将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:斎藤史郎

220747c2.jpg

「特定電子メールを送らないで!」バナーを置きましたSHIROのポメラ日記 の斎藤さんから、次のコメントを頂きました。

1. Posted by 斎藤史郎    2009年05月31日 01:45
「SHIROのポメラ日記」の斎藤史郎です。
「特定電子メールを送らないで!」バナーを使っていただいて、ありがとうございます。
どれほど効果があるかわかりませんが、少なくとも合法的に迷惑メールを送られてしまうことは避けられるので、「特定電子メールは送らないで!」と意思表示することは大切だと思います。
本当は迷惑メールを出すような業者を取り締まる方が先なのですが…
なお、できるだけメールアドレスのそばに掲載するといいと思います。

 私は28日にこの斎藤さんのバナーを私のこのブログと私のホームページの将門WebのTOPに置きました。私のホームページはもうかなりなページ数なので、全部に置くのには、時間がかかるのです。この私のブログをすべてのTOPページにしたいのですが、もういつになったら統一できるでしょうか。
 それで、「できるだけメールアドレスのそばに掲載するといい」ということなので、すぐにここの「周へのメールはこちらへ」の上に置きました。私はこのメールアドレスでは、私に直接メールを送ることはできません。私のホームページでもそうなっているのですが、でもかなりなページ数があるので、全部は置き換えていません。
 こういうふうにしましたら、あるときにこのブログの「周へのメールはこちらへ」へに、「日本共産党○○県委員会」という名で、私を激しく怒るメールが入ってきました。もちろん、日本共産党とは関係ないことだと思いますが、間違いなく日本共産党のシンパで、私のことを激しく憎んでいる方のようです(日本共産党とは関係ない方なのは間違いありません)。ただ今の私のメールシステムだと、長い文章が書けませんので、2回に渡って連続して書いて来ました。
 あと私のfsinetとyahooのアドレスには、激しくスパムメールが入ってきています。そこから、転送され、私のGメールに入ります。だが、グーグルメールがちゃんと防衛してくれますから、ほぼ大丈夫です。
 ただ、一昨日こことホームページのTOPページに置いてからは気のせいかもしれませんが、そのスパムが減ったような気がします。毎日の何百という単位が100くらいに落ちてきたように思えますね。
 とにかく、斎藤さん、ありがとうございます。

続きを読む

8e7abb0f.jpg

「大人の皆さんへ:(3)フィルタリングは理由の説明を」SHIROのポメラ日記の斎藤さんから、以下のコメントがありました。

1. Posted by 斎藤史郎    2009年02月16日 00:44
「SHIROのポメラ日記」の斎藤です。
いつもトラックバックありがとうございます。
どうか「存在価値がない」などと自分を卑下なさらないで下さい。
日本ではなかなかちゃんとした性教育がなされてこなかった歴史があって、大人が子どもにうまく説明できないのも仕方ない面があると思います。
私は学生時代に恋愛について非常に悩んだ時期があって、本屋を巡って恋愛に関する本を探し回りました。しかし恋愛の心の問題についてちゃんと書いているのは女性向けの本ばかりで、男性向けは「落とす、引っかける、モノにする」ような本しか無く、「僕の知りたいのはそんなことじゃない!」と憤った思い出があります。
出会い系サイトの問題なども、本当に防止するためには「男の子へのちゃんとした性教育」がまず必要なんじゃないでしょうか。
お孫さんとも、仲良く楽しく過ごして、大事なことを伝えていけるといいですね。

 ありがとうございます。たしかに、男の子には、「愛というのはどういうことか」ということを学ばせることが大事だなあと思っています。

 SHIROさんは、2月13日のキーパーソンを訪ねる旅研修(告知)を読みますと、千葉県の館山市に行かれるのですね。この館山市には、私は前に書きました(もう私がここへ行きましたのはちょうど11年前のことですね)98-04-29かにた婦人の村と「噫従軍慰安婦」 の「かにた村」があります。
 この1998年の2月14日、私はここのある「戦争で苦労された方々を鎮魂する碑」の前で、何も語れない私になっていました。ただ私は、あの碑の前で、海を眺めていただけでした。私はあのとき、また娘二人とここへ来ようと思っていましたが、まだ実現できていません。
 つい先日も、館山が故郷の方お二人と語らう場があったのですが、お一人の方は、まったくこの施設のことを知らず、もう一人の方は自分の高校時代の後輩がここで働いているということを語ってくれました。
 私は、この村のことを、私の孫にも話して行きます。ただし、それはあと15年も経ってからのことでしょうか。

 この日本という国は、実にとんでもないことをしてしまった過去があるのです。でもそのことを忘れてはならないと私は思っているのです。

 きょうはかなり忙しくなってしまう日ですので、あとは、また別にUPするつもりです。

続きを読む

09021304 SHIROのポメラ日記 の [子どもと携帯電話]に、2月12日、このUPがありました。

 これまでの「携帯禁止に物申す」では、「安易に『携帯禁止』にしてはいけない」というスタンスで、私が思う所をいろいろ書いてきました。
 では、「携帯禁止」と言う代わりに、子どもと携帯電話の問題に対して、私達大人は何をしなければいけないのでしょうか。
 これについては私も確かな結論があるわけではないですが、いくつか考えていることがあります。大人の皆さんへのメッセージとして、ぼつぼつ書いていきたいと思います。

 こうして書かれ続けられることが嬉しいです。本当に、安易に『携帯禁止』などと言ってしまう大人がどんなに多いことでしょうか。しかも自分で言うのではなく、誰かに言わせて、「もうこう決まったことなだから」としたいのですね。実にこうした大人の存在に私は嫌になってしまうのです。

 子どもにとっては家庭が一番のベース基地ですから、まずは家庭を精神的な「居場所」「つながりを感じられる場所」にしないといけません。
 そのための対策は、シンプルです。

「愛してる」「あなたが大切だ」などの愛情あるメッセージを、ちゃんと口に出して子どもに伝えて下さい。

 我々日本人は伝統的に愛情表現が苦手なので、つい「言わなくてもわかるだろう」「家族なんだから当たり前でしょ」などと言ってしまいます。しかし、ちゃんと言わないと子どもには伝わりません。

 私は日本人だからということではなく、口で言うのが、喋るのが不得意です。いえ、若き日は割と平気で言えたものでしたが、今は駄目なんですね。
 私の長女なんか、「パパとママには会話はないのじゃないか」と思っているくらいです。
 そうねえ、思えば、妻が何年か前に入院したときに、毎日手紙を書いたことが大きな思い出かな。今でも、手紙を書くのは、好きだしよくやるのですが、電話にしろ、直接にしろ会話するのは苦手ですね。でも斎藤さんは、次のようにも書いてくれています。

 どうしても面と向かって「愛してる」なんて言えない、というシャイな保護者の方は、そんな時こそネットやメールを使う方法があります。

 私なんか、「シャイな」人間とは言えないと思うのですが、でもでも、メールを使ったり、手紙を書いたりすることで、自分の思いを相手に伝えようと常に思っているものです。
 そして、このあと、

 やはり先の記事で取り上げた、吉田賢治郎さんのブログ「けんじろうとコラボろう!」では、吉田家の家族間でのメールのやり取りが書かれています。

ということで、紹介されており、私はそこも読みまして、実に感激していたものでした。

続きを読む

bbbed8e4.jpg

「メーラーをShuriken」SHIROのポメラ日記の斎藤さんから、以下のコメントがありました。

1. Posted by 斎藤史郎    2009年02月11日 00:17
 「SHIROのポメラ日記」の斎藤です。
トラックバックありがとうございます。
以前、周さんがエディタで文章を書いている話を聞いた時に、「もしかしてVZかWZかな」と思っていました。特にVZは高速・軽量で、DOS時代の最強エディタだったと思います。
そして日本語変換はVJEですか! 懐かしいですね。
私はフリーで配布されていたWXPから、有償版のWXシリーズ(WXII、WXGなど)を愛用していました。地元(長野県)のエーアイソフトが作っていましたし。
残念ながら販売終了してしまったので、ATOKに乗り換えました。

VJEも既に販売終了しているので、今後は困りますね。
ちなみにATOKは、VJEの登録単語を一括読み込みして辞書に登録することができます。キー操作も「VJE風」にできます。
どこかでそうした移行作業が必要かもしれません。

メーラーはGMailなんですね。私はネットの向こうにメールデータがあるのが(トラブルがあった時に)怖いので、パソコン側のソフトを使っています。
ただ、今後のメーラーは、GMailのようなネットサービスが主流になっていくのかもしれません。

 ありがとうございました。
 たしかに私はVZはずっと使っていました。Windows になっても使っていましたね。ただね、すいぶん前に、渋谷のハチ公のそばで、明け方ノートを打っているときに、「やっぱり、これじゃWindowsでは使いにくいな」と思って、その後WZにしたものでした。いや要するに、DOS画面だと暗い画面の中にあるじゃないですよ。真夜中だと少々つらいのです。Windowsなら、白く明るい画面に思えたのです。いえ、真夜中明け方だったから、私は酔っていたものなのですが。
 日本語変換では、WXも使ったことはあるのですが、やはりVJEばかりを律儀に使ってきました。でも、今はないわけで、どうしようかなあ、と真剣に考えてします。ATOKは嫌だし、MS−IMEも嫌なんですね。
「一太郎」って名前も嫌なんだよな。戦前の修身の教科書を思い出してしまうのです。「一太郎やーい」という話ですね。でも、『「VJE風」にできます』ということなら、そうしようかなあ。
 アメリカ帝国主義も嫌だけど、日本帝国主義はもっと嫌いだしなあ。でも、徳島の『鳴門秘帖』を考えればいいんだと思おうかなあ。

 私はもうメールは、Gメールでいいです。あとはケータイメールだけです。過去使ってきた有料のメールもすべてGメールに転送しています。

 私はネットの向こうにメールデータがあるのが(トラブルがあった時に)怖い

ということなのですが、私は「ネットの向こう」にあったほうが安心です。私は過去パソコンは13台自作してきました。
 自作をやめてからも、デスクトップはもう10台目かな。ノートはちょうど8台目くらいです。そもそも、このパソコンの中(HDDの中)に入れておくほうが不安です。インターネットのあちら側に置いておいたほうが安心な気がしますよ。

 私の尊敬する司馬遷という歴史家は、竹簡で膨大なるものを書き上げたときに、自分の頭にあるものよりも、竹簡というものに、移し替えたもののほうを信じたことでしょう。現在の私も、自分のそばにあるパソコンの中よりも、インターネットのあちら側に置いているもののほうが安心です。

続きを読む

c0132062.jpg

『「携帯禁止」に物申す:(9))統計は時にウソをつくSHIROのポメラ日記 の斎藤さんから、次のコメントがありました。

1. Posted by 斎藤史郎    2009年02月03日 15:52
 「SHIROのポメラ日記」の斎藤です。
いつも読んでいただいて、ありがとうございます。
テレビや新聞の言うことをそのまま鵜呑みにして議論してしまう大人が多いですよね。赤の他人の先生の言うことより、目の前の子どもから学べることの方がずっと多いと思うのですが…

それから図の作り方ですが、手近な所では、Microsoft Officeに入っているPowerpoint(プレゼンテーションソフト)を使うと書きやすいです。
用紙サイズを「はがき」などの小さいサイズにして、スライドの上に文字や図形を並べて、保存する時に「GIF」または「JPEG」形式を選ぶと、ホームページで使える画像ができます。
WordやExcelなどの書類に、図を貼り付けることもできます。お試しください。

 ご丁寧にありがとうございます。それで私はPowerpointは持ってないのですね。だから、きょうか明日秋葉原へ行きまして、手に入れます。
 私は、Wordというのは、持っていません。そもそもワープロは使っていないのです。パソコンを持ち出したときから、一太郎も使いませんでした。とにかく、ずうっと今にいたるまで、エディタで文章は書いていました。
 Excelは、随分前に購入して、年に数度(年に2度かなあ、と思いましたら、もう少し3、4度)使っています。

 Powerpointは購入したら、何か図形を作成して、ここにUPします。

 でも間違いなく斎藤さんの書かれていることは、今の教育現場にも私たちにも、とっても大事なことだと確信しますよ。

続きを読む

afcf0f7e.jpg

 リンクス「SHIROのポメラ日記」斎藤史郎さんから、次のコメントをいただきました。

1. Posted by 斎藤史郎    2009年01月21日 08:36
「SHIROのポメラ日記」の斎藤史郎です。
リンクしていただき、ありがとうございます。
ほめていただいて何だか気恥ずかしいです。
文章を書いたり講座で話したりしていて、自分もまだまだ勉強不足だと感じることが多々あります。
が、文科省や各県教委なども「小中学校での携帯持ち込み禁止」の方向に動いているようなので、「それはちょっと違うぞ」と声を出していく人間が必要だと思っています。
子どもと携帯電話の問題についてはまたぼつぼつと書いていく予定ですので、よかったらまたお寄り下さい。

 わざわざありがとうございました。貴ブログのケータイに関する書込みについては、またトラックバックさせてもらいます。
 前には、学校ではパソコンに関して、「あれはよくない」という声を聞いたものでした。インターネットに関しても、「あれはよくない」という声ばかりでした。そして今はケータイなんですね。
 近代でも、「ペンはよくない、日本には筆があるのだから」という言い方がありました。古代日本では、「文字はよくない」という言い方がありました」。実際にかたくなに文字を使わない人がいたようです。
 そんな何度も繰り返したことを思います。
 斎藤史郎さんのサイトはいつも読んでいて、けっこうたくさん私が学んでいます。昨日も飲み始めた店で、ポメラで書き始めていました。でも何故か昨日は2軒目でも飲んでいました。途中から記憶がありません。

続きを読む

↑このページのトップヘ