の友だちが、同じようにその子をみていました。もうその子は今中学生です。
 私もいつもこの小学校のあらゆるイベントに行っていました。「パパッ、親とばれないようにして」と言われていたので、私はおとなしくしていたものでした。
 でも、おそらく私の娘ブルータスは、あの男の子からたくさんのものを学んだのではないでしょうか。
 私は運動会でも、この男の子と手をつないだブルータスが出てくると、もう後を向いていました。だって、涙が溢れてきてしまい、他の人に見られるのは羞しいのです。
08112817 ナミちゃんのこのブログを読んでいると、そのいくつものことが思い出されます。

アリさんは毎日毎日一生懸命働いています。
背中に籠をしょって平均台を歩く所を皆さんに見て戴きます。
平均台は少しづつその子にあわせて高さがありますので
みんな真剣そのもの・・最後にガッツポーズです。
一歩一歩・・おそるおそる・・歩きます。
・・ヤッタヤッタネ!!(v'(エ)')ハ('(エ)'v)ィェーィ♪

キリギリスさんは音楽が大好き。。毎日毎日森の中で
山のお友達と音楽会をして楽しんでいます。♪〜♪^

・・わたしゃ音楽家〜山の小リス〜♪〜
上手にヴァイオリン〜弾いています。。。♪

 なんだか、私は涙が止りません。ブルータスが教頭や校長に、この男の子のことで、いくつものことを主張していたことを思い出します。あの男の子も、そのお母さんも、ブルータスにとっては、実はそれこそいい先生だったのです。
 このナミちゃんが見て、こうして表現してくれている劇がいいですね。私は今実際に教えている私の二人の娘と二人の息子の彼のような人たちが好きです。私はあちこちで、「今の教員は駄目だ、今の親たちこそ駄目だ」という声を聞きます。私はその度に、その言う相手に反論しています。

 あなたは、実際にその教育の場を見たことがあるのか。

 現実を何もみないで、ただただ教育の現場を非難だけする人がいるのです。どんなに私は苛立ってしまうことでしょか。

 ああ、私の娘たちを、息子たちを、孫たちを、ナミちゃんのあの部屋に行かせたいです。それができたら、私は孫にいっぱいお喋りをしているでしょう。

続きを読む