将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:絵葉書

11021304  童話とマンガの部屋ネット赤ちょうちん でユミ子さんが次のように書いてくれました。

    周さんへ
はがき、出しましたよ。
わたしは封書より葉書がすきなんです。もらうのは封書が好きなんですけどね。
自分で便せんに書き出すとどうもだらだらと余計なことを書きそうで。そして、投函してから「ああ、あんなことを書かなければよかった…」なんて後悔するんですよ。その点、葉書はエッセンスしか書けなくて頭を使うしいいんです。「きょうは時間がないから、短い手紙は書けない」という名句を残したのはデカルトでしたっけ?

 ええと、私は封書のほうが楽なのです。葉書とくに絵葉書には、パソコンでは大変なのですよ。プリントが一苦労です。でも何度か他の用紙で試し打ちして、本番になります。 でも私なんか、短い手紙は書けないな。
「短い手紙は書けない」というのは、芥川龍之介が漱石宛に書いた次の封書だと思いますよ。私はデカルトは、中央公論社の「世界の名著」のデカルト篇(『方法序説』しか覚えていない)を読んだものでしたが、多分、その中にはなく、これは、芥川龍之助の漱石への次の手紙のことだと思いますよ。もちろん少し長い手紙ですが、その冒頭が以下です。

芥川龍之介の夏目漱石への手紙
             大正5年8月28日 一の宮から 夏目金之助宛
先生
また、手紙を書きます。嘸、この頃の暑さに、我々の長い手紙をお讀になるのは、御迷惑だらうと思ひますが、これも我々のやうな門下生を持つた因果と御あきらめ下さい、その代り、御返事の御心配には及びません。先生へ手紙を書くと云ふ事がそれ自身、我々の滿足なのですから。

 こんな手紙を見ても、漱石と芥川龍之介、久米正雄への思いも考えます。でも漱石は菊池寛のことなんか少しも眼中になかったのだろうな。なんだか、ものすごく考え込んでしまいます。いや、漱石先生の芥川龍之介と久米正雄への別々な思いも私は感じるのですね。
   やっぱり、今になっても芥川龍之介は、実にいいです。あとは、…、言いにくいけれど、どうでもいいです。

 私は短いハガキは苦手です。いや、何、パソコンで打ち、プリントするのが大変だからです。

10081304 8月20日の21:32に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/08/20 【No.1991】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 大きな山を 一つ越え この緑陰に 転寝する時

モラルハラスメントというものを知らず知らず受けていて大変苦しかったここ2−3年。
その前に30年近く続いていたモラルハラスメントから脱却したばかりだったのに・・・。どうも それを受けてしまう性格らしい。自分をしっかり持っていないことがそういうゲームに入ってしまう原因のようだ。しっかりしなくちゃ! 

 うーん、驚いてしまいました。前には大変なことだったのにねえ。あのね、私は思うのですが、そんな性格というのはないよ。私はそう思うのです。だから、今後も元気にやっていきましょう。こうして元気に独楽吟を続けているじゃないですか。元気なHA茶さんだからできるのです。私はこれから、次女に手紙を書きます。それをきょう長女に持って行ってもらうのです。「またパパはどうでもいいことを書いてきた」と思うでしょう。それでいいんです。あ、孫(まだ字読めませんが)には絵葉書を書こう。ブルータスの彼のご両親にも書きましょう。

たのしみは 勉強の本 読み進め 解ったような 気のしてくる時

勉強の本は 難解で・・・。解ったような気がしたり覚えたような錯覚に陥る時はちょっとうれしい。時間が経ってまた本を開くと解ってなかったり覚えてなかったりする現実に唖然。  

 勉強の本って、何なのかなあ。思えば、小中学で学んだことは、無駄だったように思えて、でも今も覚えているのですね。高校はずっと授業中本を読んでいたばかりですからね。大学は、もう学生運動ばかりでした。

10070307 昨日も私は夕方に長女宅へ行きました。
 ポニョを注意したら、泣いてじいじを叩きにきました。でもそのあと悪いと思ったのか、私のそばに来て、いろいろなものをいじりだしたものです。ちょうど私はポポを可愛がっていたところでした。でも私の鍵を引っ張り出して、大変でした。
 ポコ汰がもうすっかり少年なことを感じています。私は昨年にも絵葉書を書いているのだけど、いつ読んでもらえるのかなあ。ポニョにも書いているのですが。
 またあちこちに絵葉書を書きましょう。
 写真は、これも昨日と同じく先日3日の保育園の七夕会のときに行く路で撮りましたものです。今はどこでもこうしてお花を見ることができますね。(07/08)

9d605831.JPG 昨日の夕方長女の家に保育園のお友だち二人の兄弟とそのお母さんが来てくれました。ポコ汰の忘れ物を届けに来てくれたのです。ポニョはすぐに、「行くよ」と言いながらテレビから離れられないようでした。でも出てきてもう私の自転車に乗ります。ポコ汰ははだしで出てきました。
 あんなにいいお友だちがいるのはいいですね。いい保育園です。私はいつも「じいじです」と出て行きます。まだ若いつもりなんだけどなあ。
 写真は6月21日に受け取りました絵葉書です。これをパソコンで書かれて葉書を作られたようです。素敵な内容の文面の葉書でした。(06/24)

047371af.JPG 昨日から私の次女ブルータスのお腹の中にいる孫に声で知らせてもらおうと、ブルータスにケータイメールを毎日出すことにしました。孫が10歳くらいになったら、「じいじの伝言を聞いたか?」と聞いてみます。あと10年後だなあ。
  ポコ汰にもポニョにももう絵葉書は書いていますよ。でもまだ小さいから判らないよねえ。
 写真は昨日6月12日に撮りました。ご近所の紫陽花です。(06/17)

c5e0b86e.jpg 昨日長女の家に行こうとする寸前に電話があり、長女と孫が来てくれることになりました。すぐにポコ汰の走る足音が聞こえてきました。ポニョも走ってきます。もうポコ汰はとってもいい子です。ポニョはどうしても大変な大食いです。なんだか心配です。長女が新聞紙でいくつものものを作ります。最初はポコ汰の帽子でしたが、すぐにそれがポコ汰の鞄になって、今度はポコ汰が「郵便です」と新聞紙で作ったお手紙を配ってくれます。義母にもくれましたよ。あ、私も手紙書こう。私が昨年二人に出した絵葉書は読んでくれませんでした。まだ字が読めないから仕方ないのです。
 あ、きょう手紙を書こう。でっかい字で書けばいいかな。あ、まだ同じなのだ。でもポコ汰に書いたら、ポニョにも書くんだ。そうしないといけないですね。私が手で持っていくのです。
 写真は2月21日発行の「日経マガジン」です。もう写真がないので、これはこのマガジンの内容を書くつもりでしたが、こうしてUPしました。また内容は別に書けばいいんだ。(03/20)

7bd05b29.jpg  ここにあげた画像が、先日10日に谷中よみせ通りの「アラスアラサン」で手に入れてきた絵葉書です。

08101018

すべて小川桜花さんの写真です。

 

 

 このとき手に入れたのは、ここの画像と わが家のおかあさん2008.10.11イケメンとハンサムにも載せた画像の計10点です。

08101019 もう今までもみなパソコンでプリントして送ってきました。これらもみなプリントして送ります。ときどきは、こうして絵葉書を送るのもいいですね。

 

0810102008101021

 

 

 

08101022

08101023

 

 

 

08101024

 

 アラスアラサンで手に入れました絵はがき へ

3d3285c4.jpg

 9月27日に、ここの絵葉書を谷中よみせ通りのアラスアラサンで手に入れました。これにまたプリントして友人たちに出します。葉書のプリント 08092724の画像のような感じでプリントします。

 でも画像が6枚あるから、全部UPするのは大変なのです。少し苦心惨憺しています。08092725

 この桜井桜花さんの写真を拝見しますと、いくつもの写真をフォトライブラリーで選んでいたことを思い出します。プロカメラマンで実際に撮影もしま08092726したが、フォトライブラリーでもいくつもの写真も選んだ思い出があります。

 そんなことの思い出もいくつも甦ってきます。08092727
08092728

59c772d9.jpg 同じく9月17日のアラスアラサンで、手に入れました絵葉書です。これはインドネシアのジャワ島で手に入れたものなのかなあ。

 

 

 

08092108

 


 

 

 

 

08092109

アラスアラサンで手に入れました絵はがき の3 へ

f1d9d253.jpg「第16回芸工展2008」のガイドマップ に書きましたように、谷中よみせ通りのアラスアラサンで、9月17日に絵葉書を何枚も手に入れました。この葉書を、葉書のプリント に書きましたやり方08092103でプリントしまして、送ります。

 これでプリントすれば、かなりな量の文面が書けますからいいですね。もちろん、少し08092104長い用件は、今まで通り和紙に印刷していきますが、少しの文量のものは、こうして葉書にプリントしていきます。

 

08092106

 この葉書の画像は、小川桜花さんの、作品です。すべて写真で撮られたものです。葉書にパソコンでプリントしてポストに入れるのもいいことですね。

08092105

 アラスアラサンで手に入れました絵はがき の2 へ

 

2e241dd3.jpg

 一つ前のUPで、原田文さんの絵の絵葉書から、スキャンして、その絵を載せてみました。今度は、同じく送られてきた絵葉書の中で、原田直示さんの写真を載せてみます。
 上から順番に

08091506 台湾・鹿林神木(楠)幹周20m
 「縄文杉のヤクシカ」
 「姥樫(うばっかし)」アカガシの巨樹・埼玉県

 これもまた、誰かに郵送します。ただ、プリンタで印刷するのが、かなり大変なのです。葉書の一つ前の原田文さんの絵葉書は、宛名面に宛名と文章をプリントすればいいのですが、こちらは、文面でプリントする位置を工夫しないとならないので08091507す。
 でもなんとかやってみましょう。

855f64d8.jpg

 原田直示さんから、9月14日に原田文さんの絵葉書を何枚か送って頂きました。それでこの葉書をまた私の友人や親族に切手を貼って送りますが、ここに掲示しようと考えました。

08091502 でも絵葉書をスキャンしようとしても、とても難しいのです。葉書全体がなかなかスキャンできないのです。葉書では、絵の周辺が白になっているから、そこをスキャンできないのでしょう。だから、もう仕方ないので、葉書として08091503ではなく、絵の部分のみスキャンしました。それをここに載せてみました。

 上から、順番に次の作品です。

08091504   「ろばの親子」油彩・6号

    「ムーミン谷のスナフキンとタンバリン」油彩・6号
 「ふくろう」油彩・6号
 「クリスマスツリー」油彩画

 この葉書に、私はパソコンで文字を打ちまして、みなさんに郵送します。

↑このページのトップヘ