将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:笑顔

11092705  昨日懸命にリハリビをやっていたじゅにを思い出します。いい子です。私の可愛い孫なのです。
  今日は会いに行きませんが、明日は行きます。いつもじゅにに会って、私はいつも大きなものをもらっているつもりです。
   じゅにはまだ0歳ですが、実にいい子です。もちろん、何も分かっていないまだ赤ちゃんなわけですが、きっと何かを感じているのだと思います。そのじゅにの思いを私は大事なことだと思っています。
  もっとじいじに笑顔を見せてね。

10111401 義母はまったく元気がなく、私たちも困っていたのですが、今は笑顔も出てきて、会話も出来まして、それでそちらへ行ってもらおうと思いました。それのほうがより元気になれるのではないかと思うのです。
 私のブログで、もう廃止しました私の元のホームページにあったファイルをUPしています。でもその量も多くて大変です。本を読んだ記録も、映画を見た記録もとにかく書いておくべきですね。「話し言葉」も大事ですが、「書き言葉」も大事にしたいのです。その書いた記録は表出しないとならないのだと思っています。
 蜘蛛業へもいくつもの私の読んだ本のこともUPし続けています。
 写真は、11月14日の午前7時20分です。このご近所で新しいビルを建てるようですが、その最初の光景です。(11/16)

2226f019.jpg

 今昨日の午後7時半頃長女からもらっていたケータイメールに今気が付きました。ポコ汰がご飯をお箸で食べている画像がついています。

オハシで食べて「ごはんおいし〜」とにこにこのこうたろです♪

 もうこの通りに、笑顔のポコ汰です。「あ、お箸使えるんだ」と喜んでいるじいじです。
 昨日は、私が朝9時代に長女宅へ行きました。そのあとすぐにおはぎが電話してきたらしいのです。でもうちのばあばは、電話に出るはずのポコ汰が出ないので、電話を切ってしまいましたが、実はポコ汰はお風呂場から走ってお椅子を持ってきたのです。そのお椅子に乗ればばあばと自分一人でも電話で話せるのです。
 でもばあばが電話を切ってしまったので、大泣きしてしまいました。それでそのあとまた電話でばあばとお話したそうです。
 私は、長女の家に行きまして、二人の孫とお喋りしました。でももちろんポニョはまだお喋りはできません。ポコ汰はもう私のベルトについているポメラを私が打ちましても、すぐに自分でも打ちまして、私がちゃんと打てません。仕方ないから、私がポメラをデューロカーゴにしまいますと、今度は私の左側のデューロから電子辞書をひっぱり出します。じいじはその他にもいっぱいのものを持っていますから面白いのでしょう。
 でもそのときに、前になら、「じいじは嫌い」と言っていたのが、「じいじ好きだよ」と言ってくれました。もう私はとんでもないほど嬉しくなっています。

 早くケータイを持って、ケータイメールをできるようにならないかなあ。私の姪のみーねえの二人の子どもたちとはもうケータイメールができます。私も孫も早くそうなってくれればいいなあ。でもできたら、スカイプのケータイ端末で、CHATができるようになればいいなあ(これは、孫が使えるようになることと、ケータイ端末機器でもそうできるようになってほしいということです)。

続きを読む

3a749b9c.jpg なんとなく、昨日ポコ汰に「じいじ嫌い」と言われてしまったことで、また言われるかと思うと行けませんでした。勇気のない私です。
 ポコ汰は今週はお熱が出て調子が悪いのです。だから、どうしてもメソメソしてしまいます。きっと明日は元気になって笑顔を見せてくれるでしょう。
 ポニョの笑顔も見たい私です。
 昨日私のそばで眠っていたポニョの写真を撮りまして、今も眺めている私です。

09021201 本日06:00に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2009/02/12 【No.1779】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは わが誕生日を 忘れない 子らの可愛い メール見る時

子供と申しましてももう30歳前後ですものね。早いものです。喧嘩ばかりしていた子供たちを追いかけた日々が思い出されます。「ばぁば」と言われる年になりました。中身は子供のまんまです。

 私の二人の娘もそんな歳になってきました。私は「じいじ」と呼ばれています。最初はやっぱり、その言葉で呼ばれるのは、少し嫌でしたが、でも今はもう嬉しいです。昨日もじいじと言ってくれたときの、私のケータイの画面のポコ汰の写真を見せたら、すごい笑顔になってくれました。

たのしみは あとどのくらい 生きるのか 何だか嬉しく なってくる時

母の亡くなった年を考えますと あとそんなには無いのですから できるだけ気楽に優しく易しく暮らしていきたいものです。

 私も「優しく易しく」暮らしていきたいです。そして、自分の家族親族と何人もの友人とときどき連絡しあいながら生きていきます。

続きを読む

9ddc6977.jpg 昨日わが家で、原監督の福笑いを見ているに義母の笑顔に実に私こそが笑顔になってしまいます。
 1月17日には、私萩原周二が参加します。午後6時からですね。
 写真は1月2日に次女夫妻が持ってきてくれたビールケースです。でもこれは全部で24缶入っていたはずなのですが、そんなにたくさん入っていなかったように思えるのですね。(01/08)

c53f246a.jpg「ひ孫をみる」義母の顔はとってもいいですよ。とにかく、どんどんと義母へ部屋に入ってしまうので、義母も笑顔になるしかないのです。それにこのひ孫がいっぱい食べます。驚いてしまいますよ。
 写真は7月19日に撮りました。台東区谷中小学校の前にあった時計です。(07/21)

0bab9980.jpg 義母の心の優しいところが、私の孫にも受け継がれているかなあ、と思います。そのひ孫が来るといつも笑顔になってくれる義母です。
 写真は7月8日にある通りの裏の住宅街のある家の前で撮りました。(07/11)

8509d5ab.jpg

 本日06:00に届いていた破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2008/06/02 【No.1634】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 笑顔を武器に 肝っ玉 徐々に大きく 育て行く時

繊細ではないけど自分のことになると神経質なんだと思います。被害妄想と申しましょうか?胃がキリキリ痛むことがあるのです。でもね、だから・・・・。見かけと同様に太っ腹になりたいわけです。きれいな胃袋でいたいから・・。

 いつも笑顔を見せているというのがいいですね。私もできるだけ笑顔でいるようにしています。

たのしみは 娑婆を忘れて 逃避行 海の向こうに 過ごせるその時

行きは良い良い 帰りは怖い。帰ってきたくなくなるのかなぁ・・・。父親と犬が待ってるから 帰ってくるんだね。

 いや、きっと帰ってきたいと思うはずです。中にいると娑婆が懐かしくなる、海外でも我が国の故郷が懐かしくなるはずです。あ、「中」って、刑務所等のことですよ。

続きを読む

b4c5f156.jpg 義母は私の孫のポコ汰が来ますと、とっても笑顔になってくれます。そしてポコ汰もいい笑顔になります。やっぱり笑顔になるのは誰でもいいものです。
 あ、それからポコ汰は甘いお菓子等は、なかなか食べさせてもらえません。たぶん、じいじの私がこっそりあげることになるでしょう。
 写真はいつも私が手紙を印刷して送っています和紙の一つの「蝶」というものです。いえ、要するにもう画像が足りないのです。私はこういう和紙にプリントしてたくさんの手紙を送っています。(05/03)

5bcc060a.jpg 私の孫が来て、いつもおおばばのところへ行きまして、何かをもらっています。19日にはケーキをいくつも小さく切ってもらい食べていました。もう困ってしまうのですが、おおばばも笑顔になっています。
 きょうの写真は4月18日の王子の柳田公園近くの「千の朝」の中の灯りです。(04/21)

301cf642.jpg 写真は、4月9日に届いたポコ汰のお椅子です。
 4月5日に妻と二人で我孫子へ行ったときに、東急ハンズで見つけようとしましたが、ないので、よく6日にもうインターネットで選びました。それが9日午前中に着いたのです。もうすぐにおはぎとポコ汰を呼びますと、ポコ汰は大変に喜んでいます。もうその笑顔が実にいいのです。
 でも実は、このお椅子にはテーブルがついていまして、これを着けると、08040903ここでポコ汰はおとなしく食べるしかないのです。もうポコ汰はどこへも、どんどん歩いて行ってしまい、私たちは大変なのです。
 だから、これであちこち歩けないようになるはずです。でも当分は喜んで、ここに座って食べているはずです。

023285a7.jpg 私の孫も熱が出まして病院へ行きました。戻ってきたところへ行くと、少し笑顔を見せてくれました。義母ももう少し経てば元のようになれると思っています。どんなときでも、こうして家族で一緒に気づかうことができることが嬉しいです。
 写真は、8日に飲みました千駄木「浅野」のお店の前にあるお花です。2月29日のときよりも、お花がたくさん開いています。(03/10)

e5533e1a.jpg どうしても、転んだところを痛がってはいます。どうしても直るのには時間がかかるようです。もう義母の歳だと仕方ないのでしょうね。
 写真は、この前にここに貼りました梅の花の写真のすぐそばにあったものです。7日(金)の午後4時少しすぎ、私はこれに気がついて写真を撮りましたら、そのお店の方が気が付いて笑顔でいてくれたものでした。(03/09)

077b257d.jpg このお便り帳の写真の義母の姿顔を見ていて、その笑顔に「ああ、愉しそうにしているなあ」と嬉しい思いになっています。
 写真は、2月29日夕方行きました千駄木「浅野」のお花です。ちょうど娘さんとお孫さんが来ておられました。花を見て、「いいな」と思えるようになれた私なのです。(03/04)

ff232b5b.jpg なんだか写真で義母の笑う顔をひさしぶりに見た思いです。とっても嬉しいです。
 写真は、1月10日にこの家のすぐ近くにある北区豊島の「砂場」で飲みましたときに撮りました。私の好きな蕎麦屋さんです。(01/12)

2a8471c1.jpg 昨日は私もよく長女の家に行って活躍しました。それで夜になって、妻がバナナを持って長女の家へ行きました。そこで、長女とポコちゃんが市川の友だちの家に行ったときのことを聞きました。もちろん私も聞いていました。でも妻が聞いたのは、また違う話でした。
 行ったのは、長女の前の職場の同僚で、彼女にも2カ月になる赤ちゃんがいます。ポコちゃんは、今もうすぐ10カ月になります。でもそのポコちゃんが、自分より小さい赤ちゃんの頭を、「いい子、いい子」と撫でていたそうです。優しい子になれるなあ、と思って嬉しくなりました。
 ポコちゃんは、電車の中でも誰の顔でも真剣に見つめてしまいます。だから、相手の方が大変です。でもみんな笑いかけてくれます。きのうは、ある怖い顔をした若者のことをずっと見つめていたらしいのですが、その怖い顔のお兄ちゃんも、結局は笑いかけてくれたようです。
 よかったなあ。ポコちゃんも最初から笑顔になっていればいいのですが、最初は真剣な顔をしています。でもときどき笑顔になってくれます。
 その笑顔のときに、私は「あ、おはぎそっくりだなあ」と思います。ポコちゃんは、みんなにミツ君に似ている、さらにミツ君のお父さんに似ていると言われています。そういうときに、こちらのじじ、つまり私の名前は少しも出てきません。
 でも、こうして笑顔が、私の長女におはぎに似ているということは、私にも似ているということだと思って、私はとても嬉しくなっています。
続きを読む

2016122604

 いつも借りてきている本は、やはり0歳のポコちゃんには難しすぎるかと思っていても借りてきていました。たしかに、難しいようでした。
 でも、これならもう大丈夫です。

書 名 ぽんぽんポコポコ
長谷川義史 作絵
発行所 金の星社
定 価 850円+税
発行日 2007年1月初版発行
読了日 2007年9月7日

 絵本の中で、猫さん、タヌキさん、ゴリラさん、カエルさんが、自分のお腹をたたきます。

  ぽんぽん
  ぽこぽこ
  ぽんぽん
  ぽこぽこ

 それで絵本の中のあかちゃんも、お父さんのひざの上で、

  ぽんぽん
  ぽこぽこ
  ぽんぽん
  ぽこぽこ

 あかちゃんは笑顔です。
 最後のページで、おかあさんが

  ぽんぽん ないない

とあかちゃんのお腹を隠します。みんな笑顔です。
 これならポコちゃんも絵本を見て笑顔になれます。

8624c8df.jpg 昨日妻がケータイを新しくしました。長女と同じ機種です。孫と一緒の写真を壁紙にしています。なんだか羨ましい私です。でも私のポコちゃんも可愛いぞ、と今私の定期入れを目の前にして見ています。でも一緒に撮った写真も必要ですね。でも新しい機種は機能がいっぱいで、あれで使えるのかなあ。この孫は義母を見ると、いつも笑顔です。(7/03)
続きを読む

05d27403.jpg きのうのお休みは私が居まして、長女が孫を連れて来てくれていました。私の孫が自分のひいばあを見ていくつ笑顔でいてくれます。これがすごくいいです。なんだかその笑顔を見ていると私も嬉しくなります。同時に私もまた反省して、もっとちゃんとしていこうと思いました。義母の前でいつも笑顔でいることは大切なことです。(6/07)
続きを読む

赤ちゃんにおくる絵本
書 名 赤ちゃんにおくる絵本
作・絵 とだこうしろう
詩   のろさかん
発行所 戸田デザイン室
定 価 1,300円+税
発行日 1989年4月第1刷発行
読了日 2007年6月1日

 はな ねこ シャベル………という順でことばと絵が出てきます。ただまだ私の孫は、みなよく知らないものばかりです。
 このごろ思うのですが、こうした子どもの絵本には、ねこが盛んに出てきますが、犬は少ないように思われます。そうじゃないかなあ。
 読んであげるときの笑顔が愉しみです。

d9a187ab.jpg

 昨日の私の59歳の誕生日に、長女から「誕生日おめでとう」という手作りカードをもらいました。以下のように書いてありあます。

 光汰朗のためにもお酒をひかえて、体を大切にしてください。   くにこ

 その下には、ポコちゃんの写真が貼ってあり、吹き出しで、次のように言ってくれています。

 またえほんをよんでね。いつもいつもありがとう。by光汰朗

 そして右側のページには、大きなポコちゃんの写真が貼ってあります。この写真は、ポコちゃんがフーテンの寅さんみたいな帽子をかぶっていて、紺色の綺麗なポンチョを着て、笑顔で私を見ています。もう私はそれを見て堪らなく嬉しくなっているのです。

続きを読む

ed172d3a.jpg 孫のポコちゃんが、25日午前中に退院しました。私はもう嬉しいばかりです。きのうは、義母も会っています。笑顔を見せてくれるともう私は可愛くて堪りません。孫もまだ生後100日も経っていないのに大変な経験をしてしまったものだなあ、と思いいとおしさでいっぱいになります。(4/27)
続きを読む

0603caaa.jpg きのう夕方孫のポコちゃん(これはハンドル名です)が突然に熱が出て入院することになりました。もう心配で、妻の帰宅後病院に行きました。ただずっと眠っていましたが、目を覚ますと、私の顔を見てニコッと笑ってくれるのですが、でもすぐに泣顔になります。ママがすぐ隣にいてパパも来ていても、やはり不安になるのでしょうね。こんなときにじじは何の役に立つのかなあ。私はただただ笑顔になるように話しかけていただけです。(4/20)
続きを読む

b139a390.png

 3月31日のお花見は、音無川から、飛鳥山公園に行きました。とっても桜が綺麗でした。染井吉野だけではなく、しだれ桜も綺麗でした。ポコちゃんは、ただただおとなしく可愛い顔でいました。ときどき「ニッコッ」と笑ってくれる顔が私にはとても嬉しいのです。飛鳥山は何度も訪れてしまう大好きな公園です。

周のハイクブログ

周のハイクブログ過去LOG

↑このページのトップヘ