f12120803 民芸運動で知られる思想家の柳宗悦は1947年の「日本民芸館案内」で民芸の美をこんなふうに記している。

ということで、次の内容なのです。

無名の職人が民衆の生活のために作った民芸には『健康の美』『正常の美』がある。美の理念としてこれを超えるものはない

 私には今問いかけても、この理念を理解できていません。だから、自分に言い聞かせます。
 ただ私にはよく分からないのです。ただ「個性を売りにするようなものは本物の美ではない」というところには私もハッとさせられました。

X12120901 今深澤さんは、日本民芸館の館長をされているのですね。駒場にあるんだ。必ず行こうと決意しました。

誰もが本物の美に浸ったり、真の豊かさを考えたりする場でありたい。

という言葉で、私こそがその場に浸りたい思いです。