将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:王子北口親水公園

b5f24840.jpg 昨日も大変暑い日でした。孫と出歩いて、王子北口の親水公園にも行きましたが、とにかく暑くて大変でした。私がこの孫のことをいつも思い浮かべていることを不思儀に思う人もいるようです。何を言っているのですか。もちろん、私の頭の中にはもういつもいつも可愛いポコ汰が存在していますよ。
 写真は私の好きな作家飯嶋和一の8月4日に出版された最新作の『出星前夜』です。私よりも2歳年下の寡作な作家ですが、私は過去のすべての作品を読んでいます。これだけの作家が今存在していることが私はものすごく嬉しいのです。ただし、この作品への評価はまた別にやっていきます。(08/16)

404ce2fd.jpg

 昨日の午前10時頃、手紙を出しに行きました帰りに、自転車に乗ったMさんという美女に遇いました。彼女は私の義母の介護の関係の世話をしてくれている方です。とっても色の白い綺麗な方です。自転車から手を振ってくれていて、もう私は嬉しいのですが、「あ、まだ髭そっていなかった」と羞しい思いでした。

 ちょうど私は、二人の方に手紙を出したところでした。
 私の高校時代の友人の一人がある出版社を退職したところでした。前に退職したら、インターネットでホームページをやると言っていたものでしたが、どうでしょうかね。退職するとか、暇ができたらということとは別次元なことだと思うのですが、どうなのでしょうね。でも私はいくらでもお手伝いするつもりです。
 またずっと入院していたまっくまっくの彼女が、14日のきょう退院します。もう1カ月半の入院生活でしたかね。私は毎日手紙を書いたものでした。ただし、彼女が入院したことを知ってからです。ただし、3日間書けないことがありました。毎日家に出していて、息子さんか旦那さんが私の手紙をドサっと運んでくれたようです。きょう書きます手紙には、息子さんお二人(一人の長男は東北に就職しています)と旦那さんに、私から手紙を運んでくれたお礼を書きます。まあ、私の手紙ですから、退屈しのぎの何かにはなったと思っています。素敵な旦那さまと、いい息子さんたちですよ。いえ、私はこの旦那さんの料理(普段は湯島の料亭で腕を振るっています)を食べましたし、息子さんたちにもお会いしています。

08080918 でもこのときに偶然遇った美女のMさんにも、私は手紙を書きました。この彼女は、何故かここにときどきコメントをくれます ナミちゃんとすごく似ているのです。顔姿もしゃべり方もとっても似ているのですね。
 この彼女は若くて独身なので、実は私はある人の彼女にならないかなあ、という思いで口説いたのですが、彼女には恋人がいるということで、とっても残念でした。でもこうして、王子の街角で偶然遇えるということはとっても嬉しいことですよ。
 それででもこの彼女に手紙を書いている中で、王子の北口親水公園に孫を連れてばあばと3人で行くことになり、遊んできて、また戻ってきて、手紙を書き終えたものでした。

 そしてさきほど、このときの何枚もの写真をプリントしてポコ汰のところに届けました。

 でもまたこの綺麗なMさんに、この王子の街で遇いたいな。

続きを読む

1bf41a45.jpg

 わが家のおかあさん2008.08.13ナミちゃんが次のコメントをくれていました。

1. Posted by なみんと    2008年08月14日 00:32
今晩は〜☆
この画像のお花綺麗ですね。。ポコちゃんとお散歩の途中で写されたのですね。とっても夏らしいお花です。ポコちゃんはお花が大好きなんですよね(*^_^*)美しい物に感動する心が豊かですね。
どんな坊やなんでしょう〜可愛いでしょうね。
このお花の名前は<紅葉葵>・・葉の形が紅葉に似ているところからついたようです。夏の間ずっと元気に咲き続けてくれます。<もみじあおい>は丈夫な宿根草です。

 へえ、この花は紅葉葵というのですか。ポコ汰にも早速教えましょう。でも教えても覚えてくれないでしょうね。まだ1歳7カ月の子どもですから。でも花がどうして好きなのかなあ。
 昨日は、王子駅北口の親水公園へ行ってきました。妻のばあばと3人です。この公園は、こんな夏ですが、木がたくさんありまして、大変に涼しいのです。でも子どもがたくさんいましたが、おしめをしているのはポコ汰だけでした。あとはみんな水着で、元気に動き回っていました。
 それと真裸の子どもが二人いまして(まだ赤ちゃんというところかな)、この二人はお風呂に入るような感じで入っていました。笑顔でニコニコしていました。流れている水の中に入るポコ汰は、始めてプールへ連れて行ったときの長女おはぎを思い出させてくれました。ばあばと手をつないで、あちこち歩き回っていました。

 写真はそのときの親水公園でのポコ汰とばあばです。

↑このページのトップヘ