将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:日本交通株式会社

14121306
 一昨日おはぎの家でいいときを過ごしました。ただ帰りがあるタクシー会社に電話したら、そこのホームページには、「24時間年中無休、すぐタクシーが用意できます」と書いてあるのに、しばらく待たせられて、タクシーが用意できないといいます。それでもうこのタクシー会社は私のHPのサイドバーからは削除しました。もう行くときに使いました「日本交通株式会社」で今後は帰りも使います。私の電話番号は登録されているので、今度は私のケータイ番号も登録してもらいます。いや昨日はミツ君がいて送ってくれました。
14121307
2014/12/14 17:37これを書く前に自分の部屋でパソコンを使っていました。今はテレビの前に来て「笑点」を見始めました。
 歌丸さんのことが見ていると嬉しくなります。もうこの番組を何年見続けているのだろうか。

2014/12/15 02:57今リビングでテレビを聴いています。
 こうしてリビングにいるわけですが寒いですね(ガスストーブはついていますが)。
2014/12/15 03:16もう孫たちを思い出しています。会いたいと思って口に出しても孫たちは嫌だろうしなあ。いや、嫌ではないかもしれませんが、私が口に出すのは避けなければなりません。
 もうポポはばあばのひざに座ってももう重いのです。おはぎママでも重いのです。いわんやポニョはまったく重いのです。昔のブルータスを思い出します。我孫子のたか子ばあばがブルータスを膝に座らせていたことを思い出します。マチ子おばちゃんもブルータスを座らせていました。ブルータスはいつも、誰かの膝にちゃっかり座っていたものでした。そのブルータスももう30歳をはるかに過ぎています。14121308
2014/12/15 05:32またリビングへ来ました。もう日経新聞も日経産業新聞も日経MJも読みました。
 毎日「金槐和歌集」を読み、書いていますと(このポメラ内に歌を本から写しています。そしてそれをパソコンでいろいろな思いを付け足して、将門WebにUPします)実朝のことがものすごく好きになってきます。もちろん、今までも好きだったのですが、こうして「金槐和歌集」を読んでますます好きになってきました。正岡子規のいう「万葉調の詩人だ」なんてことはまったく関係ないです。ただただ、藤原定家が「いい歌だ。ただ何故か悲しいな」と感じただろうことが私にも思えるのです(定家はそんなことはなにも言っていませんが)。
14121309
 この「金槐和歌集」を読んだあと、「古今集」と「新古今集」を読むつもりでこの順番で読む気でいましたが、最初に「新古今和歌集」から読んでいきましょう。早く定家の歌と実朝への思いを知りたい思いなのです。いや実朝への思いは何も書いていないのでしょうが、読んでより推測できるのだと思うのです。


実朝の「金槐和歌集」はまだまだ夏部を終えていません。「新古今和歌集」のすごいことと定家を思います。

 私は 義母を迎えに行きました に書きましたように、ここ西が丘園という介護施設に妻と迎に行きました。
そしてそこから帰るのに、そこに掲示してありましたタクシー会社に電話しました。でも最初電話したところは、しばらく待ったあと、「近くに車がおりません」ということで断られ、またもう一社に電話しました。思えば、断られた会社は、家でも同じことがあったのを思い出していました。
4566d613.gif それでもう一社に電話すると、私のいる住所を聞き出して、「10分で行きます」ということでした。それがこの
会社です。ただし、このバナーのリンク先は、この会社の「タクシー」のページになっています。全体のホームページよりもここにしておいたほうが私には都合がいいからです。
 でも大変にいい優しい運転手さんで、私たち家族は実に安心しました。ともすれば、タクシーでは無愛想な運転手さんもいることがあり、私一人ならいいですが、家族や私の子ども、孫では心配なばかりです。
1001020410010205 それで今後は私の家の関係では、みなこの会社のタクシーにしようという思いで、この私のブログのサイドバーにバナーを置いておくものです。
 この会社のことが判ったのは、もちろんホームページでですが、そこを知ったのも、ここにUPしましたカードの両面を持ってきて読めたからです。
続きを読む

↑このページのトップヘ