将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:東日本大震災

G13121604
 宮本先生は亡くなったのですね。なんだか私も悲しいです。関東大震災って、大昔のことなのですが、私にはいつも見近に思える震災なのです。また涙になりました。
 なんで私はこうして涙を流すのかなあ。あの震災も遠いことじゃないのです。
 涙ばかりが流れます。遠い話じゃないんだよな。東日本大震災を思い出します。
 宮本先生を思い出すめ以子にどうしても涙が流れます。
「食べ物の力を信じて行こうと思っています」という希子の言葉はいいです。

 次の放送も悠太朗(東出昌大)が出ています。

12072911 妻と買物に行きまして、過去のことを思い出していました。

2012/07/29 18:25今ブルータスにじゅにの可愛い服の画像を撮ってケータイで送付しました。これが一見簡単なにできるはずのことが、今の私にはすぐできないのです。もう私はどんどんお馬鹿になってしまっているようです。
 この画像が今ここに掲げたものなのです。
 サミットストアへ行きまして、いくつも思うことがありました。昨年3月の東日本大震災の直後に、ここ(サミットストア王子店)での買物でいくつも思いだしました。
 もう遠いことのようですが、いくつも忘れられないことがあります。本当はそれを一つ一つ書いておくべきだなあ。

 忘れられないことは書いておくべきですね。そうしないと馬鹿な私は忘れてしまいます。

12031202   どうしてもこうして書いていてUPしようと思っています。
   今テレビで、東日本大震災への各国での思いや対応を写していました。思えば私はいつもの通り赤十字からカンパしました。でも妻は相馬市にカンパしていました。そこからは、妻宛に、その後の震災地の報告が来ていまして、私ももっと考えてカンパすべきだったなあ、と深く思ったものでした。
  しかし、こうしたことは思うようには行きませんよね。 この私がカンパしてから、一ヶ月後くらいに、「猪」からカンパの要請が来ましたが、「今ごろになってなんだ!」という思いでしたが、それでも当初は私は応じようという思いでしたが、「猪」の文章を読んでやめました。もう私は、あそことは関係がないとしか言えません。
  またカンパすべきだよなあ。また考えていきます。

12021701 昨日、このサイト天下御麺の最新のブログにコメントをしました(2012.2.16 10:36:49)。それでこのサイトはトラックバックはできないのかなあ、と思いましたが、できるようです。それでまず、この「医食同源 天下御麺 偲ぶ会 ご報告」にトラックバックします。

 それで、ここの画像は、この「天下御麺」のサイトを見ていましたら、この画像がありました。

埼玉から継続的支援 風化させないために
By tenkagomen
January 14, 2012
Tags: 東日本大震災 継続的支援
津波で行方不明の母に、ZARD「負けないで」の曲を海に向かってトランペットで送りました。

 なんだかこの画像を見ていて、この私も涙がわいてたまりません(画像は勝手に使わせていただきました)。
 私も妻もすぐにカンパをさせてもらいましたが、もっと考えていくべきだなあ、とこの画像を見て思いました。

11092409  昨日の午後、日本キリスト教団王子教会の「『道』第42号」を宅急便で受け取りました。
 その中で、私が書きましたのは、以下の内容です。これは今年の5月24日にメールで送りましたものでした。

 今回東日本大震災があり、随分驚き、かつすぐに郵便局からカンパは送りましたが、あとはどうすることもできず、いらいらしたり、悲しんだりしているだけでした。友人の中にはすぐにボランティア隊を組んで現地に行った人もいて、私もそういう身軽な動きのできる人間にはなれないことを悔しがったりするだけでした。
 今回、この震災のことで、何か述べるにあたり、いくつかのものを見てみました。論語にもいくつかの仏典にも地震のことはありません(これは私が見た限りです)でした。これは孔子や釈迦が考えなかったのではなく、彼らのいた地域や時代のせいかなとも思えます。
 その点新約聖書には、たぶん当時の大地震があったからでしょうが、地震のことが書いてあります。「マタイ傳福音書」の二四節です。

なんぢら戰爭と戰爭の噂とを聞かん、愼みて懼るな。かかる事はあるべきなり、されど未だ終にはあらず。即ち「民は民に、國は國に逆ひて起たん」また處々に饑饉と地震とあらん、此等はみな産の苦難の始なり。そのとき人々なんぢらを患難に付し、また殺さん、汝等わが名の爲に、もろもろの國人に憎まれん。その時おほくの人つまづき、且たがひに付し、互に憎まん。多くの僞預言者おこりて、多くの人を惑さん。また不法の増すによりて、多くの人の愛ひややかにならん。されど終まで耐へしのぶ者は救はるべし。

 だがここにあるように、今の日本は「互いに裏切り、憎み合う」ことはありません。それに海外のいくつもの国の人々も見事に援助してくれています。これは実にいいことです。ありがたいことです。イエスの信仰に従う人もそうでない人も愛し合い、援助し合っているのです。それが今回の大地震の際にも私たちがたくさん見聞したところです。
 私には、現在四人の孫がいます。その孫たちにも実にいい光景をたくさん見せてくれています。
 テレビも新聞そのほかもインターネットもツイッターもフェイスブックもいくつものいい光景を見せてくれています。自分の父母や近所の人たちや、インターネットで知った人たちの行動も実にいいことを彼らにわからせてくれました。
 これは孫たちにもいいことをたくさん世界が教えてくれた気がしています。私もまた孫たちが見ていた光景を忘れないでいるつもりです。

11082508  今テレビ(テレビ朝日)で、「備蓄」ということをやっている方がたくさんいることをやっています。そういえば、このあいだの東日本大震災で、数日この近辺のスーパー等の食品等がすべて買われてしまっている事態が驚くべきことでした。こうしてテレビを見ると驚いてしまいます。
  思い出せば、昔とは随分変化したんだなあ。いや昔は「買い占め」なんて言って、それを戒める傾向もありましたが、今では「備蓄」と言って変化しています。
 いや、私が20代のトイレットペーパーの「買い占め」騒動のときに、最後の頃「買いだめ」そして「備蓄」という言葉が出てきたのです。 私は備蓄という考えは実によくわかります。
 私はあの20代のときにも、「女が悪い」「『何でもなくなってしまう』と騒ぐ女が馬鹿だ」と言っていた男たちが心の底から嫌だったものです。あのときも今も「女が悪い」「女は馬鹿だ」と言っていた、今もいっている男たちがいけないのです。
  私は、当時も今も男性ですが、心は女性たち、多くの母親たちと同じです。
  思えば、だから私は女だと言われるのかな。私は、それでまったくいいのです。

2376b4f4.jpg 一つ前に書きましたが、この「現代日墨展」での中山玉恵さんの作品が、ここに掲げました「希望」という作品です。
 たぶん、東日本大震災でも、こうして桜が元気に咲いているのだという作品だと思いました。
 これはすぐに葉書で送っていただいたものです。

第15回ときめき会展」と「第25回現代日墨展」を見に行きまして、それぞれ作品を拝見しました。
 ここに掲げたのが、その作品です。
 ときめき会展のは、一作で、あとの画像はその会場です。1106201011062011





 現代日墨展のは二作品です。
1106220111062202




 どの作品も今回の東日本大震災をテーマにされたものだと思いました。

11062901 ちいさんが歩いている北九州市が私の妻が生まれたところです。

2011/06/28 09:58いつもこの時間は、「ちい散歩」を見ています。番組では北九州市を歩いています。
 この北九州は私は少しも知らないのだなあ。
2011/06/28 16:56今回の東日本大震災での東京電力の株主総会のニュースを見ています。2011/06/28 19:07さすがに今日は暑いですね。これから7、8、9月と暑いのが続くのかなあ。私は毎年9月から10月が暑さで身体がまいってしまうのです。7月くらいはまだ平気なのですね。
 さて思えば、私には一番苦手な季節なんだなあ。

2011/06/29 06:20実に暑いです。でもじゅにのことを思います。じゅにはとても辛いのです。痛くて泣いてしまうのです。そばにいるブルータスはもうどんなに辛いことでしょう。でも常時そばにはいられないのです。
 私が昨日ブルータスに午後9時代に送りましたケータイメールが以下です。

私がね、我孫子ばあちゃんから聞いた話です。昭和23年か24年のことでしょうが、私は当時疫痢(えきり)にかかりました。我孫子ばあばがいうのには、まだ小さい私は、何かに向かって、「お前、あっちへ行け!」と叫んでいたようです。いや叫んでいるだけでなく、両手で相手を追いやるようなしぐさをしていたようです。たぶん、その相手が疫痢菌でした。ばあばが懸命に頑張ってくれたおかげで私は今こうしています。返事がこうして遅くなったのは、台所で洗いものをしていたからです。とにかく、やることはやりつくせというのが、我孫子ばあちゃんの言うことでした。私はそのことは私の身体で教えてもらった気がしています。

 もうどうしても辛いブルータスを思います。どうしても泣いてしまうじゅにを思います。

11050214  東日本大震災をお見舞いに行ったのですね。また彼女の唄う姿に涙がでました。
 でも昨日書いた「周のIS01ブログ」がUPできていないのですね。もう「周のポメラ」は止めて、これだけでやるつもりだったのですが、まだできていません。まだ私は、このIS01がよく使えないのですね。
  思えば私はポメラは長い間使ってきたのですが(常時右の腰のにいれていました)、不満をいうとするといくら単語登録をしてもポメラは少しもよくなりません。
  だから私はこのIS01のほうが数段いいのです。

↑このページのトップヘ