将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:横浜

10071203 ゴミをいくつも出しに行きます。

2010/07/14 07:53今ゴミをだしに行きましたが、もう外の道路上に並べられています。ゴミだけではなく、資源も収集の曜日なのですね。
 今テレビで子どもの写真を見ていて、いつも自分の孫を思い浮かべます。こんなものなのかなあ。
 次にこのポメラの昨日の記録をUPします。
2010/07/14 08:00「ゲゲゲの女房」を見て、水木しげるが漫画の主人公の顔も「可愛い顔がいい」と言っています。これが実によくわかります。
 墓場鬼太郎が生まれそうです。
2010/07/14 08:15またいっぱいのことをやらなくちゃいけないですね。
2010/07/14 09:46義母を送ります。このときが私には一番大変なときです。でも毎日繰り返されるわけです。ずっと続けるのですね。
 でも私はいつも孫を可愛がるし、可愛いと思っていると考えていましたが、妻に言われたことが耳に残ります。私の母は孫のこと、私の娘ブルータス(この子は大変にきかない子でした)のことを一言も悪く言わなかったといいます。私も見習わなくてはいけないです。いつも母と父を思い出しています。
 ああ、そうだ。今年は私の高校の同窓会をやらなくちゃいけないな。誰も相談する相手もいないですからね。担任の先生も数年前に亡くなりましたし。でも私が決意し、実行しないとなりませんね。
 横浜か、どこでやろうかなあ。中華街で考えるかなあ。横浜はいつも懐かしい思い出が蘇ります。横浜もいいところだよね。
 私は昔私の住んだ街がすべて嫌いでした。浦和も横浜も鹿児島も名古屋も札幌も東京と、生まれた茨城も嫌いでした。かろうじて、秋田と沖縄が好きでした。
2010/07/14 10:32でも今から私が変わっていかなくてはなりません。上に書きました私の故郷はみな嫌いでしたが、今は好きになってきました。もう横浜も好きです。ただまだ浦和を好きになるのは難しいな。
 あ、浦和のあとは、我孫子にも住んでいたのだな。東京は早稲田にも住んだのだ。いや船橋にも住んだのだなあ。我孫子もいくつも住んだのでしたね。
 でもこの王子も今後も長く住むのでしょう。ただし、私が生きればですがね。
 横浜の街も歩きたい思いです。

 自分の故郷を考え、この王子も自分の故郷なのだと思いました。

e9d1f3bc.JPG

 5月25日の21:39に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/05/25 【No.1950】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 誘われ外に 出て行って 知らない人と 話する時

私は内向的です。人の誘いで無理してでも出かけいろんな方のお話を聞くのはとかく自閉的な私には良い刺激になります

 新しく知らない人とお話するのは実にいいことです。私なんか、インターネット上で知っている人が多くて、でも直接話すとまた驚かれるみたいです。

たのしみは 新たな土地の 新しい友と 一緒に旅に出る時

結婚して半年 どこへ出かけるにも二人で行動してきました でもだんだんこの地にも慣れてきて 新たな友が出来 この週末はその方たちと出かけることに・・・。不安と期待、行く先は横浜です。楽しんで来ようっと。 

 私はね、鶴丸高校へ入学はしましたが、次は横浜だったのです。でもあまりに違う環境でね。驚いたものです。横浜は言葉が恐ろしいくらいな方言で、そして町は恐ろしいほど汚かったです。でも今の横浜は綺麗で、今は私も大好きな街になりました。

c6db12bc.jpg

 ナミちゃんのブログに、このUPがありました。19日に横浜へ行ったのですね。私は横浜には3年半くらい住んでいたのかな。大学1年の2月に我孫子に引越たのです。弟はその年の4月は高校3年でしたから、横浜の鶴見高校へ我孫子から通いました。
 だから横浜は今では懐かしく思い出すところなのです。

急に外出する事になりました・・というのも前日にさっさから
「学校の紅葉がとっても綺麗だから見に来ない?」とのお誘いが。
今年の四月に初めて行ったのだけど秋は紅葉がとっても綺麗だよ・・ということで
・・是非・・行きたいわ!といっていましたので覚えていてくれたようです。

 いい娘さんですね。そしてたくさんのその大学の写真が素敵です。思い出せば、私も二人の娘の大学には、何度も行きましたね。娘が卒業してからも何度も行きましたね。
 ナミちゃのブログのこのUPに綺麗な紅葉の写真がありましたから、それの真似で、私も昨日外出したとき、ここでUPした紅葉を撮ったのでした。

 ナミちゃんは、その娘さんの大学のあと、山下公園に行かれたようです。

それから市営地下鉄で横浜へ。。
やっぱり・・山下公園に行きたいから。
理由はないけど横浜にいったら・遠く浮かぶお船が見たくなります。
関内から・・歩いて山下公園へ。。一キロ半くらいかな。

 私は横浜ランドマークプラザには、何度か行っているのですね。以下にUPがあります。

 http://www.marinenet.co.jp/shomon/opini/opi0412.htm#041223
 http://www.marinenet.co.jp/shomon/opini/opi0412.htm#041224

 思い出せば、このすぐ近くで飲み会をやったこともあるなあ。あれはいつだったかな。また横浜を歩きたい思いになります。
 私が高校生の頃は、横浜って、あまり綺麗な街じゃなかったのです。私は横浜で転校して入った高校は、最初は関内にあったのですが、なんて汚れた街だろうという思いしか浮かびませんでした。そして私は横浜人の喋る横浜弁が実に汚く聞こえたものでした。
 でも今は好きな街になりました。私のたくさんある故郷の中で、すぐ行けるところは横浜なのです。
 また一人で行ってみようという気持になりました。最後は中華街で飲んでいるかなあ。

bc3976f8.jpg

「横浜に行ってきました〜◆」ナミちゃんから、次のコメントをいただきました。

1. Posted by なみんと    2007年07月27日 23:32
周さんは沢山の故郷を持っているのですね。秋田・札幌・名古屋・鹿児島・横浜・・まだありますか。
年月はそれぞれでしょうが確かにそこに住んでいた・・・という事実。そこで家族で住みご近所がいてそこの地域の学校に子ども達は行く・・その時間の塊を思う時それだけで愛おしいですね。
去年のクリスマスの時ランドママークタワーに行ってみました。夜景が見事でした。周さんのアップしている写真!きれいですね。SCAPAってブティックですか。もしそうならそこの洋服のファンです。

 うーん、そうですね。私にはいくつもの故郷があるのです。
 秋田は二つのところに住みました。ここでは、私たち兄弟を可愛がってくれていたWさんという父の会社の後輩の女性がいまして、この方がそののち、札幌に遊びに来てくれたのよ。一度は、秋田の支店の大勢の野球チームを率いて、札幌で野球の試合に来たのです。そしてもう一度は、私の家を泊まりにきて、彼女が帰るというときに、弟は泣いて、私も何故か(私はもうものわかりがよかったはずなのですが)ぐずって、無理に彼女にもう一晩泊まってもらったら、彼女がキャンセルしたのが、洞爺丸でした。その晩、函館港で、洞爺丸台風のため、この大きな客船は沈みました。私たちのわがままが彼女の命を救ったのです。
 名古屋は、3カ所住みまして、ここもたくさんの思い出があります。伊勢湾台風にあったのも、ここの北区大曽根に住んでいたときでした。最初住んでいた南区若草町も、いくつもの思い出があります。
 鹿児島もたくさんの思い出があります。高校にまでここにいたので全部で丸4年いたのかな。ずっと東千石町といういわば街の真ん中に住んでいましたが、高校に入って、原良町というところに住みました。
 そのあとが横浜で、港北区篠原町(東横線で白楽というところ)に住みました。当時は少しも好きになれない横浜でしたが、今になると、もう数え切れないくらいたくさんの思いに溢れている街です。
 あと、私の故郷というと、大学のあった浦和ですね。私は北浦和は3カ所住んだのよ。大学時代は、激しく学生運動をやったものですし、その後社会に出ても長く浦和にいました。思えば、私が労働運動をやったときも浦和に住んでいたのですね。
 それと、私は千葉県の船橋にも住んだのよ。船橋の湊町というところも、私には故郷の一つです。それと、東京では、早稲田ですね。ちょうど結婚したときは、ここに住んでいたし、もともと学生のときにも、この早稲田というところは、実にたくさんの時間居たところです。
 それと、現在の王子は、結婚後しばらく住んでいて、ここで長女が生まれました。
 そのあとが我孫子です。ここも全部で3カ所住みました。ここで次女も生まれて、二人ともここからお嫁に行きました。
 あと私が生まれた茨城県佐貫も、そのときの記憶はないのですが、何度も訪れています私の故郷です。そして昭和24年の頃住んでいた東京巣鴨も記憶はないのですが、私の初孫が生まれたのが、巣鴨のある病院で、そこに行ったときに、私にははるかな思い出が甦ってきたものでした。
 それと沖縄にも居ました。短い期間ですが、私には大切な私の故郷です。それに思えば、私は府中刑務所にも半年以上いたから、あそこも故郷ですね。
 私の故郷というと、そんなところかしらね。

 SCAPAっていうと、たしかベルギーの服飾ブランドだったかなあ。私は「将門Web」というホームページを持っているように、平将門様の大ファンです。それで、この平将門のファンという女性がウーロンさんという女性でした。私は彼女のことを、インターネット上で知りました。彼女は、フルマラソンを走られる元気な女性なのです。その女性が務められていたのが、この横浜ランドマークプラザのあったSCAPAでした。彼女は、もう実に元気で、よく将門様のことをホームページ上にたくさん書いていました(ほかのたくさんのことも書いていました)。
 それで、私が今では何故かこの王子で会うことのできるKさんという圧倒的美女に、クリスマスプレゼントを贈ろうとしたときに(毎年多くの女性たちには、クリスマスプレゼントを贈るのですが、ある年彼女には、特別に贈りたくなったのです)、この横浜ランドマークプラザのあったSCAPAへ行ったのです。
 そうしたら、始めてお会いするウーロンさんは若くて素敵な方なのですが、店長のドーラさんももう綺麗な方で私はどきどきしてしまいました。でも彼女たち二人が選んでくれたものを、Kさんにプレゼントしたときは、もう大変に喜んでくれたものです。
 現在ウーロンさんは、池袋で、ゴルフ関連の会社にいます。私はゴルフにも関係があるものですから、また何かお手伝いできるかなあ、と思っていますが、なかなか彼女に会う機会がないのですね。
 でもまた彼女と、将門様のことで、インターネット上でもお喋りがしたいものです。

続きを読む

74bd8ad1.jpg

 ナミちゃんのブログ横浜に行ってきました〜◆ に 私の故郷の一つである懐かしい横浜の写真があります。いや、これらの写真は、私が横浜に住んでいたときにはなかったものですが、今では私は横浜の風景を見ると、とにかく懐かしさだけがわき上がるのです。

 この写真を見ていますと、ランドマークプラザでのウーロンさんを思い出しました。

   http://www.marinenet.co.jp/shomon/opini/opi0412.htm#041223  2004/12/23(木) 横浜ランドマークプラザへ行きました

 思い出せば、このとき始めてお会いしたウーロンさんもドーラさんもとっても綺麗な方で大感激だったものです。

 そしてそこにも書いたことなのですが、私は横浜にも住んでいたのです。でも当時の横浜は、あまり綺麗な街とは思えませんでした。

 中華街へはね、2005年2月6日に、桑名貞子さんのコンサートへ行きましたときに、そのコンサートのあと寄りました。この2005年2月の私のブログには、このときの横浜での画像がいくつも掲げてあります。
 外人墓地、港の見える丘、中華街、マリンタワー等々です。高校生の頃は好きになれなかった横浜ですが、今では大好きで実に懐かしいところです。やっぱり横浜も私の故郷の一つなんです。
 その前の年かなあ、この中華街のあるビルの3階くらいのところでアメリカンスクールをやっている人に会いにいきました。私の我孫子の兄の家の隣の住人のアメリカ人の家族なのですが、そのときは、この中華街でアメリカンスクールをやっていました。
 そのとき、そこの長男とお喋りしたのですが、彼はもう私の二人の娘に会いたがっていましたね。そのとき彼はどこかのモデルクラブでモデルをやっていたのだったと思い出しますね(あ、思い出した、弟二人も広告モデルをやっていましたね)。
 私も昔横浜にいたことを言ったら驚いていましたね。今はニューヨークにいるのですから、娘たちに行ってほしいな。私はものすごく喜んでくれる彼の笑顔を思い浮かべています。

 あ、そういえば、私は高校は鹿児島だけでなく、横浜でもそうなのですから、それでそのクラス会をやらないといけないのです。いえ、要するに、私がやらないと、誰もやってくれないのです。みんな会いたがってはいるのですが、でも誰もできない。いつも幹事を二人たててはいるのですが、手配や予約はすべて私がやってきました。だから、今年の夏やるつもりだったのですが、夏というと今じゃないですか。できたら中華街か、ランドマークプラザでと思ってはいるのですが、なかなか手が足りないのです。どこか店を決めて、でも最初は必ず、前もってそこに行きまして予約します。そして2次会も予定しておかないとならないですから。なにしろ、日本中から女性がきてくれるのです。その女性たちのためにやらなくちゃいけないなあ。

 とにかく動かないとなりません。ただ、たった今は帰ってきたばかりで、またもうすぐ出るつもりですからね。少しゆっくりしたいなあ。

続きを読む

64119543.jpg

 以下、私がたった今書きました母宛ての手紙です。実際の手紙とは違って、ここでは名前等はハンドル名にしてあります。

   萩原たか子 様

               2007年5月24日

                周のURLメール
                今の王子の住所電話等

 前略
 きょうに午前中にまっちゃんから電話があり、28日に病院を移転すると聞きました。でもそこで簡単な手術して、また戻るんですね。
 前の手紙の続きだけど、鹿児島のつぎが横浜だったね。
 実はね、私は鹿児島というところは少しも好きではなかったのだけど、鶴丸高校へ行ってからは実に面白い毎日だったから、けっこう鹿児島というところが気にいってきていたのでした。でもまた転校になりました。
 この横浜という街も面食らいましたね。まず私は皆が平気で話す言葉が標準語でなくて驚いたものです。なんだか、「…じゃん」という音(おん)ばかりが耳について嫌なものでした。でも入った学校には行きたくなかったのだけど、選んでくれた先生が鶴丸高校の卒業生だということで、あの先生と話して覚悟を決めました。
 この高校の2、3年のときのクラスの同窓会をすべて私がやっているのですが、今でも、その場で多くの人が私を鹿児島の出身だと思っているようで、もうこれにはげんなりします。あの人たちは思考法が実に堅くて保守的なんだよなあ。でも今になって、横浜の街を歩くと、なんだか懐かしくてなりません。
 我孫子の家の隣の娘さんの家族が中華街のあるビルの上のほうの部屋で、みんなで学校をやっているのだけど、そこへ行ったら懐かしい思いばかりでしたが、なかでも長男は実に私たち家族が懐かしいようです。おはぎ、ブルータスにニューヨークに来てくれって言っていました。彼は今航空会社で働いているのだけど、その前にはコマーシャルのモデルをやっていて、実にいい綺麗な男だと思うのですが、彼はアメリカ人のモデルというのは193センチ以上ないとだめだから(自分は3センチばかり足りないんだって)、その道はあきらめて、さらには母や父や他の二人の兄弟もアメリカがいいと思っているようだが、僕はやがて日本で生きようと思っています、なんて言っていました。彼は見た目はアメリカの白人だけど、心根は日本の我孫子人のようですね。私は我孫子も好きじゃないけれど、彼の前では、その私の本音が言えませんでした。彼には、我孫子というのは、うちの二人の娘やみーねえ、それに隣の怖い親父(の久二じじ)やばあちゃんの思い出だけで面白く懐かしいところのようです。
 でも彼は、おはぎとブルータスにニューヨークに来てほしい、ニューヨークは思われているほど、怖い街ではないです、と懸命に言っていましたね。私はおはぎとブルータスが子どもを連れてニューヨークを彼の案内で歩いてほしいな。そんな時がきっといつかくることでしょう。       早々

続きを読む

06122301 毎日UPされている 王子生活札幌でも走ってます があります。なんだか私にはとても懐かしい札幌の市電なのです。

札幌の街には市電が走ってます。
緑色の車体が懐かしい感じの市電です。
(2006.12.22)

 私の家族は昭和28年の9月に、秋田市から札幌へ引越しました。秋田も市電が走っていましたが、社宅は市電よりかなり離れていたので、今度は比較的社宅より近いので、私たち3人兄弟は、そろって市電通りに見に行きました。
 兄は中学1年生、私は幼稚園生で、弟はまだ4歳です。市電通りは広くて、緩やかに市電が走っています。
 でも実に悪戯っ子の私の弟が、市電のレールの上に石を置きました。兄は怒り、私はあわててその石を取り去りました。実にまあるい石でした。白い少し茶色い平たい石でした。私は今のあの石の感触も形も色もよく覚えています。私の弟は、小さくてイタズラばかりする子どもでした。
 私は家に帰って、そのことを母に言いつけたと思います(嫌な奴だなあ)。でも間違いなく、母は怒ったけれど、笑っていたかと思います。でも弟は、「もう絶対にしないこと」と約束させられていました。

 この市電に乗って家族でよく札幌の繁華街に連れて行ってもらいました。丸井(今は札幌丸井というのかな)デパートへや三越デパートへです。そこで父母は買い物をして、私たち子どもは食堂で食べるのがいつも愉しみでした。
 思い出せば、その前にいた秋田市も、次の名古屋も、鹿児島も、横浜も、どこもこの市電が走っていしたね。ただし、名古屋の最初の南区若草町では、名鉄に乗ることも多く、横浜では港北区篠原町だったので、東急東横線に乗ることも多かったです。

 でもその後住みました千葉県我孫子も浦和市も市電(路面電車)がないのが不思儀でした。それから沖縄の那覇市にも市電がないので、少し驚きました。でももう声には出さなかったなあ。その頃一緒に働いている人たちに笑われちゃうかもしれないからです。

続きを読む

b3c7fcec.jpg
 このブログのサイドバーに「livedoor デパート」があります。きょうから、それを「名古屋」というキーワードで、デパートを形成しています。
 
 最初は、ここは「沖縄」で作りました。私の住んだところでいわば一番好きなところだからです。その次は「秋田」でした。これもまた私が住んだところで好きなところです。沖縄は沖縄本島も八重山諸島もすべて好きですが、「秋田」は、住んだのは秋田市(市内の2カ所に住みました)ですが、「秋田」自体がみな好きです。秋田県全体が好きだというか、秋田犬も好きですし、秋田のお酒も好きですし、秋田美人も好きです。
 ただ、その次は「北海道」ではなく、「札幌」というキーワードでデパートを形成しました。北海道と札幌というのは、私には違うものなのですね。そして私の本心は、北海道は好きなのですが、札幌は、どうしても「好きなところだ」とはいいにくいところです。幼稚園が札幌めばえ幼稚園だし、小学校に入学したのが、札幌市立幌西小学校ですが、どうしても私とは似てもにつかないところでした。いわば、あの札幌のハイカラさが私には合わない気がします。
 
 そして、きょうからは、「名古屋」です。愛知県でもなく、中部地方でもなく、「名古屋」です。そしてここは、私の家族は、南区、千種区、北区と3カ所住みました。小学校は、私は3校でした。でも、どうしても私とは合わない地方という気がずっとしています。まあ、とにかく異常に暑い街でしたね。
 でも、そんな街である、名古屋のことを今はよく知りたい、好きになりたいという思いがします。これは私が気弱になったのかもしれないことです。訳の判らないこだわりばかりで世界を見ている私よりも、名古屋の存在のほうが迫力があるようにおおいに感じています。
続きを読む

↑このページのトップヘ