ここの「愛した女」ということで、このところ以下を書きました。

イアソンの愛した女、メディア
パリスの愛した女、ヘレネ
アイギストスの愛した女、クリュタイムネーストラー
オデュッセウスの愛した女、ペーネロペー
アイネアースの愛した女、ディードー
世界の愛した女神、アプロディテ
アレクサンドロス大王の愛した人間、ヘファイスティオン
カエサルの愛した女、クレオパトラ
ローマ皇帝ネロの母、アグリッピナ

11033024 最初は神話伝説上の人物(つまり書物上では描かれていますが、歴史上では実在は確認されていません)で、最後の三人だけは、歴史上に実在した人物です。
 いやそれで、ここの書くこととは関係ないいのですが、昨日しきりに思い出していたことがあります。

 プルタルコスのことなのです。
 プルタルコスは、紀元46(47、48年頃とも言われます)年から127年までローマ帝政のもので生きていたギリシア人歴史家です。対比列伝が膨大な著作であり(プルターク英雄伝と言われています)、私は高校1年の冬に岩波文庫で全12冊読みました。
 ところで、でもこの作家には、他にも著作があるわけで、その中に、『倫理論集(モラリア)』というのがあります。この内容をしきりに思い出していたのです。
 その中で、オデュッセウスがトロイア攻略に成功して、船で故郷に帰るときに、トロイアを応援していたある神(この神は誰だったかな?当然ポセイドーンかな)の嵐で、オデュッセウスの船がある島に難破して、その島では、たくさんの部下たちが獣に姿を変えられてしまうのです。
 その獣になってしまった部下たちと、オデュッセウスが会話するのですが、驚くことに、その部下たちは、獣に変わったことを嘆いてはいないのです。むしろ、人間よりも獣のほうがいいというのですね。そのときの会話内容が書いてありました。
 そのことをしきりに思い出したものです。