f9387a1d.jpg

 きのう銀座の伊東屋へ行きまして、便箋を買いました。和紙で、とても素敵なデザインのものです。でも画像が欲しいので、それをスキャンしても、要するに用紙なんで、うまくスキャンできないのですね。一つはいわば、白い用紙ですからね。
 でもこれに印刷して、活字も楷書で書くと、なかなかいいですね。大昔は汚い字で、よく手紙を書いていたものですが、メールを使うようになると、ほぼそればかりです。ケータイメールなら、今すぐ相手につくわけですから。
 でも、私の次女に我孫子の自宅からの転送葉書や封書を送るときに、私の手紙を添えるようになりまして、さらに私の長女にも出すようになりました。もちろん仕事上の文書はかなり出していますが、いわゆる「手紙」というのもいいものです。

 伊東屋で購入したのは、株式会社大直の「大礼紙『白』」とユニオンケミカー株式会社の『桜』という紙です。二つとも和紙です。
 きょうは4通の手紙を書きました。

 あ、それと昨日銀座へ行ったときに、教文館4階の「フジ子・ヘミングの版画」も見てきました。そして帰りに、有楽町駅前の「むらからまちから館」で美味しいお酒とそのほか美味しいものを手に入れてきました。ただ少し不満は、ここは酒屋ではないということで、いいお酒はたくさんあるのですが、一升瓶ではなく、みな四合瓶だということです。これだけは「少し」ではなく、「大いに」不満だなあ。

続きを読む