将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:秋葉原

12012713  今は秋葉原です。京葉線の新浦安に向かっています。もう東京駅ですね。また東京駅を歩くのですね。

   今は毎日乗っております京葉線の東京駅です。ちょうど2時に到着の予定です。今は地下だからメールが出せません。
  今日もいい天気ですね。でも風は冷たそうです。
 
小島均さんのことを思います。考えてみれば、彼とは同じサークル歴史研究会だったわけですが、彼が卒業してからは、1985年くらいの浦和会から会うだけだったのだなあ。
 それから今日が彼が亡くなって10年なのだから、思えば私はそれほどの付き合いだったとはいえないのだなあ。
 なんかいくつものことを思い出します。 涙は流さないようにしましょう。

12012504  今は秋葉原です。東京駅に向かっています。 東京駅でけっこう歩きます。 今私の古い友人にメールしました。
  いやこのIS01で彼女への手紙を書いていまして、今日プリントしようと思い、パソコン上で書き出したのですが、完成できず、でも彼女から来ていた手紙には、ケータイ番号とケータイアドレスがありましたので、今日送付したものです。

 私のような古い友人からメールが来るなんて驚いただろうな。

1111192511111926  どうしても、もっと早くこのIS01に書こうと思うのですが、なかなか実現できません。
  仕方ないのですね。台所の洗い物をしたりしていると、時間がただただ過ぎてしまうのです。

    昨日おはぎの孫三人とけっこう過ごしました。たくさんのことを思ったものです。
「カーネーション」がものすごくいいです。ドラマの中へ入って私も手伝いたい思いです。

  今上野です。いいお天気ですね。また東京駅で京葉線まで急ぐのかなあ。仕方ないですね。
 もうすぐ秋葉原です。秋葉原ももう歩いていないですね。ヨドバシカメラへ行って、目的のものを手にいれて、すぐ帰るだけになってしまいました。

11110911 今秋葉原です。
 理容室プラドから帰るところです。この綺麗な頭でじいじはじゅにに明日会えるのです。嬉しいよね。
 しかし今日はけっこう寒いですね。明日は、私の長女の学校にも行きたいのです。それで長女の美術の作品も見てきたいです。
 なかなかチャンスがないですから。

11081611 昨日秋葉原へ行きました。よく歩きました。「周3号機」を自作するために、パーツを買いに行ったのです。もう秋葉原はたいへんな人の数です。半ば予想はしていましたが、もうビルによっては入れないところもあります。(あ、あの店は混み過ぎで入れないかな」なんて思っていくと、本当にそうとおりだということがあります。とにかく、そのたくさんの人がパソコン関係目当てです。そしてその多くが「自作パソコン」の人たちです。もうそれは若い人たちのグループ、アベック姿の男女、私たちの世代、私よりも上の60代くらいの人たち…とさまざまです。そういえば昔よく見かけた「中学高校生とその親」というのは少なくなりましたね。昔はよく、パソコンを判っている子どもが入学祝いとか誕生日とかいろいろで、親に金を出してもらうのに、子どもが店員と交渉していて、親はそのそばでただ待っているという構造がありました。お母さんがだんだんイライラしてきて、「なんでもいいから早くしてよ」という光景なんかけっこう見ました。
 今は、それがもう、年代にかかわらず、みんな熱心に商品を見て、よく店員に聞いて(客の質問には答えませんという方針の店もあるが)納得して買っています。あちこちでみんあいろいろな会話をしています。それぞれがみな自作パソコンのプロになりつつあるようです。
 私が購入したパーツはみな、「これは安いだろう」といえるものばかり(なにしろ歩きましたからね)ですが、一つあげるとすれば、8倍速のCR−ROMがバルク品で3,000円(税別)でした。この店ではもう一つべつなものも買いましたが、これまた驚くような値段です。
 このお店は秋葉原の随分離れた場所にあるのですが、けっこう「知る人ぞ知る」というようなお店です。このお店についてこんなことがありました。

 11月3日に「PC学園設立事務局の「パソコン自作講座」の2回目の講座だったのですが、その日は秋葉原の自作パソコンのショップを歩いて回りました。このお店を出たときに、ある人がいいました。

  秋葉原の店って、これで儲かっているのかしら?今の店なんか
 来週来たらつぶれているんじゃないかな?

彼はあまりに安いので、あれでどうして利益をあげられるのだろうと思ったようです。私はすかさず、「そんなことはありませんよ、あの店はね…」と説明しました。だがこの疑問ははじめてこの講座に参加した人が皆抱いていたことのようでした。
 私からいいますと、彼らは偶然にもみな大会社の社員の方々でした。彼らの思いからは、あんな安くてたぶん利幅が薄いから、到底利益はあがらないだろう、でも賃料は高そうだし、どうするの? というところでしょうか。
 しかしこのことは、私は世の中に多くの経済評論家やマスコミにも見られてします見解なように思いました。マスコミでは「秋葉原はパソコン販売不振で凋落」というような記事を見たこともあります。事実「ティーゾーン」の営業不振も伝えられましたね。私は先月で日経産業新聞の購読をやめたのですが、その理由の一つに、なんだかさまざまな経済の実態を、もはや正確に伝えられなくなっているのではとこの新聞グループにも感じたからです。あれだけの秋葉原の裏の裏まで、自作パソコンへの人たちが群がっている事態を見ているのかといいたいのです。でも彼らはいうでしょう。

  自作パソコンだなんだって言ったって、あんな安い商品がいく
 ら売れたってたいしたことはない、ことはNECとか富士通のパ
 ソコンが売れて業績があがりつつあるというのなら判るけれど。

 私がいいたいのは、日本の経済を支えているのは、多くの中小企業なのです。この中小企業が活性している限り、この日本はまだまだすてたものじゃないのです。中小企業は小回り機動性がありますから、いくらでも形を替えて、力強く立ち回れるのです。その姿をあの秋葉原に如実に見ることができます。そしてエンドユーザーもそれに見合った形で賢くなっています。秋葉原のあの混雑した姿、猥雑ともいえる(なにしろ街のあちこちでいろいろなジャンク品が路上に並べて売られている)ような姿が、日本の経済を支えるたくましさだと思うんです。
 そして秋葉原を歩きながら思ったのは、昔行われた吉本(吉本隆明)さんとフランスの思想家ボードリアールの対談です。1995年2月19日東京新宿紀伊国屋で開催されたお二人の対談です。ここで吉本さんは、爛熟した消費資本主義社会のことを述べます。そして「消費は生産である」という概念を丁寧に説明していきました。だがボードリアールはこれが気に入らなかったようです。彼は世紀末ということから「資本主義の死」ということを述べます。そして現在の消費万能の大衆に警告したいらしいのです。吉本さんはたぶんうんざりしながら、それこそ丁寧に説明していました(だがフランス語と日本語ですから、そのたびに通訳者が訳して伝えるわけで、当人も聴いている私たちもたいへんでした)。
 もう私は腹がたってきました。

  このボードリアールだかなんだか、このバカヤロウ!。「消費
 は生産である」と述べ出したのは、もともとお前の本の中じゃな
 いか。それからそもそも「消費は生産である」と言い出したのは、
 お前の大好きなマルクスじゃないか。そんなに社会主義の崩壊が
 悔しいのか。もう、フランスへ帰れ!

とばかり心の中で毒ついていました。
 まったく今私は秋葉原を歩いていて、あのときのボドリアールの話にならない思想的凋落さ、といつも原則的な見解を見事述べることのできる吉本さんを思いました。そしてその吉本さんの言われることが今目の前で、秋葉原で展開されていることに深く深くうなづいていたのです。(11/22/98 09:16:10)

  昨日自作パソコン用のパーツを買ってきまして、きょう12時頃からつくりはじめました。すぐにでもはじめたいのでしたが、いろいろなことありまして、なかなかとりかかれません。でも今回は約2時間で組立て終わりました。最初9月11日に1台目(これを周1号機と言っている)はやく3時間半かかましたが、3台目になると、なんだか身体が覚えている感じになります。おそらくこれだけに撤すれば(というのは、いろいろ他のことにとらわれます。来客があったり、出かけたり、自分のホームページをのぞいたりいろいろです)、1時間くらいででき上がるのではないかなと思います。そして最初より2度目、2度目より3度目の今度のほうが、より易しい機械を組み立てているということがいえます。実際に組立てのときに、いろいろ手を細かいところに入れたりするので困るケースが、なんだかますます作りやすいものになっています。これはますます簡単に作りやすいですね。
 やっぱり誰もが、自分でパソコンを自作してほしいなと思います。とくに私と同じ年代(私は昭和23年生まれ)には、やってほしいな。三派全共闘世代は、破壊するのが好きだったけれど、今はせめて自分で使うパソコンくらいは自作してほしいな。やっぱり誰よりも早くやって、いろいろなことを感じとってほしい。

 唐突に思い出しましたが、私は1969年の1月に、東大闘争の安田講堂にずっといました。1月11日の夜、全共闘の部隊が駒場へ闘いに行っている間、本郷の安田講堂には中大全中闘(中央大学全学中央闘争委員会)の部隊が100名たらずしかいませんでした(なぜか私もいた)。そこに日本共産党の軍事部隊が夜半襲ってきました。それこそ1つの部署を一人担当というような形で守っていましたが、ある時間が経過したときに、「おい、あっちで火炎瓶を作っているらしいぞ!」という声で、私は、「え、どんな風に作るんだ、内容は何だ」などと興味がわき、その現場にかけつけました。そこでは、「火炎瓶というと、昔の山村工作隊のときに作られていたらしいですね」などとのんびりしたことをいいながら作っている人たちがいました。私は、「なんだ、こんな簡単に出来るんだ」と思って、私も真似して作ってそれを手にして、「これどうするんですか?」ときいたら、「その先に火をつけて、投げるんだよ」といいます。私はすかさず、そこにあった焚き火にかざして火をつけました。そこにいたみんなは、「バカ!お前何するんだ、速く投げないと爆発するぞ!」などと言います。私は本当に爆発なんかするのかあと思いつつも(爆発なんかしないよ、でも危険だから今は真似するのはやめましょう)、「みんなそこをあけて、爆発するらしいよ」といいながら、安田講堂2階正面のバルコニーに出ました。バルコニーにいた部隊も、「バカ、お前危ないよ、早く投げろ!」と言います(このときに私にバカといった活動家はその後4年後くらいに謝ってくれました。彼もあのときに「馬鹿!」とは失礼だったと、どこの活動家だか判らないが、気になっていたようです)。私は、「民青はどっちの方なんだ!」といいながら、ちょうど燃え上がってきた瓶を、言われるほうにそのまま投げました。私は背が低いから、バルコニーの柵の先はよく見えなかったのです。でもちょうど、椅子や机、立て看等々のバリケードを押し立てて安田講堂のすぐそばまで迫っていた敵日共民青諸君には、ちょうどいいところに落ちたわけです。燃え上がるバリケードに彼らはすぐに退却しはじめました。安田講堂で最初に投げられた火炎瓶は私周が投げたものです。
  あのころも私はいつも、「内容は何だろう? いいやとにかく使っちゃえ!」とばかりやってしまいましたが、今も同じだと思います。自作パソコンもいろいろと話を聴いたり、本を読んだりするのもいいのですが、もうとにかくやってしまうことです。私が最初「周1号機」を作ったときもまったく同じでした。

  もうとにかく頭にくるなあ! もう面倒だからこれから作っちゃ
 おう。よし、あ、そうだあの「若松通商」って、有名なところじゃ
 ないか。もうあそこで買うぞ。それでもう作るぞ!

ということで、その30分後には事務所で組立てを始めていました。事務所へパーツ類を持って帰ってから。「あ、プラスのドライバーがあったっけ?」なんて思い浮かんだものです。
 とにかくみなさん、パソコンを自作しましょう。(11/22/98 21:25:57)

306fe4b3.jpg   今王子駅で電車に乗りまして、もうすぐ田端駅です。御茶ノ水に散髪に出掛けています。
   途中の柳田公園でテントがいくつもありましたね。なにかあるのですね。
   けっこう暑いです。これからもっと暑くなるのでしょうね。ただこうして電車の中だけは快適です。
  それにしても外は暑そうですね。 思えば柳田公園で画像を撮りたいと思っていたわけですが、無理でしたね。
  だから秋葉原で撮らなくいちゃな。

  それで、こうして総武線の線路を撮ったのでした。たいした意味ないなあ。

 

38c11654.jpg   ひさしぶりに秋葉原のヨドバシカメラへ行きます。もう足りない消耗品があるのですね。
  思えばこんなことでいくのは実にひさしぶりだなあ。いつもは何かを買うついでに買っていたものでしたが、こういうこともあるのですね。
  さて、今はこうして王子からですと、電車の中の時間も短いものですね。

11021713 もうずっと年賀状の印刷をしています。まだまだかかりそうです。それときょう秋葉原へ行きました。いい天気の中けっこうな人出でした。
 それから、新年になりますと将門WebのTOPページの「MEMU」の左右の年賀のマークから私の家族と私の会社の年賀状のページへ行くことができます。見てみてください。それから、私の家族の写真の背景は、長女おはぎが作りました巨大な造作です。
 さて明日はもう新年です。

11020110 8日に午前10時に行きましたクライアントで、そこの女性の方が突如「パソコンを今すぐにでも買いたいのだけれど」という話がありました。それで、話して行きますと、もうその日をのがすと、相手も私もスケジュールが合いません。ただ私は午後行かなければならないクライアントがあります。
 それで11時半に秋葉原へ行きまして、購入することにしました。買われる方は私より年上の女性です。買いたい内容としては、

  CD-R/RWとDVDが必要。家が狭いので、液晶でテレビも見られる
  モニターがほしい。これで予算は20万円以内。

 私は了解しまして、まずインターネットで二つばかりのサイトを検索して、出かけました。時間がないですから、どのように秋葉原を見て回るか決めました。大型店を二つ、モニター専門店を一つ、あるメーカーのショールームを一つ、そして、ある小さな販売店です。見て回る順番も決めていました。いくつかパソコンを見て、かつ私が店員と話したりするうちに、彼女の心が決っていきます。ショールームで見たパソコンで決めたいのですが、テレビも見られる液晶モニターが高額すぎます。そこで、大型店で、液晶モニターを見たあと、その店裏のある販売店にいきます。ここは、もう狭い店なので、商品を見ることはできません。でも私は最初から、「あの店で決まるな」という思いでした。今まで何度も、ここの店で最終的に決めてきたのです。やっぱり目的のモニターが他の店より安価で売っていました。そしてかつそこの店員は私の顔を覚えています。
 かくして、これでみな購入しました。消費税込みで、20万円で3千円くらいのおつりがきました。
 このところ、とくに女性から「パソコンを買いに行ったけれど、買えなかった」ということを聞きます。店員が聞いてくることにパニックになってしまい、お金は用意していて、パソコンを買いたい気持ばかりなのに、買えないのです。だから、もう私がついて行ったときには、満足できる買い物ができるように私は周到に考えていきます。いつもパソコン雑誌の広告は詳細に見ていますし、インターネットで価格に関してもいつもチェックしています。そして秋葉原はいつも歩いています。
 この日も、その買い物のあと、一緒に食事しまして、それから私は午後行くクライアントへ急ぎました。(2002.02.18)

11012604 この日は、朝9時10分に家を出て、秋葉原に向かい、買い物をして、10時30分には家に帰っているあわただしさでした。

2011/01/26 08:05もう「てっぱん」を見ています。この京野ことみさんは、こういう役は初めてではないのかなあ。

 ひさしぶりにヨドバシカメラへ行きました。

11012508  一つ前の これから秋葉原のヨドバシカメラへ行きます ですが、実は行く時に電車の中で私のIS01から、どうしてもUPできませんでした。それで帰りの電車で再びUPしたものです。
 だからUPした10時5分というのは、帰りの電車でした。このときには、すぐにUPできたものです。だからヨドバシカメラにはほんのわずかしかいなかったのだな。

 それで、「あの広い店内のどこかがいつも困っています。1Fの受付は今まで役に立ったことはありません」と書きましたが、今回もその商品の場所がやはり分からなくて、また聞きましたら、そこで電話してくれて、すぐに分かりました。大変に感謝します。
 いつもは、聞いても「2Fの○○のあたり」と言われて、「そんなことは分かっている、そこのどこかということを聞いているのだ」ということでしたが、今回は内線電話で聞いてくれて、具体的ですぐに(きょうは1Fでした)教えてくれました。
 またヨドバシカメラのファンになってしまうな。

11012507 この日は、「電池がない」と焦りましたが、ちゃんとありました。私の身につけているものの中にあるのでした。

2011/01/25 07:25朝食が終わり、あといろいろやっています。あ、きょうあるものを見学に行きましょう。義母のところへ行く前にです。
 秋葉原でたくさんの人が殺された事件の裁判の求刑の日ですね。あの日は私が千駄木「浅野」へ行きましたら、マスターとママが大変に心配していました。でももうあの頃には秋葉原はあの方面を歩かなくなっていたものなのです。もう今はヨドバシカメラへ行って、自分の目的のものをすぐに買って、すぐに帰るだけですね。
2011/01/25 08:08でもIS01の予備の電池が入れているものが今ないのです。昨日どうしたのかなあ。
2011/01/25 08:15ありました。ありました。もう自分のポケットをあちこち探して、前日を思い出し、あきらめた頃、いつも入れている左のベルトに下げているデューロカーゴのもう一つの外側のポケットに入っていました。

 この日は赤羽の東京北社会保険病院に行きました。義母が快活に話していたものでした。そのあと妻と二人で上中里の長女の家に行きまして、孫たちと接しました。ポニョがばあばの妻に「泊まっていって」としつこく迫りました。私にいえば、すぐに「一緒にネンネしよう」とすぐに了解するのになあ。

10120502
秋葉原のヨドバシへ向かっています。さていろいろ見るつもりです。

続きを読む

10112501 私はよく、「時間の使い方」ということを聞かれます。私がこうしてホームページを毎日更新して、メールマガジンも発行し、そして仕事もやり、酒も激しく飲んでいる、そして読書もしているということで、何か「時間をうまく使えているの人なのでは」と思われるようです。私はとくに他の方と違っているのかなということは正確には判りません。ただ、今週もあるクライアントで、とくに、「いつどこであれだけの本を読んでいるの?」と聞かれたものですので、そのことについて書きます。この「時間の使い方」ということでは、今後もいろいろと書いていくつもりです。

 私の読書する場と言えば、一番は電車の中です。この号の「今週の雑読」であげた本や雑誌はすべて通勤とクライアント他への移動の際の電車の中で読みました。自宅では、私はほとんどリビングに置いてありますパソコンの前に座っていまして、そこでもパソコンを打ちながら本を読んでいたりします。私と話される方は、私がテレビもよく見ているのを知られると思いますが、実際に画面は見ないで、耳で聞いているだけです。たまに家族と一緒にテレビを見ているときは(例えば、「THE BOOM」の出る歌番組)、必ず本も一緒に読んでいます。私はひとつのことをそれだけに集中することはできません。必ず本も一緒に読んでいます。実は晩酌しているときも本も読んでいます。もちろん、家族ともよくお喋りしますよ。
 それで、読んでいる本は1冊ではありません。必ず5冊程度併行して読んでいます。1冊の本を集中して読むよりは、少しその本の内容にくたびれてきたら、別な本に向かうようにします。
 それでこの読書の時間で、大事なのは、実に短い時間、こま切れの時間でも必ず目を通すということです。例えば、私の事務所はお茶の水ですから、秋葉原で乗り換えて帰ってくるときに、この区間はとても短い時間です。でもここでも必ず本を手にして読んでいます。こうしたいわば「こま切れの時間」を積極的に読書する時間と空間にしてしまうのは大事だなと思っています(ただし、私は必ず秋葉原の風景のような窓の外も見ていますよ。何かが変わっているかもしれないですから)。食事するときに入った店でも、待っている時間が短くても、必ず本を拡げます。2分、3分であっても、5ページからときには10ページくらい読めてしまうじゃないですか。それから、私は眠いと、すぐベッドへ向かいます。夜10時に眠ると、たぶん午前2時には目覚めますから、とにかく眠いときは眠ります。ただし、ベットへ入って、必ず本を読み出します。眠いのですから、すぐ眠ってしまいますが、それでも5ページくらいは読んでしまえるものです。

 それと、読んだ場合に、私はしおりの替わりに、ページの上を折ります。それから、書いてある内容で感心したり、あとでなにかに引用したいなと思ったときにはページの下辺を折ります。これを付箋を貼ったり、マーカーを記したりという方法は、電車で立っているときは難しいのと、それ以上に、こうして本のある部分を折っておくというのは、「自分はこの本を読んでいるんだ」という気合いが入るものなのです。とくに、下辺の折ってあるところをあとで読み返すと、驚くほどの新鮮さがあり、参考になります。そしてやがて、そのページを折っていることが「本に可哀想だな」という思いがありまして、早くどこかに書き記そうということになります。書き記しましたら、本はもとに戻すのです。

 こうして本を読むことがコンサルに関係があるかと言えば、おおいに大事なことになってきます。象徴的に言いますと、次のようなことです。
 クライアントへ行きまして、最初はパソコン雑誌や長谷川慶太郎さんの本から得た知識で、いろいろとお話していますが、さて、飲みに行った時間帯になりますと、社長が、

 先生に奨められた藤沢周平もほとんど読んだし、吉村昭もほとんど読んだので、何かいい作家はいませんか?

と言われます(時代小説好きな社長さんて多いですね)。そこで、今度は私は宮城谷昌光を薦めたりします。またその社長の奥さんが推理小説が好きだったりすると、島田荘司の話をしたり、京極夏彦の小説の話をしたりできます。
 こうしたことは、私には大事なクライアントとのお話なのです。そうしたお話の中で、私にはそのクライアントの経営の未来が見えてきたりするものなのです。(2000.10.23)

10110106上野です。久しぶりの御茶ノ水です。秋葉原で乗り換えです。なかなか電車では思うように書けませんね。仕方ないことですかね。ケータイですからね。ノートはもう持って歩きません。
続きを読む

6549c282.jpg「浅野」で食事して、秋葉原へ行きます。Facebookというのはケータイではやれないのかな。このツイッターもブログもできるのに、駄目なんですね。

10100401 きょうもポニョに私のポケットを探られるのかな、と思って緊張しています。

2010/10/06 07:55昨日書いていたのですが、秋葉原の大量の中国人客のことを書いていませんでしたね。あとで書きます。そういえば、ツイッターが入力画面が出てこないのです。困りました。もうこれでは使えないですね。いや時間が経っても同じなのです。もう前のバージョンにもどしちゃおうかなあ。
2010/10/06 08:02「てっぱん」を見て、また涙が浮かびます。
2010/10/06 09:44さてまたこうしてリビングで義母を送ることを用意しています。
 いつもこの時が一番大変です。でもこれをずっと続けて行きます。
 昨日長女の家に行ったときのことを思います。いつも同じなのですが、私はいつも孫のことを思い描きながら向かっています。まあ、自転車でも行くときがあるのですが、そのときは走っていることを一番考えるようにしていますが、歩いているときは一番3人の孫を思っています。でも実際に会うと、またいろんなことがあるわけです。可愛いのですが、でもポニョはいつでも私のポケットを探って、いくつものものを取り出します。そしてそのものを出していろんなことをしだします。面白くてたまらないのでしょうね。私も面白いのですが、でも実は大変でもあります。
 でもポニョは家の中だと、平気でものをどんどんと落としてしまいますが、外では決してそうはしません。そのことでは、私は少し安心しています。
2010/10/06 10:09外で義母のお迎えを待っています。きょうはいい天気ですね。嬉しい天気です。

 ポポは私を見ると、笑顔でいてくれるのですが、でも私が抱くと、泣いてしまうのです。かなりこの日は決意して行ったのにやっぱり困りました。

10090122 思えば、この日もいくつものことがありました。

2010/09/06 07:19今一階のゴミ置き場にいくつものゴミ・資源を置いて来ました。
 昨日はこのポメラをたいして書いていないのですね。困ったものです。どうしてもパソコンの前ではこれは開けないですからね。
2010/09/06 08:02このポメラで今また別な文章を書いていました。それが「ゲゲゲの女房」の番組と妙に関連しています。
2010/09/06 09:47義母のお迎えの電話を待っています。義母はいつも「病院に行く」とばかり言っていて、もうそれが大変です。そしていつも義父が亡くなったということを何度も問い合わせています。いや義父のことだけでなく、自分の父親・母親のことも聞いてきます。今もまた病院に行くことをいいました。それでこのことを強く否定しないとまずいと思っていますが、これはどうなのかな。
 今電話がなって、受話器を私が取ったらきえました。なんでかなあ。
2010/09/06 10:11これからいくつかのことをやり、外出します。
2010/09/06 13:19先ほど外出した用は済まなくて、これから秋葉原のヨドバシカメラへ行きます。あ、そういえば、昼食がまだだったのだ。思えばよく秋葉原までは行くのですね。でももう王子ではいくつものことが終わりませんね。もう嫌になります。いや、考え方を普通にすればいいんだ。

 電車の中では、IS01を見ていました。インターネットを見ているのです。

10072807 この日も実に暑い日でした。理髪店で髪を切りました。

2010/07/31 07:50どうしてもこの「周のポメラ」もそれほど書いていられないですね。少し悔しいです。今朝はもう「蜘蛛業」には「ニュースさとう」も「読書さとう」もUPしました。義姉にも8月1日の参加者に関するケータイメールをしました。ただし、メールを書いても、それを実際に送るのは二時間後になっています。
2010/07/31 07:59さて「ゲゲゲの女房」です。もう私も水木しげるのファンになっています。
 でも私はいつもこの番組を見て涙目になっています。
2010/07/31 08:18今ごきぶりが出てきて少し騒動でした。実にひさしぶりですね。小さなゴキブリでした。でも今は隠れましたが、必ず退治します。
 こうして暑い毎日ですから、孫たちのことを気を付けます。
 でもこうして孫を思うと、また会いたくなります。きょうは昼には長女家族5人はみなミツ君の実家へ行きます。
2010/07/31 11:09今王子駅で電車に乗りました。理髪店に行きます。もうこうして電車に乗るまでが非常に暑いですね。いつもこういう電車の中でも、小さい子どもを見るといつも孫のことを思い出しています。ああ、会いたくなっちゃうな。
 もう電車の中をいどうしなくちゃな。
2010/07/31 11:17上野駅まで移動しました。もう秋葉原だ。早いなあ。
2010/07/31 11:22今秋葉原のホームです。ただただ汗です。嫌になります。
 電車の中は涼しいです。こうして暑いのはつらいですね。

 秋葉原でヨドバシカメラでインクとA4の手紙の用紙を購入してきました。

続きを読む

6d695f39.jpg

雑誌名 日経パソコン第601号
発行所 日経BP社
定 価 980円
発行日 2010年5月10日
読了日 2010年5月7日

 地デジを見るためのワンセグチューナーを使わなくなったなあと思います。思えば私は2つめのワンセグチューナーですし、最初は秋葉原で手に入れてある飲み屋でノートにつないでいたものでした。でもそもそもテレビは見ないし、見るときはリビングで「ゲゲゲの女房」を見るばかりだなあ。

01bf08df.jpg

 ヨドバシカメラへ行きました。もうたくさんの人で驚きました。

2010/01/02 07:21どうにも寒いです。妻が「風邪を引いたのでは・・・」と心配していますが、私は寒がりなのですね。でも夏になると、今度は暑がりになります。なんとなく、年をとったのかなあ。
2010/01/02 07:27きょうは2日です。箱根駅伝の日ですね。
 でも今気がついたのですが、今年は年賀状がほぼ年賀のはがきですね。ほかのはがきがほぼありません。それとみんなパソコンで作っているものが多いですね。そのパソコンでの作成も、「よくこれだけ作ったものだなあ」と感心するものがいくつかあります。
2010/01/02 11:45王子で電車に乗りました。実にいい天気です。秋葉原のヨドバシカメラへ行きます。年賀状でインクがなくなりました。やっぱり写真を印刷するとインクはなくなりますね。それが黒インクだけではないのです。けっこう使うものですね。
2010/01/02 11:50今は快速電車ではないのですね。これだと秋葉原まで5分余計にかかります。今は日暮里駅です。それにしてもいい天気です。
2010/01/02 11:54でもやはり、けっこうケータイメールを見ているひと、打っている人がたくさんいますね。私もケータイメールもけっこう打っていることが多かったです。今ではこうしてポメラになっていますね。
2010/01/02 11:58もうすぐ秋葉原です。買い物してすぐに帰ります。着きました。
2010/01/02 13:52秋葉原から帰ってきて、箱根駅伝の往路のゴールを見ました。でも3位からしか見れませんでした。私が王子駅から歩いていた途中にゴールしたのでしょうね。
2010/01/02 18:38このポメラのパネルを換えました。きょうヨドバシカメラへ行きました。そのことはここにも書いています。でも急に、「あ、別のパネルを手に入れよう」と思ったものです。

 ここに書いていますが、新しいパネルの画像をここにUPします。実は前のパネルは私のミスで少し傷がついているのですね。いえ、私が悪いのです。さて、きょうは私の孫のポコ汰の3歳の誕生日です。

続きを読む

e5e25bce.jpg

 秋葉原のヨドバシカメラへ行きまして、いくつかの買い物をしました。そのあと千駄木の『浅野』へ行きました。マスターといくつかお話をしました。

2009/11/15 10:31今電車です。秋葉原に向かっています。ヨドバシカメラでソフト他を買います。でも、こうして快速電車はひさしぶりだなあ。私のすぐそばでノートパソコンを広げている方が二人です。ノートはね、私も持っていますが、あ、今も鞄の中にあるんだ。起動が時間のロスですね。このポメラは実にすぐ打てます。私も遠距離ならノートを開きますが(あ、昔京都への行き帰りにノートを開いていました)、今はね、王子から秋葉原の12分の時間では、このポメラが一番いいです。
 思えばケータイを打っている人も多いですね。私もこのポメラで打ったものをケータイでUPするつもりでいます。

 ヨドバシカメラで、ケータイのことを聞いたのですが、相手がよく説明できないのでね。私はボディの外側にマイクロSDの収納場所のある機種を聞いたのですが、ちゃんと説明してくれないのですね。私はケータイメールでも、このブログをUPするのに、マイクロSDがボディの側にあるものでないと、電車の中でもどこでもこのブログのUPが面倒なのです。でもそこら辺がよく私の言っていることが詳しくは判らないようです。まあ、私はもうそばで少し見て理解しました。さて、そのうちどれにするかですね。私はポメラで打ったマイクロSDをすぐにケータイでUPしたいのです。これがよく判らないみたいですよ。デジカメの機能なんか、どうでもいいのよ。

続きを読む

022ebf92.jpg

 たぶん、夕方5時すぎくらいから、孫二人を預かりました。その前には、

   http://kumowaza.net/ spider job  蜘蛛業


   http://kumowaza.net/taxonomy/term/11 ニュースさとう

へ6つのニュースをUPしました。
 そのあと、私のブログでもあと7つばかりのUPを予定していました。でもでももうこのときの孫二人との付き合いは、なんだか私はくたびれてしまいました。
 思えば、ニュースさとうをUPしたら、秋葉原のヨドバシカメラへ行こうと思っていましたが、他のことでうろうろしているうちに孫たちがきて、それで嬉しさにまぎれてしまいました。
 明日はいくつものことをやりとげます。

続きを読む

6773c204.jpg

 2009年10月24日のポメラ の訂正です に書きましたように、昨日は秋葉原のヨドバシカメラでLANケーブルを購入してきました。

2009/10/25 07:48きょうはまず長女の家に行きまして、そのあと秋葉原へいくつもりなのです。でも、まだ出発できません。仕方ないなあ。
2009/10/25 09:49今京浜東北線です。秋葉原に向かいます。LANケーブルが必要です。

 結局朝は長女の家に行けずに、夕方行きました。これで私のノートパソコンも格段に使い勝手がいいようになりました。

続きを読む

1c632df7.jpg

 今秋葉原へ行って帰ってきたところで(LANケーブルを買ってきました)、そのケーブルを設定して、それでアクセスしたら、次女ブルータスからケータイメールがありました。
 私が以下のように書いたのは誤りでした。

2009年10月24日のポメラ
長女の誕生日が26日でもあるのです。

 長女の誕生日は27日でした。もう私はいつも間違えていますね。ごめんなさい。

続きを読む

9de1e118.jpg

 まだどうしても高血圧は治らないのですね。困りました。
 越谷ばあばに抱っこされているポコ汰はもうとっても可愛いです。

2009/07/17 10:37今医院に来ています。なんか、義母を送りまして、郵便を出します用があっていろいろと忙しいことです。孫のところにも行きたいです。ミツ君のお母さんがいてくれるはずですから、あとで行きます。あれ、きょうはまだ髭を剃っていないな。それに今気が付きました。
 秋葉原にも行かないとなりませんね。いくつもやるべきことがあるんだなあ。
2009/07/17 11:02薬局です。でも、私の高血圧は治らないですね。何でかなあ。真面目に生きているんだけどなあ。なんとなく、面白くないなあ。あ、早く二人の孫に会いたい。
2009/07/17 13:03今長女宅です。ポコ汰とポニョは越谷ばあばと3Fに行っています。

 秋葉原へ行くのも、八重洲ブックセンターへ行くのも、それにゴトさんの図書館に行くのも、どうしても無理です。
 どうしてもすべてやることばかりがいっぱいです。

続きを読む

8b4f28eb.jpg

雑誌名 週刊アスキー通巻738号
発行所 アスキー・メディアワークス
定 価 360円
発行日 2009年6月9日
読了日 2009年6月2日

 もうこの号は、どこを見ても、あまりよく判らない思いですね。なんか思えば、私ももう時代についていけないのかなあ、と心配になりました。
 秋葉原をあちこち歩いてこようかなあ。

fc063f27.jpg

 きょうは、朝9時ちょうどに図書館へ行きまして、そのあとヨドバシカメラへ行きました。それですぐ帰ってきました。
 秋葉原の帰りのエレカレーターで、明治大学のY先輩と偶然会いました。でも互いに逆方向で話してはいられませんでした。

2009/03/07 10:38今また京浜東北線です。秋葉原に向かってます。今日はいい天気ですね。昨日はあんなに寒い日でしたが、今は実に綺麗な空です。上野を経過しています。ペースメーカーを実際につけているかたがいるんですね。
2009/03/07 12:29今家でテレビを見ながら、耳は梶井基次郎の「檸檬」を聞いています。
 きょう朝もたしか3時ころから、中島敦「山月記」を聞きました。ほぼ内容はすべて覚えているものと思いこんでいましたが、少し違ったものでした。
 また、今聞いています「檸檬」もこんなきめ細かい点まで聞いていて驚いているところです。
2009/03/07 12:52今もう日本テレビをみています。

 この音声でいくつもの作品を聞いているのもいいことだなあ、と思いました。自分が読んでいたはずでも、こうして再び丁寧に聞いていきますと、また別な思いも湧いてくるものでした。

続きを読む

50d40d12.jpg

 昨日17日ときょう18日のポメラです。

2009/02/17 08:16NHKの朝ドラを見ています。でも、テレビを見ているだけでなく、義母のお茶を入れたり、いろいろなことがあります。私の部屋のパソコンはまた別なことをやっています。
 昨日はポコ汰が私が持って行きましたケーキを食べているのが実に可愛くて良かったです。ポニョはもう元気いっぱいな笑顔を見せてくれています。
2009/02/18 13:05今王子駅です。秋葉原へ行きます。その前に寄るところがあります。またどこも忙しく歩くことになりますね。
 次の駅が田端です。
 そういえば、私はこのポメラの辞書をMS−IMEにまた戻しました。やはり私はATOKとは合わないことが判りました。やはりMS−IMEは私がずっと使っているVJEと少しは近い感じなのかな。
2009/02/18 13:12今山手線に乗り換えです。なんだか気持ちがせわしい思いです。でも、きょうはいいお天気ですね。次の日暮里駅で降ります。
2009/02/18 13:35「浅野」でビールを飲みました。さて、これから昼食を終えて、それから下駄を手に入れて(そこで履きかえて秋葉原へ行くつもりです。
2009/02/18 14:44今また日暮里です。ここまで墓の中を歩きました。その時にはるかに昔を思い出していました。私は21歳の時の秋、この墓の中を歩いているのですね。私が東大闘争で府中刑務所から保釈になった時です。実に懐かしいですね。

 いやよくよく思い出せば、69年秋は違ったかなあ。70年かと思いましたが、69年12月始めにまた逮捕されて、翌70年3月で保釈になり、4月は赤羽桐ヶ丘の雪印でアルバイトをしていたのでした。だから、あれは69年の秋だったかなあ。

続きを読む

9a584ed1.jpg

 本日は新江古田へ行きました。その中で、ポメラに書いていました。以下のようです。

2009/02/10 08:18祇園のお茶屋さんは大変なんですね。いつも、この朝ドラを見てきました。思い出せば私はお茶屋さんで飲んだことはないなあ。
 京都もしばらく行っていませんね。でも、飲む店も変わりましたね。私が昔行った頃働いていた方と出会うこともなくなりました。
 この春には、鎌倉を歩こうかと思っています。暖かい日ならいいなあ。
2009/02/10 10:41都営大江戸線の中です。今はもうすぐ牛込柳町です。大昔ここらへんを自転車で走っていたことを思い出します。きょうは、外は暖かいのですね。
 こうして暖かい日の中を歩くのはいいですね。
 でも、私はまだこれで書いたものをケータイでUPすることができていないのですね。まずいから、ちゃんとやれるようになろう。
2009/02/10 10:52都庁前です。立って打つのは大変なことが分かりました。
2009/02/10 10:55また電車の中です。でも今は鞄を膝に乗せているから、いいのですが、膝に直接乗せていると、打つのがけっこう大変です。当然ですが、歩きながら打つのは無理だなあ。まあ、当たり前のことですね。
 きょうは、帰りに秋葉原のヨドバシカメラへ寄って買物をします。何時頃になるのかなあ?
 さて、読書の時間にします。

 これで、午後の2時すぎまで、この会社にいまして、そのあと秋葉原へ行きました。ヨドバシカメラで買物をしたあと、帰ってきました。もう午後4時を過ぎていました。家にかなりなものが到着するところでした(帰ってから、改めて電話で頼んでうけとります。それが午後5時30分)。もちろん、途中で激しくケータイメールでの連絡があります。
 思えば、ヨドバシカメラでは、さまざま手に入れるものがありますね。

続きを読む

  きょう午後秋葉原へ行きました。

2009/02/06 13:30今電車の中です。秋葉原のヨドバシカメラに向かっています。DVD-ROMを買うためです。デスクトップのが壊れちゃったのですね。ソフトが入れられないのです。ノートには入れられますが、やはりね。困り果てています。でももう上野だ。もうついちゃうなあ。最初は本を読んでいましたからね。
 帰る際には、長女宅にいくつもりです。でも、このポメラを腰のベルトにつけているといいですね。秋葉原についたら、歩きながらベルトにつけます。
2009/02/06 14:27ヨドバシカメラからの帰りです。やっぱり前もってインターネットで調べていくのがいいですね。もちろん行きますと、予定していたのとは違うものを選ぶものです。
2009/02/06 14:29思えば東京に住むと、こういうことができるんですね。我孫子では、こういかなかったものでした。思い出せば、秋葉原で自作パソコンのいくつものパーツを買って、千駄木等で飲んでそのまま、翌朝我孫子の自宅まで帰った時代がありましたね。翌日パソコンを作っていて、完成するころ、記憶が戻るのでした。懐かしいなあ。
 王子から、長女宅へ元気に行きます。ポコ汰はお昼寝だろうな。仕方ないです。持っていくものがあるのです。早く行きます。

21478532.jpg このあとすぐに、長女おはぎの家へ行きました。ポニョが笑顔でいました。おはぎがいうのには、ポニョはいつも元気なそうです。いつも眠らないのです。私が行きましたこの時間も元気に起きていますが、真夜中も眠らないそうです。
 困りましたね。私の血なのかなあ。でも私は夜中は眠っているのですがね。
 それにくらべて、ポコ汰はぐっすり眠っていました。全然目を冷まさないで、じいじは少しつまらなかったです。

続きを読む

db43e46d.jpg

 SHIROのポメラ日記 の [子どもと携帯電話]に、2月2日、このUPがありました。

子ども達に「携帯禁止」と言うのは簡単です。

 本当にそうです。「言うのは簡単です」なのです。でもそれが簡単にできるのでしょうか。

 また、「子どもと携帯電話」の出前講座をしていて、「携帯のことは難しくてよくわからないから、行政が制限してくれ」「学校で指導してくれ」といった意見をよく聞きます。
 しかし、一番恐いのは、「携帯禁止」と言ったり、「学校で/情報センターで子どもに話してもらえば」「行政で制限してもらえば問題は解決」などと考えて、保護者や地域の大人が、携帯を使う子ども達の気持ちにちゃんと向かい合わなくなることです。

 これはこういう大人たちが、ただただ無責任だということなのです。

 例えば、2008年6月に秋葉原で無差別殺傷事件が起きました。加藤容疑者が事件前にネットの掲示板に書き込んだメッセージを読むと、彼がいかに親や周囲に傷つけられ、自己評価が低く、周囲の人たちや社会を恨んでいたかがよくわかります。それらの気持ちが爆発してあの悲惨な事件になったのであって、ダガーナイフが事件の原因だった訳ではありません。慌ててダガーナイフの販売を禁止する大人を見て、多くの子ども達は「大人はちっともわかってないな」と思った事でしょう。

 あのときに、私はいつもの飲み屋に行きましたら、店の皆さんが、秋葉原によく行くであろう私のことを心配していました。それで私も事件を知ったものでした。

 そして、「携帯のことは難しくてよくわからない」という大人の方は、まずは自分でやってみましょう。家族や友達などと携帯メールをやり取りしたり、携帯でネットをあれこれ見てみましょう。
 頭で理解することと、実際に体験して実感することは全然違います。携帯メールを誰かとやり取りしてどんな気持ちになるのか、自分で体験してみないといいも悪いもわからないし、子どもに対して何も言えないでしょう。
 今は生涯学習の時代ですから、子どもに「勉強しろ」と言うだけではなくて、大人の方も勉強しないといけませんよ。

 私と同年代、そして下の年代でも、ケータイは、電話だと思っているだけなのです。ケータイメールはできないという人が多いです(いやなに、実際にやってみればできるはずなのですが)。だから、自分の息子娘たちがケータイメールを使っていても、それがまったく理解できません。「電話なんだから、電話でこそ使えばいいんだ」という気持だけなのですね。
 私の友人たちでは、私がほぼケータイメールだけですから、それでケータイメールを使いきる人が増えてきました。使ってみれば、こんなに便利なものはありません。そしてこれを使いきって、始めて実際に声で話すこと、手紙で詳しく書くこと、実際に会ってみることの大事さ、その魅力が判ってくるはずなのです。

 先の記事でも取り上げた吉田賢治郎さんのブログ「けんじろうとコラボろう!」には、家族間でネットを使ったコミュニケーションをする例がいろいろ載っていて、参考になります。ぜひ見てみてください。

けんじろうとコラボろう!」は、私のブログのサイドバーでリンクしました(あ、そのことを広報しなくてはいけません。それと彼にも連絡しなくちゃあ)。あのような親がいることに、私はとっても嬉しくなります。

 あ、私は昨日、SHIROさんが薦められていた「教室の悪魔」を読みました。この本のことはまた後で書きます。

続きを読む

99e3b640.jpg 義母は今どこに居るのかということがよく認識できていません。そこが一番うまく判らないようです。だからいつも説明しています。
 写真は、昨日夕方行きました秋葉原ヨドバシカメラの店の前にあるクリスマスツリーです。この前をたくさんの人が歩かれているので、写真を撮るのは実に大変でした。この季節はどこでもこのツリーが見られますね。(11/28)

9af6e2bd.jpg 昨日は孫と会えなくて、なんだか孫の声かと思って外へ出てしまう私です。あれは私の孫の声ではないと判っているのに確認に出てしまうのです。
 写真は6月14日午前中に秋葉原で手に入れましたオープントースターです。(06/17)

f3a9735c.jpg 私は昨日は夕方、千駄木「浅野」へ行きました。そうしましたら、秋葉原の事件のことをききました。私がしょっちゅう秋葉原に行くと思っていて、心配されたようです。でも私はこのごろ、あの方面には出ないで、もっぱらヨドバシカメラで買い物をしているのですね。
 でも私はまったく知りませんでした。そもそもテレビを見ていないですからね。しかし、今朝テレビで亡くなった方の顔写真が出てきますと、なんだか悲しくてなりません。私の親族でも友人でも、そこにいて不思儀ではないわけです。私が孫がそこにいても不思儀なことではありません。
 亡くなられた方の御冥福をお祈りいたします。合掌しました。怪我された方の一日も早い回復を祈ります。
続きを読む

8137882c.jpg

 午前中喪中葉書を秋葉原のヨドバシカメラに買いに行きました。欲しいソフトの新しいバージョンも買いました。それで帰えってきて、印刷して出しました。あと残り240通は本日切手を買いまして貼って出します。
 その秋葉原の帰り、王子駅北口の酒屋藤やで、お酒を買います。それがいつも何度も買っているお酒なのです(でもきょう買ったのは、その中でもまた違うのです)が、店主とわずかなお話の中でも私は嬉しくなります。
 そして家に帰って印刷している中、買い物に行きます。王子サミットストアで、来ているはずの長女家族に会えません。でも妻からの用があり、ミツ君に電話できました(おはぎはケータイを家に忘れていた)。それで私はいとしいポコちゃんの手を握ります。
 妻がおはぎに頼んでいた花を買うのを私も選びます(もちろん、おはぎは私に合わせない賢い普通の娘です。だから私が言う花と違うのを買う)。私は図書館に寄って帰ります。
 そして私はテレビの「笑点」を見て、やっぱり笑いながら、図書館で借りたチェーホフ「たわむれ」を読みます。
 もう当然この話はよく知っている内容です。
 そして私は、このチェーホフはよく理解できるはずでした。でも小説の中身の終わりは違うのです。

 わたしはなぜあんなことを言ったのか、なぜあのような戯れに興じたのか、歳をとった今となっては、わたしにもわかならい……

 これでは、あの小説のチェーホフとは違う……、と思いながら、私は涙を流していました。でも私は笑点を見ていて、笑いました。私の涙が不都合だったからです。
 そして当然、お酒を飲んで、飲みながら、結局NHKの「風林火山」を見て、川中島の戦いにおける上杉謙信と山本勘助を思いました。やっぱり従来言われていたように、川中島の第4回目の大戦争は、武田軍の勝利ではなく、上杉謙信のほうの勝利と言えるのではないかな。江戸時代は、徳川政権だったから、どうしても武田信玄を誉める必要があったから、「いろいろとあったが、結局は信玄側の勝利といえよう」というわけだが、あの戦いはどう見ても謙信の勝利です。いえ、明治以降も、そして今もあの戦いは、信玄の側の勝利といいたいのだろうが、戦いの最初から最後まで、すべてを仕切っていたのは、謙信しかないと私は思っています。

 それにしても、チェーホフにはいつも泣かされます。やっぱり、チェーホフは本気で私に涙を流させてくれます。彼の本心は何なのだろうか。

続きを読む

25babbf4.JPG今待っていることがあるのですが、もうヨドバシカメラは昔の秋葉原ではないですね。いつも私は分からなくなっています。

 写真は、鯨ですよ。

a37e185c.jpg

 きのうは、新江古田に行きまして、そのあと上野での午後5時の打ち合せまで「時間があるな」と思っていましたが、神保町の三省堂へいきまして、吉本さんの本を購入して、秋葉原のヨドバシカメラでインクを買うと、もう時間が迫っていました。けっこう時間って、あっという間に、縮まってしまうものだなと、少し焦りました。
 でもそのあと、千駄木「浅野」で飲み始めましたが(先週土曜日に来ていて、私は記憶がないから、迷惑かけたかなあと心配でした)、ここでは、ビール1本とお酒を3本しか飲まないのですが、何故かもうけっこう酔っていました。なんでかなあ。ついちょっと前には、このあと2軒飲みにいっていたものでしたが。

 でもきょうは、この事務所内で仕事だったのですが、実にこの王子をあちこち飛んで歩きました。王子は、もう銀行がどこもあるし、郵便局の本局もすぐそばなので24時間使えるし、その他、いろいろなところがあるので、もう必死に自転車で動き回っていました。
 電話も、ケータイがけっこう鳴るし、スカイプでも電話してくる方がいます。思うんですが、スカイプにしろ、ケータイにしろ、これで話していると、他の電話に出られないのですね。そして、ケータイメールもGメールもフル回転です。
 そしてきょうは、けっこう郵便も出しました。私は速達でよく出すのですが、きょうは普通郵便でも出しました。明日、明後日が土日だからです。もちろん、速達も出しました。宅急便よりも、速達のほうが早い、安いとなるときは、そちらにします。
 前にも書きましたが、「不在のときにはポストに投入してください」と書いて、宅急便もよく使います。
 ついでに、銀行へ行って、クライアントのある支払いをしたあと、王子北口の私の好きな酒屋「酒遊館 藤や」で、お酒も買ってきました。
 あ、今夜は、手紙も書こう。ケータイメールではなんだか書きにくい内容を、手紙で書いて明日はポストに入れます。

続きを読む

bce99969.JPG母の見舞いに行きましたが、起きてはくれませんでした。でも今日はまた秋葉原へ寄ります。

  秋葉原はすごい人の数でした。

  それから写真は、きょう我孫子の自宅へ行ったときに、玄関で迎えてくれたシーサーたちです。これを見ると、いつも嬉しくなります。

38cb4097.JPG王子の街は綺麗です。いい町です。いい暮れです。

 まず秋葉原で買い物。

660e3b9c.JPGいくつか買い物があります。

  写真は昨日朝7時代の柳田公園です。あ、それでこれは柳田公園を通りすぎて、振り返って撮りました。

0092cea8.jpg 有料トイレが必要な理由 の最後に私はこう書きました。「私も使ってみよう」。

 それで、実際に18日に秋葉原に行く用がありました。それでヨドバシカメラに寄ったのですが、最初はトイレに行く気がなくて、「あ、あとで必ず寄ろう」と思っていました。だが、ヨドバシでいろいろなものを見て、買い物をしているうちに、すっかり忘れ果ててしまいました。それで帰るときに、「あれ、なんかあったような」という思いだけで、すっかり忘れてしましました。また次に行くところに急いでいたこともありますが、なんだか、このところこういうことが多いです。
 やっぱりきょうやるべきことをメモして、それを見ながら行動するようにしないと私はだめですね。

 でも、やはり年齢というのは、どんどん怖ろしいくらいに加速して老いてゆくのですね。やっぱり、そのことに一番主眼を置いて生きてゆこう。

続きを読む

2fcb6ba6.JPG王子明治堂で、いくつかパンを買いました。こんなにたくさん買ったのは、1969年1月の東大闘争以来ですね。あれは、1月12日だったかな。

 今、私の膝の上の鞄の上にあるので、とてもいいパンの味を感じています。

  さて、秋葉原だ。

↑このページのトップヘ