将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:由比ヶ浜

c1d0ea5b.jpg

 私は、今週の8日に鎌倉江の電の極樂寺下車のあじさい寺・成就院へ行ってきました。でももう肝心のあじさいは、すべて刈り取られていました。でも仕方ありません。私の知識が見事どうかしていたのです。
 ここの写真は、成就院の門を出て、由比ヶ浜に向かう路です。ここの両側にいっぱいのあじさいが咲いていたのでしょう。来年こそは、必ず見るようにします。

 それから、以下がここのホームページです。

   http://www5e.biglobe.ne.jp/~jojuin/ 成就院

 それと、以下もまたここのブログです。

   http://taisekian.at.webry.info/ あじさい寺/ウェブリブログ

 来年は、誰とこられるのかなあ?

08062508「庭の紫陽花♪〜」に、ナミちゃんから、次のコメントがありました。

1. Posted by なみんと    2008年06月25日 16:25
周さん、こんにちは。
歌集をみてビックリしました。いまでも本棚におさまっています。。懐かしく大切な歌集です。
そして思い出します。。四人で冬の鎌倉へ行った事。。周さんが私達を誘ってくださったのですね。Kさんがお弁当を作ってくれてあってお味噌をシソの葉でまいたものが入っていたのですが。。それを食べたときの周さんの感心したような表情が思いだされます。冬の由比ガ浜は静かで悲しかった。。遠い遥か彼方のようでもあり。。ついこないだのようでもあり。。。キラキラ光る冬の海がとても綺麗でした。

 あの歌集はね、私も何冊か持っていたのですが、その後何年、何十年が経っても、欲しいという人がいまして、それをあげているうちに、もうこの1冊しか残っていません。
 あのナミちゃんたちと鎌倉へ行ったのは冬のことだったんだ。そうすると、私が6年のときで、ナミちゃんは2年のときですね。鎌倉のどこを歩いたのかなあ。最後に由比ヶ浜の海辺を歩いたのはよく覚えています。でもどこから出かけて、そしてどこへ帰ったのかは覚えていませんね。遠い遥か彼方の思い出です。
 たぶん、本当にたぶんですが、北鎌倉から源氏山を越えて、そして銭洗弁天から、大仏のほうに抜けて、それから海岸を歩いたのじゃないかなあ。それから鎌倉へ歩いたわけだと思うのです。そうだと思うとけっこう歩いているのですね。でも、実にまだ元気でした。
 でもまだ、そのすぐあとも元気にたくさんのことをしていたのですね。忘れられないことですね。ほとんど、忘れ果てていたことが、今実に甦ります。
 私はね、あのときも、鎌倉というところは、またすぐに来られるところだと思っていたのよ。だから、それほどの思いを残すようにはしていませんでした。でも今思い出すと、大変に懐かしい大切な思い出なんですね。
 でも、今でもまた鎌倉を歩きます。私には大切な鎌倉なのです。

続きを読む

↑このページのトップヘ