12091808 藤田典さんの「ダダさんの掲示板」で、このUPがありました。まだ書き足りませんでした。

己という存在が 投稿者:管理人  投稿日:2012年 9月18日(火)08時57分54秒
  確かに生きてきた一つの証を残す意味も含めて、自分が自らと正面切って向き合いながら、あれやこれやと考えてきた事柄について記録し、それを一人でも多くの人に読んでもらいたいと言う思いで始めたホームページ、早いもので、もう十年以上の歳月が流れました。何時まで続けられるだろうか?続けられなくなるまで、書けば良い。そう考えています。

 私は最初はNIFTY-Serveに書き込んだものです。1992年だったかな。それで同時くらいに、近所の柏市民ネットというパソコン通信の会員になったものです。その頃は、みな電話回線でつないでいたものです。だから、私はとにかく、自分のパソコンで書いてUPするときだけ電話をつなぐというやり方を徹底しました。だから私は書いている量に比しては、電話代はかからなかったものでした。
 その後1997年からインターネット接続になり、同じ地域内は(私はその当時は千葉県我孫子市でした)通信料は無料でした。ここで私は自分のホームページを立ち上げたものです。御茶ノ水に事務所もありましたから、自宅と両方でやっていました。
 そのあと、今の時代になりました。だから私ももう10年以上やっているのですね。なんとなく、今では年月がちゃんと数えられなくなった気がしています。