将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:日暮里

13050904  今上中里駅です。谷中へ行きまして、買物をするのです。今田端で慌てて降りました。快速電車だと上野まで行ってしまうのです。慌ただしいな。今は15時20分くらいです。

 でも今は17時13分になりました。谷中から日暮里まで歩いてポニョとポポを保育園に迎えに行きまして、今はおはぎの家にいます。なんか、じいじは歩き疲れました。
  明日はポポの3歳の誕生日なのです。 さてこれでUPしましょう。
 万歩計は今10、633歩なのです。

1301021113010212  今は日暮里です。今日は暖かでいいです。実に日がさしていい天気です。
  将門様は戦いの神様だけど、こういう天気もいいですよね。

  私の家族10人と、その他私の関係するすべての人の今年の幸運を将門様にお願いしてきます。
  毎年こうして、将門様に願うので、私の一族はみな幸福なのです。

  特に、私のじゅにのことをお願いしてきます。

  今日暮里で常磐線に乗りました。これで常磐線まで行きます。そこで義姉と会いまして、正泉寺へ行きます。
8c0e0162.jpg  私の父と母の墓参りなのです。 この前に、娘のおはぎの家へ行きました。ポコ汰、ポニョ、ポポと会えました。みんなで上中里まで一緒に歩きまして、ポポが転んだのですが、じいじは泣きません。でも上中里駅で、別れてしまうので、ポニョが泣くとじいじも涙になってしまいます。 こんな悲しいのだなあ。

90eb16e6.jpg   父母にはたくさんのことを話してきます。私の孫の三匹のこと、ずっとお見舞いに行って、つい先日日曜日にもあった孫じゅにのこと。いっぱい話すのです。
  そして、義姉とお喋りして、やがて家に行きます。もう完成した家を見るのです。そういえば、兄にも会います。
  もちろん、私の姪のみーねえにも会うのです。 みーねえの彼にも二人の息子にも会うのです。

12010311  もう真っ暗ですね。
  もう日暮里なのですね。
  早く家に帰っていくつものことをやります。でもいつもやる時間がないのですね。仕方ないです。ただただ淡々とやっていくしかないのです。

  もうすぐ王子です。これでやりきっていきましょう。それしかないのです。

1112210311122102 今日暮里です。さて家へ帰ります。秋葉原はでちょうど18時でした。
 家へ帰ってこのIS01で書いたものの整理があるなあ。あと洗濯物の整理もあります。
 そして、明日からのことの整理もありますね。 それと千葉銀行のことも調べないとなあ。

  上は昨日21日に、御茶ノ水の理容室から帰ってくるとき書いていたものです。それで、少し御茶ノ水の紀伊国屋にも寄ったのですが、たくさんある本雑誌ですが、一つも読みたい本がないことに驚きました。手にとってみたい本もないのですね。

ef5ec913.jpg  日暮里で乗り換えるはずが、今上野まできてしまいました。このごろこういうことが多いですね。
 困ったものです。 今京浜東北線で、王子駅で乗ったら、私の目の前の座席の人が左から4人がみなケータイを使っていた。それがみなケータイで、ひとりもスマートフォンを使っていないのですね。
 でもこのIS01もスマートフォンといえるのかなあ。
 今三河島です。思えば私は、こんな駅に関係するとは思わなかったなあ。いえ、私は今三河島事故を思い出しています。 こんなことを普通は思い出さないよね。私は不思儀に思い出してしまうのですね。

 今眞木ひとみさんの作品を見ました。彼女とは会えなかったから、また手紙にしましょう。もう手紙は書いているのがあるから、その続きになりますね。

50d40d12.jpg

 昨日17日ときょう18日のポメラです。

2009/02/17 08:16NHKの朝ドラを見ています。でも、テレビを見ているだけでなく、義母のお茶を入れたり、いろいろなことがあります。私の部屋のパソコンはまた別なことをやっています。
 昨日はポコ汰が私が持って行きましたケーキを食べているのが実に可愛くて良かったです。ポニョはもう元気いっぱいな笑顔を見せてくれています。
2009/02/18 13:05今王子駅です。秋葉原へ行きます。その前に寄るところがあります。またどこも忙しく歩くことになりますね。
 次の駅が田端です。
 そういえば、私はこのポメラの辞書をMS−IMEにまた戻しました。やはり私はATOKとは合わないことが判りました。やはりMS−IMEは私がずっと使っているVJEと少しは近い感じなのかな。
2009/02/18 13:12今山手線に乗り換えです。なんだか気持ちがせわしい思いです。でも、きょうはいいお天気ですね。次の日暮里駅で降ります。
2009/02/18 13:35「浅野」でビールを飲みました。さて、これから昼食を終えて、それから下駄を手に入れて(そこで履きかえて秋葉原へ行くつもりです。
2009/02/18 14:44今また日暮里です。ここまで墓の中を歩きました。その時にはるかに昔を思い出していました。私は21歳の時の秋、この墓の中を歩いているのですね。私が東大闘争で府中刑務所から保釈になった時です。実に懐かしいですね。

 いやよくよく思い出せば、69年秋は違ったかなあ。70年かと思いましたが、69年12月始めにまた逮捕されて、翌70年3月で保釈になり、4月は赤羽桐ヶ丘の雪印でアルバイトをしていたのでした。だから、あれは69年の秋だったかなあ。

続きを読む

173183cf.jpg

 この下駄を今履いて歩いていますナミちゃんから、次のコメントがありました。

1. Posted by なみんと    2008年07月23日 22:21
周さん〜今晩は〜☆★
素敵な下駄ですね。。
鼻緒の柄は矢絣かしら。。
洒落ています。周さんの雰囲気にあっているのではないでしょうか。
千駄木根津谷中日暮里西日暮里。。いいですね〜。数ヶ月前になりますが三河島から西日暮里の駅前を通って上野方面に出ました。
やっぱり。。好きです。

 えっ、「矢絣」なんてことはまったく知りません。今インターネットで検索して驚いたものでした。私しゃ、何も知らないのね。ナミちゃん、こういう阿呆にいっぱい教えてくださいね。
 三河島は、私の長女の教えている学校がすぐ近いのです。同僚には、我孫子から通っている先生もいます(この方が私の姪のみーねえと同じマンションなのです。それにみーねえの子どもと同級生の子どもさんもおいでになります)。
 でも上野までだとけっこう時間がかかるんじゃないかな。私の女性の友だちでも、湯島の会社からときどき根津千駄木谷中を歩いて日暮里まで行く方がおいでになります。いろんな街でいろんな店を知るのも実に素敵な思いです。そして私はその街をこの下駄で歩いているのです。

続きを読む

c2d8d8bc.jpg

 私は、4月9日の夕方、千駄木「浅野」へ行くときに、日暮里駅から歩くときに、夕焼けだんだんにはいかないで、駅からすぐそばのセブンレブンの横の路を入りました。ひさしぶりにこの路を歩くなあという思いで、少し歩くと、まったく新しいお店が目に入りました。それがこのお店でした。

店 名 ショコラティエイナムラショウゾウ
住 所 台東区谷中7-19-5
電 話 03−6802−5501
営業時間 AM10:00 〜 PM7:00

 でもこの日は、私は「浅野」には、持っていく和菓子(王子権現坂の「狸家の和菓子」)がありました。だから店に入ってチョコレートやお菓子を買うわけにはいきません。「また来たときに買おう」という思いでした。
 それで、15日にまた「浅野」へいくために、日暮里駅から降りたのでした。でも、この日は火曜日で、このお店の定休日だったのです。
 だから、ここの写真は、そのお休みの店のすぐそばに建っている電柱です。
 それから、以下はその日、飲みました「浅野」の私の目の前のものです。
08041505 また、このお店に行ってきて、お菓子を買ってきます。ただ、まだポコ汰は食べられないかなあ?

7f96639c.jpg

 23日に私は日暮里から、谷中の街を歩いていました。もう履いている下駄が大変に薄くなってしまい、このブログのサイドバーでリンクしています ひらいや さんで新しく下駄を買い替えるためにです。
 日暮里駅から、朝倉彫像館の前を通って歩いていきます。時間は午後2時30分くらいでした。いつもは暗くなってから歩いているだけで、こういう明るいときにこの街を歩くと、いくつもの発見があります。
 でも上野桜木から、言問通りを下るあたりで、私は何かの思い出が甦ってきました。私は、ここらのお寺のよくある路の中をけっこう歩いているときがあったのです。「あれは69年11月、いや70年7月かな」なんて思い出していました。たしか寒かったような記憶です。でも69年11月というと、私は東大闘争で保釈になって、また12月10日に逮捕される前ですから、やはり70年かなあ。
 とにかく、この街のたくさんあるお寺の間の曲がりくねっている路を私は歩いていました。三遊亭円朝の作品を思い浮かべたり、山岡鉄舟のことを思い浮かべて歩いていたものでした(これらの人の墓があるお寺があるんです)。

 でもなんで、こんな街を歩いていたんだっけと思い出していました。「ああ、そうかいろんなことがあったんだなあ」と思い出が甦ってきたものです。
 もう谷中(そして千駄木)は、今では私には、またたくさんのことがいつも心に浮かんでくる、私の故郷の一つになりました。だから私は谷中で飲んでいるのが好きなのです。

続きを読む

↑このページのトップヘ