201804090412092504 藤田典さんの「ダダさんの掲示板」で、このUPもありました。

居酒屋が出来る前 投稿者:管理人  投稿日:2012年 9月25日(火)06時31分21秒
  洋酒喫茶などという名前の付いた飲み屋がありました。勿論、日本のお酒も置いていたのでしょうが、何とは無くハイカラな感じで、若い客層に人気があったようです。とにかく、若い時分は、何にでも興味がありますから、アルコールと名の付くものは、色々と「試して」みたものです。知人の一人は、仲間で飲み会をやる時は、必ず、ウォッカかジンの瓶を抱えてきました。知ったばかりの文章に出てくる「アプサン」とは一体どんな酒なのか、外国人の歌う「テキーラ」とは何ぞや。そんな事を飲みながら、話し合った記憶があります。

忘れていたウィスキーの名前を思い出しました、リザーブでした。

私は異常に日本酒が好きなので(大昔35年くらい前に「越の寒梅」を30本注文したことがあります)、洋酒というのは買ったことがないですね。ゴールデン街でボトルを入れるのに、困ってウォトカの「ストロヴァイアン」にしたものです。何しろ、50度ですから、これをストレートで飲むと、とにかく感動しました。いつも記憶がなくなっていました。
アブサンもテキーラも飲みましたが、私にはウォトカが良かったものです。ジンの「ドライマティニ」はいつもバーでは、「もっとドライに」に言い続けて、「ジンストでいいんだよ」とは決して、口には出さないで、飲んでいたものです。
リザーブは私には決して私には「新しい中級品」とは思えませんでした。思い出してもオールドですら買ったり、ボトルで入れたことはありません。ただ貰い物をどうしてか、いっぱい手に入れて飲んだものでしたね。
12092505 ただやっぱり日本酒を手に入れて飲んだものでした。四斗樽というのは40升あるのですね。いくつくらい手に入れたことでしょうか。注文もとにかく早くやっていたものです。いくつかの東京の酒屋さんを思い出します。
いや浦和の酒屋さんも、我孫子の春日やさんも思い出します。いや日暮里の前田和洋酒店も思い出すな。

続きを読む