2017081506  安政の大獄で処刑された幕末越前藩の志士橋本左内の詩を紹介します。

獄中作 橋本景岳
  二十六年如夢過  二十六年夢の如く過ぐ
  顧思平昔感滋多 平昔を顧思すれば感ますます多し
  天祥大節甞心折 天祥(註1)の大節甞て心折す
  土室猶吟正氣歌 土室猶(なお)吟ず正気の歌

(註1)天祥(てんしょう)南宋末の忠臣。文天祥は宋の為にモ
ンゴル軍と戦ったが破れ、北京の土牢に三年間幽閉される。
フビライ汗は臣になるよう説くが、最後まで節を屈せず、首
切られた。この獄中で作ったのが「正気の歌」である。

二十六年の自分の生涯が夢のように過ぎてしまった
その過去をふりかえるといろいろの感慨が湧き起こってくる
  宋の文天祥のたいせつには日ごろ心を打たれていた。
  今自分もまた同じ土牢で正気の歌を吟じて天詳にあやかりたいものである

  橋本左内(1834〜59)は本名は橋本綱紀、字は伯綱、景岳が号であり、左内は通称です。越前福井藩の外科医の長男として生まれました。一五歳のときに「啓発録」という著作を書いています。一六で大阪の緒方洪庵適塾に入り蘭学を修め、二一歳にて江戸で杉田玄白について、蘭学と医学を学びました。越前藩主松平春嶽はこの左内の才を愛して、藩政の改革にあたらせました。

一四代将軍の後継問題が起きたときに、一橋慶喜をたてるべく奔走します。このときに薩摩の西郷隆盛と面識を持っのですが、西郷は若い白面の書生である左内のことを、たいそう気に入って無二の同志となりました。しかし後継問題は南紀派の勝利となり、大老井伊直弼によって、米国との不平等条約は勝手に締結されてしまいました。そして次に起きたのが大老井伊による大疑獄である、安政の大獄です。
安政六年七月二三日伝馬町へ捕らえられ、一〇月七日斬られました。本当は遠島の刑だったのですが、井伊大老自らが斬罪という評定をしました。実に悔しいことです。もし生きていたら、その後明治の時代にまでも歴史の中で重要な役割を果たせた人物だったと思います。

左内は北宋の岳飛を景慕していました。それで景岳と号したのです。岳飛は、北宋が金に侵略されつつあったときに決然と戦った名将です。だが同じ宋の臣の秦檜のために殺されます。今でも岳飛は中国において大変に人気があり、秦檜は憎まれものです。左内はこの宋において、あくまで夷狄と戦い、非業の最後を遂げた、岳飛および文天祥(ふたりとも宋の忠臣ではあるが、互いに北宋と南宋の時代という時代の差がある)を敬愛していたのだと思います。

この詩はこの安政の大獄のときに、伝馬町の獄中で作った詩です。きっと文天詳のように獄で死ぬことを覚悟しながら文天祥の「正気の歌」を吟じていたのでしょう。また左内は獄中で「資治通鑑」の註釈を作っていたと言うことです。実に従容としていたことでしょう。

ちょっとつまらないことをいうと、私も昔学生運動で府中刑務所の独房にいたときに、この文天詳の「正気の歌」を毎日音読復唱していたものでした。「正気の歌」は声に出して読むのに実にいい詩句なのですね。

同じく次の詩も左内の獄中での詩です。

獄中作 橋本景岳
苦冤難洗恨難禁  苦冤洗い難く恨み禁じ難し
俯則悲痛仰則吟 俯しては則ち悲痛仰いでは則ち吟ず
昨夜城中霜始隕 昨夜城中霜始めて隕つ
誰識松柏後凋心 誰か識る松柏後凋の心(註2)

(註2)松柏後凋心(しょうはくこうちょうのこころ)「論語」
子罕篇にある言葉。歳が暮れていよいよ寒い季節となり、外
の草木がみな落葉したあとに、松や柏(はく)ばかりが緑の
葉をたたえていることを知ることができる。

我が君(松平春嶽)の無実を晴らすことができないで痛恨禁じ難い
俯仰してただ悲痛沈吟するだけである
昨夜始めて江戸の街に霜が降りたが
霜の中でもしぼむことのない松柏の心を知っているであろうか。

松平春嶽は幕末の四賢候などと言われましたが、最終的にはそれほどの活躍することも大きな役割を果たすこともできませんでした。ただ、この左内を持っていたことだけは彼が誇れることだったのではないでしょうか。そして左内は実に春嶽を敬愛しています。どうしても主君春嶽にまで井伊直弼の魔の手が迫るのを防ぎたかったのでしょう。

橋本左内は西郷のみならず、水戸の藤田東湖にも、のちの天狗党首領の武田耕雲斎とも会見しています。またいわば佐幕派である川路聖謨も左内と会っています。誰もが若き左内を敬愛しています。おそらくみな左内の中にかなりな能力と不思儀な魅力を感じていたのだと思います。
佐内の手紙を亡くなるまで肌身離さず持っていたのが、西郷でした。その気持をいつも感じています。(2011.04.19)

続きを読む