将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:晏子

 諸葛亮孔明がまだ劉備に出会わないころのこと、南陽の隆中で隠栖していたときに、常にこの歌を詩っていたといわれます。
 土井晩翠「天地有情」の『星落秋風五丈原』の一節にこうあります。

   嗚呼南陽の舊草廬
   二十餘年のいにしえの
   夢はたいかに安かりし、
   光を包み香をかくし
   隴畝に民と交われば
   王佐の才に富める身も
   たゞ一曲の梁父吟

 この最後の梁父吟というのがこの詩です。「三国志」の「蜀志」に「諸葛亮好んで梁甫吟を為す」とあります。この詩は正確には孔明の作ったものではないでしょう(漢文の参考書には孔明の作としているものはあります)。だが、孔明が好んで詠っていたということで、おそらく孔明自身もこれと同じような詩を作っていたのではと私は推測します。そんなことで孔明の詩として紹介します。

  梁甫吟(註1)諸葛孔明
 歩出齊城門 歩して斉の城門を出で
 遥望蕩陰里 遥かに望む蕩陰里(註2)
 里中有三墓 里中に三墓有り
 累累正相似 累累として正に相似たり
 問是誰家塚 問う是れ誰が家の塚ぞと
 田彊古冶氏 田彊古冶氏
  力能排南山  力は能く南山を排し
  文能絶地紀  文は能く地紀(註3)を絶つ
  一朝被讒言  一朝讒言(註4)を被りて
  二桃殺三士 二桃三士を殺す
  誰能爲此謀  誰か能く此の謀を為せる
  國相齊晏子  国相斉の晏子なり

  (註1)梁甫(りょうほ)梁父ともいう。斉の泰山の麓にある山。
  (註2)蕩陰里(とういんり) 斉城の近くの村里名。
  (註3)地紀 「地維」に同じく、地を維持するつな。絶(き)
   れると地が傾き覆る。古の伝説によると、天柱地維があって
   天地が保たれると考えた。
  (註4)讒言 春秋時代の斉の名相晏平仲が景公に請うて、公孫
   接(こうそんしょう)・田開彊(でんかいきょう)・古冶子
   (こやし)の三子に二個の桃を与えさせた。晏子は三士に、
   「三士は何の功あってその桃を食うか」と詰る。公孫接は
   「大豕や虎も一打ちに捕らえる力があるためだ」と答え、田
   開彊は「伏兵を設けて再び敵を奔らせた功がある」という。
   古冶子は「われは君に従って黄河を渡った時、大亀が添え馬
   を咥えて河に入ったので亀を殺し馬の尾を握って水中から出
   た。その亀は河伯という黄河の神であった」という。二士は
     古冶子に及ばないのに桃を食うのは貪ることであると考え、
   貪欲の不名誉を受けて死なないのは勇気がないことになると
   いうので自殺した。古冶子は二子が死んだのに自分が生きて
   いるのは不仁である、人をはずかしめて名声を得るのは不義
   である、こんな遺憾な行いをして死なないのは、勇がないこ
   とになると考えてまた自殺した。
    このことは斉の国相晏子が、この三士が自分に対して起っ
   て礼をしなかったことを意に含んで陥れたのであった。これ
   を「二桃三士を殺す」という。(晏子春秋)

 歩いて斉の城門のそとに出て
 遥かに蕩陰里を眺めると
 里に三つの塚が見える
 相重なって皆似ている
 これは誰の墓であろうか
  これこそ田開彊・古冶子・公孫接の墓である
  彼らは、体力は南山を押し退けるほどに足り
  学徳は地維を絶地天地を動かすほどの人たちだった
  ところが一朝讒言を被って
  二個の桃がこの三士を殺すことになった
  誰がこの謀をしたのだろう
  それは斉の国相晏子のやったことである

 晏子は優れた人物といわれていたのですが、たいへんに心の狭い人間でこの三士が礼を失したというので、こうした策略を謀ったというわけです。それにひきかえ三士の心こそ誠に壮烈で、その死は惜しむべきであるというわけです。孔明は晏子の狭量を責めているわけです。

 と以上のように私は思ってきました(かつそのような解釈の参考書が多い)。だがちかごろは、どうも孔明の心は違うのではないかと思い至りました。たった桃二つで、勇者3人をかたずけることのできた晏子をこそ誉めているのではないのかと思い至ったのです。孔明はとにかく自分も晏子のような人物になりたいと言っていましたから。そしてこの3人が当時の斉の国の為には邪魔な人物だったのかもしれません。孔明はさらに、この3人もそれを知ってわざわざ死んでいったのだといいたいのかなとまで思いました。

11052709 この歌を詩って孔明はこの南陽の隆中で隠栖生活をしていたわけです。このときの孔明のことを、「臥龍」とか「伏龍」とかいうわけです。それで二七歳のときに劉備玄徳の三顧の礼を受け、いよいよ世に出ていくことになります。 これはいわば孔明のころよく歌われていた民謡とか歌謡曲といえるのかもしれません。「槊を横たえ詩を賦す」という曹操の「短歌行」の悲壮慷慨の気とはかなり感じが違うといえるかと思います。これが、白面の天才青年軍師というよりは、生真面目な農村の秀才肌の青年といった姿が孔明の真の姿ではないのかなと、私が思うところなわけなのです。
 そしてそんな姿の孔明こそ私は好きになれるのです。
 (なお晏子については、宮城谷昌光『晏子』 も読んでみてください)

2017020606

書 名 晏子(全4巻)
著 者 宮城谷昌光
発行所 新潮文庫
1、2巻1997年9月1日発行
3、4巻1997年10月1日発行
(94年10〜12月新潮社より上中下3巻として刊行)

11052416 私は晏子というと、どうにも偏狭な人物としか思っていないところがあり、この本が単行本で出版されていたときにも手に取る気になれませんでした。私のその思いは、諸葛孔明がまだ劉備に出会わないころ、南陽の隆中で隠栖していたときに、常に好んで歌っていたと言われる「梁甫吟」の内容にありました。
 この詩を吟う孔明は、晏子がこそが、たいへんに心の狭い人間でこの三士が礼を失したというので、こうした策略を謀ったというわけです。孔明は晏子の狭量を責めていると思えたのです。
 ところが、このごろ私はこの「梁甫吟」を思い浮かべていたときに、まったく逆の意味に気が付いてきたのです。
 諸葛孔明は、自らを春秋時代の斉の管仲や戦国時代の中山(ちゅうざん)の楽毅にも並ぶ人物だとしていました。そうした誇大妄想の中にいたような青年であった孔明としたら、この詩を好んで吟った意味は、勇者3人をただの桃二つでたちどころに殺すことの出来た晏子をこそ、自らに比していたのではないのかなと思い至ったのです。
 こう思ったときに、私はこの宮城野昌光の「晏子」を読んでみようという気になりました。晏子そのものに興味が湧いてきたのです。
 宮城野昌光の他の歴史小説と同じなのですが、私はたちどころにこの本を読み終わってしまいました。まさしく読み耽けるという感じで、春秋時代にひたってしまいました。
 この「晏子」は春秋時代に斉に仕えた晏弱、晏嬰の親子の物語です。歴史上では子の晏嬰が晏子と呼ばれています。司馬遷「史記」の「列伝」では管仲と一緒に、章を設けてあります。おそらく司馬遷も、この晏嬰のことをかなり評価していると思われます、もし今、晏子が生きていたら、私はその御者になっていたいというようなことまで言っています。ただ、司馬遷は当時残っていたたくさんの晏子に関するエピソードのその僅かしか記していません。それを宮城谷昌光は、それこそすべてを描き切っている気がします。司馬遷の書いている中のその行間の中にさらに、分け入っているのですね。「春秋左氏伝」や「晏子春秋」を読んだとしても、ここまで晏子の世界を見ることはできないでしょう。この著者だからこそ展開できる世界なのだと思います。

 それにしても、この物語は晏子そのものを世界に出す前の、その父晏弱の姿を丁寧に描いているところが、まさしくこれこそが宮城野昌光だなと思わせるところです。これだけは、司馬遷も頭を下げるのではないでしょうか。読んでいると、私たち自身が晏弱のそばで、一緒に歩んでいるような気持がしてきます。こうした事態に俺なら晏弱とどのように行動するかなと思ってしまうのです。晏弱その人に自然についていってしまう気になっているのですね。
 誰もが、きっと「俺ならどうするだろう」などとではなく、「晏弱のそばで、どのようにやるのか」と考えるのではないかと、私は思うのですね。それほど晏弱は魅力ある政治家であり、魅力ある人物です。
 晏子たる晏嬰は、私にはまだ中が深いような気がしていて、簡単には言えないのですね。どちらかと言ったら、私はこの著者の描く晏嬰のそばには、あんまり居たいという気にはなれませんね。私はもっと俗人です。その俗人でも、父親の晏弱には、一緒についていきたい気がしてしまうんのです。
 ただ、私にはまだこの晏子を描く小説はこのあとも出てくるような気がしています。晏嬰その人が、最初あげた「梁甫吟」の中での桃で三士を殺してしまうような策謀家なのか、それともこの著者が描いているような義の人なのか、それが私にはまだ判断できないからなのです。

 それが晏子そのもものよりも、この中国の春秋戦国時代というものから来ていることではないのかななんて思ってしまいます。それは中国の長大なる歴史の中では、この時代こそが、もっとも魅力にあふれた時代に思えてしまうからなのでしょう。(1998.11.01)

↑このページのトップヘ