12021801 さきほど東京地裁から帰ってきました。「周の発言」にも書きましたが、安田弁護士に無罪判決です。実に嬉しいです。多くの方にこれを知らせたいです。
 判決内容に関しましては、またお知らせしますが、まず無罪判決だということのみ書いておきます。(2003.12.24.10:40)

 以下は共同通信の最新のニュースです。このまま載せちゃいけないのでしょうが、今回だけ勘弁いただきたいな。
 それで、問題は検察側が控訴するかどうかなんですが、どうみても控訴できる理由はないと思いますが、どうなるでしょうか。(2003.12.24.12:20)

安田好弘弁護士に無罪 東京地裁、住専捜査に疑問(共同通信ニュース)

 オウム真理教松本智津夫被告(48)=教祖名麻原彰晃=の主任弁護人で、住宅金融専門会社(住専)の大口貸付先に資産隠しを指南したとして強制執行妨害罪に問われた弁護士安田好弘被告(56)の判決で、東京地裁は24日、無罪(求刑懲役2年)を言い渡した。
 川口政明裁判長は「検察官の捜査段階の関係者聴取には不当な誘導があったことがうかがわれ、、公判で不利な事実を隠すような態度もアンフェア」と検察側を厳しく批判。立証には重大な問題があり、犯罪の証明はないと結論付けた。
 住専をめぐる事件では、ほかにも無罪判決が出ており、当時の捜査に疑問の声が強まりそうだ。
 安田被告は顧問先だった不動産会社の社長スン・チョンリ被告(68)=1、2審有罪、上告中=らと共謀、東京都港区の所有ビルの賃貸料を住専に差し押さえられるのを防ぐため、ビルを関連会社に転貸したように仮装し、1993−96年にテナントからの賃貸料計約2億円を隠した、として起訴された。(共同通信ニュース)