将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:桃

08080402 私はナミちゃんの、せっかく書きこんでいただきましたコメントに次のように書きました。

 私こそ、ナミちゃんの「周さんは桃食べないんですか〜あんなに美味しいものを・・」なんていう考えが全く理解できないです。桃なんて、少しも口に入れたいと思うことはありませんでしたし、今もないし、これからもないでしょう。

 それで私は、我ながら、私のことをふとどきな奴だなあ、と思いまして、今朝この わが家のおかあさん2008.08.04 の画像のように、桃を切ってもらいました。そして一切れを口に入れました。もう何十年ぶりのことだったでしょうか。
 妻も食べまして、大変に美味しいと言っていました。でも、やっぱり私は苦手ですね。これはどうなっても酒のつまみにはけっしてなりません。それだけは確かなことです。今私は食べられなかった、食べなかった果物を食べられるようになってきているのですが、やっぱり駄目なもの、私では無理なものがいくつかあります。
 やっぱりね、私は醤油のかけられるもの、酒のつまみになるものでしたら、果物でも好きになれます。
 あの、ナミちゃん、私のことを嫌わないでね。

続きを読む

69e78d89.jpg

 私の 「ちょっとブレイク・・」ナミちゃんが、次のコメントをくれました。

1. Posted by なみんと    2008年08月02日 16:34
美味しそうな桃ですね〜立派ですね(*^_^*)
桃の正体わかりました〜??
周さんは桃食べないんですか〜あんなに美味しいものを・・
周さんの考えって凄い〜!!
こんな風に色々考えてくれてご家族の方は助かるのではないかしら・・
みんなで宴会いいですね〜。その時に歌う♪うたはなんでしょうか。

 ありがとう。これは私のところがもらった桃のようです。それで、私が桃を食べたのは、間違いなく小学生の低学年のときで、札幌にいたころじゃないのかな。
 私こそ、ナミちゃんの「周さんは桃食べないんですか〜あんなに美味しいものを・・」なんていう考えが全く理解できないです。桃なんて、少しも口に入れたいと思うことはありませんでしたし、今もないし、これからもないでしょう。
 宴会はね、もちろん私は必ず詩吟をやります。そして多くの方が「詩吟」と聞いて、一般的に知られているようなものは一切やりません。
 でもねえ、私の娘たちは、みな知っていますからね。でもとにかく、詩吟は私はいくらでも自在にやれます。問題は娘たちが詠わしてくれるかだけが問題です。
 その他、歌は、私は仁侠の歌、革命の歌、軍歌、三橋美智也の歌、カンツォーネを唄っていますね。だから何を唄おうかなあ。

続きを読む

5bf7d153.jpg

 いつもナミちゃんのブログを読んでいるわけですが、このUPの写真を今見ていまして、「あれ、俺のところでも桃があるんじゃないか?」と思いまして、今たくさんの用で、外を走り回っていまして、帰ってきた私は、今私の左隣を見て、写真を撮ったのです。それがこの画像です。
 私のところ、私の部屋にも桃があるのです。それでこれは何かなあ? たしか昨日の夜におはぎの家に行きました妻が持ってきたような思いがあります。私の部屋はいつも冷え冷えしていますので、冷蔵庫替わりになるのです。
 そうすると、うちがもらったものなのかなあ。長女から預かっているものなのかなあ。どっちにしても私は食べないから関係ないのですが、実に自分のすぐそばにあると不可思議ですね。
 あのね、とにかく不思儀なんですよ。昨日の夕食時にお酒を飲んでいたわけですが、たぶん、3合半くらい飲んだと思っていました。一升瓶をあけましたから。
 でもつい先ほど冷蔵庫の中に半合くらいのお酒がコップの中に残って、ラップがかけてありました。ということは、私はこれをそのまま残してしまったのですね。当然私はさきほど一気に飲み干しましたが。

 私はさきほど、図書館やスーパーやコンビニに行っていまして、帰るときに、「浦島」という料亭のそばを通るときに、「あ、ここで今度俺の親族で宴会やろう」と思っていました。浦島はたしか5人以上でないと使用できないのです。私の親族は、「大人が6人で、子どもが2人(今は一人はまだ生まれていませんが)」です。そうすると、ポコ汰には子ども用のものを、ポニョちゃんには、赤ちゃん用のものを用意してもらおう、それは何にするかなあ? なんてことばかり考えていました。そこで私の唄う歌まで考えていました。もちろん、詩吟もやるわけですが、「ポコ汰たちはまだ小さいから判らないだろうしなあ」なんてことを懸命に考えていたものでした。いやもちろん、おおばば(義母)の世話はどうしようかと、このことも真剣に考えていましたよ。

↑このページのトップヘ