将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:粉川哲夫

df5fbf88.jpg

 粉川哲夫さんからのコメント にさらに以下のコメントをいただきました。ありがとうございます。

1. Posted by 粉川哲夫    2007年01月24日 05:53
「粉川さんの言われていることが、なにかこの時代を「鉛の時代」(この鉛とは、銃に込める鉛の弾にも思えます)として、讃えているように思えた」というご説明で、了解できました。
92年に本でお読みになったということは、『シネマ・ポリティカ』ですね。映画「鉛の時代」の問題の文章は、1983年に『月刊イメージフォーラム』に、まさに西ドイツの新左翼運動を「軍事闘争派」から腑分けするために書かれたものです。あなたが逆に読まれてしまったのは、残念です。なお、原タイトルは、Die bleinere Zeitで、「鉛のように重苦しい時代」といった意味です。
また、拙著は上記を含めて、すべて版権放棄でネットにアップしてあります(誤植があるのはお許しください)のでチェックできます。→http://cinema.translocal.jp/books/

 粉川哲夫の本 は前にも見ていました。今後も読まさせていただきます。

「鉛のように重苦しい時代」とは、たしかにあの時代は嫌な思いが浮かんできます。
 私の大学時代の学生運動は、いわば実に面白い雰囲気があったかと思います。このことは、当時の同じ大学の教職員の方からも随分言われています。同じ年代の他の大学の活動家の方々とも、会うと、けっこう同じようなことを言われます。そして私は60年安保世代の方ともずっとつき合いがあります。唐牛健太郎さん、島成郎さんを始めとして(いやもうこのお二人も亡くなられましたね。その他の方も大勢亡くなられました)、たくさんの方とつき合ってきました。

 ただ、私たちのかなり年下の方から、私たちのことを不思儀なほど誤解されていることを感じています。私たちのことを左翼マルクス主義者だと断じて、それで私たちへの非難を繰り返されると、もう馬鹿馬鹿しくてなりません。それはたしかにマルクス主義者もいたけれど、みんな一色ではなかったよ。

 とにかく、粉川さんにこうして書いていただいて、ありがたいです。もっと私もいくつものことを学んでいきます。

92bdddef.jpg

 私の 粉川哲夫さんに謝罪いたします の6 に次のコメントがありました。

 わたしは「謝罪」や「詫び」をしていただくために投稿したのではありません。誤解されていると思ったので説明させていただいたのです。それと、面識もないあなたから「こんな奴」呼ばわりされる理由が全くわからないので疑問を提起しました。
「あまり粉川さんのことを知らないまま言っていた」と書かれていますが、知らないでどうして「こんな奴」と言えるのですか? 最低限、そういう表現の出てきた理由を知りたいと思うわけです。

 私の粉川哲夫さんに関します謝罪は、粉川さんから要求されたものではありません。私の気持です。
 それで、粉川さんのことを「こんな奴」と思っておりましたのは、92年の5月の頃でして、そしてこの文章を書いた

93-02-16 22:49:48 周の文学歴史散歩2「蘆花公園恒春園」
93-04-14 00:55:32 周の文学歴史散歩3「ゲーテ記念館」

の頃もそういう思いを抱いていたものでした。この文章は、当時のパソコン通信ネットにUPしたものでした。

最低限、そういう表現の出てきた理由を知りたいと思うわけです。

と言われているので、当時の私の気持を思い出します。

 粉川哲夫さんの書かれた本は、私はあちこちで手にして読んでいたかと思っています。ただし、私は今自宅にいないもので、詳しくその本の内容を参照することができません。
 それで私が覚えているのは、たしか東京地裁の中の本屋で粉川哲夫さんの本を詳しく立ち読みしたことを覚えています。
 それが映画の批評でもあったし、「鉛の時代」というようなことを書かれていた内容だったかと思います。
 私は昭和23年生まれで、大学入学が1967年で、当時の三派全学連、そして全共闘の時代を文字通り、そのまっただなかで生きてきました。
 その私たちの時代の閉塞感を打ち破るものとして、赤軍派やイタリアの「赤い旅団」の出現に関しては、私は実に嫌な思いを抱きました(いえ、最初はけっして嫌悪していたというよりも、シンパシーを感じるところがあったかと思います)。
 そんな私の思いの中で、粉川さんの言われていることが、なにかこの時代を「鉛の時代」(この鉛とは、銃に込める鉛の弾にも思えます)として、讃えているように思えたものなのです。でも今考えれば、それはまったく私の誤解でしかありません。
 そんな私の誤解の中で、ある時代、粉川さんのことを「こんな奴」と表現してしまったのです。
 そしてそれは92年に思い、93年にあるパソコン通信ネットに書いたものでしたが、それを今回収録するときに、それが当時の私の思い、誤解であり、今はそんなことは思っていないということを、ちゃんとつけたすべきでした。
 このことをすっかり忘れてしまった私のことを、私は大きく確かに謝罪すべき内容なのです。

 以上のようなことです。粉川さん、お判りいただけたでしょうか。

 なお、6回に分載したのは、投稿欄の字数制限のためで、あなたの「謝罪」と「詫び」にもかかわらず投稿をくりかえしたわけではありません。

 当然判っています。丁寧に書いていただいて、ありがとうございます。私は一度に書きますと、あまりに長くなるので、こうしてわけて書いただけです。

 それから私の一番気掛かりなことは、粉川さんが次のように書かれたことです。

献身的に働いているボランティアたちがあなたの文章を読み、大いにやる気を失ったことはたしかです。

 このことは私は、幾重にも謝らなくてはならないことです。
 申し訳ありませんでした。私はゲーテが大好きであり、この「東京ゲーテ記念館」にも今後寄らせていただきます。
 そして今後もゲーテのよき読者であることを続けていく所存です。

 粉川哲夫さんからのコメント へ

↑このページのトップヘ