1212020112120202 以下のように「六兵衛の噂が耳に入るようになった」というのですが、どこでこうした情報を仕入れているのでしょうか。

 正月の勤番が明けると少しずつ六兵衛の噂が耳に入るようになった。

 しかし、今日の情報はかなり適確な内容です。前にも書きましたが、関西のある組織が私のクライアントのことで、語ったことがあります。その時の話を思い出します。

 ・・・、いっそ的矢六兵衛が入れ替わるという手はどうだ。本人だけではあまりに切ないゆえ、妻子をそっくり入れ替える。そして、御隠居夫婦はそのままにしておく。そこまでおれば、御組頭様の頭ごなしに誰かが訴えでもせぬ限り、企みは露見するまい。

X12120109 そうだなあ、と私もうなずきます。まして明治維新の真っ最中です。もうみんなそれどころではありません。
 そもそもここは誰の感慨なのだろうか。加倉井隼人だと思いましたが、明確には分かりません。