将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:根津の海上海

11031811 もうたくさん、地震のニュースを見ています。

2011/03/18 13:55私のブログで「東日本関東大地震が起きて」というUPをしましたが、そこに書いた通りです。いくつものUPをしていても、少しも気持が落ち着きません。この私の心の状態は当分続くのでしょう。
2011/03/18 18:41今妻からケータイメールが来ました。赤羽にいますが、人身事故があって電車が止まっているようです。困りました。
 今長女の家には連絡しました。妻が帰宅したら、私はいつも長女宅へ行くのです。だから今日はいけません。まあ、私が長女家族に会っても、別にどうだということはないのですが、私じいじが孫に会いたいだけなのですね。でも今日は行きません。
 明日は関東地区は4月中旬の気温になるようです。
 今朝は寒かったですね。私は寒さで起きてしまったと思っています。
2011/03/18 19:07妻が帰宅できました。電車が人身事故といいましても、実際に何がどういう事故だったかは説明がなかったようです。
 今回の地震は実に大変なことですね。
 私のこのマンションの同じ階の向かい側に、根津の海上海のマスターの家があるのですが、その店の店員の中国人がみな国に帰って(あるいは今帰る途中)しまったそうです。こんな怖い国は恐ろしいのでしょう。だから非常に困っています。彼一人では1F2Fのお店は大変です。
 よく関西の人に、「関東人は、東京人は普段地震があっても平気でいる」と驚かれていますが、でもその関西にも神戸淡路大震災がありました。でも中国の人には(ただし、四川大震災にあわれた方もいますが)ものすごい恐ろしいことでしょう。そのことを強く感じています。

 この日本列島は地震が頻繁に起きるところであり、そして過去何度もそれの被害を受けてきています。でも負けるわけにはいかないのです。

fabfbc96.jpg

 自転車で走るのでした は6日(土)のことです。翌日7日にも私は出かけます。9時30分に出かけて、41分に到着です。でも長女一家は出かける用意をしています。なんと地下鉄南北線に乗って美園に買物に行くというのです。それで10時に歩いて出かけます。王子まで一緒に歩きます。ポニョはミツパパが抱いて、ポコ汰はベビカーに乗ります。私は自転車を押してついていきます。
 南北線の王子駅は、エレベーターが北とぴあの前なので、そこまでいくのではなく、東武ストアの前で駅に入っていきます。ベビカーはミツパパが持って、ポコ汰は階段を歩いて降りていきます。私は心配で、ずっと見ていました。ポコ汰は最初は階段を歩いていましたが、そのうちにママに抱かれます。そして私をずっと見ていてくれましたが、すぐに駅に入っていきました。

 でも私は地下鉄の中で、二人は泣いているんじゃないかと心配でしたが、あとで聞きますと、二人ともとっても元気だったようです。
 あ、それから前日の6日は、私たちが帰ったあと、長女家族4人と、あちらのじいじ、ばあば、おじちゃんは、みなで 根津の海上海 へ行ったそうです。もうポコ汰は、何でも食べるようです。

 そしてこの日の夕方、おはぎママとポコ汰は二人で自転車に乗ってきてくれました。でも突然雨が降るかなという天気で大急ぎで帰りました。

続きを読む

2653858b.jpg

 私の義弟が、きょうは、徳島県鳴門市の義弟が東京の本社で会議がありまして、来てこの王子の家へ泊まるはずでした。でも昨日の夜、急遽その会議がなくなって、来ないというケータイメールが妻に入りました。

 それで今夜来る予定で、それで普段私が飲まないビールも用意していました。でももちろん、私が昨日いくつか飲んでしまいましたけれど。そして明日土曜日の昼には、私たち夫婦と義弟と長女家族3人の合計6人で、先日行きました根津の「海上海」へ昼食に行くつもりでいたのですが、駄目になってしまいました。とても残念です。
 この食事で、私の孫のポコ汰をよく見てもらって、家に帰って、みなに話して欲しかったものです。

 義弟は二人の子ども、長男とその妹の長女がいるのですが、この二人にも私は手紙を書こうというところだったのですが、この義弟と会ったことも書こうと思っていたのですが、もう無理になったので、またすぐに書きまして、今はもうポストに入れるだけです。
 この二人は、私の二人の娘をとても慕ってくれているのです。4人で一緒にお喋りしているのは私にはとってもいい光景です。私の長女のおはぎと次女のブルータスをあんなに慕ってくれているのは、もうとっても嬉しい、とってもいい光景です。
 私の長女の次の子どもが少し大きくなったら、みなで神戸の義父の墓参りをしたいです。そして義弟の家族4人ともみんなで会いたいです。

続きを読む

↑このページのトップヘ