孫悟空 (新・講談社の絵本)
孫悟空 (新・講談社の絵本)
クチコミを見る

書 名 孫悟空
画   本田庄太郎
発行所 講談社
定 価 1,500円+税
発行日 2002年4月20日第1刷発行
読了日 2009年5月8日

 思えば、この「西遊記」をはじめとする四大奇書は面白く読んできたものです。「水滸伝」「三国志演義」は実に面白く読んできました。「金瓶梅」はさほど面白さを感じたことはありません。
 ただこの西遊記は、「大唐西域記」の僧玄奘である三蔵法師が主人公ではなく、孫悟空が主人公です。このことが実に面白いのですね。私は昔芝浦工大事件にて勾留されていたときに、この「西遊記」を読んでいたものでした。孫悟空と並んで猪八戒が実に面白い存在ですが、私には、沙悟浄がどうしても不思儀な存在です。物語の中で、彼は一番性格が明確に描かれていません。
 ただし、この絵本の「孫悟空」は、まだ孫悟空が三蔵法師に出会う前のお話です。いつかポコ汰にお話してあげられるときがくるのかなあ。