将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:精神分析入門

11042907  これはいつ読んだのかな、と思い出していました。『精神分析入門』を読んで、その『続』を読んだあとだから、高校3年のときですね。思い出せば、高橋義孝の翻訳した本だったのだ。そんなことを思い出しました。
 夢はいつも見ています。そして私は自分のホームページの中に『夢の中の日常』という部屋を設け、いくつもの夢を書いてきていました。これはもちろん「島尾敏雄『夢の中での日常』」を真似したものです。今後もっと書いていかないといけないな、と思っています。書いて置かないと、その夢のことはすべて忘れてしまうのです。私は過去のホームページはできるだけ今のブログに移し変えていますから、ここで書いた過去の記録もまた書いているかと思います。
 今後、この自分の部屋を復活し、見た夢のこともちゃんと記録していくようにします。 それと、今「夏目漱石『夢十夜』」を思い出しました。また読み直して、また考えてみます。思えば、こうしてまだまだたくさんやることがあるのですね。
 とにかく、毎日見ている夢もできるかぎり書いておこうと思っています。(2011.04.30)

11022101 この本は、中央公論社の「世界の名著」で、高校2年のときに読みました。高校生の私には大変に興味深い本でした。
 フロイトは、1856年5月6日〜1939年9月23日の生涯で、アシュケナジー・オーストリア人でした。
 この本は、第1部「錯誤行為」、第2部「夢」、第3部「神経症総論」…から成りたっています。最初「錯誤行為」いわゆる「しくじり行為」が繰り返し書いてあることに、大変に興味を覚えたものでした。これはフロイトが、大学で講義をした内容だそうです。
 しかし、今ではフロイトはそれほど評価はされていないということで、でもこのことが今の私にはよく判らないことです。
 ただとにかく私には、彼のこの著作を読んでいた衝撃は忘れることができませんせん。
 従来のことを180度ひっくり返すような学説を出したということで、ニュートンとダーウィンに続く存在だったということは間違いないでしょう。
 また、マルクス、ニーチェと並んで20世紀の思想に大きな影響を与えてくれた人物でもあります。(2011.02.21)

↑このページのトップヘ