11050211書 名 ローマ人の物語機屮蹇璽泙錬影にして成らず」
著 者 塩野七生
発行所 新潮社

 何年か前に夜の報道番組で、塩野七生が木村太郎の取材を受けていました。「いま一番関心のあるのは何」という質問に、「ユリウス・カエサルです」ときっぱり答えていたのが、私には非常に印象に残りました。そしてその次に年に、書店でこの本を見たとき、「これがそうなのか」と、すぐに手にとったものでした。

  知力ではギリシア人に劣り、体力ではケルト(ガリア)人やゲ
 ルマン人に劣り、技術力ではエトルリア人に劣り、経済力ではカ
 ルタゴ人に劣っていたローマ人

がなぜあれだけの大帝国を築けたのかということの解明がこの著書の目的であるようです。
 何故「ローマは永遠」と言われてきたのか、そもそもローマとは何なのかとは、私も常に思ってきたことなのです。
 私にとっての塩野七生とは、「チェザーレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」で鮮烈にデビューした(本当のデビュー作は別な作品ですが、私にはこの作品こそがそう思えるのです)ちょっと近寄り難い存在でした。数々の書物の内容も、テーマ自体は興味深いのですが、どうしても中にはいっていけない自分を感じてしまっていたものです。
 なにか「どうもこれは何がいいたいの」という思いをいつも感じてしまっていたのです。
 しかし、この「ローマ人の物語機廚如△修譴蕕了笋里海世錣蠅すべて解消した気がしたものです。これなら、彼女の「男たちへ」というような文章も嫌味で読むこともなくなってしまいました。私はこの本を読みおわったときから、彼女のファンになりました。彼女の歴史・ヨーロッパに対する姿勢が初めて判りはじめた気がしたのです。

 ローマはギリシアとキリスト教をその中にふくみ、この二つを「ローマ」という存在で全ヨーロッパのものとしました。

  人間の道徳倫理や行為の正し手を引き受けてくれる型の宗教を
 もたない場合、野獣に陥りたくなければ、個人にしろ国家という
 共同体にしろ、自浄システムをもたなければならない。ローマ人
 にとってのそれは、家父長権の大変に強かった家庭であり、これ
 こそローマ人の創造であることはどんなローマ嫌いでも認めざる
 を得ない、法律であったのだ。
  宗教は、それを共有しない人との間では効力を発揮しない。だ
 が、法は、価値観を共有しない人との間でも効力を発揮できる。
 いや、共有しない人との間だからこそ必要なのだ。ローマ人が、
 誰よりも先に、そして誰よりも強く法の必要性に目覚めたのも、
 彼らの宗教の性質を考えれば当然の経路ではなかったかと思う。
  ちなみに、ローマ人と同じく倫理道徳の正し手を神に求めなかっ
 たギリシア人は、それを哲学に求めた。哲学は、ギリシアに生ま
 れたのである。とくに、ソクラテス以後のギリシア哲学の流れは、
 このギリシア人の思考傾向の果実以外の何ものでもない。

  人間の行動原則の正し手を、
   宗教に求めたユダヤ人。
   哲学に求めたギリシア人。
   法律に求めたローマ人。
  この一事だけでも、これら三民族の特質が浮かびあがってくる
 ぐらいである。

 私はユダヤキリストの暗さにはどうしてもなじめませんでした。ギリシアローマの古典古代社会のほうがずっと親しみを感じてしまうのです。
 そして、そのギリシアとローマで、やはりローマこそがそのギリシアの存在をも、世界のものとできたのだと思います。アテナイとスパルタの抗争ばかりのギリシアが、アジアの大国ペルシアに勝てたとしても、あるいはアレクサンドロス大王がいたとしても、世界に向かってその存在の意義が大きくことであるのは、ローマがあったからこそだと思います。
 また興味深く読めたところとして、もしアレクサンドロスが、東にではなく西すなわちローマへむかったとしたら、歴史はどうなったろうかというところがあります。著者の出している結論は、細かく理由をあげて、やはりローマが勝利したであろうということになります。これには充分納得できるものがあり、さすがだなとうなってしまったものでした。

  歴史を叙述していくうえでのむずかしさは、時代を区切って明
 快に、この時代には何がなされ、次の時代には何がなされたと書
 くことが、戦記にあってさえ、不可能なことにある。
  不可能である理由の第一は、ほとんどの事柄が重なりあって進
 行するからであり、理由の第二は、後に大きな意味をもってくる
 事柄でも、偶然な出来事という形をとってはじまることが多いか
 らである。それゆえに、歴史は必然によって進展するという考え
 が真理であると同じくらいに、歴史は偶然のつみ重ねであるとす
 る考え方も真理にはなるのだ。
  こうなると、歴史の主人公である人間に問われるのは、悪しき
 偶然はなるべく早期に処理することで脱却し、良き偶然は必然に
 もっていく能力ではなかろうか。多くの面で遅咲きの感のあるロー
 マ人が、他の民族と比べて優れていたとしてよいのは、この面で
 の才能ではなかったかと思われる。

 このことが、たくさんの面から述べられています。ローマが何故勝利していったのかがすこしずつ分かっていきます。
 それにしてもこれからさらにこのローマの物語は、第一次ポエニ戦争、ハンニバルとの戦い、ガリア戦争、カエサル……………と続くわけです。この「機廚呂泙世修梁莪貶發任△襪砲垢ないのです。著者は2006年まで毎年1冊ずつ書き下ろし、全部で15卷の大作になるといいます。
 それにしても、この著書を読んで、私はこの著者のすべての作品を読んでみたいと決意した次第です。(1992.07.07)