12073005 加山雄三さんが歩かれるのを見て、いくつも思い出していました。

2012/07/31 08:03「梅ちゃん先生」を見ています。
2012/07/31 10:13加山雄三さんが桜木町を歩いているところを見ています。私も高校は最初は鹿児島の鶴丸高校に入ったのでしたが、私以外は中学3年の三学期の終わりに横浜に引っ越しすることになり、その時期では、高校入試の時でしたが、もう転校することもできずに、鶴丸高校に入って原良町に下宿しました。実はこの時期はけっこう大変でしたね。
 でも母と父が横浜東高校の転入試験を見つけてくれて、けっこうな倍率でしたが、どうやら合格しました。でも私は希望ヶ丘高校というところの転入試験もあり、そちらばかりを考えていたのですが、東高校の方が先であり、ここに合格すると、もう他は受験するのを止めさせられました。ちょうど鶴丸高校出身の先生(この先生は体育の教官でした)と面会をしており、「他へ行ったら、あの先生に悪いじゃないか」というものでした。
12073009 この東高校は鶴見区寺尾というところに新校舎を建てたのですが、それは2年生からで、一年生の2学期からは私は桜木町の横浜体育館のそばにあった夜間高校に行きました(駅は桜木町の一つ先の関内でした)。昼は校舎が空いていたわけです。
 この頃は教科書は無償ではなく、教科書一冊づつを販売元に買いに行ったものでした。住んでいたのは、港北区の篠原というところで、普段は東横線の白楽という駅でしたが、この教科書を買いに市電で行ったものでした。でもその行った街の名前を今は忘れてしまいました。
2012/07/31 16:40日経新聞の今日の夕刊の「こころの玉手箱」を読みました。真野響子さんの連載の2回目で、『大先輩への無礼 恥ずかしく 笠智衆さんからの手紙』」です。

 かって笠さんの芝居を「棒ぜりふ」と評して物議をかもした人がいましたが、お門違いだ。出身地の熊本弁を標準語に直そうとすると、どうしても平たんになる。私は熊本出身の作家、石牟礼道子さんが免疫学者の多田富雄さんと交わした往復書簡を基いした舞台に出演した経験があり、熊本弁の特徴がわかった。

12073010 これは私こそが恥なのです。なんだか私も分かってないのです。
 こうして読みまして、昨日の夕刊も取り出して読みました。

 私はこの鹿児島から横浜に来た頃教科書を買いに行った街を思い出して、とうとう思い出せました。最初は、横浜の市電をインターネットで見てみましたが、私の記憶にある町はどうしても分からないのです。
 でも必死に探しまして、私の記憶の街は以下でした。
 横浜西区藤棚なのです。インターネットのここの写真を見ていて、ここを思い出していたのです。もう街は変わりましたが(だって48年前のことですから)、何かが甦るのです。