将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:浅野

13102105 私の好きな街千駄木谷中の三つの店について書きました。

2013/10/24 11:28今こうしてポメラで書いています。

2013/10/25 06:42昨日は谷中千駄木へ行きました。花緒どめを2つ手に入れたかったのです。
2013/10/25 17:55今はおはぎの家に来て、もう40分くらい経過しました。

2013/10/26 06:22昨日から雨です。昨日おはぎの家に行くときに途中から傘をさしまして、帰りも傘をさしました。
三人の孫たちは、面白いです。ポポは歩くときに私の足を踏んで(ただし一度だけ)、実に楽しい瞬間でした。
2013/10/26 09:40一昨日は谷中千駄木へ行ったのですが、用が二つありました。ひらいやで花緒どめを手に入れることと、アラスアラサンで鍵入れを手に入れることです。花緒どめはもう作っている方が亡くなったということで、女将さん個人が使っているものをもらいました。あ、でも値段を聞いておけばよかったな。そのあと食事しました浅野で、マスターがなんでも和服の店の方で頼んでみるとのことでした。13102403
 それでこの写真のうち、一番右のものがひらいやでもらったもので、一番左は浅野のマスターに見本として渡しました。真ん中のは、同じ花緒どめですが、私はデジカメの電池カシオのNP-80を二つ入れています。この電池入れとしても必要なのです。
 以上を私は左右のデューロカーゴに入れています。
 アラスアラサンでは私はインドネシアの鍵入れを、写真のようにして使っています。13102610
 私はこれを左のデューロカーゴにさげています。
 それで前に行ったときに、自分のものが古くなったのでほしいのと、おはぎとブルータスにも二つ目をあげたかったのです(もういずれ取り替える時期がきます)。ところが、おはぎには渡しましたが、ブルータス用に考えたものが、ばあばがほしいということ(ばあばは鍵を会社用やいろいろ入れるのです)で、またブルータス用にも欲しかったのです。浅野のマスターとアラスアラサンの女性には手に入ったら、ケータイメールをくださいといい、あとでケータイメールもしました。
 また以上の三店(ひらいや、浅野、アラスアラサン)にはまた書きたいこともあるので、改めて手紙を書きます。


 このひらいや、アラスアラサンはここのサイドバーにサイトのバナーを置いてあります。浅野は私のブログの記事をリンクしました。

12022509 9日が鈴木木工所の社長の奥さまのお通夜でして、10日が告別式でした。それが終わって、事務所に出まして、帰りにぱらむさんの会社に寄りまして、そこで飲み始めまして(実は前日も夜中まで深酒でした)、それから二人で飲み屋で飲んで、そして私はまた一人で、谷中で飲んでいました。「浅野」で飲んで、いろいろなことを聞き、そこにいた3人の元気なおばちゃんの要請で、3曲詩吟をやって、それからまたもう1軒飲みました。この文は、その「浅野」で書いていたものです。もうあそこではいつもずうずうしく電源を借りてインターネットにつないでいます。
 どうしても親しい人がなくなると、それは大酒になりますね。(02月12日 15時22分)

5751de14.jpg  今は上野です。けっこう早かったなあ。なかなか毎日自由になる時間がありません。いつも谷中は歩きたいと思っています。
 でもなかなか思うようにはいかないですね。

  今『浅野』でのみまして帰るところです。電車に乗っています。 とにかく毎日じゅにの見舞いでいくつもありまして、けっこう忙しいです。

6549c282.jpg「浅野」で食事して、秋葉原へ行きます。Facebookというのはケータイではやれないのかな。このツイッターもブログもできるのに、駄目なんですね。

3960a621.JPG

  わが家のおかあさん2010.06.08鈴ひとみさんから以下のコメントがありました。

1. Posted by 鈴 ひとみ   2010年06月08日 11:16
ご無沙汰しております
お元気ですか
一昨日 へびみちの浅野に行ってきました
姉のゆかりと 娘ののぞみと一緒に
周ちゃん 行きつけのお店は 何でも とても美味しかったです
またお会いしたいですね(^−^)

  ありがとうございます。この頃はひとみさんにもゆかりさんにも手紙も書かなくて申し訳ありません。実は娘のブルータスにも書いていないのよ。なんだか、ますます心にも時間にも余裕がなくなっている感じです。
 でも6月4日には、江ノ電の極楽寺の成就院(あじさい寺)へ行ってきました。そのあと鶴ケ岡八幡宮の折れた銀杏の樹を見てきました。あの樹を見て、はやり涙が少しこぼれました。そして小町通りで少し飲んで、いつも行くお店でお土産を買ってきました。
 鎌倉は何度行きましても、いいですね。毎回いろんな思いを抱きながら、鎌倉へ向かい、鎌倉を歩いています。
 いや本当は、妻と行こうと思っていたのでしたが、妻も忙しいのですね。私もなんだか、ますます余裕がなくなる思いがしています。
「浅野」にもこのところ行っていないのよ。なかなか機会を作れないのですね。

39755615.jpg

 昨日はひさしぶりに御茶ノ水の理髪店プラドへ行きましたそのあと、ヨドバシカメラへ行きました。なんと、このポメラが2Fに並んで陳列されていました。

2009/03/18 12:38今神田駅です。秋葉原へ向かいます。ヨドバシカメラへ行きます。窓の外見ると着きました。
2009/03/18 13:32今度は帰りの電車の中です。ケータイでメールの送受信していました。飛鳥山がみえます。
2009/03/18 17:14今義母の薬をとりに来ています。とても暖かいですね。
2009/03/18 17:45今王子駅です。なんだか、久しぶりに外で飲みたい思いです。やっぱり、私は飲むことが好きなんですね。明後日20日は、私たち家族8人で、マザー牧場にいくはずでしたが、残念なことに、私の妻は義母の介護で行かれません。ブルータスが残念がるだろうな。でも仕方ないことです。ずっと、妻への手紙を書いていこうかな。ほかの家族にもお願いします。
2009/03/18 18:54「浅野」で飲み始めて、いま2本目です(もちろん、最初はビールを飲んでいますが)。まだ、女将さんが入院されているということで心配です。でも、どうでもいいけれど、酒はいいなあ。美味しいな。
2009/03/18 20:07今日暮里です。妻からケータイメールがあってもちろん応えました。
2009/03/18 20:14今また田端でした。もう私は帰るのです。王子です。

 それから、夕方ひさしぶりに「浅野」へ飲みに行きました。女将さんがまだ退院されていないのでした。今度お菓子を持っていきましょう。

続きを読む

50d40d12.jpg

 昨日17日ときょう18日のポメラです。

2009/02/17 08:16NHKの朝ドラを見ています。でも、テレビを見ているだけでなく、義母のお茶を入れたり、いろいろなことがあります。私の部屋のパソコンはまた別なことをやっています。
 昨日はポコ汰が私が持って行きましたケーキを食べているのが実に可愛くて良かったです。ポニョはもう元気いっぱいな笑顔を見せてくれています。
2009/02/18 13:05今王子駅です。秋葉原へ行きます。その前に寄るところがあります。またどこも忙しく歩くことになりますね。
 次の駅が田端です。
 そういえば、私はこのポメラの辞書をMS−IMEにまた戻しました。やはり私はATOKとは合わないことが判りました。やはりMS−IMEは私がずっと使っているVJEと少しは近い感じなのかな。
2009/02/18 13:12今山手線に乗り換えです。なんだか気持ちがせわしい思いです。でも、きょうはいいお天気ですね。次の日暮里駅で降ります。
2009/02/18 13:35「浅野」でビールを飲みました。さて、これから昼食を終えて、それから下駄を手に入れて(そこで履きかえて秋葉原へ行くつもりです。
2009/02/18 14:44今また日暮里です。ここまで墓の中を歩きました。その時にはるかに昔を思い出していました。私は21歳の時の秋、この墓の中を歩いているのですね。私が東大闘争で府中刑務所から保釈になった時です。実に懐かしいですね。

 いやよくよく思い出せば、69年秋は違ったかなあ。70年かと思いましたが、69年12月始めにまた逮捕されて、翌70年3月で保釈になり、4月は赤羽桐ヶ丘の雪印でアルバイトをしていたのでした。だから、あれは69年の秋だったかなあ。

続きを読む

08649405.jpg すっかり、このノートのことを忘れ果てていました。13日の八重洲の樹に「すてきですね」と書いていただきまして、ありがとうございました。もうあちこちの街を歩いていて、すてきなものに出会います。
 写真は、12月12日の夜行きました谷中よみせ通りの『浅野』です。ハワイのお客さんが送ってくれた時計だということです。こうして外人の多くの方がおいでになる店なのです。(12/16)

2db6b5ac.jpg 9月12日、浅草橋で和紙の便箋を買ったあと、「千駄木『浅野』」で飲んでいました。でも店に入る前にアラスアラサンで、絵葉書を買いましたが、同時にハンカチを買いました。でもそのあと飲んで、何故かアラスアラサンがまだ開いていましたので、またハンカチを買いました。そのハンカチがここの画像です。08091402
 もうそのときの絵葉書は、郵送しましたから、また葉書がほしいものです。

de786743.jpg この写真のものは、6月27日に千駄木夜店通りの『アラスアラサン』で手に入れましたハンカチです。もうこうして素敵なハンカチはいくつも手に入れましたから、もうこんなものでいいかなあ。千駄木『浅野』で飲んだあと午後7時少し前に、この店に入ったものでした。
 このときに、「足立区の新田」へのコメント の写真のガラガラをプレゼントしていただいたのです。

7fc33184.jpg ここに載せた写真は、6月7日に千駄木の夜店通りの『アラスアラサン』で買いましたハンカチです。このときは、秋葉原で買い物をして、そのあと千駄木『浅野』で昼に食事して、そのあと手に入れました。
 この店で手にいれましたハンカチがたくさんになりました。

818fffbf.jpg ここに載せた写真も、6月1日に千駄木の夜店通りの『アラスアラサン』で買いましたハンカチです。また千駄木『浅野』で飲む寸前のことでした。
 このお店のママの顔をみて、このハンカチを手に入れて、すぐに私は『浅野』で飲み始めたものでした。

ee1321aa.jpg ここに載せた写真は、5月13日に千駄木の夜店通りの『アラスアラサン』で買いましたハンカチです。私はなんだか、こういう大きなハンカチを持っていたいのですね。もちろん、このハンカチを手に入れて、すぐに『浅野』で飲み始めたわけなのです。
 あ、今思い出した。このお店を『アラトアラサン』で間違えて言っていたことがあるかと思います。申し訳ないです。どうしても友人の映画監督の荒戸源次郎さんで、私は『アラト』という音を言ってしまうのですね。申し訳ないです。
 でも私は、けっこうここで手に入れたものをハンカチとして使っています。

c8d8145c.jpg

 浅野での食事を終えて、私たちは夜店通りに出ます。そして根津神社に歩くのに、最初は不忍通りを歩くつもりでしたが、たぶんあまりに多い人出でしょうから、夜店通りから続いているヘビ道を通ります。思えば、この路も私は随分昔から歩いていた道です。
 でもこのヘビ道も歩く方が大勢います。みなさん、この連休に、この街を歩かれているのですね。そしてこのヘビ道にも、いくつかのいろいろなお店が開かれています。
 ヘビを歩いていると、「あっ」と驚くことがあります。「あ、この店は私が30年前に飲んでいた店じゃないか。今もやっているんだ」と、その店のご主人の言葉訛りを懐かしく思い出します。
 ヘビ道から、右折して根津の街を歩くと、ブルータスが、「あ、この店で買って食べた」などと思い出してきます。私にも、根津もいくつも思い出してくる街です。

 そういえば、私はこの日のために、A43枚にて、この街で訪れるところの解説をプリントしていました。いくつかのインターネット上のホームページのどこかを抜き書きして構成したものです。
 根津神社のつつじ祭りには、以下のように抜き出していました。

 境内にある約2000坪のつつじ苑には、約50種3000株のツツジが咲き競い、甘酒茶屋、植木市、露天が並び、土日祭日には野点、箏曲、和太鼓、奉納演芸等、各種行事が執り行われます。
 見頃は4月下旬前後(その年の気候により、かなり異なる。)、種類が非常に多く、開花時期が違うため、早咲きから遅咲きへと花が移り変わり、長い期間様々なツツジを楽しむことができます。
 中には豆つぶほどの小さい花のフジツツジ、風車のような花弁のハナグルマ、黒ツツジと呼ばれるカラフネ等珍しいものも見ることができます。

 このとおりに、最初はつつじを見るつもりだったのですが、あまりにたくさんの人がいます。もうつつじ園に入りませんでした。でも、もう神社の中は露店もいっぱいです。神社の裏のほうまで行きますと、急に、ブルータスが金魚すくいがしたくなります。そこで写真のようにやり出します。
08050506 けっこう何匹も金魚をつかまえます。その金魚すくいの網で、続いてミツ君もやります。それでさすが紙が破れて、そのあと金魚は持って帰るのは3匹ということで、それをブルータスは持ちます。
 そのあと前にも見た猿回しを少し見ます。ブルータスは日光猿軍団のやっている方の「月収はこのくらいだ」なんていう話をしてくれていました。
 そしていっぱいの人の中、戻っていく中、私は、3匹の金魚が心配になりました。ブルータスは君津へ持って帰って、お父さんの家の池に入れるつもりですが、それまで大丈夫でしょうか。だから、私はあの金魚すくいの店に戻って、少し大きいはちを購入し、水をたくさん入れてもらいまして、そこへ3匹の金魚を移しました。
 そして、それをブルータスに渡しました。もうあの3匹の金魚は、今はどうしているかなあ。あの君津の家の庭の池で元気に泳いでいればいいのですが。
 そしてこの間、ポコ汰がお父さんのミツ君と手をつないでいる姿などを写真に撮りました。

 ここにある2つの写真は、金魚すくいをやっているブルータスと、ミツ君の姿です。

 5月5日に谷中千駄木根津を歩きました の3 へ

ca34486a.jpg

「アーモンドの木」に、ナミちゃんから、以下のコメントをもらいました。

1. Posted by なみんと    2008年04月06日 10:48
周さん〜おはようございます。
アーモンドの木は私も初めて見ました〜。
何処に行けばみられるんでしょうかね〜。
調べてみますね。。
さて今朝・・千駄木の浅野が出てきましたね。
見ましたよ。「小さな旅」で。
姓が斉藤さんていうんですね。浅野さんかと思いました<笑>

 ありがとうございます。「アーモンドの木」なんて、始めて知ったので、見てみたいなという思いがしたものでした。
 今朝のHNK「小さな旅」を見たのですね。私も見ましたよ。そうです、苗字は斉藤さんというのです。一昨日あのお店で飲んでいました。谷中も根津も千駄木も、私が大好きな街です。また娘たちとも歩きたいと思っています。ただ昼は食事のお客さんで、けっこういっぱいの人なのですね。ようするに私はそこでゆっくりビールを飲んでいられません。夜はたしかに、外人の方が多いですね。
 でも思えば、なんで店の名前は「浅野」っていうのかなあ。今度聞いてみようと思いました。一昨日には、このお店に入る前に、「アラスアラサン」でハンカチを買ったのでした。前にも買ったのですが、それが今どこにいったのか判らないのです。どうせどこかにあるのですが。
 でもいつ歩いても、好きな街です。それで、いつもただ飲んでいることが好きです。私はあの店のマスターに、ビール1本、お酒3本の制限があるのですが、もう他の店でもそれしか飲まないようにしています。いや、この制限は実に適確だったなあと思っています。

続きを読む

47221a6e.jpg

 今になって思い出していましたが、和菓子の根津『笹屋菓子舗』に次のように書いていたのは、私のミスですね。今になって気がつくのも、私の阿呆なところです。

 11月17日千駄木「浅野」に「笹屋菓子舗」の快気祝いの和菓子を届けた

 これでは、私が病気だったことになります。いや、入院中に行きまして、お見舞いをすべきだったのですが、なかなか機会がありませんでした。それで、何かをお見舞いとして、お店のマスターに届けようと思っていたのですが、なかなか機会がありませんでした。それで17日に、「ああ、もう退院されたんだ、よかったなあ」という思いで、何かお菓子かケーキを届けようと思ったのです。始めは「退院祝い」と言っていたのですが、途中で間違えてしまいました。でも、病気と言っても食べることには問題がないということでしたから、たぶん好きな和菓子を贈ることになったものでした。

 それにしても、私はやることがいつも間が抜けています。

続きを読む

7fbe6c7c.jpg 一つ前に書きましたように、私は17日12時代に、「浅野」で食事しましたときに、女将さんが退院されたことを知ったのですが、「退院祝い」というようなものを何も用意していませんでした。そうだ、この浅野の近くのアラスアラサンの店長さんに聞いてみようと思いました。お店は私より年上の女性がおいでになっていました。
 そして私はこの写真のものを買いました。左側は、私のノートパソコンで使うマウスとLANケーブルが入っています。右側もそうしたパソコン関連のものを入れて使うでしょう。07112002それから、私の自宅の二つのキーをこうして下げるものも手に入れました。
 ここはいつも、こうして浅野に来たときに寄っています。でもこのごろは、飲んだあとには、こないようにしています。失礼ですから。でもこの日は、昼のビールを飲んでしまったあとでした。
 でもここの店長さんに、根津の和菓子屋さんを教えていただきました。

7d9a213f.jpg  一つ前のUPに書きましたように『いそ貝商店』でお寿司を買いまして、そのあと「浅野」で食事をしました。でもビールを飲みましたが、やっぱりこうして寒くなると、お酒がいいねえ。でも昼から「お酒」というわけにもいかないから、ビールになっちゃうよなあ。
 それで、ここの女将さんが、10月半ばから入院していたのですが、もう退院する頃だなあと思いまして、ききましたら、一昨日退院して家で休んでいるということでした。私は「あ、しまった」という思いでした。退院したら、どこかのお菓子を持って行こうとばかり思っていたのですが、でもその用意は今はありません。困ってしまいました。次回来るときでもいいのですが、でも私は私自身の不用意さに嫌になったものです。

 写真は私の食べたお弁当です。いつも美味しいです。でも今度は思いきってお酒を頼んでみるかなあ。

cce48926.jpg

 周の雑読備忘録「こいでやすこ『やまこえのこえかわこえて』」へ、ナミちゃんから以下のコメントをもらいました。

1. Posted by なみんと    2007年11月19日 19:27
周さん!楽しいコメント有り難うございます。
この本を読むとホントにおいなりさんが食べたくなるんですね〜。子ども達も楽しんだ本です。周さんはJRで根岸で降りて・・○○超えて・・まるできつねのきっこ!みたい。楽しい〜。こんなふうに感じてくれる周さんはきっこさんの親戚かしら。でも大きく違う所は浅野で飲んで待っていると・こ・ろ・ですね。

 17日に「稲荷寿司の『いそ貝商店』」へ行きました に書きましたように、千駄木のいそ貝商店に行きまして、そこに写真を上げましたように、お稲荷と海苔巻を10個づつ買いました。10個づつだったこともあるし、前もって電話して行ったのもいいのですが、ほんの少しの時間待っただけです。でももちろん、そのあと「浅野」へ行って、昼食なのですが、もちろんビールを飲みました。
 この絵本を見て、どうしてもお稲荷さんが食べたくなったのですね。しかも、昔の美味しい母のお稲荷さんはもう食べられません。だから、その母のお稲荷さんにもものすごく似ているように思えてくる、この「いそ貝商店」へ行ったのです。
 ここの掲げた写真が、そのいそ貝商店の店の中です。よくここで、私の他にも待っている方がいることがあります。お店は、お稲荷と海苔巻だけなのですが、お店で実際に作っているだけなので、大量に注文するわけにはいかないのです。大量に頼む場合には電話して行ったほうがいいですね。
 でも、こうして、実際に、お稲荷さんが食べたくなる絵本って、実にいいです。きつねのきっこのお稲荷さんもきっとこのいそ貝商店のような美味しさなのでしょうね。
07111703 いい絵本をいつも紹介していただきありがとう。

 ここに掲げた写真は、一つ前のUPもそうなのですが、いそ貝商店の中です。たぶん、このストーブにあたって待っている人がいるんです。あ、私もそうだった。

86271f5d.jpg

 昨日クライアントからの帰り、千駄木「浅野」に寄りました。

 そこで、来ているお客さんでスカイプをおやりの方を知りました。前にもお会いしたことがあった方でした。
 その方の個人のホームページが以下です。

  http://homepage3.nifty.com/etsuhiko-kamiya/

 この方の写真を拝見しまして、すぐにこの「浅野」にいくつも掲げられている写真だと気がつきました(いやもっと早く気がつくべきなのですが)。
 ぜひ、見てみてください。たくさんの風景写真があります。

 この方の会社のホームページは以下です。

  http://www.neo-kougei.co.jp/

続きを読む

303666d0.jpg

 6日は、私は三ノ輪から都電で、面影橋で降りて、甘泉園に寄りまして、そしてそのあと早稲田通りを歩いて、最後は東西線に乗りました。
 そして、大手町で、少し飲み始めました。でももうそこから帰ったと思っていましたが、私のデジカメには、画像が映っています。
 それをUPします。

 最初は、大手町の地下街のどこかです。

07040611 そして千代田線に乗って、何故か千駄木で降りて、「浅野」で飲んでいます。何故飲んだと判るかというと、領収書を持っているから。マスターもマまさんも、ちゃんとわざわざ領収書を渡さないと、私がまったく記憶がなくなっているから、思い出さないだろうと思ったのでしょう。
 私もその領収書と、この画像で判ったのです。いつも申し訳ないことです。
07040612

07031002 昨日3月9日、私は秋葉原から谷中に向かいました。午後5時ごろ夜店通りにつくように急いでいました。私は下駄が買いたかったのです。
 昨年10月13日に鎌倉で下駄を買ってから、もう下駄が実に楽で、これのみで歩くようになっていました。

  http://shomon.livedoor.biz/archives/50801714.html  由比ヶ浜大通りで買った下駄

 それで、このときは、「また鎌倉まで行かないと下駄は買えないのかなあ」なんていう思いでした。だって今住んでいる北区王子でも、私の自宅のある我孫子でも下駄屋さんなんて、どこにもないとしか思えませんでした。
 ただ何かの用があって、谷中の夜店通りを歩いていたときに、「白石履物店」という下駄屋さんを見つけ、私は1月12日に

  http://shomon.livedoor.biz/archives/50876658.html  下駄を千駄木夜店通りで見つけた

に書きましたように、「ああ、こんないい下駄屋さんがあるんだ」と喜んでいました。
 でも、その後なんどかここを訪れても、いつも店が閉まっています。
 私は私がここの来るのが、いつも飲みに来ることで、早くて午後6時半頃なので、「今度は5時前に来よう」と思い込んでいました。
 それで昨日は午後5時を少し回っていましたが、意気揚々とこの下駄屋さんに急いでいました。でもでも、午後5時5分だったのですが、やはり店が閉まっています。もうこのときの私の消耗感と言ったら、いいようがありません。「一体、いつなら下駄が買えるのかなあ。また鎌倉まで買いにいくかなあ」という思いで、とにかくがっくりきていました。

 それで、いつも飲んでいます「浅野」へ入りました。それで、マスターにこの「下駄屋」さんに入れないから、下駄が買えないということを愚痴りますと、最初は、「じゃ、午前中に来たら」なんて言っていましたが、そのうちに、「じゃ、あそこへ行ってみたら」といいます。団子坂にあり、すぐ歩いていける距離です。
 私はすぐに、「じゃ、ちょっと買ってきますから」とビールもお酒もそのままに、店を出ました。そして数分後次の店に入りました。

   http://www.getaya-net.com/  草履と下駄のひらいや

 いやはや、ここのは実にいい下駄がたくさんあります。いくつもの下駄を見せてくれました。私はもともとださい人間なので、こんなに素敵な下駄を見ても困るだけです。そもそも私は何を買うのにも、ただ一瞬で決めてしまいます。でもこのお店のご主人(奥さまでした。彼女が実際に作っているそうです)はいくつもの下駄を丁寧に説明してくれます。
07031003 それで私が購入しましたのが、ここの画像の下駄です。
 そしてこのお店の名前を聞きましたら、お店の名刺をいただきました。そしてホームページがあることも(名刺にURLが載っていました)、教えてくれました。それで私も名刺をお渡ししまして、私にもホームページがあることをお知らせしました。

 やっぱり、こうして素敵な下駄がたくさんあって、そしてそれを丁寧に作ってくれる方がいるというのは、嬉しいことですね。

 あ、そうだ。この店のホームページは、ここのサイドバーにバナーを置きました。

549b4656.jpg

 私は 由比ヶ浜大通りで買った下駄 で書きましたように、この下駄をこのところずっと履いていました。でもこればかり履いているので、だんだんと下駄がちびてきました。さて下駄を買いたいのですが、王子のどこでも売っていません。着物を売っている店はいくつかありますし、そこで足袋は買えますが、下駄はありません。雪駄は売っていますが、下駄はないのです。
 それで、またこの下駄を買うために鎌倉の由比ヶ浜大通りまでいくかと思っていました。
 ところが、12日の夕方、千駄木の浅野に行くときに、夜店通りで、この下駄屋を見つけました。また違う日に来ようと思いましたが、自分に「違う日っていつのことだ」と自問して、また戻って店に入りました。
 店のおやじさんは、すぐにこの写真の下駄を選んでくれました。今思えば領収書をもらっておけば良かったな。領収書があれば、その店の名前も住所も判るからです。今では、もう店の名前すらわかりません。

 浅野で飲んだあと、もう1軒行こうと歩くなか、「そういえばさっきの下駄屋さんはここらへんだったよなあ」と思って道を行き戻りしましたが、もう日が暮れていて、お店も灯を落とすと、もう判らなくなってしまうのです。
 ここの画像が、その私の買いました下駄です。でもとてもいい下駄です。2,000円でした。
 また近いうちに買いにいかなくちゃと考えています。

top22 この画像は、今は「ブログ将門」という名称ですが、近い将来「将門Web」のTOPページになるここのバナーです。
 これきのう作ったのですが、いつ作ったのかなあ。きのう 浅野 で飲んでいたので、その直前に作ったのかもしれません。

 以下も同じ新しい将門Webのバナーです。

tops22

 

 

topss22

06061001 昨日は、帰宅前に 浅野 で飲むつもりでした。何人もの方が私のホームページやブログを見て、この店においでになっているということを聞いていまして、またそんな方と会えるのではないかという期待があるのです。
 でも昨夜は何故か身体の具合がかんばしくなく、これはまともに帰ろうということで、戻ってきまして、夜も11時には眠ってしまいました。
 どうやら、風邪をひいたようです。
 でもでも、目を覚ましたら朝4時代でした。もう頭の痛いのは、すっかり治っています。

 この年齢で、この季節は体調をくずすと大変に面倒です。早い時間に眠るのは正しいことだなあ、なんて思います。
 やっぱり健康が一番大切です。すぐ眠ることを勧めてくれた妻にも感謝します。ありがとう。

続きを読む

113674b5.jpg
 思えば18日は プロジェクト猪 の勉強会の日だったのに、すっかり忘れていました。
 
 その18日の 浅野 なのですが、ここで時々お会いしますご夫婦と一緒になりました。私はときどき詩吟をやるので、「私も昔教わったことがある」といいまして、ひとふし詠われます。昨年には、「孤軍奮闘〜」と詠われて、そのあと当然に私は、この詩を吟いました。 西道仙「城山」 です。この旦那さんは、昔満洲にいまして、国民学校で、この詩吟を習ったといいます。たしか昭和14年のときだったと言っていました。「あのころは私の黄金時代だった」とその少年のときを思い出されていました。
 今回は、「鞭声粛々〜」と詠われましたので、また私はしばらくたって(だって、まだ飲み始めたばかりだったから)、頼山陽「題不識庵撃機山圖」を詠いました(その前に、もう一つ詠いましたが)。これは 「上杉謙信をめぐる詩」 で扱いました。
 奥さまは、「川中島とはどんな処なの?」と聞かれますので、犀川と千曲川の交わる川中島を説明しました。本当は絵入りで答えたかったな。善光寺があり、茶臼山があり、そして妻女山がありという地形がまず、頭に入らないと、あの戦いは理解できません。
 でも、その旦那がいた満洲の話もいろいろとしてみたいですね。満洲映画、満鉄、甘粕、橘撲等々、いくらでも思い出します。あ、そういえば私は「満鉄の唄」を唄ったな。東海林太郎が唄っていました。
 ゴールデン街で飲むと、私たちの年代以下の方々ばかりでして、学生運動の思い出を聞かれたりすることが多々あるのですが、この「浅野」だと、もっと昔の話になりまして、実に愉しいです。そういえば、灘の「白鹿」と、茨城真壁の「白鹿」との商標登録の裁判闘争に話もしましたね。
 写真は、その「浅野」での最初の肴です。

54f674ff.jpg
 昨夜実にひさしぶりに、外で飲みました。ただただひたすらに、千駄木「浅野」 で飲みたかったのです。
 なんでも、私のホームページで、この「浅野」の記事を見た人が、この店においでになったようです。それは嬉しいことですね。
 そういえば、次の店にいくときに、広い道を渡るときに、その道の真ん中で知っている顔の女性とあったな。
 だんだん、思い出していくと、記憶を失ってしまったことをいくつも思い出していきます。私はいつも、最初飲んだときにことしか覚えていないので、すぐ翌日の今になっているだと思い込んでいますが、なんだか、あちこち歩き回っているようです。いつもデジカメを見ると、なんだか訳の判らない風景がいつも撮ってあります。
 写真は、浅野の、焼き魚のさわらです。
 
 あ、それから、今年の花見は、2日です。今年もまた谷中墓地の五重の塔跡でやります。まあ改めて広報します。

↑このページのトップヘ