将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:社会革命党戦闘団

bbd4e148.jpg

『収容所群島』が必読書になる で次のように書いていました。

 この『収容所群島』にはたくさんの註があり、その註を読む中で、サヴィンコフ=ロープシンの死の真相(彼は自殺した、収容所の壁の上から飛び降り自殺されたと言われていた)を知り、もう大変に悔しかった思いでした。

 もう思えば、このことを書くこともないと思うからです。思い出すことはこれからもよくあるでしょうが、でも少し書いておこうと思ったものです。サヴィンコフ=ロープシンは私にはいつも忘れることができない人です。

09091424 ボリス・サヴィンコフは、1879年1月19日ウクライナのハリコフで生まれました。
 最初はマルクス主義に傾倒しますが、そのうちに人民の意思派のテロリズムに傾倒するようになります。流刑先から逃亡して、社会革命党(エスエル)に所属するようになり、戦闘団でテロリズムを指揮します。
 1905年にガポン神父と知り合います。このガポンが血の日曜日事件のときの指導者であった。だがこのガポンは帝国政府から金をもらっていた人間だった。エスエル戦闘団として数々のテロを実行する。内務大臣ヴャチェスラフ・プレーヴェ、モスクワ総督セルゲイ大公の暗殺を指揮したのは、このサヴィンコフです。でも何故か彼は逮捕され死刑判決を受けます。だが、彼は判決直前に逃亡します。
 でも何故彼が逮捕されたのか。それは彼の上司だった社会革命党戦闘団のアゼーフがスパイであったことなのです。ロシア政府は、これを議会で明らかにする。「アゼーフは政府側の人間である」。もうアゼーフを信じきって数々のテロを実行していたサヴィンコフは酒浸りの日々になってしまいます。こうしたことは、サヴィンコフのペンネームであるロープシンによって書かれている、「蒼ざめた馬」(「蒼馬をみたり」という訳本もあります)、「黒馬を見たり」(「漆黒の馬」という訳本もあります)、「テロリスト群像」に書かれています。高橋和巳も翻訳しています(高橋和巳は「蒼馬をみたり」「漆黒の馬」だけかな)。
 ロシア革命が起きて、臨時政府ができると、ロシアに帰国して政府に参加しますが、10月革命が起きると、ソヴェエトとは袂を分かち、やがて白軍の指揮官として赤軍と戦いを続けます。
 だが、赤軍の勝利ののちはパリに戻りますが、突如ポーランド・ソ連国境(ポーランドからソ連側に)を越えるときに、彼は逮捕されます。裁判で死刑とされますが、減刑され、でもそののちモスクワの刑務所の捜査官執務室の窓から投身自殺したと発表されました。
 ただ間違いなく、彼はロシア共産党=スターリンによって転落させられたのです。

 このサヴィンコフの生涯を思うと、カミユの「正義の人々」(これもサヴィンコフたちの数々のテロ事件を扱っています)なんか、一体何も判っていない、一体何を書いているんだろうと思いますね。

 彼が自分の裁判での冒頭陳述で述べたことですが、そして私が覚えているだけですが(だから私の記憶ですから、いい加減です)、次のようです。

 私がソヴェエト=ロシアを認めることができないのは、私の妹の亭主は、1905年の血の日曜日のときにツアーの近衛兵として勤務していたが、上官の「デモ隊を撃て」という命令を拒絶した唯一の指揮官だった。だが、ソヴェエトは1917年の10月革命のときに、この義弟を死刑にした。この一事をもっても私はソヴェト=ロシアを絶対に認めない。

 このサヴィンコフ=ロープシンの言うことは当然のことです。
 私も、ソヴェエトとか、共産主義とかマルクス主義とかは絶対に認めません。

続きを読む

976ead2b.jpg

 私の 郵政公社、郵便配達コスト15%削減へ旅人moo00の冒険人生 さんから次のコメントがありました。

1. Posted by moo00    2006年08月04日 01:53
 周さんこんばんは。
 銀座郵便局で反応してしまいました。
 実はここ、私が初めて社会人として働いた所なのです。郵政職員でした。
 その当時は「東京南部小包郵便局」といいまして、小包専門の郵便局でした。
 中は、今はどうなっているかわかりませんが、大きな機械が沢山ありまして、入局当時はびっくりしたものです。
 私が入る前のことですが、ちょうど爆弾闘争とかがあった頃、あの敷地で爆弾小包が爆発した事件があったそうです。
 そのおかげで、職員の手だか足だかが吹っ飛び、休憩室にあった氷でその取れたものを冷やして、救急隊が来るのを待っていたそうです。
 屋上にはテニスコートがありました。
 で、当時は郵政職員もいい加減でして、空手部の人間なんかが屋上で水を浴びて素っ裸になっていたら、隣の竹中工務店から苦情が来たなんて話もありました。
 もう15年以上も前の話です。
2. Posted by moo00    2006年08月04日 21:52
あ、正しくは「東京南部小包集中局」でした。
自分が勤めていたところの名前も忘れるとは、だめですねえ僕も。

 コメントをどうもありがとう。
 実は私はこのコメントを読みまして、すぐに「東京南部小包集中局」をインターネットで調べていまして。でも爆弾闘争(私は「闘争」ともいいたくありませんが)といいましても、まったく記憶にありませんでした。

 あの頃の爆弾事件は、いわばもう私たちの時代とは、ずいぶんかけ離れた事件でした。その前の警視総監爆破未遂事件とピース缶爆弾事件は、私の友人も逮捕起訴されており、そしてその犯人被告とされた人たちは、みなデッチあげで、大変に苦労していたことを私は知っていました。警視総監爆破未遂事件の一人の被告は、私の昔の彼女のごく親しい友人が彼女になり、奥さんになりましたが、その結婚生活の中で自殺しました。これはこのでっちあげ事件のせいばかりではありませんでしたが、私は、警察及び国家権力が許せない思いでした。
 だが、そののちの爆弾事件というのは、私には、もうわけが判りませんでした。これが誰がやったのか、また権力のデッチあげなのか、それとも反体制派(これで反体制といえるのかな)のものなのかもさっぱり判りませんでした。

 この時期の爆弾事件でも、私のよく知る友人が逮捕されています。夕刊フジでそのニュースで、彼の顔写真を見たときには、びっくりしました。彼は強力な労働運動をやっていたのは知っていましたが、そのときはもう会社を真面目にやっていました。
 でもこのときには、すぐに私の尊敬する大口昭彦弁護士がかけつけ(警察も大口さんが来たので驚いたようです)、もちろん、本人も爆弾なんかとまったく関係のない人間ですから、当然不起訴で釈放されました(でも本人、および親たちには大変なことでしたよ)。

 そんなことがあったので、この東京南部小包集中局の爆弾事件のことはまったく忘れていました。今読んでみても、ひどい憎むべき事件ですね。でも犯人は捕まっていないのじゃないかな。

 そもそも、ロシア革命前の社会革命党戦闘団のやっていた爆弾闘争は、実に今知っていても涙がでます。ロープシン=サビンコフの「蒼ざめた馬」「漆黒の馬」「テロリスト群像」を読んでみても、サビンコフの苦惱に、私はもうどうしたらいいのか判らなくなるくらい考え込んでしまいます。
 現実の世界でサビンコフは、白軍を指揮して反革命派とされ、そして何故かロシア国境をポーランドから逆に越えようとして、赤軍に捕まり、反革命派として裁判になります。その冒頭陳述での彼の言った内容は実に私の胸を打ちます(でも、この陳述にも大きな裏があります)。最後サビンコフは、監獄から脱出しようとして、壁から落ちて亡くなります(でも、これはまた秘密があります。これはソルジェニーツィンが明らかにしています)。

 おそらく、爆弾闘争には、実に重い人間の思いが込められているはずです。それが日本のあの時期の事件には私は感じることができません。

 そんな思いの中で、私はすぐにレスすることができませんでした。それはごめんなさいとしかいうことができません。

 moo00さん、できたら、必ず飲もうね。なんだか、私はいっぱいたくさんの思いがありますよ。

続きを読む

↑このページのトップヘ