将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:書き言葉

   このポメラで書くのも、私がリビングにいるときだけですね。13021804

2013/02/18 06:40今リビングに来ました。朝食です。
2013/02/18 07:06そういえば、私もインターネットでウィルスにかかったことがあります。あるサイトを見ましたら、それはインターネット上のウイルスを警告するサイトでしたが(これがひっかけのようです)、その後私の画面にもその警告が残り、よく読むと、その画面をはずすにはそのサイトに3万円だかを払わないとならないということです。
 私は困り果てまして、でもインターネット上でワクチンサイトを見つけだし、すぐにその警告を画面から消しました。しかし、一時間くらいは実に困りました。そして実に腹が立ちました。2年くらい前のことかなあ。
13021805 あれで困ってお金を払ってしまう人もいるのだろうな。
 思い出すことがいくつもありますね。私にもけっこう相談がありましたものです。
2013/02/18 07:43台所の洗い物をしてきました。
 今日夕方三匹のところへ行きます。昨日ポコ汰が小学校で使う雑巾を忘れて行きました。昨日マジックで自分の名前を書いたのですが、それを忘れています。夕方届けなくちゃな。
 そういえば昨日、午後3時30分頃三匹がパパママと来ました。でもパパママがすぐに用事で出かけるというときにポポはいうことを聞かないで、ドアからでている二人を追いかけて、ついにパパママが折れてつれて行きました。
 でも帰ってきたら、ポポは私の部屋に一人で来まして、「さっきはごめんなさい」と謝りました。まだ2歳8ケ月で小さいのに、私はもうそれでまたすぐにポポが大好きになってしまいます。
 なんとなく、私もとろいじいじです。すぐにこうなってしまうのです。仕方のないものですね。
2013/02/18 11:51先ほど外を歩きましたが、寒いですね。
 もうすぐ桜の季節なのですね。今年も桜をどこかで見たいなあ。
 思うのですが、このIS01に、マイクロSDを16Gでも24Gでも入れれば(今は2GBです)、もうHDを買うよりもいいですね。
2013/02/18 13:02今ゴトさんとケータイで話しました。言葉で会話するのはひさしぶりですね。思えば、人13021806(しかも友だち)と話すのもひさしぶりだなあ。いや友だち以外だとありますが。

 こうして言葉で会話するのもいいものです。しばらくは手紙にしろ、メール・ケータイメールにしろ書き言葉ばかりです。

12090912 私の『周の雑読備忘録「小阪修平『思想としての全共闘世代』」の2へ「当時の芝浦生」さんよりコメント の3』へまた次のコメントがありました。

1. Posted by 当時の芝浦生より   2012年09月09日 14:20
いえいえしつこいなんてとんでもございません。闘争で1年先輩であれば、国際反戦デーも含め、教育大闘争にも詳しく、直ぐの、僕の師匠である、後に学生インターの委員長になった先輩は「反戦連合がやられたらしい。。」とのサラリとした分析を言って、早めにバリケードから去り下宿へ帰りました。「反戦連合」と言われてもただキョトンとして、では2号館にきたグループはどちら?みたいな当時の自分でした。ですから周さんのお詳しいレスには大変史実として参考になるものがあり「事件」ではありませんでしたし、やられたからやりかえした行動ではなかったことが、今わかります。周さんは30年経て滝沢さんのお墓参りもし、親御さんからたくさんのお酒をいただいたようですね。失礼な言い方かもしれませんが、埼大の襲撃は、マル学同盟員も含めてたくさんの戦闘的学友のみなさんにとって「知らぬは埼大の学生だけ。。」そんな事態だったようです。はじめてわかりました。はじめての「内ゲバ事件」とのとらえは間違いではないでしょうか。

 ええと「周さんは30年経て滝沢さんのお墓参りもし、親御さんからたくさんのお酒をいただいたようですね」は、私ではありません。あのときは、私は用がありまして、いけませんでした。行きましたのはNさんたちではないかな。Nさんは私とずっと付き合いのある方です。ただし、彼はこうしたインターネット上でブログ等を展開されるのは無理なようです。まあ、みんな60歳を過ぎていますからね。ただし、私は30代前半よりパソコンを使っております。
 前に、私の友人たちが私のこのブログも実際に読むのが大変だと言っていました。私のはただただ量が多いだけですからね。私はただ『「書き言葉」と「話し言葉」』では、書き言葉を優先してやっているだけです。だからケータイメールやメールだけではなく、手紙も書いているのです。手紙も圧倒的量を出していますよ。でも手紙を出しても、怒られることもあって(周ちゃんのは、面倒な漢詩が12090913長々と入っていて、面倒なんだそうです。あ、怒ったのは可愛い女の子です)、私はお付き合いが大変なのですよ。
 私は手書きの時代もよく手紙は書きましたが、今はパソコンでやれますからね。ただし、手紙はプリントする用紙と、貼るシール・切手はちゃんと凝ったものにしているつもりです。

12072201萩原周二よりの個人的情報発信 2012.07.21

1.私はいつも「書き言葉」と「話し言葉」ということを言っています。そしてこの場で、私の書き言葉で、こうして書いておきたいと思いました。もちろん、私のインターネット上のブログ

   http://shomon.livedoor.biz/  将門Web

にも、今夜21日か明日22日に、この文章をUPします。
2.なお私の言う『「書き言葉」と「話し言葉」』ということは、吉本(吉本隆明)さんが言われていたことです。それを私がこうして今言っています。
 この日本では、多分1万年くらい前から、この日本語だろうと言われるもので話してきました。でも私たちと同じであろう書き言葉を使ってきたのは、たかだかまだ1,100年くらいしか経っていないのです。ちょうど紫式部や清少納言や和泉式部が私たちと同じ文字で書いているのです。
 残念なことに、それらの女性陣より、はるかに時代のあとの悪左府頼長の日記は、漢文で書かれており、私にははるかに遅れていた(内容はまた別なのだが、いや内容も面白くない)ものに見えます。12072108
120721093.私は上のブログは今日はもう6つUPいたしました。私はケータイでUPすることも多々あります。私のブログで一番多いのはIS01(スマートフォン)でUPしたジャンルです。
 もちろん私は漢詩(もちろん日本の漢詩も)の解説を書いているジャンルもありますし、短歌や俳句、詩についても書いています。
4.それにブログだけでなくケータイメールでもおおいに交換しています。もう娘二人だけでなく、妻や弟や女性たち(どうもケータイメールがいい人が多いですね)はケータイメールがいいみたいです。やがては孫たちや姪の子どもたちとも交換するようになるでしょう。いえ、今のところは、私が一方的に出しているだけです。
 もちろん手紙もおおいに書いていますよ。ただ今は2008年には600通を超える量を出したのですが、今は年に100通くらいです。
 インターネットメールもよく交換していますが、やはりケータイメールだと瞬時にできて今は量もかなり書けるからいいのでしょうね。私もその通りです。いや手紙もいいですよ。私は和紙の用紙に綺麗な切手シールを貼って出しています。
5.できたら、みなさんに、インターネット上にブログ等(ブログでなくてもいい)で書いてほしいのです。私はツイッターもフェイスブックもMIXIもやっていますよ。
 でもやっぱりブログで書き言葉でやっていただきたいと思います。インターネットの世界では、はるかに英語人口のほうが多い(日本語人口の10倍以上)のですが、ちょうど4年前にブログでは日本語が英語を上回ったのです。これは私が思うのには、この日本人が書き言葉を自在に使う、世界でも珍しい存在だからです。
 私は間違いなく世界でも一番量を多くUPできているブログだと思っています(量ですよ。内容ではありません)。中国人で世界で一番多くUPしている(と「日経パソコン」に書いてありました)人よりも私は多くUPしています。
 また元気に書いてまいります。 萩原周二

12070701 私のここのサイドバーにある「Skype Me」なのですが、クリックすると

この Web ページは表示できません

可能性のある原因:
•この Web ページのコンテンツまたはファイルを表示するには、現在このコンピューターにインストールされていないプログラムが必要です。

となります。スカイプはもう長年使ってきたソフトで、私はケータイも持っています。
 でも思えば、私は「話し言葉」よりも「書き言葉」の人間なのですね。それをつくづく感じています。
 さて、どうしようかな。

12040915 4月10日の19:10に届いた破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 削(そ)いで削って 無駄なもの 全て落として ひとり立つ時

 気持ちのことです。生活はいろんなものがくっついて気がついたら重い重い・・・。時々 華道や茶道のようにすっきりした時間を持つのは 良い事です。

 重いですね。でもこれはもういわば仕方のないことなのです。こうして前へ進むのです。

たのしみは 話し言葉と 書き言葉 違うよねなんて 語り合う時

 先輩のブログでそんな話題が出ていて 面白いなと思ったのです。私はこうして書き言葉で自分を表現していますが・・・・。

「面白いな」と思うだけで、いいですね。この『「書き言葉」と「話し言葉」』と言われたのは、吉本(吉本隆明)さんなのです。でもうまく展開される前に亡くなりました。いつも破茶さんが書き言葉で表現されているということを私は感じています。ケータイメールなんか書き言葉の典型だと思うのですね。

12040803 周の『独楽吟のススメ』の690へ、破茶さんから、以下のコメントがありました。

1. Posted by 破茶   2012年04月06日 21:45
 話言葉と書き言葉 本当に違いますね。
私のように難聴がありますと、話し言葉がすぐに限界になるので 書き言葉が重要になってきます。

テレビ電話は家族に限り良いものです。

 ありがとうございます。『「書き言葉」と「話し言葉」』のことで、何かを言ってくれたのは、これで2人目なのです。ただし、最初には親しい友人と飲みながら話していたものでした。こういう風に書き言葉では破茶さんが始めてです。
 私が言うように、たぶん日本人は日本語と言える話し言葉は、もう一万年くらい使ってきたのでしょうが、同じ書き言葉は、まだ一千年ちょっとしか経っていないのです。
 私はその意味で、このブログというものも、ケータイ(とくにスマートフォン)でのメールも、日本人が日本語の書き言葉を使ってやっているということに、実に感動しています。
テレビ電話は家族に限り良いものです。」、これはものすごく納得できます。私が私の家族からのケータイメールで、長女と次女と書いたり見たりしているものがそのうちにテレビ電話になるのでしょう。
 私は手紙はいつも書いています。昨日もある友人からお手紙をもらいました。すぐに返事を書いて出すところでしたが、「あ、ちゃんと考えて書いて、そしてもっと時間をおこう」と思ったものです。
 ただし、私がこの『「書き言葉」と「話し言葉」』のことを教わりましたのは、吉本(吉本隆明)さんです。吉本隆明さんのことは、いつもいつも私の脳裏には存在しています。そして、もっと学んでいかなくちゃあと思わせてくれる存在です。

4f76fc1a.jpg  まだ吉田医院です。今日は待ちますね。仕方がないですね。
  今は王子駅で電車に乗りました。こうして、鎌取にじゅにとブルータスに会いにいくのは4日ぶりなのですね。 今ブルータスにはメールを送りました。今は秋葉原です。
  思うのですが、こうして「書き言葉」というのは、どうしても遅いですね。私には仕方ないのかなあ。
  今東京駅を出ました。京葉線に乗っています。こうしてIS01でUPできるのはいいですね。
  でもとにかく自分で書くことです。問題は「書き言葉」でとにかくやり続けることです。
「話し言葉」では、例えば私の「ポッドキャスト将門」でも言えることですが、なかなかテキストにすることは大変なことなのです。
  テキストにすると、自分の阿呆さ加減が自分にあらわになるよ。

 画像は今日の柳田公園です。

12021110 この日は実にひさしぶりのじゅにとブルータスに会いにでかけたのです。

2012/02/15 06:32やは今日も寒いですね。今日はじゅにとブルータスに会いに行きます。5日ぶりに会いに行くのですね。じいじのことを忘れていないかなあ。少し心配です。
 今NHKを見ています。伊勢谷友介監督を今詳しく見ています。今まで俳優さんとばかり思っていたのですが、監督さんなんだ。驚きです。
2012/02/15 13:51じゅにのそばにいます。じゅにはすっかり眠っています。とっても眠る顔が可愛いです。やっぱり私の可愛い孫です。目を覚ましたら、私のことを覚えているかなあ。それがものすごく気がかりです。今はお義母さんが食事に行きまして、ブルータスが戻って来てくれました。
 もうじゅにには外泊の許可が出ています。でも今はパパナオキ君が風邪を引いているのです。だからじゅにの外泊は3月になるかもしれません。
 とにかく私じいじの3月3日の雛祭りに、みんなで祝いたいというのは叶えられるかなあ。
 いつ起きて顔を見せてくれるのかなあ。じいじはずっと顔をのぞきこんでも、起きてくれない(当然ですが)のです。今は個室にいます。
 いつもじいじは、この時にどうでもいいことばかり書いていますね。とにかく私は今は「読むこと」ではなく「書くこと」を優先しているのです。書き言葉をこそ、まず第一にしています。
 このことをこそやり遂げられれば、私個人には大きなことだと思っています。
 私はいつもここからの帰りの京葉線で(鎌取から書き始めますが)、妻、おはぎ、ミツ君にケータイメールを書いていますが、今日からはブルータスにも書こうかなあ。参考になると思うのです。「あ、それはこういうこと」などと言う指摘もできるかもしれないのです。
2012/02/15 14:54ブルータスの前ではじゅにはとってもいいお顔になっています。でも看護士さんの前では少し泣いています。
 今はブルータスママが体操をさせています。じゅにには少々きついのかなあ。泣いてしまいます。
2012/02/15 15:22お腹が空いたのでしょう。じゅにはママが大好なのですね。じいじも大好になってくれないかなあ。

 お義母さんが素敵なお弁当を持ってきてくれました。じゅにはなんとなく、じいじも好きになってくれたかなあ。

12021121 私はガラパゴスは常時持っているのですが、日経新聞のほかはとくに読んでいません。これがキンドルになると変わるのかなあ。「読む」ということを考えると、価格が安くて身近なものがいいというと、私は今は図書館がいいです。自分で持つ本はやたらに増えていくのがもう嫌なのです。今でも、本をいつも捨てているところです。
 できるだけ、私が外出先でも電車の中でも、本・雑誌・新聞等を読むよりも、自分の手で書くことを優先します。「読み言葉」よりも「書き言葉」をまず第一に考えるようにしているのです。
 自分の手で書くということは、私は常時IS01で書くようにしているのです。

http://www.akb-tsushin.com/news_dMjtN77Pda.html
アマゾン、電子書籍端末「キンドル」を4月から発売

12012605 いつも、「書き言葉」と「話し言葉」ということを考えています。この日本では、この二つは一緒にはありませんでした。
 この日本列島に住む我々の祖先は、約一万年ほど昔から、この我々と同じ「話し言葉」を使っていました。だが我々の祖先が同じ「書き言葉」を使うようになったのは、まだ一千年少し前のことだと思います。私は、紫式部や清少納言を思い出すのですね。
  ただ私は、「源氏物語」は少しも面白くありません。私は東大闘争で勾留された府中刑務所で「谷崎潤一郎『新々約訳源氏物語』」を読みました。でも少しも面白くないのです。
 それに比べ中学生の時に読んだ与謝野晶子訳の源氏物語の訳は面白かったのです。
 たぶん正確さとかよりも物語を面白くて面白くてたまらないということが、読んでいてひきつけられて、私も「これが源氏物語の面白さなのかなあ、もっとちゃんと原作を読むべきなんだろうな」と思ってしまうところなのでしょうね。

fe6e3ab4.jpg  思い出せば、私は千葉も縁の深いところなんですね。

 今日のじゅにはあまり具合がいいとは言えませんでした。さて、ばあばに報告します。 ばあばには、いつもケータイメールで報告しています。これは大切なことです。
  やはり、すぐに「書き言葉」である文字でできるということは、大事なことです。 その書き言葉でケータイでできるということは、実にいいです。

  今は御徒町駅です。昨日は京浜東北線が事故でした。だから、駒込まで行きまして、王子まで南北線で行ったものでした。でも今日は大丈夫です。

  今日はブルータスにもおはぎにもメールしましょう。 あ、みーねえにもメールしましょう。

11100805 私はけっこう今までケータイを新機種にしてきました。もう今の機種がいくつめなのか、もう皆目分かりません(ケータイをドコモからauにしたのも、「いつだっけ?」と分からない状態です)。
 でも今の機種がもうあちこちが壊れていた(まだ1年半しか経過していませんでした)のでしたが、ある故障で(故障だと思うのですが)、お店に持っていきましたが、保険ということで、見てもらって3、4日で戻ってきました。それが実に新品で戻ってきて、「もう買い換えよう」と思っていた私は、これで当分行きます。
 1993年の7月に初めて携帯を持ち始め、その8カ月後にPHSも持ち始めました。私はなんといいましても、これでインターネットをどこでもいつでもやる必要があったのです。でも過去のいつでも料金は1万円を越えたことはありません。今では2千円代です。
 ただし、私はIS01はまた別に持っています。これではお喋りは一切やりません。このIS01ブログをやったり、他のこと(インターネットにUPしないことをいくつか書いています)を書いています。
 そもそも、私は自分自身を、『話し言葉』ではなく、『書き言葉』側の人間だと思っています。いや、書き言葉の人間はたくさんいるのですが、普段はみなそんなことを考えないから、分からないものなのです。私が思うのには『書き言葉』の人間も大勢いるものなのです。
 ああ、私は今でもメール(私はケータイメールのほうがパソコンでのメールより便利に使いますよ)よりも手紙を出しますよ。でも記念切手代も馬鹿になりませんね。
 いや実際の数はメールが多いですが、手紙も実に多いですね。

 それで私も、imajouさんの言われる以下には同感です。

第一に説明書が添付されていない。回線を介してオンラインで見るようになっている。
マニュアルの所在場所を見つけたのでダウンロードしたが、例に寄ってマニュアルの出来が悪い。どこに書いてあるのか捜すのが大変だ。マニュアルを作った奴は、何も知らない人間がそのマニュアルを読めば操作出来るようになると信じているのだろうか。

 もう私はこんなマニュアルなんか信用できません。だから、IS01は自分でしか信用していません。それで「周のIS01ブログ」はその思いだけで書いています。

11081503   私はインターネット上のブログを書けなくなっていることを感じています。

   私は吉本(吉本隆明)さんのいう「書き言葉」と「話し言葉」のことでは、私はなんと言いましても、書き言葉を重視する人間だと思っているわけですが、でもこれでは駄目ですね。
  それと私は単語登録が100を越えました。もっと登録していかないとならないですね。

11081002  昨日もじゅにとブルータスに会いに行きましたが、今日も行きます。

2011/08/10 07:08今日もじゅにとブルータスのところへ行きます。
2011/08/10 07:46じゅにのことを一番考えているのがブルータスだということは分かっています。でも違うのだということが私には分かりました。
 このことは私一人で昨日行きまして、そしてまた一人で帰ってきて、自分で考えに考えてやっと自分でたどりつきました。今日手紙を書きます。いやブルータスと直接話すよりも私は自分の書き言葉で伝えます。私は吉本(吉本隆明)さんの自称一番の弟子なのです。律儀に律儀に吉本さんの言葉を信じています。その言われることを自分で確認していきます。
2011/08/10 07:59また「おひさま」が始まります。私は大好きなじゅにとブルータスを考えていきます。私はやはり書き言葉で伝えます。
 この物語がいいですね。私もいくつものことを思います。おそらく「書き言葉」は人類だけが持っているものです。「話し言葉」は、ひょっとしたら、犬でも猿でも持っているのかもしれません。でも書き言葉は人間だけです。アイヌやアメリカの原住民には文字がありません。でもそれに替わるものがあります。いや他にも文字を持たない民族がいますが、それに替わるものがあるはずです。
 でも書き言葉をちゃんと持っているのは、この日本人だと思います。その書き言葉でちゃんと相手に伝えることが大事なのです。

 書き言葉で伝えるということは、ちゃんと書いていくことです。

10121503 来年1月の会合に参ります。いやそこで私が悩むのは、詠う詩吟に、七言律詩をやってどうかなあ、ということです。詠うのに4分くらいかかるのですね。そして詩たう内容も問題です。聴いても分からないでしょうね。考えちゃいます。
 今後私のブログでいっぱいのことをUPしていきます。それが一番の近道かなあ、なんて思ったものです。人は「話し言葉」だけじゃなく、「書き言葉」で表現を顕にしていくべきだなあ、と思いました。
 またこの写真も、EyesPicの画像です。花火の写真ですね。花火は撮るのが大変なのですね。(12/16)

10111401 義母はまったく元気がなく、私たちも困っていたのですが、今は笑顔も出てきて、会話も出来まして、それでそちらへ行ってもらおうと思いました。それのほうがより元気になれるのではないかと思うのです。
 私のブログで、もう廃止しました私の元のホームページにあったファイルをUPしています。でもその量も多くて大変です。本を読んだ記録も、映画を見た記録もとにかく書いておくべきですね。「話し言葉」も大事ですが、「書き言葉」も大事にしたいのです。その書いた記録は表出しないとならないのだと思っています。
 蜘蛛業へもいくつもの私の読んだ本のこともUPし続けています。
 写真は、11月14日の午前7時20分です。このご近所で新しいビルを建てるようですが、その最初の光景です。(11/16)

10101606 なかなか更新していないのですが、きょう「ポッドキャスト将門」も少しだけ更新しました。今後はなんとか更新していけるようにしたいと思っています。
 それにしても、私はどうしても喋ることは苦手なんだなあ、と気がついたところです。そうしても書き言葉のほうが自分には向いているみたいです。
 だから、スカイプもどうしても使わなくなってしまいました。スカイプのケータイも2つも持ったのですが、どうしても駄目ですね。やはり話し言葉が苦手なんだというのが嫌というほど判ってきたものです。

http://internet.watch.impress.co.jp/ INTERNET Watch Title Page

にこの記事がありました。

 Twitterでつぶやかれる言語の上位5言語は、英語、日本語、ポルトガル語、マレー語、スペイン語の順だった。
 最も多かった英語のつぶやきは全体の50%を占めているが、2009年前半の調査では約3分の2が英語だったため、割合としては大きく減少したことになる。これは、英語圏以外でTwitterが大きく成長したことを意味しており、今後もこの傾向は続くと考えられる。

 私もツイッターはけっこうやっていますが、当然日本語でしかできません。ポルトガル語が多いというのは、ブラジルで日系人が多いからかな。思うのですが、書き言葉と話し言葉で、日本語を使う私たちが一番書き言葉を大事に優先しているんじゃないかと思えるのです。これはインターネット上で、netmeetingの時代から今のスカイプをやっていても、それを大きく感じます。
 いやスカイプでも、あまりに中国の方からの日本語による呼び掛けが多くて、もう今の私はうんざりしてしまい、スカイプ名も変えてしまいましたものです。
 今後ますます、この傾向が世界的になってゆくことでしょうね。世界で、日本語のブログが英語を抜いて、世界一に数になったのは2007年の4月のことでしたから、今後はこのツイッターでも日本語がますます増えていくことでしょうね。

Twitterのつぶやき、14%は日本語、英語は50%で大きく減少
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100225_351127.html

↑このページのトップヘ