将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:梁山泊

   Friday, July 23, 2004 11:15 PM
了解です。了解です。

 前にも書きましたが、メールはたくさんいただくのですが、メルマガに載せられるというものは実にあまりないのですよ。

11082207 はい、確かに私は教えていただきましたが、他のかたがたはご存知ないでしょうからね。それに半分は冗談ですよ。承服しかねるメールっていったいどんなのか楽しみです。

 それから、先生、少し誤解していらっしゃいますね。。私が期待しているのは日本版「アベラールとエロイーズ」ではなく、タイトルをつけるなら「我が青春 闘争と梁山泊の仲間達 その一」「その二 後日談」というようなものです。もちろん恋模様も織り込んでいただきます。

 温泉新聞社ってもしかっすると椎名誠さんが著書のどれかで面接に行って温泉の名簿を熱海に売りにいかされたと書いている会社ではないですか。

 でも、読みなおすと、あまりに誤字が多くてこれまた羞しいです。

 確かに先生にしては少し多かったです。これからの飲み会への期待で気もそぞろかなと思って少し羨ましかったです。

 漢字の読み方ありがとうございます。こういうことを尋ねて気軽に返事をいただけるなんてほんとありがたいです。

   Saturday, July 24, 2004 9:50 AM
Re: 了解です。了解です。


それから、先生、少し誤解していらしゃいますね。。私が期待しているのは日本版「アベラールとエロイーズ」ではなく、タイトルをつけるなら「我が青春 闘争と梁山泊の仲間達 その一」「その二 後日談」というようなものです。もちろん恋模様も織り込んでいただきます。

 あ、なるほど納得です。アベラールという人は、このエロイーズとの愛の書簡も有名なのですが、私は彼の神学の考え方、「唯名論」も好きですね。以下にほんの少しだけ、そのことを書きました。

  ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」

 でも「梁山泊」なんていいますと、なんだか懐かしく思いだすことがあります。私たちは、自分の埼玉大学で、今も私たちの後輩が「むつめ祭」という学園祭を運営実行しています。この今も、日本共産党だけとは非和解的な関係をそのまま続けている学園祭です。
 このむつめ祭で、私たちが行くと、必ずたむろして飲んでいるところが、「暴力酒場ひだり」といいます。このむつめ祭の期間だけ開かれる飲み屋です。ここに、私たち大昔の活動家、その後の活動家、大学の職員、先生方なんかが集まっていつも飲んでいます。もう30年以上続いています。この「ひだり」は、とにかく酒があって、料金はとりません。ただ、私たちのカンパで成り立っています。私が学生の頃には、その前に飯場に入って働いていて、その金で酒を購入していたものでした。私が6年のときには、4斗樽を二つ買ったものでした。
 ところで、この私が6年のときは、この「暴力酒場ひだり」だけじゃまずいのではないかという事態がありました。この年は、私たちは、埼玉県関係の国会議員や、県会議員、市会議員等々に寄付を仰ぎ(ただし、もちろん日共は敵ですから、関係ありません)、集めました。でも、それら寄付に応じてくれた方には、このむつめ祭に招待しました。でも、その人たちを「暴力酒場ひだり」に来てもらうのは、まずいのです。ここは、やっぱり私のような馬鹿な元左翼が、ときどき暴力をふるうようなところなんで、自民党の国会議員なんかおいでなるとまずいじゃないですか。それで、こことは別に、同じ学部校舎内なのですが、3階には「ひだり」なんですが、1階に「ブキャランゼルーム『梁山泊』」という店を作りました。実に綺麗なお店で、綺麗な女の子を置いてあります。ここへ行くと、私も紳士のような態度になります。
 今この『梁山泊』が懐かしいのです。活動家の女の子というのは、けっこう美人が多かったので、実に愉しかったのです。
 ただねえ、この『梁山泊』では、みな紳士でも、上の『ひだり』へ行くと、途端に軍歌を唱いだしたりして、ひどい集団になったものでした。

温泉新聞社ってもしかすると椎名誠さんが著書のどれかで面接に行って温泉の名簿を熱海に売りにいかされたと書いている会社ではないですか。

 その通りです。彼の「哀愁の街に霧が降るのだ」に書いてある業界紙です。ただ小説の中では、神田の野菜店の2階になっていますが、事実は魚屋の2階でして、実際の新聞社は、小説で描かれているよりも悲惨でした。
 椎名さんが書かれている「売る本」は「温泉の名簿」ではなく、「東京旅行業者営業所便覧(地図入り)」というものでした。当時東京だけで、やく3千社の旅行業者の営業所があり、観光旅館ホテルは、そこへ、自社のパンフレットを持って営業に行く必要があるわけなんです(これは今も同じでしょうけれど)。それに、便利に使えるので、あの資料は評判は良かったのですよ。だから、椎名さんのやったのは、けっこうそれほど大変ではなかったはずなんです。
 私なんかは、各温泉旅館ホテルの、新聞への広告費を集金に行ったのです。でも、旅館・ホテルの側は、自分のほうから広告を出したという意識をまったく持っていません(そりゃそうですよ、実際に自分からは出していないのが事実なんですから)。
 でもね、集金できなければ、こちらは、飢え死にしちゃうんですよ。なにしろ、月末に5千円だけ渡されて(もう誰も、この5千円しか持っていないのです。何しろ月末で、給料は毎月5日払いだったから、もう金がないのです。すなわち私たちが、集金してこないと、給料は出ないのです。
 もう夜暗くなるころ、温泉街に着きます。交通費と昼飯くらいで、もう5千円はなくなっています。もう集金しないと、飢えるしかないのです。それに野宿するわけにはいきません。
 最初、私は鬼怒川温泉に行ったのですが、行く前に、会社の林君(実は社長が、小林といい、長男が森君といい、次男が林君と言って、みなそこの社員で幹部だった)に、「そうすると、今夜はどこへ泊まったら、いいんですか?」と聞きました。以下その会話です。

 林「行くのは、鬼怒川か、………ああ、どこでも泊まれるよ」
 周「そうすると、幾ら(の料金)で泊まればいいんですか?」
 林「どこでも二四(にいよん)のコミコミだよ」
 周「え、にいよんのコミコミってなんですか?」
 林「バカだな、そんなことも知らないのか。2,400円で、税
  サービス料込みだということだよ」
 周「え、今どき2,400円なんかで泊まれるんですか?」
 林「ばか、どこでも泊まれるよ」
 周「………………………………」
 林「ただし、二四のコミコミと言っても、現金を払うんじゃない
  よ、支払いは、広告費と相殺だ」
 周「えッ! ………………………………」

 当時は安い観光ホテルで、5千円で、税サービス料別という時代でした。それでももう私は出かけます。
 もう暗くなった鬼怒川に着いて、路上番頭の声をはねのけ、まずあるホテルで「温泉新聞ですが、集金に来ました」とはじめます。
 そこではじめて判ります。相手が怒り出す雰囲気が判ります。でも、私はもう逃げるわけには行かないのです。
 かくして、その日はあるホテルで泊まって、ビールを飲んで、しばし考え、翌朝から、また激しい戦いになりました。そして、ほぼ鬼怒川のホテルを軒並みあたり、次は湯西川温泉へ行き、そして次は日光湯元温泉です。ここでまた夜になり、私は「広告費と相殺」で泊まります(ただし、相殺をいうのは、朝支払いの時)。もうこの日まで、結構な金額を集金できていました。
 翌日は、那須温泉。もう山の中を大声で唄いながら歩いていました。また暗くなり泊まります。7月30日に出発したので、もう8月1日です。
 翌日8月2日、今度は塩原温泉です。長い温泉街をひたすら歩きます。もう夜になります。いくつか集金はできましたが、この日はどのホテルも満室で、泊まれるところがありません。中には、「ウチは振り込んでいるよ」という真面目なところもあります。あ、それは塩原ガーデンでした。銀行の振込書を見せてくれました。私は「きょうの、ザイールでの、フォアマン対アリ戦はどうなりました?」なんて聞いたら、そのホテルマンは、「あれはすごい戦いだったよ、アリが勝ったんだよ」なんて興奮して教えてくれたものです。
 でも暗くなった温泉街で不安になった私は、会社に電話しました。どこへ泊まったらいいのか聞くためです。編集長の清水さんが電話に出ました。

 清水「お前今どこだ?」
 周「塩原です。今夜どこへ泊まったらいいのか、困っているんで
  す」
 清水「どこでも泊まれるよ。でもきょうは何日だ、2日じゃない
  か。集金は月末だけでいいよ。もう帰ってこい。適当でいいん
  だよ。それで、どこへ行ったんだ」
 周「鬼怒川から、日光、昨日那須温泉で、今塩原です」
 清水「え、それは一番きついところだよ。それで一体いくら集金
  した」
 周「○○です」
 清水「え、よく、あんなきついところで、それだけ集金できたな。
  もういいよ。帰ってこい」

 かくして、私はもう泊まれそうなところもないので、帰りました。当時住んでいた北浦和へ帰って、すぐ友人と飲み出しました。飲む前に彼女の自宅へ電話して、いろいろと報告しました。
 でも、思えば、どうでもいい思い出話でごめんなさい。昨年温泉新聞の社長が亡くなりまして、温泉新聞もなくなりましたから、「もう書いてもいいかな」なんてところなものですから、今後書いていこうと思っているんです。
 この温泉新聞での同僚のことを以下に書いてあります。

 川尻久夫さんのこと

漢字の読み方ありがとうございます。こういうことを尋ねて気軽に返事をいただけるなんてほんとありがたいです。

 漢字の読みに関しては、西郷南洲のことは、タモリのトリビアでそのまま出されていました。帰宅したら、次女が「西郷隆盛って…………………なんだって。知っていた」というから、「知っているよ、…………って話だろう」と私も次々と話したものでした。娘二人にはいつも、「その話、トリビアに出してよ、面白いよ」といわれる話を、私はいつも娘たちにしていますよ。萩原周二
(第212号 2004.09.06)

水滸伝〈14〉爪牙の章
水滸伝〈14〉爪牙の章
クチコミを見る

書 名 水滸伝 十四 爪牙の章
著 者 北方謙三
発 行 集英社
定 価 1,600円+税
発行日 2004年7月30日第一刷発行
読了日 2008年12月25日

 最初に、飛脚屋張横が息子の張平を、王進のもとへ預に訪れる。その王進のもとに成長した楊令がいる。私は娘が二人ですが、初孫が男の子で、この子とお喋りしていたりすると(ただし、まだ2歳になる前ですから、ちゃんと喋られません)、こうした物語の中の男の子の姿も思い浮かべてしまいます。楊令がいるからこそ、張平もいい子になっていくはずです。
 それにしても宋は、いよいよ梁山泊と全面的に戦い始めます。20万という大軍で、梁山泊を殲滅にかかります。しかも、この動きもちゃんと予定を組んで周到なのです。
 次号ももっと大きな戦いになるのでしょう。

 ただこのごろ電車の中でも他の本もかなり読んでいますので、この本も読むのが遅くなっています。引き続き読んでまいります。

水滸伝〈13〉白虎の章
水滸伝〈13〉白虎の章
書 名 水滸伝 十三 白虎の章
著 者 北方謙三
発 行 集英社
定 価 1,600円+税
発行日 2004年4月30日第一刷発行
読了日 2008年10月7日

 官軍は10万を越える兵力で、梁山泊を攻撃しようとする。流花寨、双頭山にも押し寄せる。梁山泊の孔明と童猛は官の造船所の襲撃を計画し、実行する。
 なんだか、いつも電車の中でしか読んでいませんから、なかなか先に進みません。でも昨日のように長く乗っていますと、読み終われるものですね。

↑このページのトップヘ