将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:私の満63歳の誕生日

 私の きょうは私の満63歳の誕生日です笑美さんから、次のコメントがありました。

1. Posted by 笑美   2011年05月30日 08:27
周さんお誕生日おめでとうございます。
お誕生日の日はエネルギーがとても高まっているので、その日にしたお願いは、かなうというと聞いたことがあります。
私もそれから一年に一度のお誕生日にはお願い事をしてからバースデーケーキのロウソクを一気に吹きます。
じゅにちゃん心配ですが、きっと元気になります。
小さいじゅにちゃんですが、周さんやご家族に沢山の愛を与えてくれてますね。
私や私の妹も府中の大きな病院に入院していたことがあります。とてもいい病院だと思います。
私も毎日、早くじゅにちゃんが元気になるようお祈りしています。

11053004 どうもありがとうございます。「私や私の妹も府中の大きな病院に入院していたことがあります」というのは、どこの病院かなあ? 
 じゅには、「東京多摩総合医療センター」という実に大きい病院です。じゅには、千葉県の君津市に両親と一緒に住んでいるわけです(すぐ近くには、あちらのじいじばあばの家もすぐそばです)が、それがこんな府中市に結局は救急車でおくられてしまいました。いやその措置には感謝します。でも二人の両親、ブルータスとナオキ君も大変です。あちらのじいじとばあばも大変なことです。

お誕生日の日はエネルギーがとても高まっているので、その日にしたお願いは、かなうというと聞いたことがあります

 これはいいことを聞きました。私は今日はあとで、我孫子市の湖北の正泉寺へ行ってきます。私の父と母にそのお墓の前で願い事をしてくるのです。
 私の母と父は、もう学生のときから、いっぱい迷惑をかけてきました。東大闘争で、保釈になったと思ったら、また逮捕(芝浦工大事件で)されているんだものね。それでやっと今お墓で眠っているのに、また私が頼み事です。
 でも府中刑務所には、7カ月くらいいたのですが、今の府中は実に綺麗なところですね。私の昔のイメージはすっかり変わりました。
 府中刑務所は、やくざさんが多いらしく、独房の壁に「独居1カ月未だ屈せず」なんて落書きがあったものです。「え、俺はもうそれをもっと超えているよ」という思いでしたね。でも府中刑務所はメシがうまくて(ばくしゃりですが)快適でしたよ。
 じゅににも、今に快適になれるように祈っていますし、今日父と母に願いにお墓の前で頼んできます。
 ああ、私のおはぎもブルータスも私の妻も、笑美さんのことは、「綺麗なお姉ちゃんだ」というので、よく覚えていますよ。その笑美さんが、今はリーちゃんという実に可愛い綺麗なお嬢さんがいるのですね。私も私の家族も大感激です。
 私の長女おはぎは、三人の子ども(ポコ汰、ポニョ、ポポ)がいて、次女ブルータスは一人の子どもがじゅになのです。そして、何故かいつも父親の周があきれられています。私は字はしらないし(漢字もかな文字もローマ字も)、音楽もテレビも知らないし、酒ばかり飲んでいて(ただし、今はじゅにが回復するまで断酒しています)、いつも怒られてばかりです。
 でもそんな私でも、あんなに美人の笑美さんがこうしてコメントしてくると、私を見直すはずです。
 いいな、いいな、という思いです。

11052909 私がこのサイドバーに置いてある私のフェイスブックに、眞木 ひとみさんから、「周ちゃん お誕生日 おめでとう!!!」というコメントをいただきました。私は昭和23年(1948)の今日の生まれです。
 思えば、こうして63歳になりまして、ちょうど今日我孫子市湖北の正泉寺(しょうせんじ)というお寺の私の家のお寺に、私の父と母に「私の孫のじゅにをそちらへ連れていかないで」と頼みに行きます。
 私の父も母も、私の願いを聞いてくれるはずです。私の父と母も強い人なのです。
 ずっと私はじゅにをこれからも愛していきます。

↑このページのトップヘ