将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:洞爺丸台風

J13040201 私が「あまちゃん」2013.04.01で、次のように書いたことです。

 それと前の「純と愛」に関する批判もあとで、書いて行こうと思っています。批判というよりも私が気に入らないことをです。

 このドラマでは、純という主役の子が、働くところがみなとんでもないことになります。こんなことが現実にあるのでしょうか。
 最初の「オオサキホテル」はトップの首がすげ替わります。また純が働きだした「里や」は燃えてしまいます。最後の宮古島のホテルは、台風が来て建物内が壊されてしまいます。
 私の生涯では、札幌に住んでいたときに、洞爺丸台風(1954年昭和29年9月26日)に遭いました。ちょうど秋田から遊びに来てくれていた渡辺さんという女性(もとの父の同僚)が、何故か「帰っちゃ駄目だ」という弟と私の理不尽な言い方に、その日は帰るのをキャンセルしました。でも乗る予定が、この洞爺丸だったのです。私たちのわがままが彼女の命を救いました。
 昭和35年9月に名古屋北区大曽根に住んでいた私たちは伊勢湾台風に遭いました。これはもう凄まじすぎる台風でした。あのときのことは忘れることはできません。
 でもこのドラマでは、純は実に可哀想です。私は何としても、愛が目覚めてほしいです。「ねむりひめ」は目覚めるのですから。
 私は「これはドラマだ。現実の世界ではないんだ」と何度も自分に言い聞かせていたものでした。

11092607  今はリビングに来ました。どうしてもテレビを見ますね。今日は9月26日ですから、洞爺丸台風、狩野川台風、伊勢湾台風の日でしたね。この3つとも私は実によく覚えています。
  どの台風も実に思い出があります。ただ私の家族が大きな被害を受けたのは、昭和34年の伊勢湾台風です。いくつも思い出すことがあります。
  この3つの台風のことを思い出して詳しく書いておこうかなあ。

11092104 台風15号が来るというので、私はじゅにとブルータスに会いに行くのを止めにしまいした。私はどうしても台風は怖いのです。

2011/09/21 06:52今日もじゅにに会いにいくつもりでいましたが、先ほどニュースで台風を見て、ここの関東に来るようで、止めにしました。私は洞爺丸台風、伊勢湾台風の経験があるのですが、思えば伊勢湾台風の記憶だけだと言えますね。
2011/09/21 08:13「おひさま」を見て、また私は涙になっています。
2011/09/21 08:27今回の台風に関する警戒のメールを二人の娘に送りました。

 私の妻も娘たちも私のこの台風に関する恐怖感は分からないでしょう。

9450d162.jpg「おひさま」を見ています。渡辺美佐子のおばあさんはいいですね。前にはどうしても好きではない女優さんでしたが、このドラマで好きになりました。
  いつもこのドラマのことは、ポメラで書いていますが、この「周のIS01ブログ」で書くのもいいですね。     
 またこのドラマの展開にまた私は涙になっています。

  今の台風が心配です。思い出せば私は、洞爺丸台風、狩野川台風、伊勢湾台風を実によく覚えています。 洞爺丸台風・伊勢湾台風は実際に体験しているのですね。

8d6b94f3.jpg またきょうも雨のようです。
 そういえば、大きな台風が来ていますね。ちょうど50年前の昭和34年の伊勢湾台風と同じ規模で同じ針路方向です。ただあれは9月26日でした。思い出せば、洞爺丸台風も昭和29年の同じ9月26日でした。このときは札幌に住んでいました。伊勢湾台風のときは名古屋に住んでいました。狩野川台風も昭和33年の9月26日なのですね。
 写真は昨日10月6日の夕方長女に家に行くときに妻が持たしてくれたものです。すぐにポニョがここにあったニンジンを手にとって食べてしまいました。だから写真上にそれはありません。またすぐに大きな里芋を口にほうばるポニョが私じいじは可愛くて仕方ありません。そのときにポコ汰はいいお兄ちゃんでした。(10/07)

703fa161.jpg

 あのときから、もう50年も経ったのだと驚いてしまいます。私はちょうど名古屋市北区大曽根に住んでいました。この記事で、松原さんが語られています。

 南区出身で、中学3年の時に伊勢湾台風を経験した女優の松原智恵子さんは、「『水が来た』という父の声がした直後、水が押し寄せてきた。真っ暗で、家族とじっとしていることしかできなかった」と当時の体験を語った。

 この日は、私たちは、何もしないで、ただテレビを見ていたものでした。ただ、外の犬小屋で飼っていた秋田犬の剣光号がこの日だけは、私たちの家の中に入りたがり、2Fへ上がってきていました。そのとき、雌犬の秀峰姫と、コッカスパニュールのベアとケリという犬は、庭の自分の小屋に入れていました。思えば怖かったことでしょうね。
 そのうちに、すごい風が来て、窓の大きなガラスは割れ、でもまだ父は、その窓を何かで防ごうとしていました。そのときに、横浜の叔父が電話してきたのを覚えています。父が、「今台風で大変なんだ」と叫んでいたのを覚えています。そのうちに、灯りも消え、電気も一切使えなくなります。そして私たち5人家族は1Fの台所と食事する部屋に逃げ込みました。私は犬の剣光号と抱き合って眠ったのを覚えています。
 剣光号という犬は、よくできた犬で、人間の部屋に上がり込んだり絶対にしない犬でしたが、この日は特別でした。だって外では風がうなりをあげていて、もうすべてが壊れる凄まじい音がしていました。
 思えば、剣光号以外の犬たちは、もう怖くてたまらなかったでしょうね。今になって思えば、みんな部屋の中に入れてあげればよかった。要するに、あの頃の私たちには、台風への知識なんかなかったし、テレビも新聞もたいした報道はしなかったのです。
 でもでもその2年前の昭和33年には狩野川台風が、昭和29年には洞爺丸台風が、この同じ9月26日に来ているのですね。そして私たちは、昭和29年の洞爺丸台風には札幌で実に恐怖感を味わっていたのでした。
 この台風では、1851人の方が犠牲になっていたのですね。今強く手を合わせ合掌しました。(佐藤隆家)

続きを読む

08e44073.jpg マガジン将門第474号へのコメントに書きました3つの台風の思い出を甦らせていましたが、思えば、それ以外の台風は今は記憶にないものですね。だから、私は鹿児島にも住んでいたから、そこで一番多く台風の思い出があるはずなのですが、書きましたように、札幌での洞爺丸台風、名古屋での狩野川台風、伊勢湾台風の思い出ばかりです。
 自分の記憶というものは、そんなものなのかなあ。
続きを読む

a95709ef.jpg すごい雨と風でした。外を歩いていても、傘をさせないこともありましたね。私は札幌で洞爺丸台風に遭い、名古屋で伊勢湾台風を経験しました。鹿児島でもたくさんの台風を経験しています。でも今はテレビでの情報が実に助かります。昔もこういう情報が出されていれば、もっとたくさんの人が助かったのになあ、という思いがよぎります。そういう過去の出来事を忘れないことが大事ですね。(9/07)
続きを読む

↑このページのトップヘ