将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:欧風菓子

378a08e7.jpg

 欧風菓子「メヌエット」 我孫子店ナミちゃんから、次の二つのコメントをいただいていました。

1. Posted by なみんと    2007年08月10日 13:28
メヌエットの斜め前のお店は和菓子屋さんです。
多分もう開店したとおもいます。先日メヌエットにいった時に「あっつ!福一だ。」北口店もできるのですね。周さんはこのお店☆ご存知ですか。天王台店と本店の湖北台店があり三つ目ですね。お菓子は創作和菓子<生菓子>や半生菓子や干菓子などがあります。我孫子や手賀沼・・文学にちなんで名前のつけられた半生があります。このお店の若旦那さんは創作和菓子の部門でテレビチャンピョンに出た事があります。さぁて♪北口店はどんなお店になるか楽しみですね。
2. Posted by なみんと    2007年08月10日 23:35
今日!福一の北口店に行ってみました。というのも天王台店でお菓子を買おうとおもって行きましたところ「北口に移転」との貼り紙。そうだったのですね。三つめではなくて天王台店の場所が移ったわけです。テレビチャンピョンに出た主人がいましたよ。ちょっとお土産に!という時利用します。
我孫子らしさへのこだわりがあって「おつかいもの」に手頃です。

 最初のコメントは、私が

それから、一つ前の 周の雑読備忘録「中川李枝子『ぐりとぐら』」へのコメント の写真は、このメヌエットの斜め前です。ここにもお菓子店ができるらしいので、

と書いたことに、対応して教えてくれたのでした。

 だから、私はまったく、この福一さんを知らなかったわけです。それで私は11日に母の見舞のあとここへ行きました。このお店の写真が、ここに掲げたもので、以下はその11日に購入した生菓子です。

07081117 この日は、13日に次女の自宅へ行くので、そのときのお土産も買いたかったのですが、この店のお菓子では日持ちしませんし、斜め前のメヌエットのババロア他も保ちませんので、メヌエットで他のお菓子を買いました。

 でもこうして、美味しいお菓子店が我孫子駅北口に2軒できて嬉しいです。私はまだどちらも食べることができませんが、もうすぐ口にできるようになるでしょう。

 その福一のホームページは以下です。

   http://www.nerikiri.com/  我孫子の和菓子福一

e43c63bf.jpg

 8月4日にも、私はこのメヌエットの我孫子店に行きました。

欧風菓子  メヌエット  (有)彩倖

我孫子店
 我孫子市我孫子4-1-7パークヒルズ我孫子
             電話04-7183-1122
湖北台店
 我孫子市湖北台1-18-2  電話04-7188-5543

 自宅から、歩いて我孫子店まで行きまして、「あれ、果莉桃がないんだ」と思いまして、他のものを買いました。最初は、三つの包みをもらって、最初にある会社へ持っていく気でいましたが、自宅から我孫子店まで歩くうちに、もうその会社へ行って、そのあと「浅野」で飲んで、王子へ帰るというのは、この暑さではきついなと思いまして、二つにしました。もうそれほどの元気はない私なのですね。
07080418 ここの写真は、お店の正面と、店の前の歩道から撮りました。もちろん、写真を撮ることには、お店の方に了解を得ました。
 それで、この日は5つづつ買いましたのですが、思えば千駄木「浅野」に持って行ったものも、面白いのですが、店に持って行って、マスターにもママにも一つづつすぐ食べてもらったのに、もうそのときには撮影するのを忘れていました。もう飲み屋に入ると、もう飲むことしか考えていない私です。

 でも、ここには2つ載せます。私の王子の家まで持って行ったものです。名前が判らないなあ。0708050907080510

 それから、一つ前の 周の雑読備忘録「中川李枝子『ぐりとぐら』」へのコメント の写真は、このメヌエットの斜め前です。ここにもお菓子店ができるらしいので、ここが我孫子のメインストリートになると、美味しいお菓子店が集まるわけで愉しい嬉しいことですね。

 私のこのブログのサイドバーで、「ニナのケーキワールド」のバナーを置いています。ここに置いているのは左側のバナーです。

      

 これは、欧風菓子「メヌエット」を知りまして、実際買いに行きました。そしてインターネットでこのポータルサイトを知ったものです。

 私はまだ実際に、こうしたケーキを口にすることはありませんが、これから、この「ニナのケーキワールド」にあるケーキ屋さんを歩いて、あちこちでケーキを買って、私の家族・親族・姻族、友人、クライアントに届けてみたいと思っています。 そのときに、喜ぶ顔を予想して嬉しいです。

↑このページのトップヘ