将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:美容院

12070801  7月8日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは もう一方の 景品を 何だったのかと 考える時

 きょう美容院で白髪を染めてもらいました。終わってお金を払ったら お店の人が「お中元にお花2鉢かパンツ2枚かどちらか差し上げますので どちらになさいますか?」と尋ねたように思えた。私の耳には良く聞き取れないので 「え?」と聞きなおしてみた。どうしても私の耳には「パンツ2枚」と聞こえるけど、最近はパンツと言うとズボンのことだったりするからなぁ?とか何回もしつこく聞くのも恥ずかしかったので「お花」を頂いて来た。

 そうねえ、何だったのかなあ。昨日は孫たちといっぱい接しました。今日はポコ汰が秩父へ遠足でそこでお泊りです。少し心配です。

たのしみは 同窓会に出て 1週間 欠席した友 電話くれる時

 40年ぶりくらいに出た看護学校の同窓会。音信普通になっていた友達から電話をいただきました。そう、彼女とは良い関係でしたね。看護学校は全寮制で24時間のお付き合いだから、難しい面もあったけど18歳から21歳までの時を共有した仲間たち、今になってみると懐かしさだけです。

 私は大学時代の仲間とは一年に一度は会っています。あ、今度その頃土方仲間だった人たちとも会います。懐かしい友人たちです。

12021708 2月13日の19:10に届いた破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

たのしみは 月に一度の 美容院 きれいになった 気分になる時

 大して代わり映えもしないのですが、美容師さんの手により髪を整えられると少し見た目が良くなります。私のリラックスタイムです。

 私は美容院というのは、一度も行ったことがありません。これからも行くことはないだろうな。

たのしみは わが弱点の 両の耳 痛んで 早く床に就く時

 きょうは、少し耳を酷使したようです。ちょっと速めに寝る事にしましょう。

 私なんか、絶えず早くに眠っていまして、そして早く起きています。年寄りなのですね。昔の私の父と同じです。

48140f1f.jpg  今おはぎの家に来たのですが、おはぎは美容院に行きまして、孫たちとミツ君は外に出ています。私が来たときに、ポニョが真っ先に隣の女の子二人と出てきて、そのあとすぐにポポとミツ君が出てきました。私は「寒いから外へ出ないほうがいいよ」と言ったのですが、でてきます。
  そして、私は「中にはポコ汰がいるからいいや」と思いました。でもポコ汰もみんなの声で呼ばれて外へ行きました。

  でも今はばあばとポポは家に入ってきました。今は私のそばで雑誌をばあばと見ています。また外へ行きました。
  今度はポニョが入って来て、どうしてか涙を流しています。どうしたのかなあ。
  こうして、孫と一緒にいられると嬉しいですね。

11011310 きょうはブルータスの成人式でした。朝7時30分から美容院へ行って、振り袖を着て会場へ行きました。会場への往き帰りを彼氏が車でやってくれまして、なんとその彼氏のお母さんと弟さんも来てくれました。お母さんと弟さんは、朝5時台に自宅を出発したそうです。彼氏のおばあさんが赤飯を作ってくれまして、こんなにみんなに祝福されて良かったな。
 式が終わるまで、私の自宅でみんなで待っていたのですが、そのときに祝電が届きました。その祝電がドラえもんのぬいぐるみで、頭についている竹コプターをとると、電報が飛び出してきます。ドラえもんの大好きなブルータスは大喜びでした。贈ってくれましたのは、妻の会社の美女のFさんでした。
 式から帰ってきて、そして今度は私の母つまりブルータスのお祖母ちゃんの家へ行きまして、義姉にもお礼に行きました。
 きょうは本当にいいお天気で、いい日でした。
 さてさて、でも今ブルータスは中学時代の友人たちと、どこかの飲み屋にいるようです。いつ帰ってくるのかな。

10122804 私がきょう朝帰りしたところ、我が家族は3人で出かけるところでした。そこで私は次女のブルータスの髪がパーマをかけているのに気がつきました。ブルータスは先週の火曜日にはじめてパーマをかけ、それがとれてしまったというので、昨日また美容院にいきました。
 私は「おッ、髪が違うな」といったところ、家族全員が私のことをぼろくそに言い始めます。

 ブルータス「パーマかけたのは火曜日なの。だけどパパは覚えていな
            いでしょう。酔っ払って帰ってきたから、覚えていないん
            でしょう」

 つづいておはぎとママが「そうそう、あの日はかなり酔っていた」と言い始めます。
 それでブルータスは美容院の店員さんから、言われたそうです。

 店員「初めてパーマかけて、ご家族は何て言ってました?」
 ブルータス「いや別に何も」
 店員「お父さんなんか、驚かれたでしょう?」
 ブルータス「いや、父はあの日酔っ払っていて、私の髪のことなんか
            何も知らないんです」
 店員「えッ!」
 ブルータス「もう、父はいつも酔っ払っているんです」

 ブルータスは、「私しゃ本当にはずかしいよ」といい続けます。
 そんなこと言ったってなあ。

624ce781.JPG 昨日の夜に長女おはぎのお腹が痛くなりまして、産院(駒込)へいくことになり、それを車で送った彼が、二人の子どもと一緒に私たちの家に来まして、妻も私も長女の自宅へ行くことになりました。私は長女宅へは行っていたのですが、もう戻ってビールを飲んで食事を終えたところでした。
 それで、妻が美容院へ行って髪を切っていたために、ポニョがどうしても馴染めなかったようですが、でも大好きなばあばですから、すぐに笑顔になります。
 私は午後11時半に眠りまして、すぐに大鼾になったようです。3Fで眠ったのですが、隣の部屋で眠ったばあばも、1Fで眠ったミツ君も私の大鼾には困ったようです。でも私は何も知りません。
 でも朝5時半に私は目が覚めたのでしたが、娘は朝6時43分に帰ってきました。それでみんなで荒川遊園地に行くことにしました。ここは娘二人がまだ小さいときに2度来たことがありました。今から28年くらい前かな。
 それですぐにもういっぱい楽しんだみんなです。

↑このページのトップヘ