将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:漢字

09102202「ここに出ない漢字はやっかいですね」目森一喜さんから、以下のコメントがありました。

1. Posted by 目森一喜   2009年10月21日 23:53
 手書き文字入力で見つからないと、ありませんね。
 引用などでは困る事があります。
 しかも、せっかく見つけても、シフトjisだと扱えなくてあきらめるしかない事もありました。
 今はエディタでも他の文字コードが扱えますね。従来なら保存できなかった文字を、utf8だと保存できたりして、便利になりました。

 私がこれで書いたのは、周の漢詩入門「絶海中津『寒江独酌図』」で困ったのです。この「寒江獨酌圖」で、承句の「莎衣堪雪又堪風」の最初の字の「莎」が、漢和辞典では探せても画面ではどう出したらいいのか判らないのです。
 困り果てて、ぶつぶつ言っていましたら、妻がATOKでこの「莎」を出してくれました。そして私のサイトにコメントしてもらいまして(今はもうそのコメントは削除しています)、すぐに出すことができました。それでUPすることもできました。
 私はパソコンを始めたときから、ATOKも一太郎も使ったことは一度もありません。もちろんワードもそれについているFEPも一度も使ったことはありません。一貫としてVJEだけです。
 でも今回は、ATOKに始めて感謝します。VJEって、「手書き文字入力」ってあるのかな(今回の「莎」は普通にATOKで音で出ました)。
 でもVJEも営業を止めたのですから、私はどうしたらいいのかなあ?

続きを読む

0c6b51f4.jpg

 夕刊フジBLOGこの記事 がありました。

 古代文字ではなく篆(てん)文だが、攸(ゆう)は人の背中に水をかけている姿。それによって心身とも清められ、心が安らぎ、のどやか、ゆるやかな様子になる。

 いつもの村山朝偉(むらやま・ともひで)さんの解説ですが、「あ、そうなんだ」と思いました。いえ、私の姪の息子に、この「悠ちゃん」がいるんだよね。だから今度ちゃんと教えてあげようと思いました。
 私は小学生のときから、漢字の書取りが苦手で、そしてそれは今も続いていますが、こうして一つ一つの漢字の成り立ちを知ると、実に興味深い気持をそそられます。
 やっぱり、ときどき漢和辞典を読み返そう。

続きを読む

↑このページのトップヘ