将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:桜の花

12040701  今NHKのニュースを見ています。 どうしてもこうしてテレビを見ていると、いくつものことを思いさらにもっとやらなくちゃあなと思うばかりです。
  桜の花をテレビで見ています。昨日おはぎの家から帰ってくるときに柳田公園の2本の桜がとれも綺麗で、私はものすごく嬉かったです。
 でももうかなり暗かったので、写真は撮りませんでしたが、今思えば私の記憶にしか残っていません。撮るべきだったなあ。

  私は常時デジカメはもっているのですから、暗くてもいくつも撮れば、きっと5枚にひとつくらいは見られるものがあったでしょうね。

春の主役 桜 (絵本〈気になる日本の木〉シリーズ)
春の主役 桜 (絵本〈気になる日本の木〉シリーズ)
クチコミを見る

書 名 春の主役桜
著 者 ゆのきようこ(柚木陽子)
絵   早川司寿乃
発行所 理論社
定 価 1,400円+税
発行日 2006年3月第1刷発行
読了日 2009年4月5日

著者略歴
ゆのきようこ
1950年東京に生まれる。千葉大学理学部生物学科卒業。植物生態学を専攻。現在は自然観察会の指導、自然についての執筆活動を行っている。主な著書に『野鳥を呼ぶ庭作り』(共著、千早書房)『自然観察図鑑』(共著、世界文化社)「絵本 気になる日本の木シリーズ」全4冊(理論社)がある。

早川司寿乃
1959年愛知県に生まれる。東京デザイナー学院名古屋校イラストレーション科修了。絵本に『マジョモリ』(梨木香歩/文 理論社)『まぼろしの庭』(早坂類/短歌 エディションq)がある。その他、挿し画に『だまし絵であそぼう』(杉原厚吉/文 岩波書店)『写真の国のアリス』(飯沢耕太郎/文 福音書館)など、装画に『香港の甘い豆腐』(大島真寿美 理論社)『からくりからかさ』(梨木香歩 新潮社などがある。札幌市在住。

 今ちょうど桜の季節です。この絵本は実に読んでよかった思いです。

桜の名所は、春をまちかねた人たちでにぎやかです。

という言葉で、私もそんな人だと思いました。
 でもソメイヨシノは、沖縄にはないことや、岐阜県根尾谷にある淡墨桜のことも知りました。

 天狗と日本犬が案内してくれる不思儀な桜の花の解説です。

↑このページのトップヘ