14071611
 私は前に以下のように書いていました。

 吉本さんについては、私は『「書き言葉」と「話し言葉」』ということで、ずっと書き言葉の人であるという認識でした。私は今も、彼の語る言葉も、その基調はやはり「書き言葉」であると思っています。

 ところが、「花子とアン」2014.08.01にあったマンガなのですが、これには

ある少女「てっ て何ですか?」
花子「甲府の訛りだ 甲府では昔からビックリした時 『てっ!』て言うんずら」
少女「へぇ じゃあすごくびっくりした時は?」
花子「てっ!?」
少女「ものすごーく びっくりした時は?」
花子「てっ・・?」
少女「増えねんだぁ」
花子「? ふえる?」

とあります。
14071612
 これを見て思ったものなのです。これは「書き言葉」では、同じ『てっ!』なのですが「話し言葉」では違うものなのではないでしょうか。たぶん,茲雖△筬は大きく違うものなのです。でもこうして「書き言葉」で表現すると、その違いは明確に認識できません。
 私は今まで「話し言葉」より「書き言葉」のほうが上位の概念であると思ってきました。吉本(吉本隆明)さんはそんなことは言っていないのですが、私はそう思い込んできていました。だがこのマンガで書いてあるように、書き言葉ではそれを表現できていないのです。私は「話し言葉」というと、落語家が喋っていることを想像してきました。でもそれでは私が明確に理解できていないのです。14071613
 ここで私は『「書き言葉」と「話し言葉」』のことを少し理解できたのかなあ。そしてそのことを「書き言葉」で表現しないとならないのです。
 そのことを明確にやっていくつもりです。