将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:筆王

853abe84.jpg

雑誌名 週刊アスキー通巻712号
発行所 アスキー・メディアワークス
定 価 360円
発行日 平成20年11月25日
読了日 2008年11月12日

 一昨年も昨年も喪中でしたから、年賀状は印刷しませんでした。さてでも来年の年賀状を考えなければなりません。過去ずっと「筆王」を使ってきていました。今年もこれで行こうかなと、次回秋葉原へ行ったときに購入してきます。

c055e295.jpg

 私は今年の2月から私の私的な用のものは、和紙で手紙を書いています。もうかなりな数の手紙を出しています。もうすぐ500通を越えます。ところが、封書の手紙は問題なのですが、葉書が大変でした。アラスアラサンのハガキ に次のように書きました。

 そして印刷はDOSの時代はPRTを使い、WZでは、それ自体についている印刷機能を使っています。
 でも葉書では、少し面倒でした。私はいつも筆王で書いてプリントしていましたが、それがとても面倒な思いがしていました。
 ただそれは私の思いだけでした。昨日は実に簡単にプリントできました。これなら葉書でもいくらでも印刷できます。

 今後は葉書でもたくさん書いて送るようにします。このアラスアラサンにはいくつも素敵な葉書がありますから、今度はここでいくつも購入してまいります。

 筆王のソフト内で書くと、その書いた手紙の内容は残りません。それで、きょう午後すぐに書きました葉書は、WZで葉書用にレイアウトして書いたものなのですが(娘二人に書いて、もう手渡ししました、次女は昨日の夕方に長女の自宅に来ていました。)、WZでは、宛名と本文を別な活字で書くということはできません。郵便番号も同じ活字になります。だから郵便番号と同じ大きさの活字が、宛名も本文にも続くわけです。これだとちょっと格好悪いですね。
 それで考えまして、本文はまずWZで考えまして、そして印刷のみ筆王でやることにしました。そうすれば、プリントすれば、少しは格好悪くありません。
 今後はこれで、プリントすることにします。
 この上の画像が、その例です。もちろん、これは、私の葉書の例としてプリントしたものをスキャンしたものです。
 今後は和紙の手紙を書くだけでなく、こうして絵葉書でも手紙を書いていきます。

63401cdc.jpg 画像は、9月12日の千駄木よみせ通りの『アラスアラサン』で手に入れました絵葉書(と言いましても画像は絵ではなく、写真です)です。またハンカチを購入したのですが、この葉書も購入しました。
 この写真については、アラスアラサンのホームページで以下のように書いてあります。

10年前から度々バリ島に通う小川さんが、素直な感情で切り取ったひとコマひとコマを、ぜひご覧ください。もう二度と会えないふとした風景の瞬間に、今のバリを造りだしたその土壌が深く感じられる作品です。

 小川桜花という方が撮られた写真なのですね。

 それで昨日この2枚とも送りました。一枚は、私の娘ブルータス、もう一枚は私の友人の女性です。
 私は封書に書くのは、実に簡単なのですが、この葉書というのは少し面倒だという気持がありました。私はいつもエディタで文章を書いています。これはパソコンを始めた時代から一貫として同じです。ワープロなるものは一切使ったことがありません。
 それでDOSの時代は、VZを使い、Windows になってからはWZを使っています。そして印刷はDOSの時代はPRTを使い、WZでは、それ自体についている印刷機能を使っています。
08091229 でも葉書では、少し面倒でした。私はいつも筆王で書いてプリントしていましたが、それがとても面倒な思いがしていました。
 ただそれは私の思いだけでした。昨日は実に簡単にプリントできました。これなら葉書でもいくらでも印刷できます。
 今後は葉書でもたくさん書いて送るようにします。このアラスアラサンにはいくつも素敵な葉書がありますから、今度はここでいくつも購入してまいります。

↑このページのトップヘ