将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:父母と教職員の会

12032801 6月25日午前5時台に「将門Webマガジン第45号」を発刊しました。324部の配信です。
 前日に「文教大学父母と教職員の会千葉支部総会」があり、かつその前日は寝ていなかったので、帰宅して午後10時に眠りまして、25日午前1時に起きまして、それからやりだしました。でも私はいつもすぐにとりかからないでインターネットをあちこち見てたりするので、時間がかかります。でもどうやら、この号も発刊できました。(06月26日 05時55分)

2017050515 本日と明日、「文教大学父母と教職員の会関東ブロック合同役員研修会」ということで、長野県の清里にある文教大学の寮に行ってまいります。4日には「将門Webマガジン第16号」も出さなくちゃいけないし、仕事で午前中から打合せがありますから、ちょっと大変です。マガジンも仕事も、けっこう大量に文書を12020605打たなくちゃいけないのですが、研修会の合間にやろうかな。でも研修会の1つのテーマでは司会をやらなくちゃいけないしなあ。
なんだか毎日、びっしりと何かが入っていまして、落ち着いていられません。それに12月は忘年会の連続ですね。(12月02日 05時35分)
続きを読む

11032914 昨日は千葉市で、「文教大学父母と教職員の会千葉支部」の研修会でした。実に60人以上の方の参加があり、なんだか熱い会になりました。学生さんも数人来てくれました。それで、現役の学生さん2人にも講演していただいたのですが、それがとてもよかった内容でした。質問の時間も設けたのですが、もっといろいろなことを質問したかったものでした。
 その講演者のひとりの女性に、私は「ブルータスの父です」といったのですが、判らないようなので、「あなたと同じ専攻科の○○君を知っているでしょう。彼の彼女が私の娘で、私があの娘のおとっつぁんです」といいいますと、すぐに判ったようです。
 でもいい会でした。私は嬉しくて、乃木希典「金州城」を詠ってしまいました。いえいえ、私は嬉しくても悲しくても、詩吟だけは必ずやるようにしています。ある先生に、「乃木希典をやるのが多いのじゃない?」と聞かれました。「ええ、乃木さんなら、みんな知っているでしょうし、かつ『乃木は戦争は無能だった』と言いたい人が必ず出てくるはずですから、それならおおいに論争できますものですから」と応えました。私は乃木さんが好きなんですね。

11031304  23日に大宮ソニックシティーで開催されました、

  文教大学父母と教職員の会埼玉支部
        「親と子のための進路問題研究会」

へ行ってきました。私の友人の和尚さん(ハンドル名です)が「わが社が必要とする人材」という講演をするために行ったのです。
 この講演の前に大学4年生4名による「就職内定者の体験発表」がありました。それを聞いていまして、誰もが思うことでしょうが、以下のような感想を持ちました。

  今は年々就職状況というのはきびしくなっているんだな。
   でも、そんな厳しい状況なのに、この子たちはなんてちゃんと
  やってきたんだろう。
  こんなすごいいい子たちなら、もしここに企業の人事担当がい
  たら、「うちに来てほしい」とおもうだろうな。

等々ということです。
 ただ、以下のようにも思いました。聞いていますと、喋っている方たちも聞いている学生たちも、「とにかくどこかへ就職したい」という思いのみだけに感じられるのです(これは仕方ないのですが)。でも雇うほうからすると、

  就職できたので終わりじゃないんだ、それからが始まりじゃな
  いか。

 まさしく学生を自分の会社に入れるのは、実際に会社のために元気に働いてくれる人材が必要だからなのです。ここの認識をもっと持っていてほしいなと思うのです。
 そのこととつながるのですが、できたら友人や先輩やもっとさまざまな人に話を聞いてほしいなと思いました。誰にとっても、その企業やその職種がその人に合っているか否かは簡単に判らないものです。それを少しでも理解できることにちかずけるように、さまざまに調べてほしいと思うのですね。(2002.11.25)

11031119 昨日6月30日は、「文教大学父母と教職員の会千葉支部」の総会でした。総会のほか講演会と懇親会も実施しました。父母だけではなく、現役の学生さんも多数参加してくれて、愉しいひとときをすごせました。前日は「プロジェクト猪」の総会で、私はちょうど3日酔いという感じだったのですが、司会を委されまして、どうやらつつがなく愉しく終えることができました。懇親会のときに全員の方に自己紹介と挨拶をお願いしたのですが、お父さんもお母さんも学生さん自身も、実にしっかりしたいいお話をしていただいて、実に嬉しかったものです。「いい大学だよな」という思いでしたね。

11030715 25日に文教大学父母と教職員の会の代議員会があり、26日は、同じくこの会の一日大学でした。湘南校舎と越谷校舎へ行きました。たくさんの方と知り合いになれまして、また大学の先生方ともたくさんお話しました。いい大学ですね。26日には、大学でいろいろとやっていましたら、次女から電話がかかってきて、終わって一緒に帰宅することになりました。次女は大学近くの彼氏のところへ来ていたのです。その彼氏の担当の教授の方とも、次女や長女の先生がたともお話しました。
 そういえば、6月1日に次女の小学校の運動会へ行ってきます。でも先生の父母だということはばれないようにしていきます。でも判っちゃうかな。目立つことをしなければいいのですね。
 なんとなく先週は飲む機会がたくさんありまして(自分でそうした機会を作っているところもあるんですが)、もうあちこちで飲みました。帰宅しなかった日も2日ありますね。25日には、藤沢で飲んでいたわけなのですが、東海道線で帰宅しようとしたのですが、何故か気がつくと、小田原でした。それでもうとにかく事務所までは帰りました。それで朝帰宅して、風呂入って、必要なものをまた鞄に入れて、すぐ北越谷の文教大へ向かいました。大学に入るなり、昨日一緒に飲んでおりました秋山先生が、「随分早いですね」と声をかけてくれました。
 いや、何、二日酔いだと、なんだか何事も急いてしまうのですよ。酔っぱらいの性です。

↑このページのトップヘ