将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:次女ブルータスと孫のじゅに

15012614
 私は参加できませんでしたが、25日の21時21分に野村さんから、以下のケータイメールが入っていました。

  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
メールありがとうございます。こちらは、A、B、C、D、E、F、野村、G、H、の9人で墓参りしました。Eは帰りましたが、8人が有楽町駅近くの海賊という居酒屋で3時間小島均さんの思い出話をして痛飲して帰りました。貴兄にもまた声かけます。
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆15012615
 私は千葉県君津市の「大江戸温泉ー君津の森」へ行き、さらに帰りには、次女ブルータスと孫のじゅに会いに行っていたので、いけませんでした。こちらは私の1966年1967年埼大入学の人でした。君津の森は私の7年下の埼大生です。もちろん、どちらももう職場でもリタイアかもうすぐリタイアする人ばかりです。
 とにかくこうして会えて、会ったことをケータイメールで見られて嬉しいことです。

11410b28.jpg  今日は私の次女ブルータスと孫のじゅにに会いに行きます。またじゅにが「千葉県こども病院」に入ったからです。とにかくまた京葉線に乗って行きます。そこで往復の電車の中で、この「周のIS01ブログ」を書き、院の中では「周のブログ」を書いて行きます。 行ったら、また元気な二人のことが見られます。

「黒書院の六兵衞」を読んでいます。この小説の今日の最初に加倉井隼人の文が載っています。漢文ではないですが、これを私は、12060901インターネットの日経のサイトでもガラパゴスでもそのまま写したいと思ったのですが、日経のサイトではこの小説はないし(読めないし)、ガラパゴスではどうやったらいいのかわかりません。
 それでデジカメで撮ってみました。ここに載せます。

12031705  私が常時持参しているもの に次のように書きました。

もう私は以前の姿になることは決してありません。私は電車の中等で、ノートパソコンでインターネットをやっているのが、ものすごく古く見えてしまいます。「何で今ごろ、あんな古いことをやっているのかなあ」。IS01なら、そのままやれるのです。今日も東京湾の上でやっているでしょう。

  今日は次女ブルータスと孫のじゅにに会いに行くのです。だから東京駅から「海ほたる」を渡っていくのです。私はバスの中でIS01でインターネットで私のブログに書いているでしょう。こんなバスの中で、ノートパソコンなんか打てませんよ。カッコ悪いし、第一合理的でありません。
 ただね、私はそうしたところでも、常に『諸葛亮「前出師表」』や『土井晩翠「星落秋風五丈原」』等を書いていくでしょう。いや、なに、私はポメラにもIS01にも、みんな単語登録したのですね。なんとなく、私は異常な性格なのですね。
 そうですね。暗記暗誦しているものが、心の底から出てくるのもいいのですが、こうした機器でスラスラと書けるのもいいですよ。

↑このページのトップヘ