将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:根津神社

13041508 実に暖かい陽気のようです。ただ私はまだ寒く感じています。私が年寄りになっただけなのかなあ。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG09046_V10C13A4CC0000/
3月のぽかぽか陽気、観光地の集客に影響 桜以外も早咲き
 3月の記録的な暖かい陽気の影響が各地に広がっている。桜以外の花でも早咲きが目立ち、見ごろの時期が過ぎてしまった観光地は集客に頭を悩ませる。春スキーを当て込んでいたスキー場では雪解けが予想以上のペースで進み、営業終了の前倒しを検討する所も出てきた。

 この画像は文京区の昨日の根津神社の画像です。
 私は過去に以下のUPをしています。

  本日の根津神社
  2005年04月22日根津神社へ行きました

 その他私のこのあとの画像は根津神社のつつじの写真がいくつもあります。

13022007 このポメラを書くのが遅くなりました。

2013/02/21 07:54昨日この「周のポメラ」をブログにUPしていないことを随分前に気がつきまして、「やろう、やろう」と思うばかりで、できていませんでした。このあと「純と愛」を書きましたら、そのあとやります。
2013/02/21 10:05今加山雄三さんの番組を見ています。根津教会、根津神社は実によく覚えています。根津神社を歩いていたポコ汰をよく思い出します。
 ブルータスは千駄木小である生徒をみていたのです。その子を今も思い出します。ブルータスが見ていたときはその子は小学校一年生でしたが、もう中学生かなあ。そのお母さんの顔も思い出します。二年生のときはのりちゃんが見ていたのでした。もういっぱいの光景が思い出されます。いっぱいの思い出があるものですね。

 このときの生徒さんの顔もお母さんの顔も覚えていますよ。お父さんも何かブルータスに言ってくれていたのでした。

13020615 いやいろいろといっぱいのことをやっています。

2013/02/08 06:29もうこんな時間なんだ。
 私の部屋でパソコンでやるのですが、このポメラだとどうしても勝手が違います。そうですね、IS01でも違うのです。
 きょうは理髪店プラドに行かないとなりません。行く時間が問題ですね。秋葉原のヨドバシカメラへも行かないとなりません。帰りにおはぎの家へ行きます。
2013/02/08 07:56今はリビングへ来て、テレビの画面を見ています。もう「純と愛」になりますね。

 いつも部屋でパソコンに触れていまして、リビングでポメラに触れると、また違う感じを受けます。
 画像は京都の伏見稲荷ということです。私のこの画像は、東京文京区の根津神社です。

6fbfd1e4.jpg

 昨日は朝5時に王子駅に着きました。それから午後1時に次女が来てくれました。そして夕方長女家族4人が来ました。次女の彼ナオキ君は出かけているそうです。

2009/12/27 01:35そうかまだこの日なんだ。きょう私の娘のことも話します。
2009/12/27 01:11仕方ないかな。いえ、僕たちは、そんなに飲んでいるわではないのですよ。
2009/12/27 09:32きょうはブルータスが来てくれます。

 次女ブルータスの話ですが、前月にご両親の池にいた金魚が50数匹盗まれたのですが、でもでも何故かそれが戻っていたそうです。泥棒が返してくれたのです。どういうことなのかは、皆目判りません。警察が操作しだしたことが役にたったのかもしれません。これは昨年の5月5日にブルータスやミツ君が根津神社の金魚救いでとりました金魚がこうして増えていたのです。どういうことだったのだろうか。警察の捜査で怖くなった泥棒さんかもしれません。
 ブルータスは長女の家で泊まっています。もうポコ汰もポニョもものすごく嬉しいでしょう。また私は会いに行きます。

続きを読む

c8d8145c.jpg

 浅野での食事を終えて、私たちは夜店通りに出ます。そして根津神社に歩くのに、最初は不忍通りを歩くつもりでしたが、たぶんあまりに多い人出でしょうから、夜店通りから続いているヘビ道を通ります。思えば、この路も私は随分昔から歩いていた道です。
 でもこのヘビ道も歩く方が大勢います。みなさん、この連休に、この街を歩かれているのですね。そしてこのヘビ道にも、いくつかのいろいろなお店が開かれています。
 ヘビを歩いていると、「あっ」と驚くことがあります。「あ、この店は私が30年前に飲んでいた店じゃないか。今もやっているんだ」と、その店のご主人の言葉訛りを懐かしく思い出します。
 ヘビ道から、右折して根津の街を歩くと、ブルータスが、「あ、この店で買って食べた」などと思い出してきます。私にも、根津もいくつも思い出してくる街です。

 そういえば、私はこの日のために、A43枚にて、この街で訪れるところの解説をプリントしていました。いくつかのインターネット上のホームページのどこかを抜き書きして構成したものです。
 根津神社のつつじ祭りには、以下のように抜き出していました。

 境内にある約2000坪のつつじ苑には、約50種3000株のツツジが咲き競い、甘酒茶屋、植木市、露天が並び、土日祭日には野点、箏曲、和太鼓、奉納演芸等、各種行事が執り行われます。
 見頃は4月下旬前後(その年の気候により、かなり異なる。)、種類が非常に多く、開花時期が違うため、早咲きから遅咲きへと花が移り変わり、長い期間様々なツツジを楽しむことができます。
 中には豆つぶほどの小さい花のフジツツジ、風車のような花弁のハナグルマ、黒ツツジと呼ばれるカラフネ等珍しいものも見ることができます。

 このとおりに、最初はつつじを見るつもりだったのですが、あまりにたくさんの人がいます。もうつつじ園に入りませんでした。でも、もう神社の中は露店もいっぱいです。神社の裏のほうまで行きますと、急に、ブルータスが金魚すくいがしたくなります。そこで写真のようにやり出します。
08050506 けっこう何匹も金魚をつかまえます。その金魚すくいの網で、続いてミツ君もやります。それでさすが紙が破れて、そのあと金魚は持って帰るのは3匹ということで、それをブルータスは持ちます。
 そのあと前にも見た猿回しを少し見ます。ブルータスは日光猿軍団のやっている方の「月収はこのくらいだ」なんていう話をしてくれていました。
 そしていっぱいの人の中、戻っていく中、私は、3匹の金魚が心配になりました。ブルータスは君津へ持って帰って、お父さんの家の池に入れるつもりですが、それまで大丈夫でしょうか。だから、私はあの金魚すくいの店に戻って、少し大きいはちを購入し、水をたくさん入れてもらいまして、そこへ3匹の金魚を移しました。
 そして、それをブルータスに渡しました。もうあの3匹の金魚は、今はどうしているかなあ。あの君津の家の庭の池で元気に泳いでいればいいのですが。
 そしてこの間、ポコ汰がお父さんのミツ君と手をつないでいる姿などを写真に撮りました。

 ここにある2つの写真は、金魚すくいをやっているブルータスと、ミツ君の姿です。

 5月5日に谷中千駄木根津を歩きました の3 へ

↑このページのトップヘ