将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:本局

12111311 いやいくつものことを思い出すものです。

2012/11/14 04:3111月10日に朝4時に豊島郵便局(本局)に手紙を出しに行きました。すぐそばの郵便局のポストだと収拾されるのが10時35分なのです。
 今日経新聞が来ました。
2012/11/14 05:23もう今日の「黒書院の六兵衛」に関する私の思いは、私のブログにUPしました。いつもこの新聞の挿絵と、この「黒書院の六兵衛」という題字を画像としてUPしています。
 今日の「春秋」で書いてあることで、私は嬉しくなりました。

 2つの国の国歌を作詞・作曲した人がいる。1913年にアジア人として初めてノーベル賞を受賞シタ「タゴールだ。インドとバングラデッシュ。いずれの国も、タゴールが生前に作っていた歌を独立後に国歌とした。とものタゴールの母語、ベンガル語で書かれている。

 そうなのですね。私は嬉しくなりました。

 戦前の日本の軍国主義を批判したタゴールも、笑顔でみているかもしれない。12111312

 私は間違いなく、笑顔になっているタゴールの顔を思い浮かべます。そしてチャンドラボースとともにインドへ行こうとした私の父を思い出します。

 もう私の父が亡くなってものすごい時間が流れたのですね。

12022508 もう手紙やハガキをよく出していますが、パソコンでプリントするので、ハガキは大変ですね。

2012/02/27 09:49今郵便局で聞いてきました。この葉書は切手代が120円だそうです。それで80円切手と40円と思いましたが、この画像(この画像はUPを止めまして、現在のように別なお雛様関係の画像です)のように、40円切手を3枚貼ることにしました。80円切手はありますが、40円切手なんかないので、このようになりました(UPを止めたものです)。
 昭和57年、58年、59年のお年玉切手です(UPは止めたのです)。これをおはぎの家に送ります。
2012/02/27 12:55なぜかいろいろなことを思うものです。思うだけで、私はどうにもならないものです。
2012/02/27 18:27上に書きました木(ヒノキ)の葉書にプリントを貼りました。これでポコ汰、ポニョ、ポポは喜んでくれるかなあ。この木の葉書の厚さはは5ミリあるのです。
2012/02/27 18:45でも画像を撮りましたが、どうトリミングしても、おはぎの家や私の家の住所が画面に出てしまいます。
 仕方ない、このブログに画像を出すのはあきらめます。(別の画像は載せます)。
2012/02/27 19:08今葉書を近くの郵便局のポストに入れてきました。収集は18時20分にされます。最初は王子本局までへ行くつもりでしたが、寒いので止めました。でもそれで良かったです。
 昔私が住んでいた我孫子の私の住んだところでは、日曜日なんか収集がなかったのです。やっぱり東京はいいですね。本局だと、もっと収集が細かくあるのです。
 大昔沖縄の久志村で働いていたときに、手紙の収集に時間がかかるので、いつも速達で出していたものでしたが、あるとき、普通郵便で出しましたら、一日余計にかかるだけで、それならとそれ以降は止めて、普通に切手を貼ったものでした。

 いや、いろいろと気を使うことがあります。私のやることがいつも、娘や妻に迷惑をかけてしまうからです。

12010613 年賀状をすべて出したものと思っていたものでしたが、ある方から来たものが(妻の知り合い)、出していないということで、やろうとしましたら、まだプリントできていないものが7通ばかりありました。ハガキがなくて、プリントはされていなかったのです。
 それで今朝王子郵便局へ行って(ここは本局なので、土日祝日も24時間やっています。私はよく書留を出します)、年賀状を購入して、早速プリントして、もう随分前にポストに入れました。
 ただし、前と文面は同じなのですが、画像を入れているケースが私がとろいから、前と同じものでなくて、違うものになりました。でも別に変ではないから、いいでしょう。
 今年の私の年賀状は、いつものように家族(長女家族と次女家族と私と妻)の写真は止めて、梅の花にしました。家族の写真は、長女から次女からもらうのが大変なのです。いえ写真をもらうのは簡単なのですが(メールで簡単です)、でもその前に、みなを説得しないとならないのです。
 それと、私の妻はみな自分でメモを書き入れています。
 それで私に、一昨年か昨年は10通くらいメモを書きました。でも、私は自分のそのメモの字の汚さに実に嫌になりました。「俺は何も書かないほうがいいなあ」
 とにかく、私の年賀状は、すべて出したものです。

19714c93.jpg さきほど、王子郵便局本局に簡易書留郵便を出しにいきました。そのことは一つ前のUPに書きましたことです。

   それが実にたくさんの人が並んでいました。私の前に5人、私の後に8人の人が並んでいました。
 これは義母の用事でした。本局は祭日でも24時間受け付けてくれるのです。私が 郵便局に来ていますが 参りました。仕方ないですよね と書きましたのは、「え、こんなに待つのか?」という思いだったのです。
 でも今は、書留の場合は「書留・配達記録郵便物等受領証(お客様控)」に「御依頼主のご住所・お名前」と「お届け先のお名前」が写真で撮影され、それがこちらの受領証になるわけです。
 ところが、この今出したものは、義母の名前で出した書類で、妻がペンで書いたものです。それが郵便局のコピー機では、うまく写っていないのですね。もちろん、お問い合せ番号がありますから、それでいいのでしょうが、少し写真がうまく写っていないのは不安になります。
 私はいつも書留に限らず、すべてパソコンで打ちますから、この控えもまったくくっきり写ります。これは大事なことじゃないかなあ。
 やっぱり、私のように常にパソコンでプリントすることが安心だと私には思われます。

続きを読む

8e443c7e.jpg 今朝手紙を3人の方に書いて、それをポストに出しにいくのに、「あ、本局に出しに行こう」と自転車を走らせました。そうしたら、考えてみれば本局なら、いつでも24時間切手も買えるのですね。もう80円切手がなかったのです。それで手に入れました。
 私はここのサイドバーでリンクしている方が、入院されました。ブログで書かれていることを読みますと、少し長く入院されるようです。まずは昨日手紙を書きました。そして今朝も書きました。入院されていると、こうし08070304て手紙を飲むのは、少しは退屈しのぎになるのではと思ったものです。
 思い出せば、私の妻が数年前に入院したときも、私は毎日手紙を出しました。病院に行きまして、帰るときに手渡ししたものです。
 今は私の友人の女性です。私よりも10歳下の年齢の方です。
 私の手紙でも、少しは読む時間で、少しの時間の退屈しのぎにはなれるでしょう。
続きを読む

2017030602

私は本日朝簡易書留を出しました。もう時間が朝9時を過ぎていましたから、王子郵便局の本局ではなく、ごく近所の豊島郵便局にしました。でもbe5124f6.jpg簡易書留を頼んだのですが、何故か受取が出てきません。前には、こちらが書いたものの2枚目の写しに、印鑑をくれたものでしたが、きょうは郵便局が本局もお休みです の2 に書いたように

これは今までは私がボールペンで書いて、その写しを受け取ったのですが、今度からは、「ご依頼主のご住所・お名前」ということで、今回は私の住所名前、「お届け先のお名前」ということで、今回は私書いた相手方の住所が写真で撮影されています(私の場合は相手の住所もパソコンで書いてありますから、それも一緒に写っています)。「民営化で、ここは写真で撮りますようになりました」といわれたものでした。
そうすると、「ではもうこれからは私が手書きしないんでいいのかなあ?」と思って、今電話したら、もう書かなくていいそうです。

ということだったのですが、でもそうはいきませんでした。でも私はもう書く義務はないわけで、相手の隣に来た郵便局員が、私の名前住所、相手の名前住所を書いた写しをくれました。でも、これで大丈夫なのかなあ。あんなことは、別に簡単なことではないのかなあ。そして「書留」というのは、宅急便のクロネコに対する強力な郵便の持ち駒だと思うんですが、実際には、こうして使えないのではないですか。
実は、きょう出した書留は、ある大学に出したものです。そこからの文章は、クロネコの宅急便で来ています。実はそこの大学の処理は、少々間違えていて、私が正しい処理をして簡易書留で送りました。でも最後の段階で、私の処理ではなく、郵便局のちょっとしたミスがありました。

これらのこと含めて大事なことだと思っていたわけですが、郵便局もちゃんと対処できないのね。私は本日、ある会社の振込の処理をある日本橋のある銀行のATM機でやっていて、冷や汗ものでした。だってサ、あの機械で処理するのは、私みたいなおじんには難しいよ。でもそのあと、私のパソコン上でインターネット上のジャパンネット銀行の処理で簡単にできました。
本日午後2時半頃、私の友人で、私にケータイをしてきた人と、蛎殻町の交差点で座り込んで話していました。彼は、私が怒っている感じで困っていました。いや、私は彼に怒っていたのではありません。でも、もう無駄が多くてイライラしているのです。振込処理なんか、夜中か朝早く自宅かどこかのパソコンで処理すればいいのじゃないの。もう私は、私の扱う会社はどこもそうしていきます。
話していたのは、私とともに69年の東大安田講堂で逮捕起訴された友人です。彼も、今もまともにパソコンとインターネットをやりません。できません。私はただイラつくだけです。あ、彼のところへ今度の土曜日か日曜日に行きますよ。彼の奥さんと娘さんに、もちろん素敵なお菓子を持っていきます。彼は私と同じで、酒しか飲まないから、「でも、この俺は酒しかのまないけれど、こういう和菓子もケーキ(どちらにするかまだ決めていない)も詳しいだろう」と得意になります。

なんか、こうなると圧倒的に飲みたいのですが、私は真面目に帰ってきました。もちろん、ここで飲んだ訳ですが。私はもうどっかで圧倒的にくどくど飲んでいたいなあ。もう私の行ける飲み屋も少ないので、困っている事態です。

きょうは郵便局が本局もお休みです へ

続きを読む

↑このページのトップヘ