将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:日経BPネット

11011502 日経BPネット にこの記事がありました。

定額で同じキャリア間の通話がし放題となる「通話定額」のサービスは、ウィルコムやソフトバンクモバイルを中心に多くの人に利用されている。だが、この通話定額サービス競争も、各社の取り組みにより、新たな次元に突入しようとしている。

 私の妻と長女は、ソフトバンク同士で無料の通話をしています。私もauで無料の通話をする相手がいます。でもこれでは限界がありすぎます。
 ここで、

KDDI(au)の「Skype au」である。「IS03」など同社のスマートフォン向けに提供しているこのサービスは、インターネット電話サービスとして知られる「Skype」を使って通話定額を実現するというもの。これによりSkype auの利用者同士だけでなく、PCなどでSkypeを利用している人との通話定額を実現するという訳だ。

というサービスが出てきました。でも私は「IS01」をもったばかりですから、まだ変えるわけにはいきません。私はスカイプのケータイ端末は今2台目です。でもどうしても声で喋るというのは駄目なのですね。相手も同じようです。だからこの「Skype au」にしても、もっぱらパソコンとのチャット(ケータイのメールサービスとも言える)になるのでしょう。

相手は問わない――新たな次元に突入する“通話定額”サービス競争の行方

10121609 日経BPネット にこの記事「ガラパゴスも生かすグローバル人材になるには」がありました。

 ガラパゴスというと、私が常時胸の内ポケットに入れています電子書籍端末です。今トラブルがあって長い電話ののち、あちらからの電話を待っているところです(いつになったら来るのかなあ?)。
 でもこの記事はその機器とは関係ないです。
 この著者の書いていることで、次は大変に感動しました。

 10年近く前、フィリピンの小さな島に3週間ほどいた時のことです。そこには英語を話せる人はごく一部しかいなくて、僕はその人たちを通して、島の人たちの生活や考え方について話を聞いていました。一方、妻は、英語を全く話せない人たちの中にいつの間にか入り込んで、大笑いしながら何か食べたり、歌ったり、踊ったりすることでコミュニケーションしていました。そしてその中で、現地の言葉を彼らから教わっていました。

 いえ、私が感動したのは、さらにここの先です。でも実に私も考えました。
 私はまったく英語というのはできません。まったく喋られないのです。でもいつも英語しか喋られない人とも意思疎通ができることを感じています。これは中国語の人とも同様です。
 そんな言語がちゃんと通じないはずの人たちとも何故か会話できるのも、私は以下のようなことが何故かよく分かる思いです。

 妻は、英語を全く話せない人たちの中にいつの間にか入り込んで、大笑いしながら何か食べたり、歌ったり、踊ったりすることでコミュニケーションしていました。

 私もこういう存在になりたいと常に思っています。私は中国人というと、『論語』や三皇五帝のことは誰も知っているはずという思い込みがあり、そのことで、ついこのごろようやく知った分かった気がしています。

↑このページのトップヘ