将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:本多左衛門

1303070113030702  今日の回を読んで、私は羞かしいくらいに涙を流していました。私独りの部屋ですからいいのですが。
 加倉井隼人が語ります。

「大村様が貧乏のひもじさのと申されるなら、それがしは尾張のものなれど旗本御家人のみなさまにかわって言い返せねばなりませぬ。・・・・・・」

 これはいいセリフです。大村益次郎も内藤越前守もただ腕組みし、佇立するばかりです。「本多左衛門が老いた背をこごめてなき始めた。」とあるばかりです。いや、またこのあとを読んでも私は涙が出るばかりです。

 人々のまなざしは蒲焼の皿を前にした六兵衛に注がれた。
「食うて下され、的矢殿」
 沈黙に耐えかねたように誰かが言うた。

 もうどうしてか私はこんなにも涙を流します。六兵衛に鰻の蒲焼を食うてほしい、そればかりです。

 六兵衛がおもむろに皿を取った。人々は息をつめた。

 私も息をつめます。

 御書院番士的矢六兵衛は、行儀よく凛と背を伸ばして鰻を食うた。落ち窪んだ眼窩からはとどめもなく涙が溢れていた。泣くほどうまいのか、それとも空腹に屈したおのれが悲しいのか、誰にもわからぬ。

13030611 いやこの六兵衛はけっして「屈した」わけではありません(と私は思います。思いたいです。いやいや、という声も私のうちから沸きあがります)。でもでも私は嬉しいです。 志は、「続ける、貫徹する」ことではなく、こうして変わることでもあるのです。それが立派な志と言えるのだと私は思うのです。
 この的矢六兵衛も加倉井隼人もこの小説の中の人物です。でも私には実際に存在した人間のように思えています。

1303010113030102  この回では、私がどうにも好きになれない内藤越前守がまともなことを言っています。

「・・・・・・。いかに魑魅魍魎の世の中とは申せ、今少しまともに考えられるのか」

 こういわれると、加倉井隼人も考えます。福地源一郎も本多左衛門、栗谷清十郎も同じでしょう。
13022807 でも田島小源太が叫びます。

「御頭はどこじゃ!お出会いめされよ、六兵衛が六兵衛が!」
 田島小源一郎の叫び声である。

 どうしたのでしょうか。座っていた六兵衛が立ち上がったのでしょうか。そしてどこかへいくのでしょうか。また明日を期待します。

1212190112121902 しばらく福地源一郎はどうしたのだろうと思っていましたが、やはり彼は書いていたようです。思えば、これは歴史の事実なのですね。

 越前守は・・・、さりげなく発行人の名前を指さした。「福地桜痴」という名に息を呑んだ。源一郎はここしばらく登城していない。

 そうか、これがやがて新聞になるのかと思いました。

「お読みになるがよい。従前の瓦版のごとく、ご政道を茶化しているわけではない。しごくまっとうに、事実を書き記している」

X12121802 そうなんだ。でも本当なら、これも今も読めるはずです。でもだから、創作なのだなあ。的矢六兵衛のことはどのように書いてあるのでしょうか。

 本多と粟谷が左右から首を伸ばしてきた。

 そうだな。私もこの内容にものすごく興味があります。さてどう書いてあるのでしょうか。

1212170112121702  もう江戸城の明け渡しは終わったのです。そして江戸城に居た幕府の人間たちも城を去ります。この城は宮城になるのですから。

 御城の明け渡しはつつがなく終わった。居残っていた旧幕臣もその日のうちにあらかたは去り、諸門の警護も西洋軍服の官兵に引き継がれた。

 うーん、そのときの城を去る旧幕臣たちの思いはいかばかりでしょうか。そしてその幕臣たちを送る者もつらいのです。

「きょうばかりは、送られるものより送るほうがよほどつろうございましょう」
 加倉井隼人は三人の胸中を忖度(そんたく)した。答えるかわりに本多は手拭いで瞼を被い、つられた粟谷は唸り声を上げて嗚咽した。
 わけのわからぬ連中ではあるが、この悲しみに嘘はあるまい。父祖代々の拠り所たる御城が、きょうを限りに人手に渡るのだから。X12121601

 この挿絵の四人のそれぞれの思いを私も思います。

「もうよい。振り返るな」
 越前守が繰り返し呟く。しかし帰らざる侍たちは騎馬も徒(かち)も、いくどとなく御城を振り返った。

 どうしてもこの光景は想像してもつらくなります。
 私は父の先祖は茨城県笠間ですが、多分祖先は平将門とともに戦ったと思っています。母方の先祖はこれは履歴が現存していますが、関が原の戦いで石田三成の配下として戦ったものです。そしてどちらも長い江戸時代は百姓としてX12121602生きてきました。
 私はそもそも武士が嫌いです。それに江戸幕府なんて、少しも好きになれません。
 でもでも、そんな私も、この小説のこのシーンには、ただただつらくなります。

 さてでも六兵衛は変わりなく同じ姿勢なのかな。

1211160612111607  やはりこの小説は面白いです。以下の加倉井隼人の思いがいいです。よく分かるのです。

 何をかくも怖れる、と隼人はすり足で歩みながら考えた。

 そのあとの隼人の思いが、この小説の新的矢六兵衛を適確に表わしています。

12111508 今さら六兵衛が刃傷沙汰に及ぼうはずはなく、子供でもあるまいに物怪に怯えているわけでもなかった。名ばかりの武士に成り果てたおのれ自身が怖いのだ。本多や粟谷は徳川の旗本であり、自分は御三家の陪臣であり、たとえ武士たる者の中身がなくとも、その肩書だけで人を服(まつろ)わせることができた。だがこれから先は、そうした権威が失われるやもしれぬ。ひたすらそれが怖ろしい。
 おそらく御城内に残る侍たちはみな、同じ恐怖を抱いている。・・・・・・。

 うーん、この恐怖にはものすごくうなずきます。
 だが、六兵衛はどこに行ったのでしょうか。
12111601 でも隼人には、あてがあるようです。そしてそのあては、大廊下の御詰席であるようです。「帝鑑の間の次はそこにちがいないと隼人は読んだ」とあります。それが当たっているのでしょうか。
 それはまた明日になります。

1211150112111502 さて六兵衛はどこへ行ったのでしょうか。隼人がいいます。

「騒ぎ立ててはなるまいぞ。朝命が達せられたからには、すでに天朝様の御城じゃ。よろしいな、御両人」

 ただこのときの本多左衛門と粟谷清十郎はこの挿絵のように、実に情けない姿です。でももう隼人も同じ姿と言えてしまうのです。

 ・・・。侍の数珠つなぎとは、はたに見せられぬ図である。何やらおのれの人生までもが情けないもののように思えてきた。
 他人事ではあるまい。長き泰平のうちにおのれもまた尚武の気風を忘れて、臆病に生きてきたにちがいなかった。その証拠に、板戸に映るおのが影も同じへっぴり腰ではないか。

 江戸時代が終わったはずです。だから決起したとか12111414いう彰義隊とやらも一日で終わりました。もう武士なんていうのは、随分前に気概も何もなかったのです。でも今も、自分の身分が武士だったことをいう馬鹿な人がいますよ。今平成の世にですよ。本当の大馬鹿です。

↑このページのトップヘ