将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:着物姿

20160905052016090502
2016090528
2016090501
2016090503
浅野ゆう子さんのサイドバーの画像を替えようと思ってUPします。また着物姿も見たいと思ったものなのです。ただビキニ姿はすぐに見つけられるのですが、着物姿は探すのが大変でした。大昔TBSテレビのそばで見かけた彼女を思い出します。そのときも実に綺麗な方でした。 2016090506
2016090507
2016090528
2016090529
続きを読む

12122401 永世棋聖でありました米長邦雄さんがこの18日に亡くなられました。
   http://sankei.jp.msn.com/life/news/121224/shg12122400350000-n1.htm
  米長邦雄さん通夜に1000人 棋士ら別れ惜しむ
 18日に69歳で亡くなった日本将棋連盟会長で永世棋聖の米長邦雄さんの通夜が23日夜、東京都目黒区の円融寺示真殿で営まれた。中原誠十六世名人(65)や羽生善治三冠(42)、佐藤康光王将(43)ら将棋界にとどまらず、タレントの萩本欽一さん(71)や脚本家の内館牧子さん(64)ら約1000人が弔問に訪れ、名棋士の死を惜しんだ。

 私は将棋に限らず、ゲームは一切やらず、そしてこうしたことは何事も駄目です。小学生低学年の頃は好きでしたが、もう今はまったく駄目なのです。
 ただこの米長さんの打つ将棋は好きでした。いつも豪快さを感じていました。中原さんの打つ将棋よりも、どうしても米長さんの将棋が好きなものでした。ただ今は羽生善治さんの将棋も大きく感じて、嬉しいという思いよりもどうしてか寂しい思いにもなっていました。
 もう今はみなパソコンでインターネット上でやるそうで、着物姿でやるのは実際の際だけのようです(でも大事なことですが)。
 ただ、この着物姿でやることが何にでも広がって、それは私も嬉しいです。内館牧子さんが居てくれることが私には大きく感じられて嬉しいです。合掌しました。

6200d1f0.jpg

 ここは東京の23区で唯一残る酒造です。私が大勢の方を連れてここを見学に行きましたのは、まだ90年代の後半のことだったかと思います。
 思いのほかたくさんの方が集まってきてくれていました。私が初対面の方も何人もいました。私は着物姿で行ったのを覚えています。

   http://www.koyamashuzo.co.jp/  小山酒造

 もう100年を超える歴史のある酒蔵ということでした。初代が酒造に適した湧水を発見して始めたそうです。丸眞政宗という美味しいお酒です。
 赤羽駅で集合しまして、この酒蔵まで歩いて行きました。そして酒造りを見学して、聞き酒をしたあと、お酒を各自手に入れて、そして赤羽駅東口の、ここの酒を置いていある飲み屋で飲み始めました。

 またここに見学に行きたいな。でもまた私は着物姿で行きたいのですが、それを用意しないといけないな。
 こうしていい造り酒屋があることにとても感激しています。

 ここは、私のブログのサイドバーでリンクしています。

続きを読む

↑このページのトップヘ