839925f8.jpg 20日に、電話機を買い替えました。この王子の家は、2007年1月に妻と二人でここへ住むようになりまして、黒電話をコードレス電話機にしました。秋葉原のヨドバシデンキで買ってきたものでした。でも、ついこのごろ、私の部屋に置いてある子機が呼出音がしなくなりました。
 こうなっても、マニュアルを読んでも判りません。ホームページを読みましても判りません。3年半経っていますから、もう駄目なのかなあ、そんなことはないだろうと、いろいろとやりましたが、電話は故障していませんが、私の部屋の子機だけは呼出音がならないのです。
 こうなるともう非常に不便です。リビングの親機の音に気がついて、行く間に電話が切れてしまうことがあります。わざわざ行くと、どうでもいい営業の電話だったりします。もういかにも、「インターネットなんて興味はないでしょうが……」というような営業電話なのですね。実に失礼ですよね。もう私の年代だとそういう見方なのですね。
 それでちょうど19日朝にムトウデンキのA全両面カラーのチラシが私の家のポストに入っていました。もう秋葉原で買うよりももう近くの電気屋さんがいいです。それで電話しまして、チラシにあったパナソニックのデジタルコードレス電話機<VE-GP24DW>を買うことにしました。これは子機が2台ですから、妻も私も自分の部屋で電話がとれます。
 もっとも私は私のすぐそばには、また別のパナソニックで電話機とFAXがあります(電話番号も別です。でもFAXって、年に3回くらい使うと思いましたが、もう年に1回くらいになりましたね)。
 でも子機が2台だといいですよ。
 ただし、いくつかの電話番号を登録したりする作業が大変ですね。あれを私がやるのかなあ。昨日ミツ君が来て、親機に3つ登録してくれました。長女おはぎ(つまりミツ君の家)と次女ブルータスと四国徳島の義弟の電話番号です。
 おかげで、私はブルータスとひさしぶりに話しました。手紙は書いているけれど、漢詩のこと(このごろは曹丕の漢詩のことです)を私が書いているだけですものね。
続きを読む